仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨USDT(Tether/テザー)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 88

米ドル(USD)と連動した仮想通貨「USDT(テザー/Tether)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

USDT(Tether/テザー)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




USDT(Tether/テザー)とは

USDT(Tether/テザー)は米ドル(USD)とのレートが固定され、1UDST=1USDという法定通貨と連動した価値を持っている仮想通貨です。

いわゆるペッグ通貨としての機能を持った仮想通貨で一定の値幅に制限されている性質を持っています。

USDT(Tether/テザー)の特徴は以下のとおりです。

  • USDと固定のレート
  • ペッグ通貨としての役割
  • 海外取引所の基軸通貨として採用

TetherはUSDと連動している仮想通貨ですが、これは「Tether Limited社」によって価値を担保されています。

利用者が法定通貨をTether Limited社に預けると、同額のUSDTが発行されます。

既存のドルや円、ユーロなどが全てデジタル資産に転換されるようなイメージです。

そのため、USDTを出金して法定通貨に換金する場合は、同等の金額のUSDTは消滅するため、入金された金額と流通するUSDTの時価総額は比例する仕組みになっています。

法定通貨と連動する仮想通貨の誕生により、既存の銀行やATMの利用時間等に制限されることがなく、いつでも仮想通貨取引が可能になりました。

仲介手数料や企業、国家間の送金手数料も発生することがなく、ブロックチェーン上で安全かつ高速にやり取りすることができます。

例えば仮想通貨を購入した後に日本円建てで価値が急落した際などは、このUSDTを活用することで米ドル価格での利確をすることもできます。

この仕組みはPoR(Proof of Reserves)と言われており、この管理や運営もすべてTether Limited社が行っています。

ペッグ通貨について

ペッグ通貨とは主に為替相場などで使われる用語で、米ドルなどの為替レートと相場を固定化することです。

そうすることで、価値の変動性が抑えられ国の通貨としての信用も担保することが出来るようになります。

通貨の信用性や経済の安定性を守るためにもメリットのある仕組みなのです。

特定の為替ペア(米ドル/香港ドルや米ドル/オマーンリアル)で採用されています。

USDT(Tether/テザー)の基本情報

通貨名 USDT
公開日 2015年
最大発行枚数 変動
公式サイト https://tether.to/
ホワイトペーパー こちら

USDT(Tether/テザー)のチャート



基本的に1USD(米ドル)に対して1:1の割合で交換できるレートでほぼ固定されています。

日本円価格で1枚あたり約105~110円前後を推移していますが、円高、円安や米ドル価格のレートと基本的に同一になっています。

USDT(Tether/テザー)の将来性・今後

「テザー砲」の不正疑惑

Tether Limited社が発行しているUSDTは一部で不正利用しているのでは?という県議が掛かっています。

2017年中盤頃から、ビットコインの価格の下落のタイミングなどに香港の取引所Bitfinexから大量のUSDTによる買い支えが行われていました。

これにより「新規のUSDTを不正発行してBTCを買っているのでは?」という「テザー砲」疑惑が持ち上がりました。

USDTの仕組みは、入金された法定通貨に応じて発行される物になっていますが、入金された金額と発行された金額が一致しない可能性があるようです。

つまり、仮想通貨を好きなだけ作り出すことの出来る状態にあったかもしれないのです。

これが事実であれば、無価値の通貨でビットコインの価値が担保されていたことになり、不正にビットコインを手に入れていた事になります。

この疑惑は匿名のレポートの密告により出てきましたが、Tether社は契約していた監査法人との関係打ち切りを行い、さらに疑惑は深まりました。

この疑惑を受け、アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)から召喚状を送付されています。

中央集権企業のリスク

USDTの価格管理や担保は全てTether社によって行われています。

そのため、銀行と同じように法定通貨を預かるTether社の破たんや倒産が起きてしまえばUSDTの価値はゼロになり、法定通貨も失う可能性があります。

このように中央集権的な管理が行われている仮想通貨でもあり、倒産して資産を失う「カウンターパーティリスク」が起きる危険をはらんでいます。

基軸通貨として採用されている

USDTは米ドルと価値が連動しているという性質から、多くの海外取引所の基軸通貨として採用されています。

各取引所が法定通貨を扱うには法的な規制や各国の金融ルールなどに従う必要があり、多くのリスクを伴います。

しかし、USDTは米ドルの価値を持つ仮想通貨であるため他の通貨と同じように管理することが出来るので、多くの海外取引所で交換することができます。

投資対象にはならない

USDT(Tether/テザー)はあくまでもペッグ通貨としての役割を担っているので、ドルの価値が上昇しなければ値上がりすることはありません。

良くも悪くも2倍3倍などに価格が変動することもないので、「投資してお金を増やす」という目的で購入するタイプのものではありません。

米ドルの高騰や円安で生まれる価格差を享受したい方はホールドしても良いかも知れません。

USDT(Tether/テザー)の取引所・買い方

※Tetherは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceがおすすめです。

Tetherを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでUSDTを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルの高いビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。

USDT(Tether/テザー)の口コミ・評判

USDT(Tether/テザー)の公式ツイッター

USDT(Tether/テザー)は買うべき?

USDT(Tether/テザー)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

USDT(Tether/テザー)の評価

プロダクトの将来性
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

特殊な性質を持ったペッグ通貨なので、あえて買う必要は特にないでしょう。

ドル価格と連動しているので、日本円経由で仮想通貨を購入してドル価格で利確したい場合は上手く利用すると良いかも知れません。

USD(米ドル)と連動しているペッグ通貨の役割を持つ仮想通貨は他にも「BitUSD・Nubit・TUSD」などが存在します。




安心安全!
ビットコインを買うなら
ビットフライヤー

bitFlyer

  • 初心者向けの取引所
  • 日本円で仮想通貨が買える
  • 資産管理が厳重で安全

取引手数料が無料!
お得な取引所Zaif

Zaifの登録

  • 買える仮想通貨の種類が多い
  • 取引手数料が返ってくる
  • お得な積立投資が出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします