仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨ALIS(アリス)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 1330

日本発のSNSプラットフォームICO仮想通貨「ALIS(アリス)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

ALIS(アリス)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。

ICOってそもそもなに?という方はこちらの記事を参考にして下さい。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・詐欺ICOに引っかからないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円相当のBTCプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ALIS(アリス)とは

ALIS(アリス)は2017年9月にICOが行われた国産の仮想通貨トークンです。

信頼できる記事を書き、欲しい情報を見つけることの出来る日本中心のSNSプラットフォームづくりを目指しています。

ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会えるソーシャルメディアプラットフォームです。 信頼できる記事を書いた人、それをいち早く見つけた人が報酬を獲得することで信頼できる情報を蓄積するプラットフォームの実現を目指します。 従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報にうんざりしている人々を解放することがALISの目的です。
引用:ALIS公式サイト

ALIS(アリス)の特徴は以下の通りです。

  • 日本発のICOプロジェクト
  • 良い情報がすぐに見つかるSNS
  • 記事を書くと報酬が貰える

従来のSNS(TwitterやFacebook)などは投稿してもユーザーや運営から報酬をもらうことが出来ませんでした。

ALISでは利用することで報酬が受け取れたり、ユーザーからチップを渡し合うことが出来ます。

要するに、Twitterのいいね感覚で気に入った投稿に対してALISという仮想通貨を送れるわけですね。

好きなクリエイターさんを金銭的に応援したくても現金は送れない…という問題を解決できます。

また投稿した文章や画像等のデータは全てブロックチェーン上で安全に管理されるので、サーバーがダウンしたりハッキングされるリスクがありません。

また、通常は記事を書いて投稿してもほとんどの記事やブログは誰にも読まれずに消えていくことがほとんどです。

これはGoogleやYahooなどの検索エンジンから読者が調べたいことを調べる→記事にたどり着くという過程を経ているからです。

こういった検索エンジンで検索上位に来るにはSEO(検索エンジン最適化)と言われる専門的なことを勉強する必要があり、記事を書く以外の労力が発生します。

そのため、一生懸命役に立つ記事を書いても、SEOの知識がなければ誰にも見られない、高品質な記事が埋もれてしまう現状をALISでは解消しています。

ALISを利用するユーザーが求めている記事を最適化して届け、高品質な情報を次々に提供してくれます。

SEOの知識がない人でも高品質な記事を書けば、自然とお金が入ってくる仕組みを作っています。

Steemから生まれた国内サービス

ALIS(アリス)はSTEEMというブロックチェーン技術を使用したSNSプラットフォームのプロダクトに感銘を受けて立ち上がったプロジェクトです。

仮想通貨STEEM(スチーム)とは?特徴や将来性・取引所での買い方
SNSのプラットフォーム仮想通貨「STEEM(スチーム)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方...

こちらは海外発のプロジェクトなのでベースは英語で展開されていますが、日本からの投稿も可能です。

主な特徴も似ており、ユーザーが記事を投稿して評価されれば報酬としてトークンを受け取ることが出来ます。

既にサービスがリリースされており、Steemは数多くのユーザーが利用しています。しかし、その仕組みは少々複雑で、3種類のトークンが発行されており、簡単に売買出来ません。

ALISではそういった複雑な部分を除いて、シンプルなものに改良したサービスを作ろうとしています。

報酬はアリストークンのみで、日本人に馴染みやすいサービス開発を行っています。

広告のないストレスフリーのSNS

皆さんもTwitterやInstagramなどのサービスを利用していると、途中で広告が入ってきてイライラした経験はありませんか?

企業は利益を上げるために広告を出して、その仲介手数料を受け取って収入を得ています。

ALISではユーザー同士のトークンの受け渡しの際に金銭のやり取りが発生するので、広告なしで運営することが可能になりました。

そのため、シンプルでイケてるデザインを維持したまま、ノンストレスでサービスを利用できます。

ALIS(アリス)のICOについて

ALISは2017年9月1日〜9月29日までICOを実施しました。

ICOでは13000ETH、当時のレート約3.3万円で計算すると日本円で約4.3億円の資金調達に成功し大きな注目を集めました。

日本発のプロジェクトということもあり、ICO参加者4,375人のうち日本人の参加者は65%おかなり高い割合でした。

このICOで日経新聞や東洋経済、NHKなどにも取り上げられた実績を持っています。

ICO終了後にバーン完了済み

ALISでは当初総発行枚数が5億枚に設定されていましたが、ICOで販売されたトークン3700万枚を基準に、チーム保有枚数を調整するためのバーン(焼却)を行いました。

バーン&トークン凍結のお知らせ

これにより、チーム保有分の枚数が減少し、1枚あたりの価格が相対的に上昇するため投資家たちに還元することが出来ます。

また、開発メンバーによる売り抜けなどの心配もなくなりました。

最終的に4.2億枚ものALISがバーンされたことにより、現在は7500万枚ほどが流通しています。

ALISの運営メンバーは利益よりも、投資家たちを優先した健全な運営方針であることが分かります。

プロトタイプ版が公開されている

12月23日に東京で行われたミートアップイベントではPC版、スマホ版のデザインモックアップが公開されました。

モックアップとは実際にサービスを触って動かすことが出来るデザインイメージの骨組みのようなものです。

11月21日に公開されたスマホ版モックでも分かる通り、シンプルかつ使いやすい画面デザインで順調にプロダクトが進んでいることが分かります。

ホルダーの方は今後のALISの方向性を見るためにも1度は触っておく事をおすすめします。

MyTokenの業務提携を発表

2018年7月に「MyToken」との提携を発表しました。

中国を中心に100万人以上が利用している仮想通貨アプリで、ほぼ全種類の仮想通貨を網羅したデータベースが特徴で話題の通貨や人気の取引所を一覧で見ることができる便利なサービスを展開しています。

  1. API連携による双方のプロダクト価値向上
  2. アジアを中心とした共同イベントの開催
  3. 日本および中国の相互情報シェア

これにより、ALISとMyTokenは、お互いのコミュニティ発展を目的に日本と中国におけるCryptoマーケット状況や規制などの最新情報を相互にシェアしていきます。

ALIS(アリス)の基本情報

通貨名 ALIS(アリス)
公開日 2017年9月29日
最大発行枚数 75,209,200 ALIS
公式サイト https://alismedia.jp/
ホワイトペーパー こちら

ALIS(アリス)のチャート

2017年末には仮想通貨バブルの影響で20円台から80円近くまで大きく高騰しました。

モナコインZNYなどの国産通貨の高騰や、プロトタイプの発表、バーンの影響などで一気に注目が集まりました。

その後、2018年上旬はバブルの崩壊とともに50円を徐々に下る形となっています。

2018年4月にはβ版の公開が行われましたが、市場が低調かつホルダーの期待を下回る完成度だった影響により再び20円台まで低下しています。

ALIS(アリス)の将来性・今後

お金をもらえるSNSへの期待

ALIS(アリス)はお金のやり取りが簡単に出来るSNSプラットフォームを目指しています。

今までの煩雑な金銭のやり取りを払拭したSNSというのはある種の社会実験であり、クリエイターとしても応援してくれるユーザーを囲い込む事ができるシステムはとても素晴らしいと思います。

しかしSNSは性質上、ある一定以上のユーザーがいなければ普及が進まないので、ALISは今後どのようにユーザーを増やしていくかが課題になっていくでしょう。

クリエイターや有名人などを巻き込んでプロモーションが出来れば理想的ですね!

STEEMに勝てるプロダクトになるか

ALIS(アリス)は先述したとおり、STEEMというSNSプラットフォームの仮想通貨のプロダクトに感銘を受けて立ち上がったプロジェクトです。

そのため、既に同じ分野に大きな競合となる存在があるため、少なくとも日本市場ではSTEEMに勝たなければなりません。

STEEMは海外をメインに展開していますが、アジア市場に本格的に参入してくる前にどれだけ普及できるかがカギになるでしょう。

また、投稿プラットフォームと仮想通貨を組み合わせたプロジェクトはPSTIDHFDZというものもあり、こちらも競合として意識する必要があります。

想定される課題をクリアできるか

SNSは普及すればするほど想定されない使い方をされることが予想されます。

例えばTwitterもメールアドレスさえあればアカウントが作れる手軽さを逆手に取って、大量のスパムアカウントの作成やツイートによる嫌がらせなどがありました。

お金のやり取りが発生するアリスでは、なおさらインフルエンサーや悪質な業者がいいね数をお金で買って高品質に見せかけることも考えられます。

技術的な課題だけでなく、人同士がやり取りするプラットフォームで発生しうる問題をどのように解決していくか注目していきたいですね。

ALISのロードマップ

ALISは長期的でアバウトなロードマップではなく「Trello」というタスク管理サービスで日々着実にプロジェクトを管理しています。

1つ1つサービス普及のための細やかなタスクが切られており、誠実に開発を行っています。

また、公式Twitterでは毎日のタスクなどが報告されており、ホルダーにとっても安心ができます。

国内取引所への上場の期待

ALISのプロジェクトは日本発ということもあり、メンバーも日本人で構成されています。

そのため、海外発のプロジェクトよりも安心してホールドすることが出来ますし、国内取引所に上場しやすい土壌も揃っています。

海外発の通貨と比較するとメンバーとの意思疎通は取りやすいですし、日本語での情報も充実しています。

日本発プロダクトとして、ALISメンバーも国内取引所への上場はぜひ目指したいと考えているハズです。

ALIS(アリス)の取引所・買い方

※ALIS(アリス)は現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているCoinExchange(コインエクスチェンジ)はおすすめです。

ALIS(アリス)を買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. CoinExchangeにビットコインを送金
  3. ビットコインでALIS(アリス)を購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

ALIS(アリス)の口コミ・評判

ALIS(アリス)の公式ツイッター

ALIS(アリス)のウォレット・保管方法

ALIS(アリス)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

ALIS(アリス)は買うべき?

ALIS(アリス)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ALIS(アリス)の評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (4/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (4/5)
総合評価  (4/5)

仮想通貨×SNSというのは相性も良さそうですし面白そうですが、STEEMを意識しつつ既存のSNSサービスのTwitterやFacebookからどのようにユーザーを引っ張ってくるか気になります。

国内での認知度は高めなので、今後どのようなプロモーションやマーケティングでユーザーを囲い込んでいくのか期待したいですね。

SNSプラットフォームといえばIDHとも似ているのでぜひ比較してみてください。

仮想通貨IDH(indaHash)とは?特徴や将来性・取引所での買い方
インフルエンサーSNSと仮想通貨をかけ合わせたICO「indaHash(IDH/インダハッシュ)...



初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします