仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 165

ビットコインからハードフォークで誕生した仮想通貨「ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインからハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

ビットコインでの取引が2017年に増大し、スケーラビリティ問題という送金づまりが起きたため、ビットコインキャッシュでは送金スピードの解決に焦点を当てて開発が進められました。

出た当時は数千円の価格しか付いていませんでしたが、数ヶ月で100倍にも高騰しています。

ビットコインキャッシュの特徴

  • ビットコインからハードフォークで誕生
  • 送金処理の早い仮想通貨
  • スケーラビリティに優れている

オンチェーンでのスケーラビリティ – ビットコインキャッシュは、世界中でオンチェーンスケーリングを広めていくというサトシナカモトのオリジナルのロードマップに従っています。その最初のステップとして、まずはブロックサイズが柔軟に調整できるように変更され、デフォルトのブロックサイズは8MBに拡大されました。将来、更に大きなブロックサイズを実現していくために、次々と研究が進められています。

ビットコインはブロックサイズが小さく、拡張性などの制限があるため、小額決済に向いていないという性質があります。

ビットコインを昔から支持しているコア派はこれを機に「価値の保存」や「デジタルゴールド」として役割を目指すことにしました。

しかし、反コア派であるビットコインキャッシュ支持派は通貨としての役割を持っていないビットコインを凌ぐ勢いで送金性能の拡張に取り掛かり、取引手数料も桁違いに安い仮想通貨の開発に成功しました。

現在でも送金処理に優れている仮想通貨は多くありますが、ビットコインブランドを掲げているビットコインキャッシュは物凄い勢いで実需拡大を推し進めています。

1日200万以上の取引処理を実現

2018年8月に行われたストレステストでは、1秒23.8トランザクション、1時間85,835トランザクションの処理が行われたことが明らかになりました。

1日あたり200万以上の取引を処理することが出来る性能を持っており、リップルイーサリアムを追い抜くスペックを持っています。

手数料が安く、送金速度に優れている通貨として今後更に普及していく可能性を秘めています。

ビットコインが抱えている問題について

ビットコインがビットコインキャッシュと分裂し、コア派(ブロックストリーム社)との対立が起きている原因を理解するためには、ビットコインの問題について把握しておく必要があります。

今回はその問題についていくつかピックアップしてまとめてみました。

ビットコインのスケーラビリティ問題

ビットコインの根幹であるブロックチェーンではマイナーたちの取引承認を1件ずつ行うのではなく、ブロック単位などにまとめて承認作業が行われています。

流れとしては「決済→まとめる→取引承認→着金」という順番です。

2017年末に仮想通貨バブルの影響でビットコインの利用者が急増したことで、既存のブロックサイズ(容量)では承認処理が追いつかなくなり取引に遅延が起こりました。

イメージすると、道幅の狭い道路に沢山の車が来て渋滞が起こっているような状態ですね。

これは技術的に解決可能で、ブロックサイズを大きくするか、取引記録を圧縮するかという2種類の解決方法があるのですが、利権や理念などの諸問題の影響で思うように改善は進んでいません。

現在のビットコイン開発ではこの問題を根本的に解決する気はないようです。

そのため、ハードフォークによって誕生したビットコインキャッシュがその問題を全て解決する「真のビットコイン」と言われるようになりました。

ビットコインの手数料の高騰

このように送金づまりが常態化してしまうと、送金手数料を上乗せしなければまともに送金できなくなってしまうという事態になってしまいます。

2017年末に利用者が殺到したときには国内取引所からの送金でも1000~2000円の送金手数料が掛かるにも関わらず、着金するまで3時間~半日かかることもしばしばありました。

このままではマイクロペイメント(少額決済)で日頃の買い物や気軽な寄付に使うことは出来ません。

ビットコイン決済を導入したサービスや店舗もあまりの使い勝手の悪さから取りやめを行うなど、実用性の部分で大きな問題が露呈しつつあります。

Segwitの導入は手数料のピンハネ

コア派はSegwitという取引を圧縮するシステムとLN(ライトニングネットワーク)という2つの技術を導入することで、現在ビットコインが抱えているスケーラビリティ問題を解決できると主張しています。

確かに理論的にはこの技術を組み込むことで、送金遅延でなかなか着金しないという問題は解決するとされています。

しかし、Segwit導入後は標準の手数料が決められており、0.0005BTCになると言われています。

これは1BTC=100万円であれば1回の送金・決済のたびに500円の手数料がかかってしまう根本の欠点を抱えています。

BTCの価格が高騰すればするほど手数料は高くなってしまうため、元々の仮想通貨の理念であった「口座を持たない人でも少額の手数料の高速決済手段」を実現することは出来ません。

そもそもそれほど高い手数料が取られるのであれば従来の銀行を使った送金で十分ですよね。

Segwitの導入を推し進めるということは「貧乏人はビットコインを使うな」と言っているようなものです。

ビットコインなどの仮想通貨はマイニングによる取引承認作業の見返りの報酬として通貨を受け取ることが出来ます。

開発者はその通貨をより良いものに改善することで価値を高めていき、値上がり益を得る流れが普通ですが、Segwitを導入することで発生した手数料を自分たちがピンハネしようとしています。

元々はナカモトサトシが提唱する健全な通貨を開発していましたが、2014年のマウントゴックス破綻で発生した損失を取り戻すためやAXAに買収されてから方向性が変わってしまいました。

Segwitで解決する問題もあるかも知れませんが、既存のオンチェーンの改善の努力すらせずに放置しているのは不自然ですね。

ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報

通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH)
公開日 2017年8月1日
開発組織 Bitcoin Unlimited
最大発行枚数 2100万枚
ブロックシステム PoW
公式サイト https://www.bitcoincash.org
ホワイトペーパー こちら

ビットコインキャッシュ(BCH)のチャート



公開直後は3万円前後を推移していましたが、送金処理性能の高さが認知されるたびに7万円に急騰しました。

その後、2017年末のバブルの影響で、11月には18万円前後を推移し、12月には20万円を突破。

2018年1月には韓国からの資金が多く流入し、40万円を超える暴騰を見せました。

ビットコインから分岐したということもあり、一時はビットコインの価格と反比例して動く性質もありました。

今後もビットコインの存在を大きく揺るがす存在として堅調に推移していくことが期待されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性・今後

ビットコインに革命を起こせるポテンシャル

現在のビットコインは当初の仮想通貨の理念と大きく離れた思惑や利権が複雑に絡み合い、通貨としての将来性が必ずしも明るいとは言えない状態にあります。

ビットコインキャッシュに携わっている主要人物は初期のビットコインメンバーによって支えられています。

ビットコインからハードフォークによって誕生した通貨ですが、より使いやすく、便利なものに仕上がっており、革命を起こせるポテンシャルを秘めています。

ビットコインのネットワークを支えているマイナー(マイニングを行う人)たちがビットコインキャッシュを支持する流れができれば状況はあっという間に一変するでしょう。

ビットコインと同じ発行枚数

ビットコインキャッシュはビットコインと同じ2100万枚の総発行枚数に設定されています。

そのため、ビットコイン以上の性能を持っていると考えると、現在のビットコインの価格と同程度かそれ以上の価格になるポテンシャルを秘めています。

2018年末までにはビットコインキャッシュの素晴らしさが理解され、更に価格が上がる事が期待されます。

基軸通貨として取引所に採用され始めている

日本の国内取引所では日本円と仮想通貨を交換することが出来ますが、法定通貨などを扱っていない海外取引所は仮想通貨同士を交換するのがメインになります。

しかし、全ての仮想通貨が使えるわけでなく一部の「基軸通貨」と言われる使いやすさ、買いやすさ、送金のしやすさに優れた通貨が採用されています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は徐々に基軸通貨として取引所で採用され始めています。

現在基軸通貨として主に使われている仮想通貨は以下の通りです。

そのため、今後流動性が高くなることが予想され、他通貨に換金するための需要も発生します。

ビットコインはどの取引所でも基軸通貨に採用されていますが、ビットコインは送金する人が多くなると「送金づまり」が発生し手数料が高くなるデメリットがあります。

各取引所も今後は送金づまりが発生しづらく、手数料の安いビットコインキャッシュに移行していくでしょう。

時価総額と注目度の高さ

2018年9月時点で、ビットコインキャッシュは全仮想通貨の中で時価総額3~5位を記録しています。

参考:Cryptocurrency Market

2017年末頃には仮想通貨バブルとなり一気に新規参入者が増えましたが、今までビットコインしか知らなかった投資初心者でもビットコインキャッシュを知っている方は多いです。

時価総額だけ見るとビットコインと大きく離れてはいますが、TOP5圏内という位置に付けている存在の影響度は大きいでしょう。

BCHの素晴らしさがどこまで認知されるか

仮想通貨に詳しくない新規参入者は、BCHが技術的にどのように優れているのか、ビットコインのコア派との対立まで把握するにはよく調べなければわかりません。

「ビットコインから分裂(ハードフォーク)で生まれた」という部分だけが切り取られ、「子分」や「二番煎じ」のようなイメージが定着しているとBCHが真に理解される事はありません。

2017年末のバブルで多くの通貨が高騰する中、BCHはワンテンポ遅れる形で2018年1月に高騰しました。

この流れを考えると

  1. 新規参入者が増える
  2. ビットコインの送金を初めて使う
  3. ビットコインの送金づまりに気づく
  4. BCHの素晴らしさを理解する
  5. BCHの価格が高騰する

という流れが起きていることが分かります。

また、コア派からのFUD(嘘の悪い噂の流布)などがたびたび起こると、それが足を引っ張る存在になるでしょう。

日常決済に優れた仮想通貨ですが、様々な思惑が絡まる存在のため短期ではどのように推移するか分かりづらいのが事実です。

中長期的に投資することをおすすめします。

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所・買い方

ビットコインキャッシュ(BCH)は以下の国内の取引所で日本円で購入することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

BCHを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. bitFlyerに日本円を入金
  2. アルトコイン販売所でビットコインキャッシュを購入

bitFlyer(ビットフライヤー)でBCHを購入するまでの手順はこちらの記事を参考にして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインキャッシュ(BCH)の買い方と購入方法を徹底解説!
国内の仮想通貨取引所の「bitFlyer(ビットフライヤー)」でビットコインキャッシュ(BCH)...
新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

ビットコインキャッシュ(BCH)を一番安く買える取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)を一番安く買える取引所はどこ?手数料の安いおすすめ取引所比較ランキング
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれ...

ビットコインキャッシュ(BCH)の口コミ・評判

ビットコインキャッシュ(BCH)の公式ツイッター

ビットコインキャッシュ(BCH)関連のTwitterアカウント

ビットコインキャッシュはその性質からコア派に立ち向かうべく「どれだけ優れた通貨なのか」という情報を熱心に発信している方がいます。

この通貨に興味を持った方は下記のTwitterアカウントをフォローしておくことをおすすめします。

Pluton氏

BCH支持派の第一人者。ビットコインキャッシュがいかに優れているかという情報発信だけでなく、ビットコインの問題についても詳細に解説されています。

月衛とぶ蔵氏

資産の95%をBCHに乗り換えた大胆な人物。海外の大型ニュースから日本の小さなコミュニティに関する情報まで幅広く発信しています。

Roger Ver(ロジャー・バー)氏

「ビットコインの神」と言われる人物で、仮想通貨誕生時から多くのスタートアップ企業に投資を行ってきました。

しかし、ビットコインの問題点を感じ、それを解決したビットコインキャッシュを支持する世界的に有名な人物です。

2017年10月には「ビットコインキャッシュこそが真のビットコインである」とツイッター上で発言し、大きな話題になりました。

ビットコインキャッシュ(BCH)は買うべき?

ビットコインキャッシュ(BCH)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (1/5)
単価の安さ (1/5)
取引所の少なさ (1/5)
コミュニティの人気度 (5/5)
総合評価  (5/5)

ビットコインが全仮想通貨の基軸通貨として使われている現状を少しずつ打開しながら普及を進めており、今後は送金性能の高さで時価総額1位になる可能性もあると言われています。

将来性の期待度がバツグンに高く、初期の仮想通貨の理念である「小額決済にも使える高速送金も可能な通貨」として未来は明るいでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の関連記事一覧

買い方 BCHの買い方・購入方法
取引所比較 BCHを安く買える取引所
レバレッジ取引 BCHFXのおすすめ取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)の取引所別買い方

取引所ごとのBCHの買い方
bitFlyer BITPOINT



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 口座開設キャンペーン実施中!

取引手数料が無料!
お得な取引所bitbank

ビットバンク口座開設

  • 人気のリップルが最安で買える
  • 取引手数料が無料
  • アルトコイン取引におすすめ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします