不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨ELA(Elastos)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

Dappsの開発をサポートする仮想通貨「ELA(Elastos/エラストス)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

ELA(Elastos)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ELA(Elastos)とは

ELA(Elastos)は2018年1月に誕生したNEOをベースに開発されたDapps(分散型アプリケーションプラットフォーム)の開発サポートを行う仮想通貨です。

コンセプトが近いことから「中国版EOS」とも言われています。

ELA(Elastos)の特徴は以下の通りです。

  • Dappsをサポートする
  • ネットコンテンツの著作権を管理できる
  • 誕生して1ヶ月でBinance投票1位獲得

分散型アプリケーション(DApps)とはブロックチェーンを使用したアプリケーションの開発を行いプラットフォームとして使用できる機能です。

簡単に言うと「誰でもELAを使用してアプリ開発を行うことが出来るもの」ということです。

これにより、個人開発者でもELAを使用して面白いサービスやゲームを開発することが可能でサービスの提供が出来るようになります。

プラットフォームとは「基盤・場所」を意味する言葉で、AppStoreやGooglePlayなどはアプリのダウンロードプラットフォームとして有名ですよね。

今のネット上では音楽、映画、漫画、絵など様々な電子データが溢れていますが、有料コンテンツも違法にアップロードされている問題があります。

自分の手元から離れていったコンテンツの管理ができなくなり、他人に売買される恐れもあります。

ELAでは開発のサポートだけでなく、コンテンツの所有権(著作権)の管理も出来ます。

クリエイターの資産を守りつつ安全にブロックチェーン上でコンテンツを管理することが出来るようになり「このコンテンツはAさんのもの」と把握出来るようになります。

今までの同じようなサービスは仲介する業者のルール変更が足かせになっていたり、仲介手数料が高い問題がありました。

ELAは分散型で運営されているので特定の管理者がおらず、破格の手数料でサービスを利用することが出来ます。

これはクリエイターにとっても嬉しいですね。

ELAはそのサービス内で手数料の支払いや、ネットワークを支えるマイナーたちへの報酬など基軸通貨として使われます。

開発者について

開発者のロンチェン氏はElastosの企画・開発を18年間行っている創業者です。

プロジェクトの理解が深く、今後の舵取りにおいても大きな重要性を持っています。

ELAのマーケティング

ELAではfay li氏が中国でマーケティングを担当しています。

タイムズスクエアに広告をだしたり、積極的な広報活動を行っている様子が見られるので、気になる方はフォローしておくことをおすすめします。

ELA(Elastos)の基本情報

通貨名 ELA(Elastos)
公開日 2018年1月24日
最大発行枚数 33,000,000ELA
公式サイト https://www.elastos.org/
ホワイトペーパー こちら

ELA(Elastos)の将来性・今後

プラットフォームとしての需要

ELA(Elastos)は先述したとおり、独自機能「分散型アプリケーション(DApps)を採用しています。

アプリケーションの開発サポートをプラットフォームとして使うことが出来ます。

新しく誕生するサービスやアプリを開発するクリエイターやエンジニアの資産保護が可能になっており、著作権管理が行われます。

プラットフォームとして使われ続ける限り、ELAの価値はどんどん上がっていくため、同規模の代替サービスが出るまでは勝ちの状態が続くでしょう。

【3分で分かる】Dapps(分散型アプリケーション)とは?仕組みや事例を分かりやすく徹底解説!
仮想通貨の世界でよく目にする「Dapps(分散型アプリケーション)」とは一体何なのでしょうか? ...

HTのロードマップ

  • 2018年1Q:モバイルアプリ開発、グローバルアプリミーティングツアー、インターフェイス公開
  • 2018年2Q:オープンβ公開、大規模な医療保険をアプリで結ぶ
  • 2018年3Q:モバイルアプリのフレームワーク公開
  • 2018年4Q:外部ノードからアクセス可能

ELA(Elastos)の取引所・買い方

※ELA(Elastos)は現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

ELA(Elastos)を買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. LBankにビットコインを送金
  3. ビットコインでHTを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のDMMBitcoinがおすすめです。

ELA(Elastos)の口コミ・評判

ELA(Elastos)の公式ツイッター

ELA(Elastos)は買うべき?

ELA(Elastos)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ELA(Elastos)の評価

プロダクトの将来性 (3/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (3/5)

NEOをベースに開発された通貨は人気が高く、分散型アプリケーションプラットフォームとしてもEOS同様に注目度が高いプロジェクトです。

ライバルも多いジャンルになるためどのように普及に向けて進んでいくのか注目ですね。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします