不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【Binance】バイナンスの評判と特徴は?手数料や安全性・基本情報を徹底解説

よろしければシェアをお願いします

海外取引所「Binance」(バイナンス)の特徴や手数料、安全性、メリット・デメリット、口コミや評判を集めてみました。

利用者たちの声を聞いて、Binanceは安全なのか、どのような点が人気で評判が良いのか、もしくはどのような点が不便で悪い評判があるのか、長所と短所を紹介しています。

ぜひ新規登録する前の参考にしてください。

『バイナンス(Binance)』の登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方まで完全ガイド!
中国の仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の新規登録方法や二段階認証の設定や入金、出金...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

Binance(バイナンス)の基本情報

運営会社 BINANCE
代表取締役CEO Changpeng Zhao
(チャオ・チャンコン)
設立 2017年7月
取扱通貨 BTC、BCHETH
ETCLTCLSKなど
(約150種類以上)
セキュリテイ 2段階認証ログイン
常時監視態勢
現物取引手数料 0.1%
(BNB建てで割引)
先物取引/手数料 なし/なし
信用取引/手数料 なし/なし
日本円出金手数料 対応していない
BTC出金手数料 0.0005BTC
アルトコイン
出金手数料
通貨により変動
(手数料一覧)
入金方法 外部入金のみ
日本語対応 なし
API あり

Binance(バイナンス)とは

binance
Binanceの評価

取り扱い通貨 (5/5)
使いやすさ (4/5)
手数料 (5/5)
安心度 (5/5)
登録しやすさ (5/5)
  • 取扱仮想通貨は200種類以上!
  • 草コインを多く取り扱っている
  • 全世界取引高ナンバーワン

全世界ナンバーワンの海外取引所

全世界ナンバーワンの取引高を誇る最大手の海外取引所で、セキュリティレベルも高い信頼できる実績を挙げています。

Binance(バイナンス)では180種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

日本で買うことのできない銘柄を買うことができ、草コインなど稼げるチャンスを確実につかむことが出来ます。

代表取締役CEOについて

Binance(バイナンス)の代表取締役CEOは「Changpeng Zhao(チャオ・チャンコン)」氏です。

モントリオールのマギル大学でコンピュータサイエンスを学んだジャオは、ソフトウェアエンジニアとして東京証券取引所やニューヨーク証券取引所のシステム構築を行った後、ブルームバーグのTradebookのソフトウェア開発部門に勤務した。

その後、27歳でニュージャージーやロンドン、東京のチームのマネージャー職に昇進した彼は2005年に退職。上海で証券取引所向けに超高速取引システムを提供する「フュージョン・システムズ」の設立パートナーを務めた。

そして2013年にポーカー仲間のベンチャー投資家から仮想通貨の存在を知ったジャオは、ビットコインのウォレットを提供する「Blockchain.info」に3番目の社員として参加。開発部門の主任として、ロジャー・バーやBen Reevesといった仮想通貨のエバンジェリストらと交流を深めた。また、取引所の「OKCoin」にもCTOとして1年足らず勤務した。

ジャオは自身の仮想通貨ビジネスを立ち上げるにあたり、当初は法定通貨との交換業務を含まない純粋な仮想通貨取引所を開設しようと思っていた。それにより、政府や規制当局との煩雑なやり取りを避けられるとの考えがあったからだ。

世界最大の仮想通貨取引所「バイナンス」創業者、41歳の人生 – Forbes

証券会社のシステムエンジニアとして経験を積み、ブロックチェーンや仮想通貨に関連する会社でのキャリアも長いです。

バイナンスのCEOを務める以前にはOKcoinという取引所での勤務経歴も持っています。

独自トークン「BNB」を発行している

バイナンス(Binance)は独自の取引所トークンである「BNB」を発行しています。

BNB(バイナンスコイン)は2017年7月1日にBinanceがICOを行ったイーサリアム(ERC20)をベースに開発された独自トークンです。

「四半期ごとの運営の買い戻し」「手数料割引」「Binance Launchpadの参加」などバイナンスを利用する上でも様々なメリットがあります。

2017年には1枚=約11円でしたが、2018年には24ドル(約2,600円)という240倍まで高騰した記録を残しています。

バイナンスで基軸通貨としても採用されており、今後もこの地位を維持し続ける限り、トークンの価格も大きく上がっていくでしょう。

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)とは?特徴や将来性・取引所での買い方
Binanceが発行している取引所トークン仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」に関する特徴や将...

BNB支払いで手数料がお得になる

BNBを保有しておくことで、取引の際に発生する手数料の支払いをBNBで代わりに行うことが出来ます。

その際に、通常発生する0.1%の手数料がさらに割り引かれます。

BNBを使うことで「手数料が半額になる!」と話題になっていますが、この割引率は5年掛けて低くなっていくことを予定しています。

  • 1年目(2018年)割引率:50%
  • 2年目(2019年)割引率:25%
  • 3年目(2020年)割引率:12.5%
  • 4年目(2021年)割引率:6.75%
  • 5年目(2022年)割引率:0%

ですが元々の手数料も他取引所と比べてもトップクラスに安く、リスクなしでお得になるのでBNBによる手数料支払をおすすめします。

BNB投票で上場通貨の選定を行っている

バイナンスでは月1回程度、BNBによる上場通貨の投票を行っています。

投票に必要なのは基本的に0.1BNB(約100円)です。

リサーチチームは常に上場できる通貨を調査していますが、それに加えて「ユーザーが何を求めているのか」を気にしています。

投票システムを採用することで上場する通貨の優先順位を付け、投票によるユーザー集めも同時に行っています。

BNB投票を検討している方はこちらの記事を参考にして下さい。

海外取引所Binance(バイナンス)で新規上場通貨にBNB投票をする手順とやり方
Binance(バイナンス)では新規上場通貨を決めるためのユーザー投票が定期的に開催されています...

ハードフォークへの対応がしっかりしている

バイナンスはコインがハードフォークによって分岐した際に、分岐先の通貨を付与してくれるというメリットがあります。

有名な事例ではビットコインのハードフォークで誕生したBCH(ビットコインキャッシュ)でしょう。

ビットコインをバイナンスに預けているユーザーには一定の割合でビットコインキャッシュが配布されました。

その後、ほとんどの取引所が対応していないビットコインゴールドのハードフォーク対応も行っていました。

1:1の割合で配布されるとしたらかなり美味しい話ですよね。

国内外問わずハードフォークへの対応がしっかりとしているため、ハードフォーク予定のあるコインは基本的にバイナンスに預けておくのが主流になっています。

クレジットカード決済に対応

バイナンス公式から1月31日に「VISA、MASTERのクレジットカード・デビットカードによる4種類の仮想通貨の購入に対応した」と発表がありました。

1回の利用につき3.5%の手数料、もしくは10USDの高い方が選ばれます。

既にクレジットカード決済に対応しているChangellyCoinmamaなどは利用手数料に5%取られてしまうので比較するとかなりお得ですね。

Binance(バイナンス)がクレジットカード決済に対応!日本でも仮想通貨をクレカで買える?
中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が1月31日に、クレジットカード決済による仮...

中国の規制の心配はなし

バイナンスは香港発の取引所ということもあり、一部では中国のICO規制など国のルールで閉鎖されるリスクが心配されています。

しかし、香港と中国の関係性では中国の規制や政治ルールは影響することはありません

そのためICO規制の影響もなく、事業停止の心配もありません。

仮に香港にも影響が及ぶとしても、2018年以降はカマルアイランドに本社を移す予定なので問題ありません。

Binance(バイナンス)の取扱通貨一覧

Binanceでは約180種類以上の取扱通貨があります。

国内取引所ではコインチェックの13種類が最大なので、圧倒的に多いことが分かりますね。

有名な通貨をいくつか紹介していきます。

このように主要な仮想通貨を一通り揃えているため、国内取引所に登録を済ませているけど「もっといろんな通貨を買ってみたい!」という方におすすめです。

日本円には対応していないので基軸通貨であるビットコインやイーサリアムを国内取引所で購入してから送金しましょう。

【仮想通貨】国内取引所からバイナンスや海外取引所に送金・出金するやり方と手順
仮想通貨を始めるためにはまず日本円で買える国内取引所の登録が必須になりますが、取り扱っている仮想...

全取扱通貨を確認したい方は以下の公式サイトから確認出来ます。

Binance(バイナンス)の特徴と評判

  • 香港発の会社が運営している
  • 180種類以上の取扱通貨
  • 全世界取引高ナンバーワン
  • 独自トークンBNBを発行している
  • ハードフォーク対応がしっかりしている
  • トップクラスに安い取引手数料
  • セキュリティの高さが安心できる
  • ビットコインの取引が可能
  • スマホからの取引が可能
  • クレジットカード決済に対応
  • 独自ブロックチェーンの開発
  • Binance DEXの開発
  • 複数のプロダクトを公開している

Binance(バイナンス)のメリットの評判

  • 180種類以上の取扱通貨
  • 全世界取引高ナンバーワン
  • 独自トークンBNBを発行している
  • ハードフォーク対応がしっかりしている
  • トップクラスに安い取引手数料
  • セキュリティの高さが安心できる
  • スマホからの取引が可能
  • 仮想通貨をクレジットカードで購入出来る
  • 独自ブロックチェーンの開発
  • Binance DEXの開発
  • 複数のプロダクトを公開している

スマホアプリが出ている

バイナンスはスマホからアクセスすると取引画面が最適化されており、多くの通貨を取り扱っているので、チャートの確認にも使えます。

またスマホアプリも出ており、外出先でも気軽に取引することが出来ます。

仮想通貨をクレジットカードで購入出来る

バイナンス公式から1月31日に「VISA、MASTERのクレジットカード・デビットカードによる4種類の仮想通貨の購入に対応した」と発表がありました。

クレジットカードで購入出来るようになった通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

クレジットカード決済をしてからおよそ10分~30分以内にウォレットに入金されるようです。

1回の利用につき3.5%の手数料、もしくは10USDの高い方が選ばれます。

既にクレジットカード決済に対応しているChangellyCoinmamaなどは利用手数料に5%取られてしまうので比較するとかなりお得ですね。

Binance(バイナンス)がクレジットカード決済に対応!日本でも仮想通貨をクレカで買える?
中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が1月31日に、クレジットカード決済による仮...

独自ブロックチェーン・DEXの開発

Binanceは独自ブロックチェーン「Binance Chain(バイナンスチェーン)」の開発を進めており、将来的にはBNBトークンの価格にも大きく影響があることが予想されます。

2019年2月にはBinance DEXのテスト版がローンチされており、Binanceと同じ使い勝手で利用できるように設計されています。

Binance DEXで出来ること

  • DEXを活用した運営者不在の取引所運営
  • 新規トークンの発行
  • トークンの買い戻し・バーン
  • コミュニティによる新規取引ペアの追加
  • コミュニティが作成した取引ペアでの売買

今後のローンチ情報については、Binance DEXの公式ツイッターをチェックして情報を追いかける事をおすすめします。

複数のプロダクトを公開している

バイナンスは取引所の運営だけでなく、仮想通貨市場・ブロックチェーンビジネスを全般的に手がけています。

  • 仮想通貨取引所
  • バイナンス・アカデミー(Binance Academy)
  • バイナンス・チャリティ(Binance Charity Foundation)
  • バイナンス・インフォ(Binance Info)
  • バイナンス・ラボ(Binance Labs)
  • バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)
  • バイナンス・リサーチ(Binance Research)
  • Trust Wallet(トラスト・ウォレット)

業界の発展への寄与も大きく、他の取引所と比較しても圧倒的な規模感とスピード感でビジネスを推し進めている事がわかりますね。

各プロダクトの詳細についてはこちらを参考にしてください。

Binance(バイナンス)が手がける8つのプロダクトとは?仮想通貨の学習からウォレットまで
中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」では通常の仮想取引所運営だけでなく、様々なプ...

Binance(バイナンス)のデメリットの評判

  • 日本語に対応していない
  • 日本円入金が不可能

日本語に対応していない

バイナンスは2017年まで日本語対応していましたが、日本の金融庁などに認可を受けていない海外取引所なので、日本語翻訳機能が撤回されました。

しかし、Google翻訳による日本語対応をしており、ボタン一つで取引所内のすべての言語を日本語に切り替えることが出来ます。

上メニューの右側にある翻訳ボタンを押して、言語を「日本語」に変更すれば大丈夫です。

Binance(バイナンス)の評判と口コミ

良い評判と口コミ

  • 日本で買えない通貨が買える
  • 草コインが多く揃っている
  • 手数料が安くてお得
  • アプリが使いやすくて便利
  • 創業者が米国紙でも有名

悪い評判と口コミ

  • 取引画面が英語で少し複雑
  • 基本的に英語・中国語対応のみ

英語が苦手な人は抵抗があるかもしれませんが、海外取引所なので日本で買えない通貨が多く揃っており稼げるチャンスを掴むことが出来ます。

Binance(バイナンス)を実際に利用した人の評判

高評価の評判

バイナンスの創設者ジャオ・チャンポンの経歴や資産。エンジニアとしても経営者としても優秀なんだね。
こういった人が活躍すると嬉しくなるね。
2017年7月に設立して2018年2月にフォーブス米国版の表紙ってΣ(゚Д゚)すげぇ!
バイナンスには優秀なシステムエンジニアがいることがわかりました。
東証のシステムレベルに復旧が早い。
バイナンスが専用アプリでも完成度高めてきて、いよいよ競合他社を残らず殲滅するぞ感がすごい。
口座開設速い
セキュリティ高い
アプリが優秀
PCウェブ版も使いやすい
スマホサイトも使いやすい
取り扱い銘柄多い
手数料がめちゃくちゃ安い
いやもうここに勝つの無理やろという。

低評価の評判

バイナンスのチャートは、ラインが引けないから不便だ。その点ビットレの方が使いやすい。
英語が読めなくてバイナンスめちゃ使いにくいです…。゚(つД`)゚。
頭悪いの辛い…

Binance(バイナンス)の安全性の評判

Binance(バイナンス)は海外取引所の中でもダントツに信頼できる企業です。

世界一の取引高を持っているという実績だけでなく、セキュリティレベル向上への意識も高いです。

常に取引の監視を行っているため、ハッキング攻撃を受けても即対応出来る安心感があります。

Binance(バイナンス)の手数料の評判

入金・出金・送金手数料

日本円入金手数料 対応なし
仮想通貨入金手数料 無料
日本円出金手数料 対応なし
BTC出金手数料 0.0005BTC
アルトコイン
出金・送金手数料
通貨によって変動

出金手数料は海外取引所の中でも特に安い価格を実現しており、ビットコインの出金手数料はもちろん、アルトコインの出金手数料も安く抑えられています。

一部の海外取引所では、かなり高い出金手数料を請求することで、簡単に資金を移動させない悪質なところもありますが、Binanceでは良心的な価格に設定されています。

現物・先物・信用取引手数料

BTC取引手数料 0.1%
(BNB建てで割引)
アルトコイン
売買手数料
0.1%
(BNB建てで割引)
先物取引/手数料 対応なし
信用取引/手数料 対応なし

現物の取引手数料も海外取引所の中ではトップクラスに安い価格を実現しています。

0.1%の取引手数料しかかからず、取引所が発行している独自の通貨「BNB」を購入しておけば、それを手数料代わりに消費して取引手数料を更に割引することが出来ます。

こうすることで海外取引所で一番安い取引手数料で利用することが可能になっています。

通貨ごとの取引手数料(一部)

通貨名 手数量
BTC 0.0005 BTC
BNB 0.4 BNB
NEO 0 NEO
LTC 0.01 LTC
BCH 0.001 BCC
ETH 0.01 ETH
EOS 0.8 EOS
OMG 0.33 OMG
TRX 122 TRX
XVG 0.1 XVG
IOTA 0.5 IOTA
VEN 1 VEN
ZEC 0.005 ZEC
LSK 0.1 LSK
ADA 1 ADA

バイナンスの取引手数料は基本的に0.1%になっています。

BNB建てで取引できる通貨の場合、半額の0.05%の手数料で取引が可能です。

スプレッドなども無くBittrexの0.25%、Poloniexの0.15%と比べても海外取引所の中でも格安で通貨を買うことが出来ます。

全通貨の詳細な取引手数料についてはこちらを参考にして下さい。

Fee Structure on Binance

Binance(バイナンス)のセキュリティの評判

Binance(バイナンス)は海外取引所という声もあり、セキュリティに不安があるという声もありますが、海外取引所の中ではトップクラスにしっかりしています。

  • 2段階認証を採用
  • SSL対応
  • アカウントロック機能
  • 本人確認必須
  • 常時監視態勢
  • DDoS対策

海外取引所の中では二段階認証すらない取引所もある中で、バイナンスはハッキング対策に常時監視を行いセキュリティ対策に努めています。

取引高が高くシステムの負担が高いため、世界最大の取引プラットフォームになれるよう、毎秒5GBものデータを処理できるように設計されています。

そのため取引が集中してもサーバーダウンすることがありません。

ハッキングなど悪意のある攻撃への対策を完璧なまでに行っており、24時間365日いつでも監視を行い万全の体制を取っています。

基本的にはハッキングのリスクは少なく、大事になる事はほぼないでしょう。

フィッシング詐欺の踏み台にされたことがある

バイナンスといえば2018年3月にフィッシング詐欺で悪用された事件がありました。

これは検索すると出てくる広告を利用した詐欺広告にアクセスした人が対象になったものです。

よく見るとURLの下に小さな点がついており、バイナンスとは別の悪質なコピーサイトということが分かります。

パット見では気づくことは出来ませんが、公式サイト以外でも広告が出せるようになっているため、悪質なアフィリエイトリンクやフィッシング詐欺会社が広告を出しているものに引っかかるユーザーを対象にしています。

この検索結果でも一番上は悪質なアフィリエイトリンクがついていました。

フィッシング詐欺に引っかからないようにするためには「広告」とラベルの付いたリンクを踏まないようにしましょう。

未然に防ぐためには、正しい取引所URLをブックマークしてきましょう。

仮想通貨取引所の偽サイトに注意!フィッシング詐欺に引っかからない対策方法
現在仮想通貨のブームに乗じて、海外の悪質なハッカーなどが個人情報や取引所のログイン情報を抜き取る...

一部ではバイナンス側がハッキングされてフィッシング詐欺を行ったと誤解している方もいますがそれは間違いです。

被害にあった人はこの広告を踏み、ログイン情報を入力してしまった人です。

ハッカーがそのログイン情報を利用して、バイナンス側に不正アクセスしたためシステム側ではなく、利用者側の問題と言えるでしょう。

しかし、バイナンスは事件後速攻で犯人のアカウントを停止し、顧客へ資金を返却。25万ドルもの賞金をかけて犯人の指名手配を行っている徹底ぶりです。

これを見ると、いかにバイナンスがセキュリティ意識が高いか分かりますね。

Binance(バイナンス)の新規登録・口座開設

新規登録・口座開設は下記から始めることが出来ます。

binance

詳しい新規登録までの流れや売買方法、使い方などは下記の記事を参考にして下さい。

『バイナンス(Binance)』の登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方まで完全ガイド!
中国の仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」の新規登録方法や二段階認証の設定や入金、出金...

海外取引所なので基本的に英語の案内に従って登録することになりますが、自動的に案内されるので、難しい手順などは特にありません。

日本円などの法定通貨には対応していないので、まずは国内取引所に登録して、ビットコインやイーサリアムを購入してから送金して下さい。

仮想通貨取引所ランキング | おすすめの国内取引所12社の評価を比較!
テレビやニュースで話題になっているビットコインや仮想通貨を買いたいけど何から初めたらいいのかわか...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします