不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨の「PoW」と「PoS」とは?特徴や違いについて

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨のアルゴリズムは主に「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」の2種類に分けられます。

今回はそれぞれの言葉の意味や、特徴、違いについて紹介しています。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
コインチェック 公式HP
マネックス運営の最大手取引所!
口座開設+取引で最大20,000円プレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大16000円ゲットのチャンス!

PoWとPoSの仕組みについて

仮想通貨には取引を行うネットワークを維持するために主に2種類の方式が使われています。

それは「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」です。

PoW(プルーフオブワーク)の特徴

  • メリット:高いスペックを持っている人がマイニングしやすい
  • デメリット:機材や電気代が高コストで個人の参入が難しくなる

PoS(プルーフオブステーク)の特徴

  • メリット:専門知識がなくても通貨を持っているだけで増える
  • デメリット:保有量に応じてマイニングされるので流動性が悪くなる

PoWとはパソコンや専用の機材を使用した処理能力で複雑な計算を行い、ネットワークを支える仕組みです。

ビットコインやライトコインなど古くからある仮想通貨にはこの方式が多く採用されています。

PoSとはウォレットに通貨を預け入れておくだけでネットワークを支える仕組みです。

2015年以降などに登場した比較的新しい通貨に採用されています。

ネットワークを支える行為のことを「マイニング」と呼び、それをすることで報酬としてその通貨を貰うことが出来ます。

PoWでは「○枚」や全体発行枚数の「○%」という配布枚数で、PoSは「年利○%」という数量で一定周期で配布されます。

要するにどちらも、ネットワークをマイニングで支えてくれたら報酬に通貨をあげるよ!というわけですね。

PoWとPoSの比較

PoW PoS
メリット 多くの通貨に対応 自動的に増えていく
デメリット 専門の知識が必要
51%攻撃の恐れがある
所有枚数による
格差が生まれる
採用通貨 BTC、LTC、ZECなど ADA、XP、ETHなど

このようにPoWとPoSには大きな違いがあることがわかります。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします