仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨MTH(モニーサ)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1220

ネットマーケットを作れる仮想通貨「MTH(モニーサ/Monetha)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

MTH(モニーサ)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

MTH(モニーサ)とは

MTH(モニーサ)はイーサリアムをベースに開発されたブロックチェーンを用いたネットショッピング決済と評価システムの構築を目指した仮想通貨です。

プラットフォームではイーサリアムやイーサリアムをベースとしたERC系トークンでの支払いが可能になっています。(今後拡大予定)

MTHの特徴は以下の通りです。

  • イーサリアムをベースに開発された
  • 信頼を可視化するプラットフォーム
  • 手数料の安いECプラットフォーム

分散型評価システムが存在する

現在のネットショッピングの仕組みでは、プラットフォームを変えてしまうとまた1から評価を積み上げていく必要があります。

例えばヤフオクや楽天、Amazonなどのネットショッピングサイトでは、商品を提供している出品者が本当に安全に商品を届けてくれる保証があるとは限りません。

そのために出品者は高得点の評価を獲得して購入者からの信頼を獲得していく必要があります。

しかし、MTH(モニーサ)が提供するブロックチェーン上で提供されるプラットフォームを利用することで、どのサービスを利用しても同じ評価や信頼度をそのまま引き継ぐことができます。

取引や信頼情報がすべてスマートコントラクト上で記録・分析されるので、透明性が高く、改ざんが不可能なので買い手にとっても安心して取引ができるようになります。

手数料が安く即入金可能

通常のECプラットフォームでは購入者から商品提供者までのお金が振り込まれるまでに銀行やサービスの仲介料+約3%程度の手数料がかかります。

また、入金までも2日から数週間かかるデメリットもあります。

モニーサのシステムはこういった銀行やクレジットカード会社を仲介させずに仮想通貨で支払いを行うことで1.5%の手数料と即座の入金を可能にしています。

1.5%の手数料のうち0.5%はMTHの「バウチャースマートコントラクト」に使われ、残りの1%がMonethaの会社の収入になります。

バウチャースマートコントラクトとはMTHの保有量に比例してもらえるクーポンを発行するスマートコントラクトを改良した仕組みです。

サービスで商品を購入した際に使用することが出来るクーポンがこの0.5%で賄われています。

取引情報が保存される

MTH(モニーサ)上で行われるすべての取引(トランザクション)はブロックチェーン上に保管されます。

時間、料金、商品内容、配送時間などネットでの買い物に必要な情報が記録され、特定の人にしか閲覧できないように暗号化されます。

そのため、その商品が本当に取引されたのか、商品が届かないなどの問題が起こらないように設計されています。

双方が評価をつけ合うことが出来る

今までのECサービスでは出品者側の評価しかできないことが多く、購入者の情報は不明瞭です。

商品を購入した側がなかなかお金を振り込まなかったり、商品の取り置きをしたにもかかわらず購入しないなどの購入者側の問題があった場合でも出品者が評価をつけることができます。

このように買い手・売りての双方が評価をつけ合うことが出来るので、Amazonなどにあるレビュー機能を第三者抜きで付けることが出来る健全なECプラットフォームを構築できます。

中国の巨大ECサイト「アリババ」では、仲介業者を通じても詐欺などのおそれがあるため、このように信頼性が担保されている点は海外では高く評価されています。

報酬制度がある

モニーサではサービスの利用を促進するためにロイヤリティ(報酬)制度があります。

商品の取引を行うと、その価格の0.2%が購入者に報酬として与えられます。

MTHトークンだけでなく、ETHで受け取ることも可能になっています。

MTH(モニーサ)の基本情報

通貨名 MTH
公開日 2017年8月
最大発行枚数 402,400,000 MTH
ブロックシステム PoW
公式サイト https://www.monetha.io/
ホワイトペーパー こちら

MTH(モニーサ)のチャート



ICO終了直後の2017年8月には10円前後と推移していましたが、年末のバブルの影響で一時65円まで上昇しました。

MTH(モニーサ)の将来性・今後

ショップ経営者が仮想通貨ビジネスに参入できる

2018年時点の世界のGDPの10%はブロックチェーンから作り出されていると考えられています。

しかし、2025年には仮想通貨による推定GDPは100兆円にも登り、今後は法定通貨と同程度かそれ以上に世界中での利用が進むと試算されています。

つまり、仮想通貨を取り扱うECプラットフォームがなければショップ経営者はその市場で商品やサービスを提供することができません。

今後仮想通貨が普及すればするほど、モニーサのような「サービスを提供できる場所」は需要が高まるでしょう。

しかし、Amazonや楽天、ebayなどの大型ECサイトがブロックチェーンを用いた決済システムを導入した場合、大きな苦戦を強いられる可能性があります。

ネットショッピング市場は毎年成長しており、2018年には2.86兆ドル(約300兆円)にも登り、今後も大きく成長していくことが予測されています。

信頼を可視化するECサービスの期待

ユーザーの信頼を可視化出来るようになると、商品の販売者も購入者も双方が安心して取引ができるようになります。

今後はメルカリなどのCtoCサービス(消費者同士の取引)が増えることで、全てのユーザーが商品販売者になる可能性があります。

買う側としてだけでなく、自分が買われる側の立場になる可能性もあるので、キチンとした立ち振舞をする必要があります。

取引情報はブロックチェーンに記載されているため、評価を偽造することも難しくなります。

スケーラビリティの懸念

スケーラビリティとは取引処理性能のことで、利用者が増えても送金処理のシステムがパンクしないかが懸念されています。

モニーサでは全ての商取引の内容を記録するため、通常の送金内容にプラスアルファで様々な情報が付与されます。

そのため1件の情報を送るだけでも多くの情報を転送する必要があるため通常のイーサリアムの仕組みでは送金づまりが起きる可能性があります。

プラットフォームの発展にはこの課題をクリアできる処理性能の高さを確保する必要があるでしょう。

ロードマップ

2018年初期:フェーズ1:プラットフォームの初期開発

プラットフォームで販売者向けのインターフェースと決済機能を開発。

分散型評価システムの最初のバージョンを活用するためイーサリアム(ETH)への対応。

2018年中期:フェーズ2:イーサリアムトークン・法定通貨への対応

2018年中期にはイーサリアムトークンだけでなく、法定通貨にも対応し交換可能になります。

2018年末:フェーズ3:クライアント向けウォレット、ロイヤリティプログラム、分散型評価システムの改善

2018年末にはクライアント向けのウォレット開発とロイヤリティプログラムが開始されます。

また、分散型評価システムの改善が行われ信頼性に基づいて完全に機能するように開発が行われます。

2019年初期:フェーズ4:分散型評価システムの完成、モバイルウォレットの改善

2019年初期にはスマートコントラクトの分散型評価システムが完成し、グローバル展開が可能になる予定です。

買い手・売りての信頼性がアルゴリズムに基づいて評価されるようになり、モバイルウォレットのバージョン2の開発、モバイルアプリSDKの改善も行われます。

2019年中期:フェーズ5:EC機能開発

2019年中期にはプラットフォームのECサービスを決済機能・分散型評価システムが開発完了し、サービスに導入されます。

これにより、イーサリアムベースの通貨の決済や法定通貨との交換が可能になります。

Binanceに上場済み

MTH(モニーサ)は既に全世界取引高ナンバーワンの「Binance」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

MTH(モニーサ)の取引所・買い方

※MTHは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

MTHを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでMTHを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

MTH(モニーサ)の口コミ・評判

MTH(モニーサ)の公式ツイッター

MTH(モニーサ)のウォレット・保管方法

MTH(モニーサ)は2019年頃に公式のウォレットを配布予定ですが、それまでは既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

Ledger Nano S

「Ledger Nano S」は仮想通貨のウォレットで最も利用者数の多いハードウォレットです。ハードウォレットの中でも比較的安価で購入することが可能で、持ち運びも便利です。

外部ウォレットとの連携など機能も充実しているので、仮想通貨投資をしている方に必須のアイテムと言えます。

【Ledger Nano S】「レジャーナノ」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノ...

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

MTH(モニーサ)は買うべき?

MTHですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

MTHの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (3/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (4/5)

今後急速に成長する可能性のあるECプラットフォームとして期待度の高いプロジェクトです。

大手ECサイトが競合他社となる可能性もありますが、ここ2年で一気にサービスを構築することができればAmazonや楽天、アリババなどの競合大手ECを追い抜く事ができる可能性を秘めています。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします