仮想通貨の始め方完全マニュアル

【仮想通貨】MACDとは?使い方や見方について | テクニカル分析

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 228

株やFX、仮想通貨のチャートの動きの判断指標となるMACD(移動平均収束拡散手法)とは何なのか、ツールの使い方や見方、設定方法について紹介しています。




MACDとは

MACD(移動平均収束拡散手法)とはチャートの短期の移動平均線と長期の移動平均線(※)を使用することで「買い」と「売り」のタイミングを判断する手法です。

(※通常の単純移動平均線(SMA)ではなく、指数平滑移動平均(EMA)が用いられます。)

中央にあるヒストグラムはトレンドを示すもので、プラス(中央線から上)に抜ければ上昇トレンド、マイナス(中央線から下)に抜ければ下降トレンドを見分ける事ができます。

MACDを使用することで、相場のトレンドやトレンド転換を判断することができます。

トレンドの見方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

【仮想通貨】移動平均線とは?トレンド転換を見極める使い方と見方 | テクニカル分析
チャートの動きを読むためにはローソク足の動きに敏感になる必要がありますが、ローソク足だけでは目先...

MACDの計算方法

  • MACD=短期EMA-長期EMA
  • MACD2=MACD-シグナル

短期の移動平均線期間は9,長期の移動平均線期間は26とする場合が多いです。

MACD2はMACDのシグナルを分かりやすく視覚化したもので、中央の線を超えたタイミングが売買の目安となります。

MACDの使い方

MACDはほとんどのツールに対応しており、テクニカル分析の中でもかなりポピュラーな手法です。

①では青の短期線が赤の長期線を下回っており、中央のヒストグラムも下側に振れているので下降トレンドを示しています。この状態であれば相場は弱い状態にあります。

②では青の短期線が赤の長期線を交差して上回る”ゴールデンクロス”の状態にあります。これは上昇トレンドへのトレンド転換を示す買いシグナルの目安になります。

③では再び青の短期線が赤の長期線を交差して下回り”デッドクロス”の状態にあります。これは下降トレンドへのトレンド転換を示す売りシグナルの目安になります。

短期線が長期線と大きく離れている時であればあるほど大きなトレンドを示し、短期線と長期線が重なっている場合はレンジ相場(横ばい)の状態を示します。

また、MACDの右側にある数値で短期線と長期線が「0」よりも上側にある場合はより信頼度の高いシグナルになります。

  • 0より高い位置でゴールデンクロス=信頼度高
  • 0より低い位置でゴールデンクロス=信頼度低
  • 0より高い位置でデッドクロス=信頼度低
  • 0より低い位置でデッドクロス=信頼度高

中央値の「0」を基準に、トレンド転換がどこで起きたか見ることでその後の相場の動きを予想することが出来ます。

海外の大手取引所「Binance」「Huobi」が対応しているので、ぜひ活用してみてくださいね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします