仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨TTT(TrustNote)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1035

DAGを搭載した仮想通貨「TTT(TrustNote)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

TTT(TrustNote)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

TTT(TrustNote)とは

TTT(TrustNote)は「LIGHT・FAST・TRUST」の三文字をとって名付けられた、軽さ、速さ、信頼のある通貨を目指した仮想通貨です。

ブロックチェーンの抱える課題を解決する「DAG」を更に改良した独自システムを採用しており、送金処理に優れています。

スマートコントラクトも採用しており、トークンの作成、ブロックチェーンゲームの開発、SNS向けのAPIや高セキュリティの拡張ウォレットを提供します。

TTTの特徴は以下のとおりです。

  • 手数料無料のDAGの仕組みを採用
  • DAGの課題も解決している
  • スマートコントラクトも採用

TTTではNANOADKも使用しているDAGをベースに開発しています。

DAGの特徴は以下のとおりです。

  • ブロックチェーンに置き換わる新技術
  • マイナー不要でスケーラビリティ問題がない
  • 採用されている通貨への注目度が高い

ビットコインなど通常の仮想通貨ではブロックチェーンと呼ばれるものを使用しており、十分な安全性が保証される代わりに手数料の肥大化や多数の取引に不向きという欠点があります。

しかしDAGでは網目状にネットワークを張り巡らすことで、最短距離での取引完了を実現しています。

こうすることで多くの取引を一瞬で決済可能にしています。

TTTはDAGの課題も解決する

TTTでは「DAG」を更に改良した独自のシステムを開発しています。

DAGとはどのような仕組みなのかまず解説していきます。

DAGは「有向非巡回グラフ」とも言われており、小さな取引(マイクロトランザクション)に向いたブロックチェーンよりも優れた仕組みとしてADKIOTAByteballなどに採用されています。

ブロックチェーンの場合、承認時間と言われるマイナーが承認して取引が完了するまでの時間がかかり、その際に手数料も発生してしまいます。

この画像のように、ブロックチェーンでは取引承認の流れが1本の鎖のようにつながれており、承認が行われなければその先のブロックが承認されないため詰まりを引き起こします。

DAGは網目状にネットワークが繋がれており、取引が行われる最短ルートを最適化しています。

なぜこのようなことが出来るかと言うと、マイナーではなく取引を行う人すべてが承認作業を行うことが出来るからです。

仮想通貨の手数料は少額と言われていますが、ビットコインでは数千円、安価なリップルでも0.1円~1円程度かかります。

DAGでは0.1円以下の大量の取引(マイクロペイメント)にも送金づまりなしで対応することが可能です。

しかし、DAGにも問題があり、1つのデータが膨大で重くなり、ネットワークを維持するためのマイナーに支払う報酬が少ない、二重支払いの攻撃からの弱さなどがあります。

ネットワークが維持出来なければ送金速度が遅くなり、セキュリティの欠点があれば普及するのが難しくなります。

TTTではそのような課題を解決出来るように設計されています。

具体的な解決策などは技術的な部分になるため、ホワイトペーパーの「Directed Acyclic Graph」の項を確認して下さい。

発行枚数とマスターノード報酬について

DAGでは手数料が無料な高速送金を実現していることから、他の仮想通貨におけるノード報酬の部分に課題を抱えています。

TTTではそれを解決するべく、総発行枚数10億枚の50%分である5億枚を報酬として割り当てており、段階的に配布されます。

総発行額:1,000,000,000(109)MN、固定供給量;
当初のオファー:500,000,000(5×108,50%比率)MNは「硬貨と硬貨」交換によって分配される。
トータルアテステーションリワード:500,000,000(5×108,50%)MN、アテステーションリワードは、Trustmeコンセンサスに参加している鉱夫に提供されます。
PoW鉱業をサポートするメインチェーン(MC)は2014年第4四半期に開始される予定であり、ユーザは鉱山クライアントをダウンロードしてスーパーノードになることができ、スーパーノードはMCコンセンサスに参加してアテステーション権限を取得し、有効なTrustMun単位を発行する。
アテステーション・リワード・ポリシーは、最初の1年間は総アテステーション・リワードの6.79%を割り当て、その後、毎年割り当てられたアテスト・リワードが年々崩壊します。これらのうちアテステーション・リワードの90%が有効なTrustEUを提供するスーパーノードに割り当てられ、アテステーション・リワードの10%がTrustNote Foundationに割り当てられ、コミュニティの運営、プロジェクト・インキュベーション、貢献者への報酬などをサポートします。

TrustME-PoWは毎回約5分毎にコンセンサスに達し、毎年約100,000回、各ラウンドに割り当てられたアテステーション・リワードの総額はアテステーション・リワード* 90%+アテステーション・フィーと同等です。
1年目で、各ラウンドのアテステーション・リワードは約323.04 MNです。
2年目で、各ラウンドのアテステーション・リワードは約262.39MNです。
3年目で、各ラウンドのアテステーション・リワードは約232.34MNです。
引用:ホワイトペーパー

30年以上機能するように、報酬比率が少しずつ低下しながら配布される予定です。

初期の頃にマスターノードになる方が多くの報酬を受け取ることが出来ますが、将来的に価値が上昇すれば、公平な報酬制度となるでしょう。

TTT(TrustNote)の基本情報

通貨名 TTT
公開日 2018年3月13日
最大発行枚数 10億枚
公式サイト https://trustnote.org/
ホワイトペーパー こちら

TTT(TrustNote)の将来性・今後

ブロックチェーンと異なる技術「DAG」

先述したとおり、TTTは従来の仮想通貨が採用している技術はブロックチェーンとは大きく異なります。

DAGは取引量増加にも耐えうることが出来るスケーラビリティ問題も解決可能で、取引手数料も無料、送金スピードも早い夢のような機能を備えています。

利用者が増えても送金スピードが変わらない点は今後大きなメリットになりそうですね。

しかし、DAGの技術はまだ歴史が浅く、十分な安全が保証されているという確証がありません。

現時点ではDAGを採用したことによって生じた問題などはありませんが、その部分の信用をどのように獲得していくかが重要になりそうです。

IOTAやByteballなどDAG通貨の課題を解決

TTT(TrustNote)はDAGの問題点を解決した、更に優秀なシステムを構築しています。

ホワイトペーパーでも比較されている通り、IOTAByteballの課題について言及し、DAG通貨よりも優れた設計をしています。

これら2つの通貨はTTTと比べても格段に時価総額が高いのが特徴です。

TTTはまだまだこれら2つの通貨と比較しても時価総額が格段に安いため、将来的に大きな価値を持つ可能性は高そうです。

システムの信頼性に不安がある

DAG通貨は現在様々なものがありますが、DAGの仕組みはブロックチェーンよりも浅く、その実現性やセキュリティ設計の信頼性にまだまだ不安があります。

お金を扱うシステムとして信頼性はとても重要になります。

通貨が普及した直後に、システムに重大な欠陥が見つかってしまいハッキングや資産が紛失してしまうようであれば仮想通貨市場全体の印象低下にも繋がります。

TTTで採用したシステムが信用されるにはある程度の普及と、安全性の信頼獲得が重要になるでしょう。

2018年以降のロードマップ

2017年Q2から開発を行っており、今後はプラットフォームの開発やウォレットの作成を進めていくようです。

アプリケーションの主な機能
仮想資産:ゲーム機器、ライブストリーミング報酬
条件付き支払い:ナレッジ支払い、APIコール、分散型保険。
暗号マッチング:予測的市場、チャリティーなど。
取引外取引(店頭):トークン取引
社会的取引:グループ赤い封筒、グループの収集
リソースの共有:アイドル状態のリソースを最大限に活用します。

TTT(TrustNote)の取引所・買い方

※TTTは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBit-Zがおすすめです。

TTTを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Bit-Zにビットコインを送金
  3. ビットコインでTTTを購入

具体的な購入の流れはこちらを参考にして下さい。

Bit-Z(ビットジー)でTTT(TrustNote)の買い方の手順と購入方法
仮想通貨の海外取引所のBit-Z(ビットジー)では日本人に人気の「TTT(TrustNote)」...

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

TTT(TrustNote)の口コミ・評判

TTT(TrustNote)の公式ツイッター

TTT(TrustNote)は買うべき?

TTTですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

TTTの評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (1/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (4/5)

DAG関連の通貨は人気の高いものが多く、それらの問題も解決していると豪語するTTTはかなり期待度の高い仮想通貨と言えます。

DAG自体にも課題や信頼性の部分で不安があるため、今後はどのように信頼性を確保し普及を進めていくかが重要になりそうです。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします