仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨BTG(ビットコインゴールド)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 813

ビットコインからハードフォークで誕生した仮想通貨「BTG(ビットコインゴールド)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

BTG(ビットコインゴールド)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




BTG(ビットコインゴールド)とは

BTG(ビットコインゴールド)とはBTC(ビットコイン)から2017年10月25日にハードフォーク(分岐)によって誕生した仮想通貨です。

ビットコインゴールドの主な特徴はその他の仮想通貨でよく使われる「ASIC」というマイニング方法が使用不可になっている点です。

ビットコインゴールドの特徴

  • ビットコインからハードフォークで誕生
  • ASIC耐性の付いた仮想通貨
  • プレマイニングが行われている

通常ビットコインやビットコインキャッシュなどのマイニングを行うことの出来る仮想通貨は「ASICBoost」という技術を用いてマイニングを行うことができます。

しかし、この「ASIC」という技術は特定のグループや集団でしかノウハウが共有されておらず、主に中国のマイニンググループが組織的にこの技術を用いて効率的にマイニングを行っています。

特定の集団によって効率的にマイニングが行われてしまう場合、その他のマイナーたちの効率が悪くなり、次第にマイニング報酬を独占されてしまう恐れがあります。

ビットコインゴールドではこのASIC技術を使用不可にした「ASIC耐性」を付けることで公平なマイニング環境を提供しています。

これは香港のマイニンググループ「LightningASIC」によって開発されました。

具体的にはビットコインで使用されている「SHA256」から「Equihash」というマイニングアルゴリズムに変更されています。

これにより専用の機材を必要としない「GPUマイニング」をすることが出来ます。

GPUとはパソコンに取り付けるグラフィックボードのことで、一般の方でも手に入れることができるため、技術的に詳しくない個人でもマイニングに参加できます。

マイナー以外にもメリットがある

マイニング環境が公平になるのはマイナーだけでなく投資家にも大きなメリットがあります。

例えば特定のマイナー(マイニング集団)が特定の通貨を独占している場合、大きな売り圧(大量の売却)が発生して値崩れが起きる恐れがあります。

大量に保持している人物がいる通貨は、個人や集団が価格操作するための権利を握っている状態に陥る可能性も高く、そういった状態を気に入る投資家はいません。

通貨の保持者が分散していることは、市場の健全性を保つためにも重要な意味を持ちます。

マイニング難易度調整が都度行われる

マイニングはコンピューターに複雑な計算をさせることで、ネットワークの維持とブロック生成を行うことで取引を承認しています。

しかし、そのブロック生成をそのままにしておくと、次第に簡単にマイニングが出来るようになってしまい、通貨としての価値が維持できなくなってしまいます。

これを防ぐために「マイニングの難易度調整」が行われ、ビットコインの場合は一定の間隔でブロック生成がされるように、計算の難易度を調整します。

ビットコインではこれが2週間に1度行われますが、ビットコインゴールドではブロック生成される度(10分に1度)の頻度で行われるので、安定したコインの新規発行がされます。

BTG(ビットコインゴールド)の基本情報

通貨名 BTG(ビットコインゴールド)
公開日 2017年11月13日
最大発行枚数 2100万枚
ブロックシステム PoW
公式サイト https://bitcoingold.org

BTG(ビットコインゴールド)のチャート



公開直後はハードフォークで誕生したため、ビットコイン所有者に一部付与され、買いと売りで乱高下をしていました。

最高5万円まで高騰しましたが、2017年末の仮想通貨バブルの終わりと共に価格も右肩下がりを続けています。

BTG(ビットコインゴールド)の将来性・今後

プレマイニングが行われている

ビットコインゴールドは通貨を市場に公開する前に、開発者が事前に検証と報酬の分配などで行われる「プレマイニング」が行われています。

そのため、マイニング難易度調整よりも「自分たちが稼ぐために作られたコインなのでは?」という疑惑も出ています。

しかし、通貨としての機能は果たしており、開発のロードマップも公開されているので、今後の動向に注目です。

ビットコインと同じ発行枚数

ビットコインゴールドはビットコインと同じ2100万枚の総発行枚数に設定されています。

そのため、ビットコイン以上の性能を持っていると考えると、現在のビットコインの価格と同程度かそれ以上の価格になるポテンシャルを秘めています。

2018年末までにはビットコインゴールドの素晴らしさが理解され、更に価格が上がる事が期待されます。

ビットコインブランドを持っている

ビットコインからハードフォークしたコインの多くは高い注目を集める声質を持っています。

ビットコインのビットコインゴールド(BCH)がトランザクション処理に優れ、ビットコインプライベートは匿名性を付ける道を選びました。

ビットコインゴールドではASIC耐性に優れた通貨として順調に開発が進めば、すぐに時価総額に反映される可能性が高いです。

プレマイニングが行われている

ビットコインゴールドは通貨を市場に公開する前に、開発者が事前に検証と報酬の分配などで行われる「プレマイニング」が行われています。

そのため、マイニング難易度調整よりも「自分たちが稼ぐために作られたコインなのでは?」という疑惑も出ています。

しかし、通貨としての機能は果たしており、開発のロードマップも公開されているので、今後の動向に注目です。

BTG(ビットコインゴールド)の取引所・買い方

※BTG(ビットコインゴールド)は現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

BTGを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでBTGを購入

BTG(ビットコインゴールド)の口コミ・評判

BTG(ビットコインゴールド)の公式ツイッター

BTG(ビットコインゴールド)は買うべき?

BTG(ビットコインゴールド)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

BTG(ビットコインゴールド)の評価 

プロダクトの将来性 (2/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (2/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (2/5)

ASIC耐性を備えたビットコインとしてある程度の注目を集めていますが、どのような差別化をしていくかが重要になりそうです。

ビットコインブランドを持っているとしても、マイニング部分の違いだけでは魅力に掛ける部分もあります。




安心安全!
ビットコインを買うなら
ビットフライヤー

bitFlyer

  • 初心者向けの取引所
  • 日本円で仮想通貨が買える
  • 資産管理が厳重で安全

取引手数料が無料!
お得な取引所Zaif

Zaifの登録

  • 買える仮想通貨の種類が多い
  • 取引手数料が返ってくる
  • お得な積立投資が出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします