仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨ZIP(Zipper)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1131

仮想通貨「ZIP(Zipper/ジッパー)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

ZIP(Zipper)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




ZIP(Zipper)とは

ZIP(Zipper)は中国初の分散型プラットフォームで、複数のデジタル資産の管理やクロスチェーン技術により複数の仮想通貨の交換を可能にした仮想通貨です。

「クロスチェーン」とは今まで別々のブロックチェーンや仮想通貨同士をつなぐことが出来なかったものを接続することで、通貨同士の自由な交換が可能になる技術のことです。

金融業界での活用を考えており複数通貨の架け橋となる存在から「ブリッジ通貨」や「中国版XRP(リップル)とも言われています。

ZIPの特徴は以下の通りです。

  • 国際的な金融要件を満たした通貨
  • 拡張性の高い設計
  • 複数の通貨の総合管理

ZIP(Zipper)の素晴らしさを理解するためには仮想通貨とウォレットの仕組みについて理解しておく必要があります。

仮想通貨は通貨が異なる場合、同じウォレットアドレスでは通貨を管理することが出来ません。

例えば、ビットコインとビットコインキャッシュはウォレットが異なるため、1つのアドレスで管理できません。

一部のERCトークンなどの互換性のある通貨でなければ、1つの通貨は1種類のウォレット形式にしか対応しておらず、ウォレットの管理が煩雑になるデメリットがあります。

しかし、ZIP(Zipper)では独自の統合ウォレットを開発しており、1つのアドレスに複数の通貨を入金して管理することが出来ます。

独自のウォレットを提供

ZipperOneは独自のウォレットを提供しており、ZIPクロスチェーンプロトコルに基づいた統一デジタルアセットアドレスサービスをユーザーに提供します。

Zipperの開発により、ZipperOneは、クロスチェーン取引、資産発行、スマートコントラクト、第三者支払いインターフェースなどのさまざまな機能を提供します。

マルチタイプの安全ブロックチェーン「ZO」

ブロックチェーンには様々なタイプのものがあります。

1つはビットコインのように誰でもネットワークに参加できる「パブリックブロックチェーン」

2つ目は企業や特定のメンバーのみがネットワークに参加できるプライベートブロックチェーン。

3つ目は複数の企業が合同で使用するコンソーシアムブロックチェーンがあります。

ZIPが提供する独自のマルチタイプブロックチェーンの「ZO」では上記のブロックチェーンを自由に展開することが可能になっています。

自由度の高いブロックチェーンネットワーク上で、開発者はアプリやサービスなど様々なDAPPを構築することができます。

Z0はまたZipperNetへのアクセスを自由にして、他のZ0ネットワークと切り替えることができます。

ZIPのFUD(大口の大量保有)について

2018年7月に「ZIPが大口によって大量に買い占められている」というFUDが流れました。

この件についてトークンの所有割合を確認出来る「Ethplorer」で調査した所、運営のロックアップを除いた2つのアドレスに流通分の56%分が保有されていることが分かりました。

しかし、このアドレスは現在ZIPを取り扱っている取引所「OKEx」と「Fcoin」のウォレットアドレスであることが分かりました。

こちらのページでアドレスを確認してみると、コメントにもOKExであるということが書かれています。

その裏付けとしてトランザクション履歴を確認してみると毎分数件レベルの送金が行われていることが分かります。

個人でここまで大量の入出金を行うのは不可能ですし、取引所アドレスで確定ですね。

そのため大口で誰かが所有しているということはなく、価格操作の心配はありません

ZIP(Zipper)の基本情報

通貨名 ZIP
公開日 2018年5月29日
最大発行枚数 1000億枚
公式サイト http://zipper.io/
ホワイトペーパー こちら
テレグラム こちら

ZIP(Zipper)のチャート

Fcoinに2018年5月に上場しており、当初は堅調に推移していました。

2018年6月にFcoinが取引所トークン「FT」を発行したことで取引高ランキング1位を獲得し、ZIPが一気に認知されたことで一ヶ月で価格は5倍以上に成長しました。

その大きな理由の一つとして開発メンバーが挙げられます。

ZIPチームにはHuobiの元CTOが在籍している

ZIPが上場したFcoinは現在世界トップクラスの取引高を誇る取引所「Huobi」の元CTOを努めた「Zhang Jian氏」が設立しており、ZIPの開発陣にも関わっています。

これにより「ZIPとFcoinは密接な関係にあるのでは?」「将来的にFcoinのシステムにZIPが採用されるかもしれない!」と大きな話題になりました。

取引所との関連性は未知数ですが、今後もプロジェクトの進捗や銀行との提携が進めば一気に価格が高騰する可能性を秘めています。

ZIP(Zipper)の将来性・今後

世界中の銀行ネットワークを置き換える可能性

ZIPはリップルと同じように金融業界と同水準のコンプライアンス要件を満たすことで、将来的にすべての通貨の交換で仲介役になることを目指しています。

開発が進み、仮想通貨への信用度が高まれば本格的に導入されるのは時間の問題でしょう。

アメリカなど資本力の大きい国がZIPを採用すれば、他の国も右にならえで次々にZIPにシステムを置き換える可能性があります。

競合リップルとの戦い

ZIPは「中国版リップル」として、2018年6月に大きく価格を上げました。

時価総額も低く、ライバルのリップルと比較しても天と地ほどの開きがあります。

しかし、リップルには金融機関との接続に対応していないフォーマットを使用しており、既存のロジックとの互換性がない事が指摘されています。

例えば、決済システムやメッセージシステムなど、銀行の既存のメッセージフォーマットや標準規格と互換性がありません

Zipperはブロックチェーンを既存の金融サービスと財政、規制、安全、技術基準などの問題を解決したグローバルで法令遵守なプロジェクトを目指しています。

公式:ZipperとRippleの違いや特徴について

競合のリップルの時価総額を抜くのは難しいとしても、肩を並べられる存在となれば今後も時価総額が大きく跳ねる可能性は十分にあるでしょう。

現在はまだ構想段階のものが多いため、銀行との提携やシステムへの採用などの実績づくりが期待されます。

ZIPチームに金融業界を巻き込む力や政治力があれば業界に変革をもたらす可能性は高いでしょう。

CSPay提携による日本進出

Zipperは2018年7月に「CSPay」との提携を行い、日本での決済サービスの展開や進出を発表しました。

「CSpay」とは仮想通貨支払いによる店頭決済をサポートするプラットフォーム(アプリ)で、既に日本、中国、韓国、香港、マカオ、台湾などのアジア圏で多くの人に利用されています。

CSPayは動画を見ても分かる通り、仮想通貨決済に対応したプラットフォームで、スマホを使って店頭支払いを簡単にすることが出来ます。

CSPayが開催した日本でのイベントにZIPチームが参加し、提携することが決まりました。

どちらのプロジェクトも法定通貨と仮想通貨間の自由な決済を可能にする橋渡しのような役割を担っており、両者にとって大きなメリットとなるでしょう。

これを機に以下の日本の有名店舗でも導入することが予定されました。

  • ドン・キホーテ
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ

どれも中国人が頻繁に利用する日本の有名店で、ビットコイン決済や8億人の中国人が利用するSNSアプリ「Wechat」による決済などにも対応しており、ZIPも近いうちに対応するのではないかと言われています。

中国の観光客からすれば日本円を持たずに店頭決済が可能になるのでとても便利になります。

ロードマップ

  • 2018年Q2:複数の資産を実現する機能
  • 2018年Q3:契約関数とコンセンサスアルゴリズム
  • 2018年Q4:非対称チェーンアルゴリズムを実現し、社内での使用をサポート
  • 2019年Q1:同期オンライン

ZIP(Zipper)の取引所・買い方

※ZIPは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でイーサリアムを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

ZIPを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でイーサリアムを買う
  2. Fcoinにイーサリアムを送金
  3. イーサリアムでZIPを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルの高いビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

Binance上場の噂について

ZIPは一時期Binanceの情報ページの中に銘柄の文字が追加されたことで「近々上場するのでは?」といった噂がTwitter上で広まりました。

これにより一時価格が高騰しましたが、海外の情報で真偽は結局わからず一ヶ月が経過したあとも上場することはありませんでした

実際にこれが第三者によって作られた画像なのか、それともBinance側があえて上場を遅らせたのか分かりませんが、過去にこういった前例はなく、誰でも見れるページの中でなぜZIPだけが取り沙汰されたのかわからないので偽の情報の可能性が高いでしょう。

今後Binanceに上場する可能性はゼロではありませんが、こういった情報に踊らされないように注意深く情報は精査しましょう。

ZIPのウォレットアプリのインストール方法

ZIPが開発している独自のウォレットアプリ「ZipperOne」は既にβ版の提供が開始されており、Android/iOSどちらでも公式サイトからインストールすることが出来ます。

http://zipper.one/

しかし日本語にはまだ対応しておらず、基本的には中国語での操作となります。

また、Google PlayやApp Storeなどの公式アプリとしては正式にリリースされていないので、インストールする際は自己席にでお願いします。

ZIP(Zipper)の口コミ・評判

ZIP(Zipper)の公式ツイッター

ZIP(Zipper)は買うべき?

ZIPですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ZIPの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (5/5)
単価の安さ (5/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (4/5)

時価総額の低い草コインの中では競合となるリップルと近い目標を掲げたプロジェクトで将来性に期待が高まります。

しかしまだまだ実績が少ないため価格が大幅に下落する可能性もあります。

高値づかみを避けるためにも運営チームの動向を見ながら少しずつ買い集めていくのがいいでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINTク口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします