仮想通貨の始め方完全マニュアル

【仮想通貨】取引所の偽サイトに注意!フィッシング詐欺に引っかからない対策方法

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 354

現在仮想通貨のブームに乗じて、海外の悪質なハッカーなどが個人情報や取引所のログイン情報を抜き取るために、フィッシング詐欺を行っています。

初心者だけでなく、パソコンに詳しい人でも引っかかってしまう巧妙で悪質なURLフィッシング詐欺に引っかからないようにする対策方法を紹介します。




海外取引所のフィッシングサイトに注意

取引所のフィッシング詐欺の手口

  1. 取引所に似たコピーサイトを作る
  2. 広告などで検索の先頭に表示させる
  3. ログイン情報を入れるとそれを抜き取る
  4. 二段階認証情報も抜き取れる
  5. その情報を利用して不正ログイン
  6. 預けている資産を全て外部に送金

このようにフィッシング詐欺をするハッカーは本物そっくりの偽サイトを作って、取引所に検索で訪れる人を狙っています。

ログイン情報を入れてしまうと、その情報だけ抜き取られ、自動的に本物の取引所に1分程度でハッキングを行います。

HitBTCのフィッシング詐欺URL

2018年2月15日頃に発覚したものです。

海外取引所の「HitBTC」のURLの「b」部分の下に極小の点がついているのが見られます。

点がついている方が偽物で、個人情報を抜くために作られたフィッシング詐欺サイトです。

Binanceのフィッシング詐欺URL

2018年2月19日頃に発覚したものです。

こちらも同じ手口でURLの「n」部分の下に極小の点がついているのが見られます。

現在発覚している取引所は2つのみですが、他にもある可能性は高いです。

フィッシング詐欺に引っかかった時の対策

自身がフィッシング詐欺に引っかかってしまった場合、1,2分以内に気付いた場合は残高を確認する前に、すぐ以下の手順を進めて下さい。

  1. 設定画面からパスワードの変更
  2. 二段階認証の認証し直し

残高を確認している間にもハッカーや機械で自動的にハッキングが行われる場合があります。

二段階認証やログインパスワードが変われば、ハッカーたちの侵入を防げる可能性があります。

フィッシング詐欺を防ぐための対策

フィッシング詐欺に引っかかってしまう人は検索から取引所にアクセスしている人たちのみです。

Google検索などは、検索するとリスティング広告と言われる広告が上部に掲載されています。

これらは公式サイト以外でも広告が出せるようになっているため、悪質なアフィリエイトリンクやフィッシング詐欺会社が広告を出している可能性があります。

この検索結果でも一番上は悪質なアフィリエイトリンクがついていました。

フィッシング詐欺に引っかからないようにするためには「広告」とラベルの付いたリンクを踏まないようにしましょう。

未然に防ぐためには、正しい取引所URLをブックマークしてきましょう。

以下に有名な取引所のトップページのURLを掲載しているので、こちらからブックマークに追加して下さい。

(アフィリンクなどは付いていません)

国内取引所の正しいURL

海外取引所の正しいURL




安心安全!
ビットコインを買うなら
ビットフライヤー

bitFlyer

  • 初心者向けの取引所
  • 日本円で仮想通貨が買える
  • 資産管理が厳重で安全

取引手数料が無料!
お得な取引所Zaif

Zaifの登録

  • 買える仮想通貨の種類が多い
  • 取引手数料が返ってくる
  • お得な積立投資が出来る

よろしければシェアをお願いします