仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨INM(淫夢コイン)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 953

仮想通貨「INM(淫夢コイン)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

INM(淫夢コイン)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




INM(淫夢コイン)とは

INM(淫夢コイン)は、アンダーグラウンド界隈で人気なニコニコ動画例のアレカテゴリから派生した仮想通貨です。

このコインは個人投稿作品文化およびコンテンツの活性化・クリエイター支援及び
著作権者への利益分配を目的とし発行されました。

INM(淫夢コイン)の特徴は以下の通りです。

  • 真夏の夜の淫夢をモチーフにしている
  • アングラ界隈のコミュニティ通貨
  • 潜在的ファンが多い

「例のアレ」とはニコニコに存在する多くのアングラ系動画をまとめているカテゴリで、当初は釣り動画などにつけられていましたが、徐々にパンツレスリングシリーズや淫夢動画などに用いられるようになりました。

INM(淫夢コイン)はその名前から分かる通り、「真夏の夜の淫夢」をモチーフにしてして作られたコインです。

「真夏の夜の淫夢」というのは1~4章で構成されるホモビ(ホモビデオ)シリーズで、当初このビデオは某有名野球選手(TDN)が登場しているという理由で注目を集めていました。

その後1章以外にもあることに気付いた人が次第に他のビデオも探しだし、その4章に登場していたのが野獣先輩にも大きな注目が集まりました。

発掘されてから10年以上「真夏の夜の淫夢」のコンテンツは全てのキャラやセリフなどがネタの一部として切り取られ、徐々にその勢力を伸ばしました。

コンテンツとしての歴史も深く、旧2chの「なんでも実況J」で話題になったことから古参のなんJ民やNANJホルダーの中にもこの存在を認知している人は多いと思われます。

INMは潜在的なユーザーを含めるとかなりの人数にリーチすることが出来ると推測しています。

クリエイター支援を目指した通貨

先述したとおり、INMコインは国内外の個人作品投稿文化発展のためにクリエイターやファンなどのニーズを満たすべく、作られました。

サービスの提携などでグッズの購入のハードルなどを下げることで独自の経済圏を作り出すことを目的としています。

またINMコインは淫夢関連コンテンツの著作者の温情によって栄えた通貨であるため、二次創作感の知的財産権の課題解決なども目指しています。

クリエイターの制作支援による投稿促進

現状の仕組みでは動画投稿サイトに投稿された動画のみしか世に出ていくことがないので評価されることがありません。

多大な時間と労力をかけた作品のすべてが完成し、投稿されるとは限りません。

76.5%のクリエイターがネットに投稿する作品の制作を途中で断念した経験があるとアンケートで回答しています。

また、そのうち88.9%の人が「支援があれば制作を継続出来ていた」と答えています。

このようにクリエイターが適切に評価されていない課題だけでなく、金銭的や時間的な部分での支援を欲しているクリエイターも多くいることがわかります。

INM(淫夢コイン)の将来性・今後

モチーフ系通貨のポテンシャル

モナコインDOGEなどモチーフのある仮想通貨はホルダーからの人気が高く、コミュニティパワーが強いことが有名です。

過去には野獣先輩をモチーフとしたYAJUコインというものがあり、一時的に購入者が殺到して価値が高騰する事件もありました。

INMコインも同じように真夏の夜の淫夢をモチーフにした通貨として淫夢民からの支持を大きく得られる可能性を秘めています。

コミュニティが強い通貨は長期的にも成長する可能性が高いので、開発が順調に進めば時価総額も大きく上がるでしょう。

ロードマップ

  • Stage1 2018年Q2:INMCOIN発行、Airdropの施行
  • Stage2 2018年Q2:仮想通貨取引所への上場(ETH建て)
  • Stage3 2018年Q4:利便性の高い投げ銭システムの構築、段階的に複数のSNSサービスへの導入。RM4の為の専用ウォレットの完成。
  • Stage4 2019~2020年:ポータルサイト稼動による「Proof of THE SHIT」システムの完成。アングラ文化を強力に支える経済圏の確立
  • Stage4-1 2019年Q2:ポータルサイトβバージョンを運用開始
  • Stage4-2 2020年Q2:ポータルサイトの機能拡充、動画・画像などを取り扱う
    外部サービスとの連携を目指す。:
  • Stage4-3 2020年Q4:ポータルサイトの正式稼動を開始、PoTSのロックアップを解除しクリエイター・著作権者双方のINMCOINによる収益化を実現。、グッズ展開ECサイトなどの姉妹サイト設立
  • Stage5 2021年〜:動画・画像などの総合的なカルチャーサイトの設立「例のアレ」の世界規模での認知とミートアップ・コミケや超会議のような持続的イベントの運営

INM(淫夢コイン)の取引所の上場予定について

INMは2018年6月20日21時にStocks.exchangeに上場する事が確定しています。

上場は発行枚数が多いため、ETH(イーサリアム)建てで上場することになっており、BTCペアでの上場と比較すると時価総額はかなり低くなると思われます。

既存のBTCペアでの1sat方式の上場では、価格が1単位上がるだけでも大きく時価総額が跳ね上がってしまう懸念がありました。

1BTC=720000円、1ETH=60000円と仮定した場合、最低価格は0.00000001ETHになるため1枚あたり0.0006円というかなりの安価で購入することが出来ます。

他国産上場通貨との比較

通貨名 総発行枚数 上場時の
セール枚数
最低価格時の
時価総額
最低価格時の
上場セール金額
SKILL 300億枚 75億枚 2.16億円 0.54億円
NANJ 300億枚 180億枚 2.16億円 1.296億円
VIPS 600億枚 200億枚 4.32億円 1.44億円
CHE 500億枚 300億枚 3.6億円 2.16億円
EXC 650億枚 300億枚 4.68億円 2.16億円
INM 1145億枚 468億枚 0.687億円 0.2808億円

上場時の流れについて

  • 6/20 21:00に上場する予定になっています
  • 上場したあと、急いで売り出し分(全体の40.8608%)のINMをstocksに送金します。この際、stocks側の入金チェックに時間がかかり、速やかな売出しができない可能性があります。何卒ご了承下さい。
  • 全体の40.8608%であり、最低売り出し価格の場合、約468ETH相当となります。
  • 迫真上場部は3日間、6/23 20:59まで行います。3日間かけても売れなかった分は、バーンされます。

売れ残りについてはバーンされることが予定されているため、1枚あたりの金額が相対的に上場する可能性もあります。

INM(淫夢コイン)について

発行枚数が多いので、1枚あたり0.00000001ETH(約0.001円)からの上場を予定しております

開発チームの保有分は11%

  • 運営チーム保有・・・11.4514%
  • 広報・エアドロ費・・・8.10%
  • 開発費用・・・19.19%
  • Proof of THE SHIT・・・11.4514%
  • World”Rei no Are”MEET-UP・・・8.9464%
  • 迫真上場部・・・40.8608%

運営チームが保有しているのは全体のおよそ11%程度です。

そのため、運営チームの売り圧は少ないものになると思われます

Proof of THE SHITとは

Proof of THE SHIT とは、現在構想中の
アンダーグラウンド文化の発展に貢献するアクティビティ ( 動画製作など ) を行うことで
INMCOIN を獲得出来るシステムです。
相場を保全しつつアクティビティに対して報酬を与えるために一年の PoTS 供給量は市場流通量もしくは
サービス内循環 INM 総数(投げ銭システム内やポータル)
といったフローに応じて最適な比率での供給を予定しています。

通常のPoSシステムとは違い、アンダーグラウンド界隈における動画投稿などの貢献しているクリエイターに対しての報酬としてのシステムを指しています。

長期間での配布を予定しているため、大きな売り圧にはならないでしょう。

様々なイベントを予定中

  • エアドロップ:INMCOINの配布イベント
  • アイコンコンペ:現在のアイコンも候補に含め、公式デザイナーの募集
  • INMCOIN MOVIE CHAMPIONSHIP:動画投稿大会、上位入賞者・全投稿者へのINMプレゼント
  • YAJUCOIN救済計画:YAJUCOINを一定のレートで交換できるイベント
  • 絵文字コンペ:良いコインには良い絵文字。汚いコインに相応しい、汚い絵文字を増やしましょう。
  • 動画・動画投稿者への利便性が高い投げ銭&投げ銭ランキングシステムを構想中

INMコインは現在コミュニティ主導でロゴコンペなどを計画しており、参加者や上位入賞者にコイン配布を予定しております。

また、デッドコインとなってしまったYAJUコインホルダーの救済措置として一定レートで交換することを予定しております。

(運営はYAJUコインとは繋がりはありません)

INM(淫夢コイン)の評判・詐欺じゃない?

INMの公式ツイッター

INM(淫夢コイン)のエアドロップ参加方法

※淫夢コインのエアドロップはディスコードやSNS経由で、定期的に案内が行われます。

ディスコードへの参加と公式Twitterをフォローしておくことをおすすめします。

またエアドロップの参加にはマイイーサウォレットが必須になるので、作成しておきましょう。

(取引所のウォレットアドレスは不可)

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

過去にはNANJなどエアドロップ配布分だけで数万円の価格に高騰したこともあるので、INMもぜひ手に入れておきたいですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

取扱通貨国内最多!
便利な取引所Zaif

ザイフ口座開設

  • 取扱通貨の種類が最多
  • 取引手数料が無料
  • 仮想通貨の積立も出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします