仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨NSOK(ニュー速コイン)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 640

仮想通貨「NSOK(NEWSOKUCOIN/ニュー速コイン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

NSOK(ニュー速コイン)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引+入金で最大111000円ゲットのチャンス!

NSOK(ニュー速コイン)とは

NSOK(ニュー速コイン)は、5ch(旧2ちゃんねる)発祥のERC223で作成された国産の仮想通貨です。

「明るいニュースであふれる未来をつくる」をコンセプトに、頑張る人や団体、人類の未来に有意な研究機関など応援する人のスポンサーに慣れるプラットフォームを作るプロジェクトです。

NSOK(ニュー速コイン)の特徴は以下の通りです。

  • ニュー速板をモチーフにしている
  • 5ch発のコミュニティ通貨
  • スポンサーになれるプラットフォーム

寄付市場は8000億円弱と言われており、個人を応援するプラットフォームとして近年注目されているクラウドファンディングでもその支援金額は750億円と1/10以下にとどまっています。

個人が団体や誰かに寄付を行うためには支援団体や専門の窓口を用意して寄付してもらうしか無く、寄付する側もされる側にとっても手間やコストが掛かっています。

誰かを支援したい、寄付で応援したいという気持ちを簡単にかなえるためにもニュー速コインでは新しい支援の形を実現出来るプラットフォームを開発しています。

寄付市場の課題

寄付に対する課題は物理的ハードルと心理的ハードルに分けられています。

現在寄付の方法として主流になっているのが

  • 募金箱
  • 街頭募金
  • 銀行振込

で、これらが選ばれている理由としては「手間や時間がかからない」ことが挙げられます。

また寄付に対する心理的なハードルでは

  • 寄付の効果が見えにくい
  • 経済的に余裕がない

という課題が挙げられています。

昨今ではNPO法人による寄付金の持ち逃げや、災害に乗じた寄付金詐欺などの外因的要素も大きな問題になっています。

これを解決するためには「寄付のしやすさ」「信用の透明性」を明確にする必要があり、寄付する人間から信用される仲介者の存在が重要になります。

プラットフォームで出来ること

NEWSOKUで開発しているプラットフォームでは、寄付を欲している側が、自身の得意な方法で寄付を募ったり、ライブ配信でプロジェクトのアピールなどを発信することが出来ます。

また、ブログ機能などで自身の夢や目標を綴ることも可能になります。

双方にとって便利な交流と支援が可能になるプラットフォームを目標としています。

NSOK(ニュー速コイン)の将来性・今後

モチーフ系通貨のポテンシャル

モナコインDOGEなどモチーフのある仮想通貨はホルダーからの人気が高く、コミュニティパワーが強いことが有名です。

過去には野獣先輩をモチーフとしたYAJUコインというものがあり、一時的に購入者が殺到して価値が高騰する事件もありました。

NSOKコインも同じようにニュー速板をモチーフにした通貨として5ch民からの支持を大きく得られる可能性を秘めています。

コミュニティが強い通貨は長期的にも成長する可能性が高いので、開発が順調に進めば時価総額も大きく上がるでしょう。

ロードマップ

  • 2018年4月:プロジェクト始動
  • 2018年5月:公式ツイッター、ディスコード開始、ロードマップ公開、エアドロップ受付、ロゴコンペ開催
  • 2018年6月:ロゴコンペ決定、HP公開、取引所との交渉開始
  • 2018年夏:取引所上上
  • 2018年冬:プラットフォームベータ版リリース、ウォレットベータ版リリース、実店舗決済試験、2回目上場
  • 2019年:プラットフォーム、マーケット、ウォレット正式版リリース
  • 2020年:明るいニュースを作るチーム団体とスポンサー契約締結

NSOK(ニュー速コイン)の取引所の上場予定について

NSOKは2018年6月21日の日本時間19時にSTEXに上場する事が確定しています。

上場は総発行枚数の30%分である120億枚を数回に分けて1sat指値形式で販売します。

販売期間は上場日より10日間で、売れ残りのコインについてはバーンやロックアップが行われます。

他国産上場通貨との比較

通貨名総発行枚数上場時の
セール枚数
最低価格時の
時価総額
最低価格時の
上場セール金額
SKILL300億枚75億枚2.16億円0.54億円
NANJ300億枚180億枚2.16億円1.296億円
VIPS600億枚200億枚4.32億円1.44億円
CHE500億枚300億枚3.6億円2.16億円
EXC650億枚300億枚4.68億円2.16億円
INM1145億枚468億枚0.687億円0.2808億円
NSOK400億枚120億枚2.8億円0.84億円

(※BTC=700000円、ETH=60000円で算出)

NSOK(ニュー速コイン)について

トークンの使用用途内訳

  • 上場時販売:30%:上場時に販売する割合
  • 開発費:30%:独自ウォレットの開発、プラットフォーム構築
  • マーケティング費:20%:ウェブ広告、各種イベントの実施、団体研究期間への寄付
  • 運営費:10%:保守運用、サーバー保守管理、上場手続費用、税務、法務
  • チーム報酬:10%:運営チームの取り分

運営チームが保有しているのは全体のおよそ10%になります。

そのため、運営チームの売り圧は少ないものになると思われます

開発費、マーケティング費、運営費の50%、チーム報酬の100%、合計160億枚はロックアップされています。

さらに流動性確保のため、2019年8月8日まで追加で50億枚のロックアップが行われています。

NSOK(ニュー速コイン)の評判・詐欺じゃない?

https://twitter.com/D_Critical/status/1008196324758466561

NSOKの公式ツイッター

NSOK(ニュー速コイン)のエアドロップ参加方法

※ニュー速コインのエアドロップはディスコードやSNS経由で、定期的に案内が行われます。

ディスコードへの参加と公式Twitterをフォローしておくことをおすすめします。

またエアドロップの参加にはマイイーサウォレットが必須になるので、作成しておきましょう。

(取引所のウォレットアドレスは不可)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

過去にはNANJなどエアドロップ配布分だけで数万円の価格に高騰したこともあるので、NSOKもぜひ手に入れておきたいですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします