仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨WWB(Wowbit/Wowoo)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 931

仮想通貨「WWB(Wowbit/Wowoo)」(ワウー/ワオビット)に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

WWB(Wowbit/Wowoo)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で3000円入金+取引で最大23,000円貰える!

WWB(Wowbit/Wowoo)とは

WWB(Wowbit/Wowoo)は2018年2月に公開されたICOをサポートするプラットフォームで、NEOのCEOがアドバイザーに参画し、OKWAVEが出資を行っているプロジェクトです。

Wowooとはプラットフォーム(システム)を指す言葉で、その中で使われるトークンがWWB(Wowbit)となります。

WWBトークンはNEOをベースに発行されたトークンになります。

WWBの特徴は以下の通りです。

  • ICOのプラットフォーム
  • NEOやOKWAVEが関与している
  • 人々の善意や感動を価値化するプロジェクト

Wowooのプロジェクトは「人々の善意や感動を価値化すること」を目標としており、その実現のためにICOをサポートするためのプラットフォームを目指しています。

ICOってそもそもなに?という方はこちらの記事を参考にして下さい。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・詐欺ICOに引っかからないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...

ICOのサポートと聞くと、国内取引所「Zaif」を運営しているテックビューロ社も「COMSA」で日本国内のICOをサポートするプロジェクトとして多額の資金調達を行ったことで有名になりました。

そのためWowooは「海外版COMSA」ともいわれています。

強力なサポーターが付いている

Wowooが大きな注目を集めた理由が以下の3点です。

  • ロジャーバー氏が絶賛し投資した
  • NEOのCEOがアドバイザーに就任
  • OKWAVEが出資を行った

一つずつ解説していきます。

ロジャーバー氏とは仮想通貨の第一人者でもあり、界隈から大きな注目を集めている人物でもあります。

彼がWowooの評議会に参加し、プロジェクトについて絶賛したことからこのプロジェクトにも注目が集まりました。

WowooにはアドバイザーにNEOのCEOであるDa Hongfei氏が参画しており、将来性にも大きな期待が掛けられています。

また、国内最大級のQ&AサイトであるOKWAVEもプロジェクトに全体の20%分の出資を行っており、ICOとしての信頼性の高さを獲得しました。

Android版ウォレットがリリース済み

WowooWallet
WowooWallet
Developer: WOWOO PTE. LTD.
Price: Free

既にAndroid版のモバイルウォレットがリリースされており、実際にスマホにWWBを入れて自由に外で決済することが可能になっています。

またWWBの専用ウォレットとしてだけでなく、BTC、ETH、BCHなどの主要コインをはじめ100種類以上の仮想通貨の入金にも対応しています。

WWB(Wowbit/Wowoo)の基本情報

通貨名 WWB
公開日 2018年2月22日
最大発行枚数 1,111,111,111枚
(約11.11億枚)
公式サイト http://wowoonet.com/
ホワイトペーパー こちら
テレグラム こちら
ICO初期価格 1枚=約150円
プレICO期間 2018/2/22〜3/2
一般ICO期間 2018/3/12〜

WWBの将来性・今後

OKWAVEの株価と連動している

WWBがICOを発表した2月や、Bit-Zに5月に上場したあと出資を行っているOKウェイブ社の株価が急騰していることが分かります。

2018年1月時点から約7倍近い価格まで上昇しており、投資家たちから大きな注目を集めています。

WWBの価格と連動しているとも言われており、プロジェクトに期待している方は株価の動きも中止しておくといいでしょう。

ICOプラットフォームを作るメリット

投資家の架け橋となる存在になるプラットフォームを作ることでどのようなメリットが有るのでしょうか?

例えば、スマホアプリ市場を見れば分かりやすいと思います。

現在、スマホアプリはiOSはApp Store、AndroidはGoogle Playというプラットフォームを使用して世界中の人がアプリをダウンロードしています。

利用者にとってはとても便利ですが、アプリを提供している会社はプラットフォーム利用料として売上の30%を支払う必要があります。

プラットフォームという中間の存在になることで、ユーザーを集めつつ、利用してくれる会社から利用料を貰うことが出来るのです。

WWB(Wowbit/Wowoo)はICOのプラットフォームになるため、ICOを行う企業をサポートする代わりに、資金調達で集まった資金の一部を貰うという戦略をとろうとしています。

今後は仮想通貨の注目とともにICOも激化することが予想されるため、プラットフォームとしてトップになる存在になれれば大きな成長が期待できます。

ICO案件の数が増えるか

仮想通貨市場は長期的に見ても時価総額が上がっていくことが予想されますが、ICOを行う企業がどれぐらい現れるかは未知数です。

案件の数も増えなければWWBトークンの実需も生まれないので、当面の目標は自分たちが掲げている目標をクリアできるかが重要になります。

松田元氏の家宅捜索のガセが出回った

WWBを支持していた3万人超のフォロワーを持つインフルエンサー「エル氏」の発言により、「Wowoo代表の松田元氏の自宅に家宅捜査が入った」というガセ情報(FUD)が広まりました。

本人のツイートによってこの誤解は払拭されましたが、一時的にWWBの価格に悪影響を及ぼしており、最低価格を更新してしまう騒動となってしまいました。

最終的にエル氏が文面で謝罪する形で騒動は収まりましたが、SNSの情報などで価格が大きく変動する性質を持っています。

Wowbit Classicの新トークンを発行

Wowooは公式に2018年9月に新トークンWowbit Classicの詳細説明を公表しました。

これにはICOプラットフォームを利用する2種類のユーザーを分けるために作られたトークンです。

  • B2Bユーザー:プロジェクト所有者
  • B2Cユーザー:個々のユーザーと投資家

Wowbit(WWB)はB2Cユーザー向けに設計されており、Wowbit ClassicはB2Bユーザー向けに設計されています。

B2Cユーザー向けのWWBはホワイトペーパーに記載されている通り、SAC(スマートアクティブコントロール)を実装しなければなりません。

しかし、WWBがNEP5トークンであるため、メインネット構築までSAC開発に着手することが出来ません。

これを解決するために、トークンを別に分けることでEthereumベースのWowbit Classicを発行することにしました。

ロードマップ

  • 2018年Q1:トークンセール開始、システム開発
  • 2018年Q2:システム開発開始
  • 2018年Q3:サービス正式リリース、プラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年Q4:エコシステム成長加速

私たちの5年目の目標は、コンテンツタイプのブロックチェーンコミュニティ空間の最前線にあり、世界中のユーザーと顧客が、個人ユーザー、企業、政府、組織のために毎日何千もの資産とトランザクションを確保することです。
私たちは、幅広いユースケースに対応するために、数多くのトークンセールモデルを想定しています。また、プラットフォームの使いやすさとWowooが群衆の所有になるという事実により、高い採用率を実現します。

WWB(Wowbit/Wowoo)の取引所・買い方

※WWBは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBit-Zはおすすめです。

『Bit-Z(ビットジー)』の登録方法と使い方 | 入金・出金のやり方まで完全ガイド!
海外取引所のBit-Z(ビットゼット/ビットジー)の新規登録・口座開設や入出金に必要な本人確認、...

WWBを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Bit-Zにビットコインを送金
  3. ビットコインでWWBを購入

具体的な購入の流れはこちらを参考にして下さい。

Bit-Z(ビットジー)でWWB(Wowbit/Wowoo)の買い方の手順と購入方法
仮想通貨の海外取引所のBit-Z(ビットジー)では日本人に人気の「WWB(Wowbit/Wowo...

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

WWB(Wowbit/Wowoo)の口コミ・評判

WWB(Wowbit/Wowoo)は買うべき?

WWBですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

WWBの評価

プロダクトの将来性 (3/5)
時価総額の安さ (4/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (3/5)

ICOのプラットフォームという目標は期待度が高く、参画メンバーにも期待度が高いためCOMSAよりも将来性を感じます。

上場先の取引所やICOの案件サポートなどが増えることで時価総額も上がっていくでしょう。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

ビットコインFXが出来る!
安全な取引所GMOコイン

GMOコイン口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • ビットコインFXにおすすめ
  • 登録キャンペーン実施中!

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします