仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨KIZ(絆コイン)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1230

仮想通貨「KIZ(絆コイン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

KIZ(絆コイン)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

KIZ(絆コイン)とは

KIZ(絆コイン)はKIZUNA COINは日本最大の掲示板5chで開始された日本発の仮想通貨プロジェクトです。

ブロックチェーンの抱える課題を解決する「DAG」を採用しており、送金処理に優れています。

KIZ(絆コイン)の特徴は以下の通りです。

  • 国産の仮想通貨
  • 国内初のDAGの仕組みを採用
  • 日本円のステーブル通貨となった

KIZではNANOADKも使用しているDAGをベースに開発しています。

DAGの特徴は以下のとおりです。

  • ブロックチェーンに置き換わる新技術
  • マイナー不要でスケーラビリティ問題がない
  • 採用されている通貨への注目度が高い

ビットコインなど通常の仮想通貨ではブロックチェーンと呼ばれるものを使用しており、十分な安全性が保証される代わりに手数料の肥大化や多数の取引に不向きという欠点があります。

しかしDAGでは網目状にネットワークを張り巡らすことで、最短距離での取引完了を実現しています。

こうすることで多くの取引を一瞬で決済可能にしています。

ブロックチェーンと異なる高速送金技術DAG

先述したとおり、KIZは従来の仮想通貨とは大きく異なりブロックチェーン技術を採用していません。

その代わりにIOTAByteBallで使われている「DAG」という技術を使用しています。

ブロックチェーンが一連の鎖のように繋がっている構造だとすれば、DAGはメッシュ(網目)状の構造になっているのが特徴です。

このような作りにすることで、網を伝って情報を高速で伝えられるので送金スピードが早く、取引量が増えても安定した送金が可能になります。

スケーラビリティにも強い通貨と言われており、少額の取引を大量にするような日常使用も問題なく使うことが出来ます。

利用者が増えても送金スピードが変わらない点は、今後仮想通貨が普及する上で大きなメリットになりそうですね。

取引手数料ゼロの仮想通貨

DAGは少額の取引を何度も行う(マイクロトランザクション)での利用がしやすく、なんと取引手数料ゼロでやり取りすることが出来ます。

基本的にはどの仮想通貨でも従来の法定通貨より安い金額で送金を行うことは出来るのですが、無料ではありません。

また、取引量の増加に比例して取引手数料が増加することもあります。

KIZでは今までの仮想通貨とは採用している技術が根本的に違うため、送金手数料ゼロを実現することが可能になりました。

これは毎日多数の送金を必要とする銀行や企業などが導入するメリットが高いといえるでしょう。

1satoshiプレセールが行われた

KIZは2018年6月に1satoshi(0.001円)でプレセールが行われ、総発行枚数200億枚の20%に相当する40億枚が販売されました。

プレセール時はまだDAGは搭載されていませんでしたが、一瞬で売り切れになってしまったようです。

(2018年10月追記)

急遽二次プレセールが行われることが発表され、10satoshiで3億枚の販売が行われる事となりました。

しかし、資金繰りに困っているのでは?というホルダーの指摘もあり1satoshiで30億枚の販売に切り替わることとなりました

既に販売した10satoshi分については返金対応などを行い、調整を行うようです。

価格を変更した理由は「ホルダーに損をさせたくないから」という理由がメインで、リスク回避のために行ったようです。

KIZ(絆コイン)の基本情報

通貨名KIZ
公開日2018年5月
最大発行枚数200億枚
公式サイトhttp://www.KIZ.net
ディスコードこちら
テレグラムこちら

KIZ(絆コイン)の将来性・今後

国産通貨のポテンシャル

モナコインZNYなどの国産通貨は日本人ホルダーからの人気が高く、コミュニティパワーが強いことが有名です。

特にモナコインなどはコミュニティのパワーや開発力で価値をじわじわと伸ばし続けています。

KIZコインも同じように国産通貨として日本人からの支持を大きく得られる可能性を秘めています。

コミュニティが強い通貨は長期的にも成長する可能性が高いので、開発が順調に進めば時価総額も大きく上がるでしょう。

しかし国産通貨は日本語のドキュメントや案内が多い反面、英語の情報発信力が弱くなってしまう側面があります。

日本人だけでなく、海外のホルダーもどこまで集められるかが重要になりそうです。

開発体制と開発費用について

KIZのDAG実装の開発はいくつかの開発チームに依頼をし、実際に実装化が出来た2組のチームによって進められています。

今後安定した開発環境と企業体制を確立するために、2019年中に大規模な組織改変を行う予定です。

総発行枚数200億枚のうち、140億枚を運営チームが保有しているということで5chなどで「運営が持ち過ぎではないか?」という見方が強まっています。(通常は10%程度)

これに関して代表のmori氏は以下のように説明しています。

なぜ運営が140億kiz持っているのか、これは第一に開発費です。
仮に60億kizのみ発行して、運営所持分が少なければ今後メンテナンスも開発もできず、ここで全て開発打切りです。
運営所持分がほぼ無ければ開発費が工面できないのはすぐに察知されるでしょう。
果たして未来が無い通貨を知ってて好んで買う人はいるでしょうか? 月4000万枚、年4億8000万枚と売却上限を設定した理由は1年後の何月何日に開発費がいくら必要か、これがわからないためです。
要するに、開発費が不足する状況を避けるため、多めに設定しています。 実際に上限まで売却するかは開発状況から判断し、決めることになります。
そして、もう少しお伝えすることは遅らせるつもりでしたが次の点が重要です。
皆さんはDAGという未知の技術とそのテクノロジーが実装された仮想通貨を140億枚が手に入るのであればきっと欲しくなるはずでしょう。
それは個人のみならず、企業にとっても同じだと考えます。
私はKIZを最強の仮想通貨にするためにどうしたらいいか考えました。
開発、運営、サポートチーム、マーケティング、魅力的な連携プラットフォーム、提携先、安心を感じさせるバックボーン これらが必要でしょう。
そしてそれは質が良いものであればあるほど良いです。

そして、それを一挙に手に入れる方法を見つけ、行なっています。
M&Aを行い、開発を強力なそれらのポイントを持っている企業様の子会社、もしくは吸収合併を受ける形で行うことです。
幸い、今はブロックチェーンの技術が欲しい、強化したい企業様は増えています。
我々はDAGにおいてのノウハウを保持しています。 そして、140億kizもです。
皆様、頭の中で仮想通貨技術を必要としていそうな企業をいくつか思い浮かべてください。 きっと、どれもとても魅力的なサービスと組織を持っているでしょう。
これはかなり大胆な方法ではありますが、もっとも合理的で効率的で我々と受け入れ先企業様とホルダー様がwin-win-winになる良い方法と考えました。

その企業様の元で開発を行なったKIZは従来の仮想通貨では考えられないほどの最強レベルの頭脳とパワーとスタミナを得るでしょう。

その時、KIZはいくらの値を指すのか、正直なところ想像もつきません。 買収先を検討する上で、その会社がもつ売り上げ、利益、資産、技術、将来性は重量に考慮しなければなりません。 我々にはそれが求められています。
そこでDAG技術と140kizと将来の企業傘下でのコインの将来性、一連の開発により仮想通貨技術を相乗効果的に得られる。

これらをいわゆるアピールポイントにしたいと考えました。 moriが10億kizを持っているのは、このような例の買収では創業者が10%ほどの株式(この場合はコインですが)を 持ち、業務に参加することが多いためそれを倣ったためです。
運営売却分は主に開発に使用します。 DAGだけではなく、様々な夢を構想しています。 今の時点では言っただけで破綻してしまうような内容なのでお伝えできませんが 考え方によってはDAGよりはるかにすごいことなどです。

DAGの技術開発は前例が少なく、開発を進めるには多くの技術や経験、知識を必要とします。

そのため今後も想定される開発費用が未知数な部分が大きく、運営の所持している140億枚の多くは開発費に割り当てられる予定となっています。

開発費を多く確保することで目先の価値向上ではなく、将来的にプロジェクトを成功させるための資金確保を行っています。

DAG開発という技術的課題をM&Aなどで解決し、さらなる発展を計画しています。

ステーブルコインとなることが発表された

10月8日に行われたミートアップの様子で、急遽いくつかの発表が行われました。

  • 日本円のステーブルコインへの生まれ変わり
  • 資金担保型で価格を維持する
  • セキュリティトークンの発行
  • 二次プレセール価格の変更

ステーブル通貨とは法定通貨と価格が連動した通貨を指します。

米ドルと連動した仮想通貨にUSDTやTUSDなどがありますが、絆コインは日本円と連動しており、1枚=1円にするために同額の資産を保有する資産担保型で行うようです。

しかし、そのためには必要十分な資金が企業側に必要になるため不安が残ります

運営側ではベンチャーキャピタルや資本提供側から融資を受けるようですが、その提携先や金額は公表されていません。

また、イーサリアムベースのセキュリティトークンというものが急遽発行されると発表され、困惑が広がっています。

これは主に海外向けのICO用に発行されたトークンで、プレセール参加者にも今回の一連の仕様変更に対しての「お気持ち」でも一部配布されるようです。

プレセールの売り圧が懸念される

プレセール販売枚数の変更などで二転三転した絆コインですが、計70億枚分がプレセールで配布されたことになります。

そのため、ホルダーが1satoshi以上で売り抜けようとすると、買い手が相当数いなければ1satoshiに張り付いた状態が続くでしょう。

ミートアップの発表ではステーブルコインに変更したことで、1枚=1円の価格が保証されれば約150倍にもなってしまうでしょう。

本当に実現されればかなりの価格差益を得られますが、ICOの販売方式の変更や、多くの売り圧を懸念すると多くの不安が残ります。

プレセール参加者には1satoshi張り付きが起きた場合は返金対応などを行う予定と発表しています。

詳しい一連の騒動についてはこちらの記事が参考になります。

絆コインの騒動に関する比較的詳細な経緯報告書

ロードマップ

  • 7月23日 DAG版KIZ正式発行
  • 7月末 暫定版Wallet公開とサンプル分のコイン送付
  • 7月末〜8月初頭 スワップ分一斉送付2回目
  • 8月上旬 KIZ自動交換システム公開 、Skein版KIZ iPhone/Android Wallet公開、DAG版KIZ Linux Wallet公開
  • 8月中 DAG版KIZ Smartphone Wallet公開
  • 8月上旬〜中旬 DAG版KIZ取引所上場

KIZ(絆コイン)の取引所・買い方

※KIZは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBit-Zはおすすめです。

KIZを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Bit-Zにビットコインを送金
  3. ビットコインでKIZを購入

具体的な購入の流れはこちらを参考にして下さい。

Bit-Z(ビットジー)でKIZ(絆コイン)の買い方の手順と購入方法
仮想通貨の海外取引所のBit-Z(ビットジー)では日本人に人気の「KIZ(絆コイン)」を買うこと...

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

KIZ(絆コイン)の評判・口コミ

KIZの公式ツイッター

KIZ(絆コイン)のエアドロップ参加方法

※KIZのエアドロップはディスコードやSNS経由で、定期的に案内が行われます。

ディスコードへの参加と公式Twitterをフォローしておくことをおすすめします。

過去にはNANJなどエアドロップ配布分だけで数万円の価格に高騰したこともあるので、KIZもぜひ手に入れておきたいですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします