不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨IOST(IOStoken)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

Airdropのコイン配布などで話題になっている「IOStoken(IOST/アイオーエストークン)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

IOStoken(IOST)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

IOSTとは

IOStokenはInternet Of Serviesの略でオンラインサービスプロバイダと呼ばれるネットワーク管理者のために提供される安心安全なインフラ提供を目的としたプロダクトです。

IOSTで開発された効率的分散シャーディング(EDS)技術により安全かつ高負荷に対しても問題なく運用できるネットワークシステムを構築しています。

IOSTの特徴

  • ネット管理者向けのサービス
  • ネットワークのインフラ課題を解決
  • エアドロップにより認知度は高い

ネット上でサービスを展開する人たちはサーバーの管理もする必要があります。

その際アクセスが増えたり、サイバー攻撃やハッキングの危険に常にさらされることになるため、その対策を行う必要があります。

しかし、専門的な技術に関する情報は英語で書かれていることが多く、高レベルなサーバーカスタムを素人がするのはとても難しいです。

IOStokenではそんなサーバー構築の敷居の高さを解決すべく、ブロックチェーン技術を使用してネットワークのインフラ課題を解決しようとしているわけです。

IOSTコイン自体はそのネットワークのノードやネットワーク維持の貢献に与えられる報酬になると思われます。

PoBという承認方式で成り立っており、サービスを利用したメンバーからの評価なども加味されたマイニングシステムになっています。

IOSTの基本情報

通貨名 IOST
公開日 2018年1月
ブロックシステム PoB
最大発行枚数 210億 IOST
公式サイト https://iost.io
ホワイトペーパー こちら

IOSTのチャート



Binance上場前まで大きく上げており、調整が入っています。
今後の値動きに期待が高まります。

IOSTの将来性・今後

Airdropで認知度が高い

2018年1月にAirdropと呼ばれるコインの配布を行っており、既に日本への認知度は高まっています。

しかしサービス自体への関心はまだ薄く、IOST側からの継続的なアプローチが必要なフェーズだと思われます。

B向けで初心者投資家に分かりづらい

IOStoken(IOST)は企業向け(B向け)のサービス開発を行っています。

そのため、開発者や企業向けのプロダクトになっており、内容の素晴らしさを理解できない投資家初心者たちからの支持が集まりにくいプロジェクトとなっています。

今後はどのように実用事例を増やして、実際に目に見える形で普及させていくかが大きく伸びるポイントにもなりそうです。

IOSTの取引所・買い方

※IOSTは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinance(バイナンス)がおすすめです。

IOSTを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでIOSTを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のDMMBitcoinがおすすめです。

IOSTの口コミ・評判

IOStoken(IOST)の公式ツイッター

IOSTのウォレット・保管方法

IOSTは下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

【最新版】マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の登録方法と使い方 | 送金・入金・ログイン手順を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

IOSTは買うべき?

IOSTですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

IOSTの評価

プロダクトの将来性 (3/5)
時価総額の安さ (3/5)
単価の安さ (5/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

既にバイナンスへの上場を果たしているので開発が進み、プロダクトを投資家たちに提示できれば一瞬で高く上がるでしょう。

Airdropなどで一時的に話題になりましたが、日本のコミュニティ自体はまだまだ伸びしろがあるのでホルダーたちで盛り上げていきたいところですね。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします