仮想通貨の始め方完全マニュアル

【ICO】仮想通貨PGC(フィリピングローバルコイン)とは?買い方や購入方法・取引所の上場予定や将来性について

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 636

話題のICO「PGC(フィリピングローバルコイン)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹介しています。サイトに登録して送金して購入するまでの流れを解説しています。

PGCの将来性やロードマップ、取引所の上場の噂やICOの詳細についてもまとめています。

ICOってそもそもなに?という方はこちらの記事を参考にして下さい。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・詐欺ICOに引っかからないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

PGCとは

フィリピンではGDPの約10%もの金額を海外に出ている出稼ぎ労働者が稼いでいます。

PGCはフィリピンの出稼ぎ労働者たちが、実家や家族に速離するための送金手数料を削減するために開発された仮想通貨です。

その送金額は年間約3兆円で、手数料だけでも3500億円になるそうです。

しかし、仮想通貨を利用することで手数料が安く、送金も早いという特徴を活かしてコレを解決しよう!というプロジェクトとして始まったICOがPGC(フィリピングローバルコイン)になります。

日本に住んでいる私達からすると考えられないかもしれませんが、貧困を抱える東南アジアでは口座開設にお金がかかるため、銀行口座やクレジットカードを持っていない人が多数います。

例えば、日本で出稼ぎ労働しているフィリピン人が家族に2万円の送金をしようとした場合、住所に対してお金を送ろうとすると2500円もの手数料がかかってしまいます。

1回につき2500円が固定で取られてしまうのでかなりの高額であることが分かります。

しかし、スマホは日本と同じように普及しており、1人1台持っています。

それならスマホを口座代わりに送金・決済できればとても便利ですよね。

海外への送金は法定通貨が違うため、銀行を使った場合仲介手数料や不利な為替レートでの決済が行われることがあります。

そういった海外送金の不便さを解決するために作られました。

マイクロファイナンスも導入予定

マイクロファイナンスとは貧困層向けの小口融資の事です。

毎日の食事代もままならない貧困層はフィリピンに多くいますが、そういった方たちは病気などで急なお金が必要になると法外な利率の無認可の金融サービスに頼るしかありません。

もちろん労働でお金を返せるあてもなく、常に借金地獄に陥ってしまう繰り返しになってしまいます。

PGCはそういった方向けのマイクロファイナンスの窓口を用意して、生活だけでなく事業などの経済的な支援を行うことでフィリピン経済の支援を目標としています。

最初は小口融資からはじめ、将来的にはビジネス支援や奨学金のような制度も行っていくようなので、ビジネス的にもPGCは将来性に期待ができます。

保有しているだけで配当が貰える

PGCには保有量が高いホルダーに対して利息(配当)を与えることを予定しています。

枚数は30万PGCで月利1%ほどです。

ETHの価格によって変動はしますが、1枚100円の場合400~500ETHほどで購入出来ます。

新聞にも掲載された信頼性の高さ

2018年1月10日には地元フィリピンの新聞にもPGCは掲載されました。

ドゥテルテ氏のPGCに対する思い入れなどをインタビューで語っており、仮想通貨が取引の単純化だけでなく、スマホひとつあれば外出しなくても遠隔でビジネスを処理できることを伝えました。

証券取引所となり、仮想通貨の取引所なども利用しやすい民衆向けのサービスであることを強調しています。

この日本の技術を高く評価し、フィリピンのスタイルに合わせたプログラムとして使われるであろうと話しています。

エマニュエル・ドゥテルテ氏は『Don』とも呼ばれていて、フィリピンでは政策制度改革、連邦主義導入のために精力的に活動している人物です。

参考:Digong’s brother spearheads move for federalism

既にAndroidウォレットを開発済み

既にAndroidウォレットが完成しており、PGCは実際に通貨として送金することが可能になっています。

ほとんどのプロダクトやICOが開発途中で頓挫し、ウォレットなどがリリースされないまま消えていく中でしっかりとサービス開発を行っている点は安心出来ますね。

PGCのICOについて

PGCのICO詳細は以下のとおりです。

  • ICO期間:2018年4月16日~4月27日
  • 対応通貨:ETH(27日のレートで確定)
  • トークン:専用ウォレットでの受取(後述)
  • 発行上限枚数:50億枚
  • 最低購入価格:1ETH~(小数点0.5ETHなどは不可)
  • 公式サイト
  • ホワイトペーパー

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨TRINITY(トリニティー)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「TRINITY/TRN(トリニティー)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹...

運営会社について

PGCの運営・開発はフィリピンの実業家であり現大統領の弟「エマニュエル・ドゥテルテ氏」と、日本の仮想通貨開発企業のデジタルカレンシー株式会社が行っています。

デジタルカレンシー株式会社の概要

  • 郵便番号:103-0015
  • 住所:東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階
  • 代表取締役:松田
  • 公式サイト

きちんとHPや住所も記載されており安心できますね。

デジタルカレンシー株式会社は仮想通貨の開発支援やマイニング事業を行っている日本企業で国産通貨のBCCなどの開発実績もある企業です。

Facebookではエマニュエル・ドゥテルテ氏を日本に招いてミーティングしている様子も見受けられます。

中央銀行・証券取引委員会に正式な登録を申請済み

2018年1月9日の現地新聞に掲載された記事です。

ドゥテルテ氏がパートナーシップを結んだJaphil Global Coins Corporation(J-PGC)がフィリピンの仮想通貨交換業界に参入したと明記されています。

J-PGCのオクノ・タカユキ取締役(右)はセブでビットコイン交換所を設立するためのSEC登録(証券取引委員会登録)とBSPライセンス(中央銀行の承認)取得を正式に申請したと発表しています。

*J-PGCはフィリピン・グローバル・コインの発行元です

取引所の上場予定がある

PGCの取引所の上場について下記を予定しています。

韓国取引所で有名な「コインコズ」に上場することが確定しているのは期待が高いですね!上場までに上記リンクより口座作成しておきましょう。

今後は香港、日本、フィリピンの取引所への上場を予定しており現在交渉を進めています。

フィリピンの取引所は2019年1月に上場を予定しているため、長期的にも価格の上昇が見込めます。

ノアコインも上場してから、価格が5〜7倍まで上昇した経緯を考えるとかなり期待できるニュースに間違い無さそうです!

既にコインコズでは10,500ウォン(日本円で1050円)の値段がついているとの噂も広まっています。

PGCの評判・詐欺じゃない?

一部では存在が否定されているPGCですが、開発が継続されることになったようです。

今後はPGCのビジョンを実現するべく、プロジェクトのロードマップや詳細は順次公開されるようです。

PGCの買い方・購入方法

※こちらのICOは終了しました。

現在のおすすめICOプロジェクトはこちらになります。

【ICO】仮想通貨TRINITY(トリニティー)とは?買い方や購入方法・上場予定や将来性について
話題のICO「TRINITY/TRN(トリニティー)」とはなんなのか、取引所での買い方について紹...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします