仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨POA(POA Network)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 651

仮想通貨「POA(POA Network)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

POA(POA Network)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

POA(POA Network)とは


POA(POA Network)はイーサリアムのサイドチェーンを使用したスピード、セキュリティ、コスト効率に優れたプラットフォームです。

イーサリアムをベースとして作られているので、スマートコントラクトDAppsの仕組みを持っているのも特徴です。

POAの特徴は以下の通りです。

  • スマートコントラクトとDAppsを持つ
  • POAを使用してサービス開発が可能
  • バリデーターがネットワークを支える

POAネットワークは、Proof of Authority(PoA)という仕組みによって支えられています。

これは従来のブロックチェーン上で行われているマイナーが取引を承認する仕組みと違い、新しいブロックを作成してブロックチェーンを保護する一連の「権限」を使用する仕組みです。

この権限を行使、検証する人物は「バリデーター」と言われており、POAネットワークを支える役目を担っています。

バリデーターはネットワークにおいて重要な役目であるため、身元や住所、犯罪記録の有無などを厳重に調べた上で採用されています。

ですので、バリデーターの情報や住所は以下のページで全てネット上に公開されており、安全性が約束されています。

https://core-validators.poa.network/

このバリデーターは「Master of Ceremony」と言われるネットワークの創始者メンバーによって12個の初期キーを配布して、ネットワークの保持にあたります。

POAコアネットワークは、PoAベースのプロトコル、このプロトコルのルールに従ってブロックを保護するバリデータ、およびネットワーク機能を有効にするDAppで構成されています。

コアネットワークは、独自のネイティブコインを持つ独立したチェーンです。

POAネットワークでは、個人によるコンセンサスがブロックチェーンの実現可能なビジネスモデルであるというケースを作り上げています。

POA(POA Network)の基本情報

通貨名POA
公開日2017年
最大発行枚数252,460,800 POA
公式サイトhttps://poa.network
ホワイトペーパーこちら

POA(POA Network)のチャート



Binance上場直後に高騰していますが、調整が入っています。

今後の値動きに期待が高まります。

POAの将来性・今後

2018年のロードマップ

公式サイトでは2018年までのロードマップが公開されています。

  • 2017年4月:プロジェクトと初のバリデーター誕生
  • 2017年5月:NotaryCoinはOracles Networkに改名。2017 Hackathonを獲得。
  • 2017年8月:12個の独立したバリデータでテストネット立ち上げ
  • 2017年9月:ウィザードを使用してトークンセールスを公開
  • 2017年10月11日:最新のクロスチェーンTGEのためのパリティブリッジと統合されたトークンウィザード
  • 2017年12月:POAネットワークメインネットの立ち上げ
  • 2018年1月:ブロックチェーンのスケーラビリティ拡張
  • 2018年前半:複数のPoAベースネットワークによるDApp接続
  • 2018年後半:複数のPoAネットワーク接続されたプラットフォームに

Binanceに上場済み

POA(POA Network)は既に全世界取引高ナンバーワンの「Binance」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の仮想通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

POA(POA Network)の取引所・買い方

※POAは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceはおすすめです。

POAを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでPOAを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

POA(POA Network)の口コミ・評判

POA(POA Network)の公式ツイッター

POA(POA Network)は買うべき?

POAですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

POAの評価

プロダクトの将来性(4/5)
時価総額の安さ(5/5)
単価の安さ(5/5)
取引所の少なさ(4/5)
コミュニティの人気度(3/5)
総合評価 (4/5)

日本での認知はまだまだですが、ICOのプレセールでは即完売するほどの人気があった通貨です。

ポテンシャルの高さは間違いないので、ICOの頃から持っている人は数倍に化ける可能性を秘めています。

バリデーターという仕組みが特徴的ですが、中央集権的な仕組みになっていないかは気になるところですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします