仮想通貨の始め方完全マニュアル

【ICO】仮想通貨CUBE CHAIN(キューブチェイン)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 858

話題のICO「CUBE CHAIN(キューブチェイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介しています。サイトに登録して送金して購入するまでの流れを解説しています。

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の将来性やロードマップ、上場の噂やICOの詳細についてもまとめています。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

CUBE CHAIN(キューブチェイン)とは

CUBE CHAIN(キューブチェイン)は、イーサリアムを極限に進化させたような使いやすさや柔軟性に優れた第四世代プラットフォームです。

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の特徴は以下の通りです。

  • 最強クラスのセキュリティ
  • トップクラスの処理能力
  • 使いやすいプラットフォーム

CUBE CHAIN上で動作するキューブオンはン(CubeON)はCubechain Open Networkで、4世代ブロックチェーン技術であるキューブチェーンを基盤に構築されたソーシャルブロックチェーンサービスのプラットフォームです。

画像や動画データの管理や配信、ウェブサイトの構築、モバイルアプリの配信など多様なマーケットとして活用出来ます。

キューブオン上では様々なコンテンツを作ることが可能で、ネットワーク参加者たちの寄付や合意によって正式ブロックとして認知されます。

そのため、不要なコンテンツの乱立や外部からの攻撃に強く、コンテンツ作者やネットワーク参加者全てに優しいソーシャルモデルとなっています。

コンテンツ作者はプラットフォーム上でコンテンツ制作を楽しみながら、ネットワーク参加者たちの意見を仰ぐことが出来ます。

参加者たちの同意が得られれば貢献者としてトークンなどで寄付を貰うことが出来ます。

参加者が作成したコンテンツはブロックチェーン上に記録されるので、一定期間が経つと不可逆的に改ざんや変更ができなくなります

データ処理速度を増加させた「Cubing」を通して、特殊なブロックを除外した24個のブロックが生成完了されると、同時に一つのCubeとなり、CubeとCubeが繋がりデータを処理します。その為、多くのデータ量を同時に処理することが可能です。

データ処理速度をより効果的に増加させたにも関わらず、ブロックとCubeが作られる際に、
個々に違う方法で二重ハッシュ処理を行う為、セキュリティも一層高めることができました。

データの検索に優れた機能

より早い検索を可能とするために『Indexing Block」は全ての取引に含まれたトランザクション履歴をウォレットのアドレスごとに整理したものです。

本来のブロックチェーンの方式では、特定のウォレットの取引履歴を検索する場合、全てのトランザクション履歴を検索するために多くの時間がかかる短所があった。

しかし、Cube chainの方式を利用すると「Indexing Block」だけを検索し、必要なウォレットのアドレスをより早く検索することが可能となります。

AI×ブロックチェーンの対応サービス

CUBE CHAINでは顧客満足を最適化するために従来の企業型のコールセンターではなく、ブロックチェーン基盤のAI型チャットボット(ASM)を設置しています。

企業のビッグデータを基盤としたAI×ブロックチェーン技術を組み合わせることで、顧客の質問に対して24時間365日最適な回答を即座に提供することが出来ます。

これはコスト削減だけでなく、ユーザーの手間も減らすことが出来ます。

人工知能(AI)と機械学習を搭載

キューブオン使われるASMのコールセンターの仕組みは人工知能(AI)と機械学習を組み合わせた学習方法で最適な結論を作ります。

機械学習ではディープラーニングや神経網、言語処理などにより「理解」、「学習」、「予測」、「適応」、「自律意思」ができるようにするプログラミングで、これを通じて消費者は日常生活で使用され、まるでAIサービスが知能を持っているかのように認識する事となります。

これを作るために必要になるのがビッグデータで、様々なデータを分析、処理することで独自のアルゴリズムを作成します。

仲介人のいない安全なプラットフォームの実現

CUBE CHAINではブロックチェーン上にサービスを構築しているため、従来のECサイトと違い、仲介人や仲介組織が存在しません。

安全かつ高速の取引を実現するためにCUBE CHAINは二重認証機能を導入し、安全安心な信用決済を可能にしました。

Escrow Blockを利用した取引方式で承認暗号化キーを発行しています。

これにより、暗号通貨で取引が結ばれても、通貨を受信したウォレットでは即時に使うことができない状態になるため、

第三者が仲介するEscrowの形ではなく、取引当事者間の取引をもう一度安全に保護する機能が加わりました。

Escrow Blockによって、オンラインショッピングモールやオープンマーケットだけでなく、個人間の直接的な取引においても安全性の高いシステムの構築ができます。

売る人と買う人が安全に取引できるように、ウォレットや元帳、支払保証機能などに耐えられる送金システムを実現しています。

ビッグデータを活用したプラットフォーム

CUBE CHAINのサービスの基盤はビッグデータによって支えられています。

イーサリアムなど従来のブロックチェーン技術では、一度の処理に大量のデータを盛り込むことは不可能でした。

しかし、ビッグデータを活用できる処理能力を持った耐久性や拡張性に優れたシステムをはい削することによりそれを実現することが出来ました。

スピーディーな統計処理が可能

統計処理で様々な活用が可能となる「Statistics Block」。

従来のブロックチェーンの方法では、特定のデータを検索するためには、必ず全てのデータに対する検索作業が行われるため、特定のデータを引き出すことは時間がかかり難しいという短所がありました。

しかし、この『Statistics Block』を利用すれば、全体のブロックに対する統計値により、より早く整理された内容を検索処理することが可能となります。

そして『Statistics Block』を通じて、使用頻度の高い統計データを集めておくことで、いつでも必要な時に、必要に応じたデータをより早く出力することが可能となります。

イラン政府と契約済み

イランではテレグラムの利用者数が5000万人もいましたが、テロなどで使われる事があり、国がそういったメッセンジャーサービスの利用を禁止しました。

そのかわりに採用されたのがCUBE CHAIN(キューブチェイン)です。

そのため、実質的に利用者は既に5000万人抱えていることになります。

他にもエア・アジアなどの大手企業との提携の話も進んでいます。

自民党による使用提案

2018年6月5日、第4世代ブロックチェーンとして開発が進むCUBECHAINの国内総合窓口であるREDM JAPAN社代表の園田正文氏が、党本部にて有識者会議を行い、古民家を活用した民泊事業について既存犯罪防止とBlockChainのあり方と活用について討議しました。

インバウンド向け古民家活用における、様々な問題点をBlockchain技術で解決と提言!

自民党のブロックチェーン有識者会議にて日本総代理店トップで古民家再生理事長である園田氏がCUBE CHAINの利用を提言しました。

実現するかはまだ不明ですが参加者の反応もよく、国内でも政府を巻き込んだプロジェクトになる可能性もあります。

政府とのパイプラインがあるのはとても強いですね。

ロードマップについて

  • 2016年1月:チーム構成
  • 2016年10月:プロジェクト構想
  • 2017年1月:キューブチェーン開発開始
  • 2018年1月:キューブメディカル設立
  • 2018年6月:クラウドファンディング
  • 2018年7月:キューブトークン配布、ジェネシスブロック生成β版
  • 2018年8月:マイニングソフトウェア公開
  • 2018年9月:ジェネシスブロック生成
  • 2018年12月:キューブオンオープンβ版
  • 2019年:キューブオンオープン

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の取引所の上場予定について

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の取引所の上場予定は秘密保持契約という理由で場所は明らかにされていませんが、国内外の取引所に上場することが予定されています。

取引所に上場した直後は価格が数倍になる可能性があるため、利益を得たい方はICO期間中の購入をおすすめします。

CUBE CHAIN(キューブチェイン)のICOについて

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨ZUTTOCOIN(ズットコイン)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「ZUTTOCOIN(ズットコイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介し...

CUBE CHAIN(キューブチェイン)のICOは先行販売の形式でETHを用いて行われます。

イーサリアム(ETH)の手数料が一番安い取引所はどこ?最安価で買える理由を徹底比較
仮想通貨イーサリアム(ETH)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれば最安価で...

送金する際は必ずMyEtherWallet(MEW)から送金をして下さい。

まだ作っていない方はこちらの記事を参考に登録して下さい。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

実需が期待できるICO

一般のICOでは1億という金額でも数十秒で売り切れることがあります。

ICO側も資金調達の目処が立たないプロジェクトは行わないため、ICO開始前から注目を集め一瞬で集金を完了することが度々あります。

注目も高いプロジェクトなので、早期の購入をおすすめします。

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の評判・口コミ

CUBE CHAIN(キューブチェイン)の買い方・購入方法

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨ZUTTOCOIN(ズットコイン)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「ZUTTOCOIN(ズットコイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介し...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします