仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨LCT(LendConnect)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 456

仮想通貨の貸し借りを目的としたICOプロダクト「LendConnect(LCT/レンドコネクト)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

LendConnect(LCT)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。

ICOってそもそも何?という人はこちらの記事を参考にしてください。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・ICO詐欺に騙されないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

LCTとは

LendConnectはレンディングサービス(お金の貸し借りを行う人を結びつける)を行うプロジェクトでLCTはそのサービス内で使うことの出来るコインになります。

自身の保有している仮想通貨をサービスを通して貸し付けることによって現実世界と同じように利益(配当)を受け取ることが出来る仕組みです。

仮想通貨のブロックチューン技術は銀行のような存在がいないため非中央集権になっています。

そのため、銀行が行うような融資や貸付を行う事ができません。

しかしLendConnectを使用することで、安全に個人同士での融資が可能になるため持て余している仮想通貨で更に利益を上げることが可能となります。

LCTの具体的な使い道についてはまだ不明ですが、他のサービスを見ているとサービス内で使える通貨としてや、特別な優待が受けられる可能性があります。

LCTの基本情報

通貨名LCT
公開日2017年
最大発行枚数6500000LCT
公式サイトhttps://lendconnect.io
ホワイトペーパーこちら

LCTの将来性・今後

仮想通貨の貸し借りを行うサービス

今後仮想通貨の実需が進み、世界中で仮想通貨が決済手段として使われることが増えれば法定通貨と同じようにお金の貸し借りの需要も生まれます。

その際、決済手段としての仮想通貨でなく、融資としても可能になれば法定通貨に縛られる必要はありません。

またブロックチェーンのネットワークは人件費も大幅に削減出来る事が期待できるため、銀行の利息以上に配当を受け取れる可能性があります。

貸付を行う側も融資を受ける側どちらにもメリットがあるサービスと言えるでしょう。

2018年のロードマップ機能

2018年に実装予定の機能や開発のロードマップが既に公開されています。

  • 2018年1月:レンディングシステムサイトオープン(LCTとの交換システム、ブランドロゴ、公式サイト、ホワイトペーパー、ロードマップノリブランディング)
  • 2018年3月:モバイルアプリの公開

2018年はビットコインとイーサリアムとの交換システムを実装し、流動性を確保しつつ、リブランドでイメージの一新を行うようですね。

アップデートの情報については随時テレグラムの公式コミュニティで行われるそうです。

LCTの取引所・買い方

※LCTは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているCoin exchange(コインエクスチェンジ)がおすすめです。

LCTを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Coin exchangeにビットコインを送金
  3. ビットコインでLCTを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

LCTの口コミ・評判

LCTは買うべき?

LCTですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

LCTの評価

プロダクトの将来性(4/5)
時価総額の安さ(5/5)
単価の安さ(3/5)
取引所の少なさ(4/5)
コミュニティの人気度(2/5)
総合評価 (4/5)

単価は高いものの、総発行枚数は650万枚ととても少ないので2100万枚発行しているビットコインと比べても時価総額自体はかなり安いといえます。

国内ではまだまだ認知度が低いので、日本での実需が拡大するにつれて価値も段階的に上がっていくでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします