仮想通貨の始め方完全マニュアル

【ICO】仮想通貨DX(DX.Exchange)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 634

話題のICO「DX(DX.Exchange)」(旧CX/Coins.Exchange)とはなんなのか、取引所での買い方について紹介しています。サイトに登録して送金して購入するまでの流れを解説しています。

DX(DX.Exchange)の将来性やロードマップ、上場の噂やICOの詳細についてもまとめています。




DX(DX.Exchange)とは

DX(DX.Exchange)とは「ワンストップショップ」という独自機能を搭載した決済機能やウィジェットや本人確認書類登録システム、また規制に則った環境で動作する取引プラットフォームです。

その中で発行される「DXトークン」はBinanceのBNBやHuobiのHTトークンと同じ取引所トークンの位置づけになります。

DX(DX.Exchange)の特徴

  • NASDAQやGoogleと提携済み
  • 期待度の高い取引所系トークン
  • 基軸通貨になる可能性も高い

現在の仮想通貨の大きな問題は国ごとのICO規制や、本人確認の煩雑さ、取引所の使い分け等が挙げられます。

有望なICOトークンでもマイナーな取引所や、特定の国でしか使うことの出来ない取引所に上場してもあまり意味はありません。

そこでDX.Exchange(DXエクスチェンジ)では、本人確認や決済機能などを全て提供し、安全で公正な取引所の設立を目指しています。

ICOトークンを購入する投資家だけでなく、ICOを行う企業や組織向けにも使いやすい取引所を目指しています。

具体的には投資家たちが必要とする情報や、投資判断に必要なデータ(資産一覧、注文板、取引ログ)などを分かりやすく表示することで直感的な操作を可能にしています。

既に取引画面は一部公開されており、PC、スマホどちらのプラットフォームでも提供されることが確定しています。

こちらはスマホアプリのイメージ画像です。

iOS,Androidどちらにも対応しており、画面デザインも専用に設計されています。

外出先でも気軽に取引ができるのでこれは便利ですね。

ワンストップショップのメリット

利用者の場合

  • 購入:クレジットやSEPAデビットのようンビ簡単に迅速な決済ソリューションを実現
  • 販売:ユーザーや投資家のコインを販売するの公明正大で使いやすいプラットフォーム
  • 取引:NASDAQ(ナスダック)をメインパートナーとした、安全で規制に則った環境での取引が可能

企業の場合

  • 登録プロセス:安全な環境でのサインアップ手続き
  • 本人確認書類プロセス:規制や関連省庁に基づく手続き
  • 決済機能ウェジェット:法定通貨、仮想通貨での決済
  • 取引プラットフォーム:新しいコインやトークンを取引する機会の提供

安全で公正な取引所の構築

メインパートナーであるNASDAQ(ナスダック)による法規制に則った取引ルールが策定されると思われます。

NASDAQとは時価8.5兆ドル(約900兆円)ともいわれる、取引高全世界3位の電子株式市場です。

また、クラウドパートナーにはあの検索エンジンで有名なGoogleとも提携しており、その将来性に期待が高まります。

その情報だけでもDXがどれだけ有望なトークンか分かりますね。

取引所の成長率に左右される

DXトークンは先述したとおり、DX.Exchangeが発行している取引所の独自トークンになるため、取引所の成長率に左右されます。

仮想通貨市場とDX.Exchangeの人気に応じて価値が変動するので、将来性を感じている場合は期待できるといえるでしょう。

仮に国内で規制が入っても、海外でのホルダーが多ければ価値への影響はさほど無いでしょう。

他の取引所トークンの特徴も見ながら購入するのがおすすめです。

【最新版】取引所トークン一覧ランキング!独自コインの比較と将来性について
仮想通貨の取引所は国内、国外含めて独自トークン(独自コイン)を発行している取引所があります。 ...

ロードマップ

  • 2017年11月27日:NASDAQと契約
  • 2017年12月07日:NASDAQと技術に開発開始
  • 2018年02月18日:プラットフォームへのMEインテグレーション
  • 2018年04月15日:DXExchangeサイト開設
  • 2018年05月01日:DXExchangeベータ版テスト
  • 2018年06月15日:DXExchange仮想通貨取引開始
  • 2018年07月01日:CYSEC 承認
  • 2018年08月01日:香港SFC承認
  • 2018年10月15日:DXExchange CFD、FXインテグレーション完了
  • 2018年10月25日:DXExchange CFD、EUデジタルコントラクト開始
  • 2018年10月31日:CFTC/SEC承認
  • 2018年11月01日:FCA承認

取引所の開設とともに、全世界での取引所オープンが出来るように随時各国の規制ルールに則った公正な取引所開発を続けています。

現在日本の金融庁ライセンスの取得可能性について調査しており、アジア圏での展開も積極的に行っていくようです。

DX(DX.Exchange)の取引所の上場予定について

DX(DX.Exchange)の取引所の上場予定は秘密保持契約という理由で場所は明らかにされていませんが、早い段階で上場することが決定されています。

DX.Exchangeから発行される独自トークンになっているため、取引所がオープンすればBNBなどと同じように基軸通貨として採用される可能性は高いです。

取引所が公開された直後は価格が数倍になるため、利益を得たい方はICO期間中の購入をおすすめします。

DX(DX.Exchange)のICOについて

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨ASOBI COIN(アソビコイン)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介...

DX(DX.Exchange)のICOは先行販売の形式でETHを用いて行われます。

  • 日程:5/7 21時まで
  • 配布トークン名:DX
  • 総発行枚数:3億枚
  • 最低購入価格:1ETH〜
  • 初期価格:1DX=1.5ドル(約160円)
  • レートFIX日:5月20日前後(変更の可能性もあり)
  • ロックアップ:なし
  • 配布予定日:6月予定(延期の可能性もあり)
  • 上場予定日:6月〜7月(延期の可能性もあり)
  • 公式サイト
  • ホワイトペーパー

時価総額について

初期価格では1枚当たり1.5ドルの価格で販売されますが、発行枚数が3億枚の場合、4.5億ドル(約450億円)になります。

現在の取引所系トークンで一番時価総額の高いBinance発行のBNBは2018年5月時点で1800億円程度です。

Binance並の取引高の高さを実現出来る場合、1800/450=4倍の価格になることが期待されます。

仮にBinanceの取引高を上回ることが出来ない、半分の取引高であっても、2倍以上は期待できる可能性はあります。

また、NASDAQやGoogleと提携している期待度の高さを加味すると…夢が膨らみますね。

実需が期待できるICO

一般のICOでは1億という金額でも数十秒で売り切れることがあります。

ICO側も資金調達の目処が立たないプロジェクトは行わないため、ICO開始前から注目を集め一瞬で集金を完了することが度々あります。

注目も高いプロジェクトなので、早期の購入をおすすめします。

DX(DX.Exchange)の評判・口コミ

DX(DX.Exchange)の買い方・購入方法

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨ASOBI COIN(アソビコイン)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「ASOBI COIN(アソビコイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

取扱通貨国内最多!
便利な取引所Zaif

ザイフ口座開設

  • 取扱通貨の種類が最多
  • 取引手数料が無料
  • 仮想通貨の積立も出来る

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします