不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨XVG(Verge)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

匿名機能に特化した仮想通貨「XVG(Verge/バージ)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方について紹介しています。

XVG(Verge)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
コインチェック 公式HP
マネックス運営の最大手取引所!
口座開設+取引で最大20,000円プレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大16000円ゲットのチャンス!

XVG(Verge)とは

XVG(Verge)はTori2Pと言われるプライバシー保護のネットワークを複数使用した、安全でセキュリティレベルの高い匿名通貨です。

通常、ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーン上に取引記録がすべて記録されて公開されています。

そのため、取引の透明性の高さが売りの1つとなっていますが、匿名通貨ではこの取引記録を隠すことが出来ます。

XVGの特徴は以下のとおりです。

  • Torとi2Pを使用した匿名通貨
  • IPアドレスも匿名化出来る
  • 匿名機能のオンオフ機能

匿名通貨ではDASHやMoneroZcashなど様々なものが既にあります。

これらは似た機能を搭載しているため3兄弟のような存在ですが、XVGは独立した機能を持っています。

それは取引情報だけでなく、IPアドレスと言われる送金者の情報も隠すことが出来ます。

従来の匿名機能を持った通貨では、取引内容は隠せても誰が送ったのかは丸見えだったのです。

強力な匿名機能に加えて、レイスプロトコルという独自システムも開発しています。

これを利用することにより、匿名機能のオンオフもスイッチを切り替えるように簡単にできるのも大きな特徴の一つです。(詳しくは後述)

レイスプロトコルの仕組みについて

レイスプロトコルとはどのような機能を持ったものなのか、こちらの図で分かりやすく解説されています。

企業間の商取引や機密情報の取り扱いなど、ビジネスシーンでも匿名機能はとても役立ちます。

例えば、まだ公にできない企業間取引や従業員の給与支払いや発注など、競合会社に見せることが出来ない情報は匿名化が必要不可欠です。

また大金を送金する場合、ハッカーがそれを監視していた場合誰が大金を持っているか特定できてしまう危険もあります。

送金アドレスと個人情報が紐づくと考えると、大金を持っている人が事件に巻き込まれる危険性もあります。

匿名化出来るということは強いては身の安全を守ることにもつながるのです。

XVGは送金情報を匿名化出来るという大きな特徴を持っていますが、レイスプロトコルを使用することで「匿名送金/オープン送金」を切り替えることが出来ます。

「普段使いに向いているプライバシーコイン」というXVGの理念を象徴している機能と言えるでしょう。

XSHという派生コインがある

XVGの機能をベースに開発されたXSH(SHIELD)という仮想通貨もあります。

仮想通貨XSH(SHIELD)とは?特徴や将来性・取引所での買い方
Verge(XVG)から派生した仮想通貨「SHIELD(XSH/シールド)」に関する特徴や将来性...

勘違いされがちですが、ハードフォークによって生まれたものではなく派生コインなので、弟分のような存在です。

これは同等の匿名化機能を持っており、量子コンピューターの処理性能を持ってしてもハッキングされない量子耐性機能の実装を予定しています。

XVG(Verge)の基本情報

通貨名 XVG
公開日 2016年2月
最大発行枚数 165.55億枚
ブロックシステム PoW
公式サイト https://vergecurrency.com/
ホワイトペーパー こちら

XVG(Verge)のチャート



発行枚数が多いため、公開直後は1円前後を推移していましたが、2017年12月に30円近い価格まで上昇しています。

その後、2017年1月にレイス実装で一時的に価格が上昇しています。

2018年4月には51%攻撃など脆弱性の問題が露呈し一時的に価格が下落しましたが、72時間以内にこの問題を解決したことを報告しました。

それに合わせて4月17日に海外の大手アダルトサイト「Pornhub」とパートナーシップを発表するということで、価格が乱高下しました。(後述)

XVG(Verge)の将来性・今後

短期間で急激に価値が上昇したポテンシャル

XVG(Verge)は公開当初、発行枚数の多さから1枚0.0008円という超安価で取引されていました。

草コイン並の価格でしたが、当時はDASHやMoneroなどの暗号通貨はまだ不安な部分が多く、注目されていませんでした。

XVGは全て匿名化出来るという特徴から暗号通貨の中でも群を抜いて期待されました。

そのため、約1年間で約30000倍という驚愕の成長率を叩き出しています。

公開当初に1万円分買っていたら3億円に化けていたわけですね…。

その成長率の高さから注目度は抜群の仮想通貨です。

マカフィー砲も受けた注目の暗号通貨

プライバシーコイン(匿名取引)が最も大きな将来を握ることがわかります。 Monero(XMR)、Verge(XVG)、Zcash(ZEC)などのコインは失われません。

マカフィー砲とはあの有名なアンチウイルスソフトを販売している「マカフィー」の社長ジョン・マカフィー氏による「期待できる仮想通貨のピックアップツイート」です。

XVGはその対象となっており、MoneroやZcashもその中に含まれていました。

具体的な理由はありませんが、あのマカフィー氏がプライバシーコイン(匿名通貨)を期待しているというだけでも支持する理由になりえる訳です。

FUDによる不評の煽りを受けている

FUD とは、不安(Fear)、不確実(Uncertainty)、不信(Doubt)という意味です。例えばXVGが高騰することで不利益につながる人物による意図的な悪評を流す、アンチ・マーケティング行為です。

レイスプロトコル実装遅延によるScam(詐欺)疑惑

FUDの一番最初のきっかけになった出来事です。

当初レイスプロトコルの実装は2017年中を予定されていましたが、2017年11月になっても実装の具体的な発表はありませんでした。

そのため「実装されない機能で買い煽りをしている」というScam疑惑が出てきました。

しかし、12月になってようやく「もうじき実装予定です」と発表があり、年が明け…2018年1月1日に実装されました。

実装されたのは間違いないのでScam疑惑は嘘ですが、ホルダーたち全員に不信感を与えました。

レイトプロトコルのIPが漏洩している噂

レイトプロトコルでは匿名機能のON/OFFを切り替えることが出来ますが、そこで使われるIPアドレスが漏れているのでは?という噂がありました。

IPアドレスが漏れていれば利用者の位置が特定される恐れがあるので、暗号通貨としては重大な欠点になります。

ソースであるBTCNは信頼できる情報源でもあったため、ホルダーたちにかなり動揺が走りました。

もちろん嘘です。

動画付きで疑惑の漏洩IPアドレスと言われる文字列を解説したものもありましたが「トランザクションIDなのでは?」と言われています。

きちんと送金のたびにランダムなIPアドレスが発行されています。

公認キャラ「バージリスク」は吉か凶か

XVGには「バージリスク」というトカゲ?をイメージした爬虫類のイメージキャラクターが居ます。

イラストも可愛らしく、そのギャップとしておじさん臭い人間味のあるキャラクターが特徴です。

マーケティングや広報としてはとてもキャッチーな存在ですが、公式Twitterの運用に疑問があります。

シモネタなのかよく分からない自動ツイートBOT状態ですね…。

プロダクトの進捗やXVGに関する情報共有などはほとんどありません。

動きがない場合も何かしらホルダーにいいニュースを届けるのが広報の役目だと思うのですが。

仮想通貨バブルが一段落した2018年2月のツイートはこの有様です。

現時点で3500フォロワーもいるのですが、このような運用体制が公式という時点でマーケティング部分に不安が残りますね。

デザインやキャラクターに力を入れているので、中の人の問題と言ってしまえばそうかもしれませんがこれを公認化している時点で違和感です。

それに比べたらXVGをベースに開発されたXSH(SHIELD)のイメージキャラクター「シエル」は手動で情報をきちんと拾ってる丁寧さです。

大手アダルトサイトPornhubとの提携

2018年4月17日には予告していた大型パートナーシップの発表がありました。

それは海外の大手アダルトサイト「Pornhub」の有料会員向けの決済手段としてのXVGの導入です。

1日1億人ものユーザーが利用しており、1ヶ月10億回以上もの動画再生を誇る男性に人気のサービスですが…ホルダーとしては複雑な心境だったようです。

アダルトサイトへの支払いは知られたいものではありません。そのためXVGの匿名性を活かした決済というのは理想的でもありますが、少しアンダーグラウンドな使用方法でもあります。

パートナーシップ予告で大きく価格を上げていましたが、発表後は期待上げ事実売りで大きく乱高下しています。

暗号通貨の期待の高さ

匿名性の高い暗号通貨は投資家たちから資産保護の観点でとても人気が高いです。

XVGも同じように投資家たちの注目を集めていますが、他の通貨とどのように差別化を行っていくかが重要になりそうです。

暗号通貨は資金の移動が匿名化されることによってマネーロンダリングや資金の悪用につながる可能性も否定できず、一部では政府からの規制の噂もあります。

XVGに限らず、暗号通貨関連の銘柄は国の法律によって規制を受けるのかどうかが大きなポイントになりそうです。

XVG(Verge)の取引所・買い方

※XVGは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinanceがおすすめです。

XVGを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでXVGを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のDMMBitcoinがおすすめです。

XVG(Verge)を一番安く買える取引所

【最安価】XVG(Verge)の取引手数料が一番安い取引所はどこ?お得に買える理由を徹底比較
仮想通貨XVG(Verge)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれば最安価で買...

XVG(Verge)の口コミ・評判

XVG(Verge)の公式ツイッター

XVG(Verge)は買うべき?

XVGですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

XVGの評価

プロダクトの将来性 (3/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (3/5)
総合評価  (3/5)

匿名機能のオンオフが出来る性能の高さは暗号通貨の中でも期待できそうです。

しかし、マーケティングへの不安と高騰した瞬間にFUDの影響ですぐに下落する不安定な値動きが続けばホルダーたちにも影響が出てくるでしょう。

開発だけでなく、投資家たちへの誠実な呼びかけやロードマップの提示が必要だと思います。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします