仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨TPAY(TokenPay)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 116

仮想通貨「TPAY(TokenPay/トークンペイ)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

TPAY(TokenPay)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




TPAY(TokenPay)とは

TPAY(TokenPay)は2018年にICOを行った、送金者を特定することが不可能な匿名機能を持った世界一安全性が高いことを特徴とした仮想通貨プロジェクトです。

TPAYでは匿名通貨で始めて銀行機関と提携し、ライセンスを取得してサービスを展開します。

TPAYの特徴は以下の通りです。

  • 高度な匿名機能を備えている
  • 銀行機関と提携している
  • 独自のDEXを提供している

通常、ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーン上に取引記録がすべて記録されて公開されています。

そのため、取引の透明性の高さが売りの1つとなっていますが、その反面自身の残高が全て公開されてしまうデメリットも抱えています。

匿名通貨ではこの取引記録を隠すことが出来ます。

匿名通貨はDASHやMoneroなど様々なものが既にあり、似た機能を搭載しているため兄弟のような存在として挙げられています。

TPAYではTor、ゼロ知識証明、リング署名など様々な暗号化技術を使用することで、取引する通貨の送金料や取引者を非公開で決済可能なため、ウォレットアドレス上の残高や取引の追跡が不可能になります。

以下の情報など全てが匿名化されており、”完全”に非公開で取引できるという強みを持っています。

  • 送金・受け取りアドレス
  • 取引履歴
  • 送金数量
  • アクセス元

このようにトランザクション状態が完全に非公開されており、DASHやMoneroよりも匿名性が高いのが特徴です。

暗号化された「Torブラウザ」を介してネット上で取引を行うので、送金元を追跡して辿ることも不可能なので、第三者があなたの住んでいる場所を見つけることは不可能です。

今後仮想通貨の普及が進めば、個人情報とウォレットアドレスが紐づく日もそう遠くないでしょう。

そうなると、ウォレットに多くの仮想通貨を持った人が犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

既にビットコインを大量に保有している人が誘拐や強盗で仮想通貨を奪われる事件も多発しており、このようなプライバシー保護は身を守る点でもとても重要になります。

ゼロ知識証明とは

TPAY(TokenPay)で採用されているゼロ知識証明とは「この取引は安全です」という本人以外の情報を必要とせずに取引を完了することが出来る仕組みです。

通常、匿名機能を持たない通貨の取引では、複数人の承認が行われることによって取引の安全性が確認されて決済が完了します。

安全性の担保の代わりに、第三者にも取引を知られてしまうというデメリットがあります。

本人のみの情報だけで送金や取引が出来るので完全非公開状態で取引が完了します

既にモバイルアプリとデスクトップアプリがリリース済み

The app was not found in the store. 🙁
TokenPay Android Wallet ($TPAY)
TokenPay Android Wallet ($TPAY)
Developer: dogedDEV
Price: Free

既にモバイルアプリPCで使うことの出来るデスクトップアプリをリリースしており、TPAYを簡単に外出先でも決済手段として使用することが出来ます。

ウォレット機能だけでなく、送金履歴の確認も可能で安全なやり取りが可能になっています。

PoSマイニングも可能になっているため、ウォレットにトークンを預け入れておくことで通貨が増えていくのも特徴です。

多くのICOではプロダクトの開発まで不安が残りますが、既に多くのプロダクトをリリースしており、将来性に期待できますね。

ドイツの銀行との提携

2018年4月にはドイツ銀行との契約を合意したことを発表しており、当初の目標であったバヌアツ銀行との提携よりも斜め上のサプライズ発表が行われました。

既にドイツの銀行「Web Bank AG」の株式を9.9%取得しており、最終的には75%を取得して株主になる予定です。

将来的にはBlueDiamondデビットカードの発行を行い、通貨としての利便性向上を目指していくそうです。

透明な価格設定と低い手数料により、TPAYやBitcoinのようなユーザーのデジタルトークンにアクセスすることができます。

XVG(Verge)・Litecoinとの提携

TokenPayのアドバイザーにはXVG(Verge)がおり、ビジネスパートナーとして提携しています。

XVGは発行当初から2017年の1年間で、時価総額10000倍まで成長した匿名機能を持った仮想通貨で、多くの投資家の注目を集めました。

またLitecoinのプロジェクトチームとも提携しており、チーム体制に期待できます。

TPAY(TokenPay)の基本情報

通貨名 TPAY
公開日 2018年4月
最大発行枚数 2500万枚
公式サイト こちら
ホワイトペーパー こちら
テレグラム こちら

TPAY(TokenPay)の将来性・今後

DEX(分散型取引所)の開設

DEX(分散型取引所)である「eFinDEX」の開設を予定しており、トークン保有者に新規発行されるEFINトークンの配布を予定しています。

DEXとはBinanceやbitFlyerなどと違い、特定の運営者がいない非中央集権の取引所を指します。

取引や入出金はすべてブロックチェーン上で自動管理されており、手数料がほぼ不要で安全な取引を実現することが出来ます。

eFinDEXの特徴は以下の通りです。

  • 上場費用無し
  • コミュニティ投票の上場
  • 投票にEFINトークンを必要とする

XVGホルダーも対象になっており、多くのユーザーに提供されます。

競合プロジェクトの存在

TPAYはMoneroやDASH、ZECなど他の有名な匿名通貨と比較しても性能の高さはずば抜けています。

特に「Secure Chat」「Tor Network Integration」という機能を兼ね備えており、セキュリティの高さに優れています。

Secure Chatは48時間以内に送信したメッセージが完全に削除される機能でやり取りが決して外部に漏れることがありません。

Tor Network IntegrationはTor通信を行うことでユーザーの足跡を完全に追跡不可能にする安全なネットワークを提供しています。

暗号通貨の期待の高さ

匿名性の高い暗号通貨は投資家たちから資産保護の観点でとても人気が高いです。

TPAY(TokenPay)も同じように投資家たちの注目を集めていますが、他の通貨とどのように差別化を行っていくかが重要になりそうです。

暗号通貨は資金の移動が匿名化されることによってマネーロンダリングや資金の悪用につながる可能性も否定できず、一部では政府からの規制の噂もあります。

TPAY(TokenPay)に限らず、暗号通貨関連の銘柄は国の法律によって規制を受けるのかどうかが大きなポイントになりそうです。

ロードマップ

  • 2015年第4四半期:eFin.com 2015年秋にリリースされたプラットフォームのベータ版
  • 2016年第2四半期:USTOCKTRADEとロンドン証券取引所のTony Weersingheとのパートナーシップ、MIT Fintech Conferenceでのプレゼンテーション
  • 2016年第4四半期:ユーザーのブロックチェーン資産に対する圧倒的な需要のため、創業者は暗号化技術に焦点を移した。英国ヴァージンアイランドのプライバシーに焦点を当てた管轄区域に本社を設立
  • 2017年第1四半期:Bitcoinのより安全で追跡不可能なバージョンを構築するためのオンボードワールドクラスの開発チーム。独自のTorネットワークコインテクノロジの統合作成されたステルスアドレスと暗号化されたメッセージングシステム。
  • 2017年第2四半期:マルチ・シグネチャ・トランザクション・エンジンの発売。Linux、Windows、macOS、Paper Walletsをリリース
  • 2017年第3四半期:確立された銀行を取得することに合意した。TPAYブロックチェーンにリングシグネチャ機能を追加。Zero-Knowledge Proofの高度なオートメーションが追加されました
  • 2017年第4四半期:TokenPayトークンセールのホワイトペーパーをリリース
  • 2018年第1四半期:トークン販売の完了。プラットフォームへのTPAYユーティリティトークンの統合。TPAY Apple iOSモバイルウォレット。銀行統合の完全なデューデリジェンス
  • 2018年第2四半期:商業利用のためのTokenPayウェブサイトの立ち上げ。銀行の完全取得またはパートナーシップ。P2Pマルチスクリーン決済プラットフォーム。グローバルマーチャントサービスアプリケーションが利用可能
  • 2018年第3四半期または第4四半期:BlueDiamondデビットカードは口座保有者に発送されます。
  • 2019:APAC内の新しい地域に拡大するTokenPay Bank

TPAY(TokenPay)の取引所・買い方

※TPAYは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

TPAYを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. TOPBTCにビットコインを送金
  3. ビットコインでTPAYを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルの高いビットバンク(bitbank)がおすすめです。

TPAY(TokenPay)の口コミ・評判

TPAY(TokenPay)の公式ツイッター

TPAY(TokenPay)は買うべき?

TPAYですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

TPAYの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (4/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (4/5)

匿名通貨は日本国内ではマネーロンダリングの観点から国内の規制などで厳しい立場に置かれていますが、TPAYではそういった部分も見越して銀行買収を行っています。

金融業界からの厚い信用が獲得できれば、日本でも匿名通貨に対する金融庁の見方が変化する可能性があります。

この調子で銀行との提携が進めば匿名通貨の中でも高い地位を獲得できるでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

取扱通貨国内最多!
便利な取引所Zaif

ザイフ口座開設

  • 取扱通貨の種類が最多
  • 取引手数料が無料
  • 仮想通貨の積立も出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします