仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨DIVX(Divi)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 634

仮想通貨「DIVX(Divi)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

DIVX(Divi)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




DIVX(Divi)とは

DIVX(Divi)は2017年11月に誕生したブロックチェーンや仮想通貨を一般に普及させることを目的とした仮想通貨プロジェクトです。

現在ブロックチェーン技術はごく僅かな技術者や企業しか採用しておらず、一般への金融商品としての意識もまだまだ課題が残されています。

それを解決するためにDIVXでは仮想通貨市場を切り開くための普及を進めています

DIVXの特徴は以下の通りです。

  • 仮想通貨を普及させるプロジェクト
  • 使いやすいウォレットの開発
  • 発行枚数が少ない

仮想通貨は新たな金融商品として、既存の法定通貨を脅かす存在として注目されています。

既に中国などキャッシュレス文化が普及している国では導入が進んでおり、スマホ一台で決済を行う生活が一般化しています。

しかし、日本などキャッシュレス文化が普及していない国では日常シーンでの利用はもちろん、企業や組織への導入も多くの課題が残っています。

仮想通貨やブロックチェーンを活用することで多くのコスト削減が可能になっており、将来的にも技術革新をもたらすと言われています。

DIVXチームではこれらの仮想通貨の普及の課題を解決するためにウォレットの開発や資産管理方法を構築しています。

スマートウォレットの開発

DIVXチームの主力商品となるスマートウォレットでは、通常のウォレットと違い、資金の送金機能だけでなく多くの追加情報を含むことが出来ます。

写真やロゴなど追加情報が多く含まれることで間違った送金やGOX(ミス送金)を防ぐことが出来ます。

一般の方が使用する際はブロックチェーンへの自動書き込みはもちろん、ベストに使いやすいユーザービリティに配慮されたシステムを構築する予定です。

コミュニティの普及とアルゴリズム

仮想通貨を普及させるために必要なのはコミュニティの土壌づくりです。

DIVXチームでは通貨を使用できるための利用できる地域や店舗を増やし続けており、スマホ上で利用できる店舗を確認出来るようになります。

また、これらのウォレットは1週間に1度「宝くじブロック」と言われるランダムな仕組みでDIVXがウォレットの中に振り込まれるます。

PoSシステムと同じように時間経過でランダムに分配されるので、安心してホールドすることが出来ます。

セキュリティの完備とGOX対策

DIVXが開発しているウォレットでは従来の仮想通貨と同じようにブロックチェーン上で安全に動作しているため、セキュリティに優れています。

送金ミスによる資産の紛失を防ぐための対策も進めており、いざというときも安心して使うことが出来ます。

また。政府の介入による規制なども考慮しており、それらの対策を国ごとに出来るように進めています。

DIVX(Divi)の基本情報

通貨名 DIVX
公開日 2017年11月14日
最大発行枚数 617万枚
公式サイト https://www.diviproject.org/
ホワイトペーパー こちら

DIVX(Divi)の将来性・今後

モバイルウォレットの競合

DIVXが仮想通貨の普及を促進するために開発されているスマホアプリは、その他のモバイルウォレットアプリなどが大きな競合となります。

現在は仮想通貨に対する知識が浅いため、簡単で使いやすいウォレットの開発が期待されていますが、市場が成熟してくれば多くの企業がまず参入してきます。

そうなれば各国でアプリ開発を行う企業が登場し、一般への認知も一気に普及します。

DIVXのプロジェクトはいかに早くサービスをリリースして、普及させることが出来るかが重要になるでしょう。

スケーラビリティの懸念

スケーラビリティとは取引処理性能のことで、利用者が増えても送金処理のシステムがパンクしないかが懸念されています。

DIVXでは送金に多くの情報を記録するため、通常の送金内容にプラスアルファで様々な情報が付与されます。

そのため1件の情報を送るだけでも多くの情報を転送する必要があるため通常の仕組みでは送金づまりが起きる可能性があります。

ウォレットの発展にはこの課題をクリアできる処理性能の高さを確保する必要があるでしょう。

2018年以降のロードマップ

  • 2018年1Q:スマートウォレットのテストリリース
  • 2018年2Q:DIVXをDIVに交換
  • 2018年3Q:DIVIデビットカードの開発
  • 2018年4Q:Diviマーケットプレイスのリリース

DIVX(Divi)の取引所・買い方

※DIVXは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているCryptopiaはおすすめです。

DIVXを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Cryptopiaにビットコインを送金
  3. ビットコインでDIVXを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルの高いビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。

DIVX(Divi)の口コミ・評判

DIVX(Divi)の公式ツイッター

DIVX(Divi)は買うべき?

DIVXですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

DIVXの評価

プロダクトの将来性 (2/5)
時価総額の安さ (4/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (2/5)

仮想通貨の普及には多くの課題が残されていますが、それらをクリアするには使いやすいサービスやウォレットの開発は必要不可欠でしょう。

DIVXの着眼点はとても素晴らしいものですが、多くの大企業や組織が続々と参入を始めており、差別化や普及スピードを考えると間に合うか疑問が残ります。

2018年以内にサービスがリリースされればチャンスはあるでしょう。




安心安全!
ビットコインを買うなら
ビットフライヤー

bitFlyer

  • 初心者向けの取引所
  • 日本円で仮想通貨が買える
  • 資産管理が厳重で安全

取引手数料が無料!
お得な取引所Zaif

Zaifの登録

  • 買える仮想通貨の種類が多い
  • 取引手数料が返ってくる
  • お得な積立投資が出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします