仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨WTC(Waltonchain)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 79

仮想通貨「WTC(Waltonchain/ウォルトンチェイン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

WTC(Waltonchain)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で3000円入金+取引で最大23,000円貰える!

WTC(Waltonchain)とは

WTC(Waltonchain)はRFID(Radio Frequency Identifier)とブロックチェーン技術をかけ合わせて新しいビジネスを創出するValue Internet of Things(VIoT)の仮想通貨プロジェクトです。

WaltonchainはRFID技術を発明した2011年11月30日に亡くなった、故Charlie Walton氏に由来しており、その5年後の2016年11月30日に設立されました。

WTCの特徴は以下の通りです。

  • RFIDを活用したビジネスの創出
  • 非接触ICカードの活用
  • 情報の改ざんがされない安全なハードの提供

RFIDとはID情報を埋め込んだタグから電波を発することで近距離で無線通信を行い情報の送受信を行うことの出来る技術です。

非接触ICカードにもRFIDの技術が使われており、身の回りではSuicaなどの乗車カードや電子マネー、社員証などのカードによるセキュリティ認証などで活用されています。

日本ではFeliCa規格が一般的となっています。

しかし、RFIDには通信が行われる際に悪意のある第三者に情報が改ざんされる恐れがあります。

ICカードの残高や個人情報の流出、内部情報の偽造などセキュリティ面での不安があります。

現在のRFIDの情報は各企業が独自規格を開発し、サーバー内で情報を管理していることから運用コストなどもかかっています。

これらの情報をブロックチェーン上で管理出来るソフトウェアを提供することで、一度書き込んだ情報が外部や内部によって改ざんされずに管理することが出来ます。

利用者が増えるに連れてセキュリティが向上する

WTCはブロックチェーン上で動作するため、利用者(マイナー)が増えるほどにノードの数が増加していきます。

そうなることで管理される情報がさらに分散化されてシステム全体のセキュリティが向上していきます。

従来のRFIDの仕組みでは、利用者が増える毎に維持コストやセキュリティレベルの堅牢性が求められますが、WTCでは利用者の増加に比例してセキュリティが向上します。

WTC(Waltonchain)の基本情報

通貨名 WTC
公開日 2016年11月30日
最大発行枚数 1億枚
公式サイト https://www.waltonchain.org
ホワイトペーパー こちら
テレグラム こちら

WTC(Waltonchain)のチャート



WTC(Waltonchain)の将来性・今後

非接触ICカードの実用性が高い

既に私達の身の回りでは非接触ICカードが普及しており、交通系ICカードやセキュリティカードなどで活用されています。

そのため既存の技術よりも使いやすく安全性が認められれば多くの市場を獲得できる可能性があります。

今後爆発的に普及すると言われている「IoT(Internet of Things)」という身の回りの家電やモノをインターネットと接続する技術にも活用することを視野に入れており、将来性に期待出来ます。

ロードマップ

  • 2018年
    SWFTCoinとのプラットフォーム協力契約締結
    メディアと署名されたブランド促進協定
    新しいUIデザイン、公式サイトのアップグレード
    Androidウォレットのリリース
    iOSウォレットのリリース
    PoW鉱業賞活動の正式打ち上げ
    RFIDタグサプライチェーンシステム完了
    倉庫管理システムの完成とリリース
  • 2019年
    ブロックチェーンRFIDタグの研究開発完成
    ブロックチェーンRFIDタグの量産開始
    プロジェクト3.0段階に移行
    子チェーンのライフサイクル管理実施
    アプリケーションの大規模プロモーション
    価値のあるインターネットファブリック形成

大手取引所に上場済み

WTC(Waltonchain)は既に全世界取引高トップクラスの「Binance」や「Huobi」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

WTC(Waltonchain)の取引所・買い方

※WTCは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

WTCを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでWTCを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

WTC(Waltonchain)の口コミ・評判

WTC(Waltonchain)の公式ツイッター

WTC(Waltonchain)は買うべき?

WTCですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

WTCの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

既に身の回りで使われている技術の上位互換として、直近では既存サービスの上書きが期待できます。

将来的にもIoT分野における普及を狙っており、ETCIOTAなどと違い、ハードだけでなく利便性を向上する目的のソフトウェアを提供します。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします