仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨HYDRO(hydrogen)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 649

仮想通貨「HYDRO(hydrogen/ハイドロゲン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

HYDRO(hydrogen)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




HYDRO(hydrogen)とは

HYDRO(hydrogen)はイーサリアムネットワーク上で動作する、既存のプライベートシステムをパブリックチェーンに置き換えるためのプラットフォームを提供する仮想通貨プロジェクトです。

Hydroから提供されるパブリックブロックチェーンは「Raindrop(雨滴)」と呼称され、スマートコントラクト機能を用いることで、透明性を保ちつつ、個人認証方式などハッキングリスクを抑えるためのセキュリティを提供します。

HYDROの特徴は以下の通りです。

  • 機密性の高い情報を安全に管理出来る
  • スマートコントラクトを活用している
  • 金融業界への提供を視野に入れている

金融サービスにおける公共および分散したブロックチェーンのための時間ではありませんか?Hydroは、民間の金融システムがパブリックなブロックチェーンをシームレスに活用できるようにします。金融サービスエコシステム全体のクラウドアプリケーションは、スマートコントラクトの恩恵を受け、より安全で透明性があり、低コストの金融商品を世界中に作り出すことができます。

現在の銀行などの民間金融システムは機密性の高い情報という性質から、一般の方に簡単にアクセスすることが出来ません。

しかし顧客情報が流出してしまう事件も度々発生しており、セキュリティと透明性の部分にまだ不安が残ります。

Hydroではブロックチェーン技術を活用することで、情報を世界中に分散管理しつつハッキングリスクを最小限に抑える金融インフラを提供します。

インフラを使用することで以下のような情報をすばやく手に入れることが出来ます。

  • このアカウントは存在しているか?
  • 現在の残高は?
  • この取引は特定のブロックに追加されているか?
  • 特定のイベントが今日このアドレスで発生したか?

これらの情報や取引内容はスマートコントラクトと言われる自動履行システムにより、予め決められたルール通りにシステムが動作します。

自動的に記録されていくので人為的ミスの可能性も無くなります。

独自のAPIを提供

これはHydrogenAPIプラットフォームの場合です。

Hydroは,基本的にプライベートなHydrogenエコシステムにシームレスに統合された方法でブロックチェーンと連携をユーザーとに許可することによって前述した多様な安全性、透明性、効率性の向上を得ることを目的としています。

Hydroは多くの既存のブロックチェーンの取り組みとは異なります。

なぜなら,独立して存在し、仕組みの変更を必要とせずに既存、新規システム周辺に配置ができるからです。

置き換えるのではなく、Hydroは増強を目指しています。

プラットフォームとHydrogenAPIに接続する機関は自動的にブロックチェーンにアクセスできます.

Raindropについて

「Raindrop」とはHydro public ledger(公開元帳)上に構築されたブロックチェーンを基盤とした認証サービスです。

これはアクセス要求が許可されたことを確認するセキュリティ層を提供します。

これを導入することに情報漏えいなどのリスクが抑えられ、堅牢性と有用性が向上します。

HYDRO(hydrogen)の基本情報

通貨名 HYDRO
公開日 2018年1月
最大発行枚数 11,111,111,111枚
公式サイト こちら
ホワイトペーパー こちら
テレグラム こちら

HYDRO(hydrogen)の将来性・今後

世界中の銀行ネットワークを置き換える可能性

HYDROはリップルと同じように金融業界と同水準のコンプライアンス要件を満たすことで、将来的にすべての通貨の交換で仲介役になることを目指しています。

開発が進み、仮想通貨への信用度が高まれば本格的に導入されるのは時間の問題でしょう。

アメリカなど資本力の大きい国がHYDROを採用すれば、他の国も右にならえで次々にHYDROにシステムを置き換える可能性があります。

競合プロジェクトの存在

HYDROは「第二のZIP」として、2018年7月に大きく価格を上げました。

仮想通貨ZIP(Zipper)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所
仮想通貨「ZIP(Zipper/ジッパー)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方...

どちらも時価総額は同程度で、プロジェクトの内容も金融業界のインフラになるプロジェクトとして肩を並べています。

一番大きな競合のリップルの時価総額を抜くのは難しいとしても、肩を並べられる存在となれば今後も時価総額が大きく跳ねる可能性は十分にあるでしょう。

現在はまだ構想段階のものが多いため、銀行との提携やシステムへの採用などの実績づくりが期待されます。

HYDRO(hydrogen)の取引所・買い方

※HYDROは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

HYDROを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. CoinExにビットコインを送金
  3. ビットコインでHYDROを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルの高いビットバンク(bitbank)がおすすめです。

HYDRO(hydrogen)の口コミ・評判

HYDRO(hydrogen)の公式ツイッター

HYDRO(hydrogen)は買うべき?

HYDROですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

HYDROの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (5/5)
単価の安さ (5/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (4/5)

時価総額の低いコインの中では競合となるリップルと近い目標を掲げたプロジェクトで将来性に期待が高まります。

しかしまだまだ実績が少ないため価格が大幅に変動する可能性もあります。

高値づかみを避けるためにも運営チームの動向を見ながら少しずつ買い集めていくのがいいでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

取扱通貨国内最多!
便利な取引所Zaif

ザイフ口座開設

  • 取扱通貨の種類が最多
  • 取引手数料が無料
  • 仮想通貨の積立も出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします