不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨QLC(Qlink)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

世界中でWifiの共有サービスを展開するICO仮想通貨「QLC(Qlink)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

QLC(Qlink)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。

ICOってそもそもなに?という方はこちらの記事を参考にして下さい。

ICOとは?仮想通貨とトークンの違いやメリット・ICO詐欺に騙されないための注意点
ビットコインや仮想通貨に関するニュースを見ていると、たびたび「ICO」という言葉が目に入ると思い...



QLC(Qlink)とは

QLC(Qlink)は2017年12月にKucoinに上場したNEO(ネオ)をベースに開発されたWi-Fiシェアリングサービスの展開を進めるICOプロジェクトです。

NEOといえば、中国版イーサリアムとも言われており秒間数千件の取引処理能力と、スマートコントラクト機能を兼ね備えた優秀な仮想通貨です。

QLCの特徴は以下の通りです。

  • Wifiの貸出が出来るプラットフォーム
  • 通信提供量に応じて報酬がもらえる
  • 個人がプロバイダーになる

Qlinkはプロバイダーと言われるインターネットやモバイル通信を提供している通信事業を分散化させて、個人でもNTTやドコモ、ソフトバンクが行っているようなネット通信事業を行えるプラットフォームづくりを目指しています。

例えば、自身が保有しているWifiを他人にレンタルすることで、その通信提供量に応じてQlinkから報酬を受け取ることが出来ます

スマホに例えるなら月末に余っている通信制限までの容量を他の人に渡して、その分お金をもらえるような仕組みですね。

余っているものを有効活用してお金まで貰えるなんて夢のようなサービスですね。

個人で通信事業を行うにはハードルは沢山あります。

しかし、Qlinkを使用することで通信量を提供する契約や面倒な取引手続きをブロックチェーン上で自動管理してくれるので、とても簡単です。

みなさんも空港やカフェでフリーWiFiが見つからず探し回ったり、スマホの通信制限でテザリングが使えなくなった経験はないでしょうか。

特に海外旅行などを経験した人は鍵のない安全なフリーWiFiを探すのに一苦労している人も多いと思います。

また、世界的にはまだ40億人以上の人たちがインターネットを利用することが出来ない問題を抱えており、ネット社会の普及において大きな課題となっています。

なぜならインターネットの平均利用料が30ドル(約3300円)程度と高価なため、貧しい国や人々にネット環境が提供出来ていないからです。

QLC(Qlink)ではそのような課題を解決するため、世界中で無料のインターネット環境を提供してネット社会の問題も解決しようとしています。

サービスがほぼ完成済み

Qlinkのサービスは2018年1月時点でほぼ完成しており、主にアプリで提供されます。

アプリを通してプラットフォームに登録しているWifiレンタルサービスを探し出し、通信環境のない所でも自由にWifiを利用することが出来ます。

外出先でモバイルルーターやフリーWifiを探してうろうろ歩き回る…なんてことがなくなるわけですね。

ICOの中ではプロダクトの完成目処が立たずに頓挫するケースもありますが、こちらの動画を見る限りその心配は低いでしょう。

Wi-Fiのシェアリングサービス

Qlinkの特徴はなんと言ってもWi-Fiのシェアリングサービスです。

Wi-Fiやルーターを所有している人はコンビニやカフェと同じようにアクセススポットを設置することが出来るので、何もしなくても利用者が近くでサービスを利用して報酬を渡してくれます。

その報酬として貰える対価が「QLC」のトークンになります。

QLCトークンは取引所でお金に変えることはもちろん、サービス内の通貨として自分がQlinkを通してWifiを利用する際にも使用できます。

コンテンツ配信が可能

YoutubeやNetflixなど動画配信サービスなどコンテンツを抱えている企業はQlinkで販売されているモバイルデータに課金することで他のQlinkを利用しているユーザーに無料でコンテンツを配信出来ます

例えば、期間限定のPVや映画の無料配信などを登録することでユーザーが閲覧し、それがプラットフォーム内やSNSなどで共有されることでコンテンツ配信者もユーザーも一挙両得という恩恵を得ることが出来ます。

SMSメールの問題も解消

日本ではあまり利用されていませんが、海外ではメールやラインなどで連絡を取らず、電話番号を使用したSMSでのメッセージのやり取りが主流になっています。

しかし、SMSのやり取りは電話番号を使って行うため通信料金がかかってしまいます。

SMSに対応していないプランでは多額の手数料がかかってしまいますが、Qlinkを利用することでPR用のメッセージを安く配信することが出来ます。

またメンバー管理なども出来るので、効率的なマーケティングツールとしても役立ちます。

QLC(Qlink)の基本情報

通貨名 QLC
公開日 2017年12月6日
最大発行枚数 6億QLC
公式サイト https://qlink.mobi/
ホワイトペーパー こちら

QLC(Qlink)のチャート



Binance上場直後に高騰していますが、調整が入っています。

今後の値動きに期待が高まります。

QLCの将来性・今後

経験豊富なCEOとコネが期待できる

QLC(Qlink)のCEOアレンリー氏は世界100カ国以上でWi-Fiを提供している「You You Mobile」の創始者です。

そのため、既に事業立ち上げから成功までの経験があり世界中の通信事業者とのコネクションもあります。

また、出資者には中国版アマゾンとして有名な超大手EC会社のアリババグループがいます。

アドバイザーにはアリババを共同設立したShihuang Xie氏もいることから、プロジェクトの成功確率を高めてくれる人材とコネが揃っている事がわかります。

競合プロジェクトが存在する

世界中で使えるフリーWi-Fiを提供することを目指しているプロジェクトは他にも存在します。同じくICOを行った「World Wifi」ソフトバンクユーザーに馴染み深い「FON」などがあります。

World Wifiについて

World WifiはWorld Wi-Fi(ワールドワイファイ)は世界中でインターネット環境を提供するためにフリーWifiをどこでも利用できるプラットフォーム作りを目指したプロジェクトです。

QLinkと比較すると、ルーター提供者と広告主で金銭のやり取りが完結しているのでインターネットユーザーが報酬を支払う必要がありません。

しかし、2018年2月にICOを行ったばかりで、今後の事業展開などはまだまだ先になります。

そのため「プロジェクトを先に進めている」という部分で大きく勝っています。

World Wi-Fiプラットフォームでは、広告主に報酬を支払ってもらうことで無料での利用が可能になっています。

QlinkのCEOは2012年にYou You MobileというWi-Fiレンタル会社を経営していた優秀な経験者ですが、同等に創業経験のあるWorld Wi-Fiとはノウハウは五分五分でしょう。

【ICO】仮想通貨World Wi-Fi(ワールドワイファイ)とは?特徴や将来性・買い方やICOの参加方法
世界中でFree-Wifiを展開するICO「World Wi-Fi(ワールドワイファイ)」に関す...

Fonについて

Fonは2005年からWi-Fiコミュニティを作っているプロジェクトです。

FONから提供される専用ルーターを設置することで、相互に回線を利用できる権限を持てるようになります。

ソフトバンクとの提携をしており、FON専用ルーターを設置している店舗であればどこでもフリーWi-Fiが使える環境が整っています。

QLinkと比較すると、専用のルーターが必要になるため参入のハードルが高く、Fonの運営会社が潰れてしまうと全てのルーターが機能しなくなってしまうデメリットがあります。

しかし、昔から運営しているという実績は信頼感が厚く、既に150カ国2000万ヶ所以上の場所で利用が可能になっており、今後も数字を伸ばしていく予定です。

QLinkはソフトバンク並の大型企業との提携をし、Fonの成長スピードを追い抜く必要性があるといえるでしょう。

2018年以降のロードマップ

  • 2018年1Q:SMS&Wi-Fi製品の発売、P2PプロトコルのSDKを起動、PFSとの統合、Wi-Fi課金スマート契約
  • 2018年2Q:SMS / Wi-Fi SDKの公開、コンテンツ配信MVPを公開する、モバイルデータ請求スマート契約を開始する
  • 2018年3Q:クロスチェーンプロトコル公開、ウォレットの試用版公開、Qlinkチェーンスマート契約APIを公開
  • 2018年4Q:自動車メーカーと協力し基地打ち上げ、通信資産をQlinkチェーンに登録する、仮想通信事業者と連携

事業提携の予定や開発に関するロードマップが詳細に記載されており、順調にサービスの使い道が広がりそうです。

Binanceに上場済み

QLC(Qlink)は既に全世界取引高ナンバーワンの「Binance」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

QLC(Qlink)の取引所・買い方

※QLCは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

QLCを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでQLCを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

QLC(Qlink)の口コミ・評判

QLC(Qlink)の公式ツイッター

https://twitter.com/QlinkMobi/status/978193694175080448

QLC(Qlink)は買うべき?

QLCですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

QLCの評価

プロダクトの将来性 (4/5)
時価総額の安さ (3/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (2/5)
総合評価  (3/5)

ネット利用者はスマホの普及でとてもニーズが高く、需要の高いビジネスになります。

プロダクトの将来性はかなり期待できますが、他にも競合他社がいるのでそこで生き残っていくことが出来るかが重要になります。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

よろしければシェアをお願いします