仮想通貨の始め方完全マニュアル

【仮想通貨】暴騰・暴落から学ぶ高値掴みしないための投資方法と対策

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 456

仮想通貨はボラリティ(変動性)の激しい金融商品と言われており、30%以上価格が変動する通貨も珍しくありません。

2018年時点では、時価総額TOP10に入っている通貨ですら1日20%の変動をすることもしばしばあります。

今回は有名な「BCH(ビットコインキャッシュ)」の暴騰と暴落を例に、チャートを読み解いて高値掴みをしない投資方法を紹介します。




2017年末のBCH(ビットコインキャッシュ)の暴騰

2017年11月に11万円台だったBCH(ビットコインキャッシュ)は2日で最高50万円と5倍近い値上がりを見せました。

その後堅調に推移し、12月下旬に再び50万円近くまで暴騰しました。

通貨を持っていなかった人は「BCHを持っておきたかった…」と悔み、ホルダーたちは「BTCの価格と逆転するかも!」という悲観と歓喜の入り混じった状態となっていました。

暴騰した原因を探る

気をつけなければならないのは、チャートだけ見て無闇に投資判断を行わないことです。

この時のBCHの暴騰は、古くから続いているビットコインとビットコインキャッシュの抱えるスケーラビリティ問題が原因でした。

ビットコインは初期に開発された設計を採用し続けているせいで、大量の送金をさばく事ができない「スケーラビリティ問題」を抱えていました。

この状態では送金づまりが発生し、手数料が高騰するためビットコインが日常決済で使用するのはほぼ不可能です。

そうして生まれたのが「ビットコインキャッシュ」です。

ビットコインキャッシュはブロックサイズと言われる処理性能を拡張し、スケーラビリティ問題を解消した通貨です。

界隈ではこの処理性能の高さから「ビットコインに革命をもたらす!立場が逆転する!」と話題になっていました。

しかし、ビットコイン側も黙っていません。

これを解決するために「Segwit2x」というスケーラビリティ問題を解消するハードフォークを行う予定でしたが、これを中止しました。

それにより、ビットコインホルダーたちが見限り、一気にビットコインキャッシュへと流れ込んできました。

「買わなきゃ」という気持ちが湧いてくる

上昇率だけ見ると1日で200%(2倍)となり、王者として君臨しているBTCの価格は大暴落状態…。

このままチャートを眺めているだけでは、BTCとBCHが逆転するのを見過ごすことになるのでは…と思ってしまうような状態でした。

BCHを持っていない人たちは思わず「買わなきゃ」という気持ちが湧いてしまい、暴騰が更に暴騰を呼ぶ状態となりました。

BCHのこの高騰は。長いスケーラビリティ問題のうっぷんを晴らすべくかのような値上がりを見せました。

そのため新規参入者もホルダーも「どの価格が適正価格なのか?」という判断がつかないパニック相場となりました。

ではその後、チャートがどうなったか2ヶ月ほど進めてみましょう。

暴落の罠もいつでも潜んでいる

BCHはその後、50万円を頂点として、25万円ほどを横ばいで推移し、1ヶ月半で元の価格10万円台に戻ってしまいました。

上がっている最中のチャートを見て「どこまででも上がりそう!」と思った人はイナゴや高値掴みをしていた可能性がとても高いです。

振り返ってみると50万円という価格は適正ではなく、お祭り相場によって仕立て上げられたチャートだったというわけですね。

高値掴みをしないためには

買い煽りや上げ相場には乗らない

特にZaifなどの取引所のチャットでは、自分が損しないように買い煽りをするコメントがよく見られます。

  • ○○は月末までに△△円まで上がる!
  • ○○を持っていない人は時代遅れ
  • この勢いに乗れば△△万円は確実

どのタイミングで購入しようか画面の前で迷っている投資初心者を罠にハメるために、あの手この手で誘惑を仕掛けてきます。

過激な買い煽りのコメントが飛び交うので、それが目に入り「買わないといけない」という気持ちが起きてしまいます。

しかし、上げ相場の後は必ず暴落と調整が待っています。

乗り遅れてしまった場合は、次の山や谷で拾っても遅くはありません。

自分の投資スタイルを確立する

逆張りの長期投資で有名になった投資家、ジョン・テンプルトン氏はこのような言葉を遺しています。

「強気相場は悲観のもとで生まれ、懐疑のなかで育ち、楽観とともに成熟し、熱狂とともに消えてゆく。最も悲観的なときが買い時であり、最も楽観的なときが売り時だ

皆が「買うのはマズい」「どうなるかわからない」と悲観的になっている時こそ買い時なのです。

皆が「買うべき!」「これは絶対上がる!」と熱狂的に買い煽りを始め、伸びるという安堵の空気が漂い始めた時は売り時。

この「悲観で買い、歓喜で売る」という投資パターンを徹底していれば他人の意見に惑わされずに自分の投資スタイルを確立することが出来ます。

投資スタイルが定まっていない人はこちらの記事を参考にして下さい

仮想通貨における5つの投資スタイルの特徴・メリットやデメリットについて
雑誌やテレビでビットコインの存在を知り、仮想通貨投資に興味を持った方は多いのではないでしょうか?...

投資商品についてよく勉強する

仮想通貨ってよく分からないし…と不安になる方もいますが、そもそも自分の理解していない金融商品にお金を突っ込む行為は「投資」とは呼べません

自分の目で仮想通貨や銘柄について熟知し、将来的にどれ位の価値を生み出すのか予測した上で確信を持ってお金を投資しましょう。

まずは重い腰を上げて仮想通貨の仕組みである「ブロックチェーン」について本などで勉強しましょう。

【入門編】仮想通貨とブロックチェーンの勉強におすすめの読むべき本11選
仮想通貨を始めたばかりの初心者の方は、仮想通貨やブロックチェーンの仕組みはどういうものなのか知ら...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINTク口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします