仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨KEY(SelfKey)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 842

仮想通貨「KEY(SelfKey/セルフキー)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

KEY(SelfKey)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




KEY(SelfKey)とは

KEY(SelfKey)は2018年1月に誕生した、ブロックチェーン上で個人や法人のデジタルアイデンティティーをセルフキーウォレット内で管理できるプロジェクトです。

オンライン上に個人情報を安全に管理することで、会社設立、金融サービスの利用、トークンの売買などで必要な個人情報を簡単に引き出すことが出来ます。

2018年1月に行われたICOでは1枚あたり約1.5円で販売されましたが、注目度の高さから一瞬で完売しました。

KEYの特徴は以下の通りです。

  • 個人情報をブロックチェーンで管理
  • 安全にオフラインで保存している
  • ICOが即完売した

SelfKeyで実現出来る「デジタルアイデンティティー」とは別の言葉で言い換えると「デジタルの身分証明書」のことです。

皆さんも色んなサービスを登録する時に、毎回自分の名前や住所などの個人情報を入力して疲れた経験は無いでしょうか?

引っ越しして住所が変わるたびに変更するのはとても手間ですし、各会社のサービスに個人情報を預けておくのはハッキングや情報流出のリスクがとても高いです。

できれば個人情報は安全に一括管理出来ているほうが便利ですよね。

従来のネットサービスの仕組みでは、このようにサービスを利用するたびに個人情報を必要としますが、SelfKeyの「セルフキーウォレット」を利用することでその問題は解決できます。

セルフキーウォレットについて

セルフキーウォレットはわかりやすい言葉に言い換えると「個人情報の財布」です。

お金を管理するのと同じように、セルフキーウォレットの中に運転免許証、パスポート、健康保険証などをまとめて管理出来るデジタルのお財布です。

必要な個人情報は独自のセルフキーIDを作成することでいつでも取り出し可能です。

個人情報はオフラインで安全に管理

分散型IDシステム

SelfKeyの提供するデジタルアイデンティティーはブロックチェーン上に個人情報を記録できる分散型IDシステムです。

個人情報は特定のサーバーではなく、暗号化された状態で世界中に分散管理されるので簡単にハッキングされることはありません。

オフラインでの管理

オンラインからいつでもアクセス可能ですが、個人情報のデータ自体はオフライン(ネットに接続されていない状態)なので、直接個人情報が流出することはありません。

個人情報にアクセスするためにはセルフキーIDを提出する必要があり、第三者が勝手に引き出すことは出来ません

オンライン上で様々な売買・契約も可能

SelfKeyの提供するアイデンティティ管理システムと、発行しているトークン「KEY」を利用することで、会社設立や銀行口座の開設など手間のかかる手続きや契約を全て自動で進めることが出来ます。

個人情報はプラットフォームに全てあるので、あとは資金をKEYトークンによって賄えれば多くのサービスを簡単に利用することが出来ます。

パスポート申請やカード会社の申込みなど、身分証明が必要な場面で便利なサービスと言えます。

既にプラットフォーム上では海外の市民権を購入することが出来たり、家にいながら海外に居住する計画を立てることも出来ます。

KEY(SelfKey)の基本情報

通貨名 KEY
公開日 2018年1月16日
最大発行枚数 3億枚
公式サイト https://selfkey.org/
ホワイトペーパー こちら

KEY(SelfKey)のチャート



2018年1月15日のKucoin上場時にはICOの価格(1枚あたり1.5円)から約5倍の8円前後を推移していましたが、仮想通貨バブルの下落と共に価格が下がっています。

期待度が高いICOなので、今後は市場の盛り上がりに左右されるでしょう。

KEY(SelfKey)の将来性・今後

個人情報管理の信頼性

KEYは個人情報管理のプラットフォームとして信頼性の獲得が最重要になります。

利用者の増加や、ハッキング対策の実績などを作りには時間を掛けながら積み重ねていく必要があります。

また、IDウォレットの普及なども各サービスに導入するコストなどがあるため、Facebookログインと同じように浸透するには時間がかかるでしょう。

ブロックチェーンの利便性や安全性などが認知されれば、利用者も増加するでしょう。

ロードマップ

  • 2018年
    Trezorハードウェア財布をサポート
    Cryptocurrency Exchanges Marketplace
    KEYトークンの機能を担う
    「SelfKeyでログイン」ボタン&ブラウザ拡張機能の起動
    会社のマーケットプレイス
  • 2019年
    銀行口座市場
    トラスト&財団市場
    レジデンシー&パスポートマーケットプレイス
    クレーム発行者のための専用機能
    DID / DIFアイデンティティーアーキテクチャの開始
    SelfKeyモバイルウォレットアルファ(AndroidとiOS)
    コーポレートアイデンティティウォレットの開始
    コーポレートアイデンティティウォレットのマルチシグネチャ機能
    SelfKeyと10以上のウェブサイトが統合されたログイン

IDウォレットとセルフキーの連携は2018年に開発され、政府機関や企業との連携を進めていきます。

多くの場面でIDウォレットが使用できるように慣ればKEYトークンの価値も大きく向上する可能性があります。

大手取引所に上場済み

KEY(SelfKey)は既に全世界取引高トップクラスの「Binance」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

KEY(SelfKey)の取引所・買い方

※KEYは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

KEYを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでKEYを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

KEY(SelfKey)の口コミ・評判

KEY(SelfKey)の公式ツイッター

KEY(SelfKey)は買うべき?

KEYですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

KEYの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (3/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

個人情報を簡単に入力することができれば不要な手続きや処理を簡略化することが出来ます。

利用シーンや提携企業が順調に増えていけば将来的に時価総額を大きく伸ばす可能性があります。

ブロックチェーン上で個人情報を管理するプロジェクト「CVC(Civic)」についても知っておくのがおすすめです。

仮想通貨CVC(Civic)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所
仮想通貨「CVC(Civic/シビック)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方に...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします