仮想通貨の始め方完全マニュアル

bitFlyer(ビットフライヤー)とcoincheck(コインチェック)を徹底比較!どっちがおすすめな取引所?

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1436

国内取引所として有名なbitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)のセキュリティや使いやすさ、通貨の種類、手数料などを徹底比較しました。

どっちに登録しようか迷っている方は、おすすめな取引所がどちらなのか考察しているので参考にして下さい。




結論!どっちの取引所がおすすめか

bitFlyerがおすすめ

bitFlyerは資本金とセキュリティレベルの高さという点でトップクラスの実績を持っているため、初めて仮想通貨を購入する初心者におすすめの取引所といえます。

経営陣の金融リテラシーも高く、顧客の資産を預かっているという意識が強い取引所です。

coincheckではコールドウォレットに対応していないXEMが流出する事件が起きてしまいましたが、bitFlyerではすべての通貨がコールドウォレットに対応しています。

全世界の取引所の中でもトップクラスのセキュリティ評価を受けており、仮想通貨の大きなリスクであるハッキングのリスクが一番低い取引所といえます。

ひと目で分かる比較内容まとめ

比較内容 bitFlyer coincheck
資本金
441億218万円

9200万円
設立日
2014年1月

2012年8月
セキュリティ
安定性
通貨の種類
7種類

9種類
ビットコイン
取引手数料

0.01%

0%
アルトコイン
取引手数料
×
スプレッド
3~7%
×
スプレッド3%
レバレッジ倍率
最大15倍

最大5倍
レバレッジ
取引手数料

0.04%

0%
日本円
入金手数料

無料~324円

無料~1000円
日本円
出金手数料

216円~756円

400円
仮想通貨
入金手数料

無料

無料
仮想通貨
出金手数料

通貨により変動

通貨により変動
使いやすさ

アプリ
iOS/Android

iOS/Android

セキュリティの高さは断然bitFlyer

bitFlyerの魅力はなんと言ってもセキュリティレベルの高さです。

利用者の口コミを見てみるとやはり運営会社が信用できるセキュリティがしっかりしているという声が圧倒的に多いです。

ほとんどの方が仮想通貨を買った後はそのまま取引所に預けていると思います。

銀行と同じように仮想通貨を預ける先として、安心感があるということはやっぱり大事ですね。

通貨の種類が多いのはcoincheck

通貨の種類の多さはcoincheckの方が多く、様々な通貨を購入することが出来ます。

リップルなど人気の高い通貨を購入することが出来ますが、モナコインはbitFlyerにしかないので、欲しい通貨が決まっている場合はラインナップを見てから決めましょう。

レバレッジ取引ならbitFlyer

レバレッジ取引の場合、bitFlyer Lightningという信用取引に特化した機能があり、プロ向けのツールが揃っています。

レバレッジ最大15倍と、coincheckよりも大幅に高い倍率をかけた取引が可能です。

ビットコインを買うならどちらでもOK

ビットコインの購入のみであれば、bitFlyerの手数料は0.01%、coincheckの手数料は無料です。

取引手数料だけで見るとcoincheckがおすすめですが、bitFlyerで100万円分購入しても100円しか手数料はかかりません。

coincheckは出金手数料がやや高いので100万円分以下の購入であればbitFlyerがおすすめです。

どちらもアルトコイン取引手数料は高い

これはどちらにも共通しているデメリットですが、アルトコインの手数料が高いという欠点があります。

スプレッドと言われる取引手数料が付いているため、3%以上の手数料を無駄に取られてしまいます。

ビットコイン以外の通貨を購入したい場合は、手数料無料で通貨の種類も多いZaifがおすすめです。

取引所を選ぶときのポイント

仮想通貨取引所を選ぶときはポイントを抑えて自分にあったものを選ぶのがおすすめです。

各取引所によってメリットやデメリットが違うので、以下の点をチェックしておきましょう。

  • セキュリティの強さ
  • 取引所の経営体制
  • サーバーの安定性
  • 取り扱い通貨の種類
  • 手数料の安さ
  • 取引画面・サイトの使いやすさ
  • アプリの使いやすさ

セキュリティの強さ

2014年にはマウントゴックス社がハッキングにあったことで、ビットコインのイメージにも大きな傷がつきました。

その後、2018年のコインチェックのNEM流出事件により、セキュリティの高さは特に注意するべきポイントになりました。

通貨の種類の多さや使いやすさ、手数料の安さなどのメリットが多くても、預けている仮想通貨がハッキングで無くなってしまえば意味はありません。

特に取引所はオンラインの銀行のようなもので、常にハッカーから狙われているリスクを抱えています。

そのため「取引所に預けていれば安全」という事は決してありません。

多少の手数料の高い取引所でもセキュリティの高さは優先すべき部分です。

海外取引所などは過去に何度もハッキングを受けている所もあるので、自身の資産を守るためにも第一にチェックしておきましょう。

【仮想通貨】セキュリティの高さで選ぶ!安心安全なおすすめ国内取引所ランキング
ビットコインは仮想通貨はデジタル通貨とも言われており、取引所に預けておいても銀行と違い、ハッキン...

取引所の経営体制

取引所によっては内部犯の犯行によるコインの流出事件なども起きています。

海外では不正に従業員が自身の口座に仮想通貨を出金した事件などもあり、安心できる経営体制が求められています。

いざという時の流出事件の際にも会社が補填をする能力があるのか、資本金はいくらなのかといった資本の強さも大事な部分です。

会社の歴史が浅く、従業員も無名の社員ばかりの場合、何かが起きても信頼度が低いため銀行から借り入れするのは難しくなります。

経営メンバーにも取引所の運営経験や金融関係の人脈がある人が携わっていれば安心感も大きく変わります。

現在は金融庁による仮想通貨業者の認可が厳しくなったことで、一定水準のセキュリティやサポート体制などがなければ注意が入るようになりました。

サーバーの安定性

仮想通貨を買ったら値上がりするまで放置するタイプの人にはあまり関係ありませんが、デイトレーダーのように1日に何度も取引をする方にはとても重要なポイントです。

サーバーが安定していなければ、取引注文の際に注文がされていなかったり、肝心な売買の瞬間にサイトが重くなって利益を失う可能性もあります。

最近では自動売買ツールなどで極端に重い時間帯などもあるため、デイトレーダー以外にも支障が出始めています。

サーバーが安定している取引所は「好きな時に売買できる」という安心感を与えてくれます。

取り扱い通貨の種類

仮想通貨は株式と違い、どこででも同じ銘柄が買えるということはありません。

取引所によって取り扱っている通貨の種類や数はバラバラです。

欲しい通貨があっても海外取引所にしかなかったり、日本円で買える国内取引所も1箇所のみという事が多々あります。

欲しい通貨が既に決まっている方はこちらの記事を参考にして下さい。

仮想通貨の種類一覧 | 日本で買える全21種類の特徴とランキング
仮想通貨は全部で1000種類以上あると言われていますが、日本国内で買うことの出来る数は全21種類...

手数料の安さ

「少しでも安く仮想通貨を買いたい!」という方には手数料の安さはとても重要です。

手数料といっても取引所では下記のような色々な種類の手数料が存在します。

  • 現物取引手数料
  • レバレッジ取引手数料
  • 入金手数料
  • 出金手数料

現物取引手数料は、単純に日本円と仮想通貨を1:1で取引する一般的な購入方法です。

初心者の方は基本的にこの金額だけ抑えておけば大丈夫です。

現物取引でもビットコインとアルトコインの手数料が異なる場合があるので、欲しい通貨に合わせて注意深く確認しておきましょう。

レバレッジ取引は信用取引といって、原資以上の金額の取引の際に必要なものです。

入金手数料や出金手数料は日本円、仮想通貨の入出金の際に必要な手数料ですが、基本的に大きな差はありません。

【仮想通貨】手数料(スプレッド)の安さで選ぶ!お得なおすすめ国内取引所ランキング
ビットコインや仮想通貨を手に入れるためには、まず日本円で仮想通貨を購入できる国内の取引所に登録す...

取引画面・サイトの使いやすさ

取引画面の使いやすさは長く取引所を使っていく上でとても重要になります。

すぐに欲しい通貨の画面に移動できなかったり、取引情報を間違って入力してしまうような画面のつくりになっているとストレスを受けてしまいます。

値動きやチャートの情報などを素早く受け取れる、使いやすい取引所であればイライラすることもありません。

特にFX経験者などはテクニカル分析をするためにチャートのカスタマイズ機能があれば、戦略的に取引ができるようになるでしょう。

アプリの使いやすさ

値段の変動が激しい仮想通貨では、外出先でも取引出来なければ大幅に損をしてしまう可能性もあります。

そこで、アプリが出ているかどうかは大きな差になるでしょう。

アプリで取引ができれば外出先での価格の確認や、売買を簡単にすることが出来るので、いざという時にも安心です。

取引所によってアプリの使いやすさも様々なので、登録の前にはチェックしておきたい所です。

【仮想通貨】スマホで取引しやすい!アプリが使いやすいおすすめ国内取引所ランキング
ビットコインや仮想通貨の値段は毎日のように大きく上下します。常にチャートをチェックできる状態にし...

 取引所の徹底比較

セキュリティの強さを比較

比較内容 bitFlyer coincheck
二段階認証
コールド
ウォレット管理
マルチ
シグネチャ
SSL通信
DigiCert採用
ハッキング被害 あり あり

基本的なセキュリティはどちらも同じですが、coincheckではコールドウォレット管理をしていると公表していたものの、ビットコイン以外の通貨は対応されていませんでした。

また、過去にはどちらもハッキング被害を受けておりましたが、二段階認証の導入後その心配は無くなったようです。

bitFlyerではコールドウォレット管理を徹底しており、SSL通信もDigiCertを採用しているなどより強力なセキュリティを目指しています。

世界最高水準のセキュリティを完備しているのでbitFlyerの方が安心度は高いでしょう。

取引所の経営体制を比較

比較内容 bitFlyer coincheck
資本金 41億238万円 1億円
設立日 2014年1月9日 2012年8月28日
仮想通貨
事業登録
関東財務局長
第00003号
みなし業者
従業員数 128名 105名
内部不祥事 なし なし
会社概要HP こちら こちら

経営の規模や健全性ではbitFlyerが優秀なことが分かります。

設立日の速さ以外では資本金が仮想通貨取引所の中でもトップクラスに高く、倒産してしまう心配は低いです。

特に仮想通貨事業登録をしっかりと行っており、健全な運営を行っていることが分かります。

取り扱い通貨の種類を比較

比較内容 bitFlyer coincheck
取扱数 7種類 9種類
通貨名 BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク)
BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XMR(モネロ)
REP(オーガー)
DASH(ダッシュ)
LISK(リスク)
ZEC(ジーキャッシュ)
FCT(ファクトム)
※2018年5月に廃止
取引ペア 日本円のみ 日本円のみ

取り扱いをしている通貨の種類ではcoincheckのほうが優秀です。

しかし金融庁の規制の影響もあり、2018年5月には匿名通貨などの取り扱いが停止され9種類になっています。

coincheckでは人気の高いリップルを購入できますが、国産通貨として有名なモナコインはbitFlyerで取り扱っています。

手数料の安さを比較

比較内容 bitFlyer coincheck
ビットコイン
取引手数料
0.01% 0%
アルトコイン
取引手数料
スプレッド
3~7%
スプレッド3%
レバレッジ 最大15倍 最大5倍
レバレッジ
取引手数料
0.04% 0%
日本円
入金手数料
銀行手数料のみ
銀行手数料のみ
クイック
入金手数料
324円(税込) 3万円未満:756円
3万円以上
30万円以下:1000円
50万円以上:入金額
×0.108%+486 円
日本円
出金手数料
三井住友銀行の場合
3万未満:216円(税込)
3万以上:432円(税込)
三井住友銀行以外
3万未満:540円(税込)
3万以上:756円(税込)
400円
仮想通貨
入金手数料
無料 無料
仮想通貨
出金手数料
通貨により変動 通貨により変動

手数料の大きな違いはほぼありません。

どちらもアルトコインの取引手数料にスプレッドと言われる売買手数料がかかっているので、Zaifなどの取引手数料が無料の取引所を使うのがおすすめです。

coincheckではクイック入金の場合多額の手数料が取られてしまうので、銀行振込以外はおすすめできません。

bitFlyerは三井住友銀行と提携しているので、出金手数料が特に安い価格に設定されているので活用しましょう。

使いやすさと安定性を比較

比較内容 bitFlyer coincheck
取引画面の
見やすさ
チャートの
カスタマイズ

(FXのみ)
×
注文しやすさ
サーバーの
安定性
アプリ iOS/Android iOS/Android
アプリの
使いやすさ

使いやすさの部分ではどちらも投資初心者に優しい画面デザインになっており、安心して取引することが出来ます。

逆にプロとしてはチャート画面に書き込みができないので物足りない作りになっていますが、FX取引ができるbitFlyer Lightningではカスタムが可能です。

どちらもアプリがリリースされており、外出先でもチャートの確認や取引がしやすいです。

モバイルウォレットとしても機能するので、仮想通貨の店頭決済ができるのも魅力です。

その他の独自機能

bitFlyerの独自機能

  • 提携企業利用でBTCを貰えるキャンペーン
  • 独自のFXサービス
  • 送金サービスbitWire
  • BTCでクラウドファンディングが出来る

coincheckの独自機能

  • ビットコイン電気
  • ビットコインによる寄付
  • BTCチャージが出来るバンドルカード

どちらも独自機能やキャンペーンなどで仮想通貨の普及を進めていますが、あえて利用するために登録するほどのメリットは特にありません。

bitFlyerでは提携企業の楽天などを取引所経由で利用することで買い物の一部がビットコインで還元されます。

少しでもお得に買物をしたい方におすすめです。

どっちの取引所に登録すべきか

どちらの取引所もメリットやデメリットがあるため、どうしても迷っている方は以下のポイントで決めるのがおすすめです。

  • セキュリティの高い取引所→bitFlyer
  • 多くの仮想通貨を買いたい→coincheck
  • 手数料の安い取引所→bitFlyer
  • レバレッジ取引がしたい→bitFlyer

どのポイントで魅力を感じるかは人それぞれなので、自分にあった取引所を選びましょう。

【bitFlyer】ビットフライヤーの登録方法と手順 | 入金のやり方まで分かりやすく解説!
国内の仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...
【Coincheck】コインチェックの登録方法と手順 | 入金のやり方まで分かりやすく解説!
国内の仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

取扱通貨国内最多!
便利な取引所Zaif

ザイフ口座開設

  • 取扱通貨の種類が最多
  • 取引手数料が無料
  • 仮想通貨の積立も出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします