不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【bitFlyer】ビットフライヤーの評判と特徴は?手数料や安全性・基本情報を徹底解説

よろしければシェアをお願いします

国内取引所「bitFlyer」(ビットフライヤー)の特徴や手数料、安全性、メリット・デメリット、口コミや評判を集めてみました。

利用者たちの声を聞いて、bitFlyerは安全なのか、どのような点が人気で評判が良いのか、もしくはどのような点が不便で悪い評判があるのか、長所と短所を紹介しています。

ぜひ新規登録する前の参考にしてください。

【bitFlyer】ビットフライヤーの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!
国内の仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
コインチェック 公式HP
マネックス運営の最大手取引所!
口座開設+取引で最大20,000円プレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大16000円ゲットのチャンス!

bitFlyer(ビットフライヤー)の基本情報

運営会社 株式会社bitFlyer
代表取締役CEO 平子 惠生
資本金 41億238万円(資本準備金含)
設立 2014年1月9日
仮想通貨
交換業者登録
関東財務局長
第00003号
取扱通貨 BTC、BCHETH
ETCLTCMONALSK
セキュリテイ 2段階認証ログイン
コールドウォレット
マルチシグネチャウォレット
現物取引手数料 0.01%〜0.15%(取引量で変動)
先物取引/手数料 レバレッジ最大15倍/0.04%
信用取引/手数料 レバレッジ最大15倍/0.04%
日本円出金手数料 216円〜756円
BTC出金手数料 0.0005BTC
アルトコイン
出金手数料
通貨によって変動
(手数料一覧)
入金方法 銀行振込
クイック入金
(コンビニ入金/ネット銀行)
提携銀行 三井住友銀行
加入団体 JBA
(一般社団法人日本
ブロックチェーン協会)
プラチナメンバー
アプリ Android/iOS

bitFlyer(ビットフライヤー)とは

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerの評価

取り扱い通貨 (3/5)
使いやすさ (5/5)
手数料 (4/5)
安心度 (5/5)
登録しやすさ (5/5)
  • ビットコインの取引が可能
  • 資本金が多く破綻の心配が少ない
  • セキュリティレベルが高い

設立と経営メンバーについて

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年1月に設立された国内最大手の仮想通貨取引所です。

株式会社bitFlyerによって運営されており、資本金が41億円で大手企業からも多数の出資を受けている信頼性の高さが魅力です。

経営メンバーにはゴールドマン・サックスなど外資系出身の人物が多いのも特徴です。

代表取締役CEOについて

bitFlyer(ビットフライヤー)の代表取締役CEOは「鈴木信義」氏です。

2018年10月に元CEOである「加納 裕三」氏が退任を発表し、後任に同社顧問の「鈴木信義」氏、その後「平子 惠生」氏が就きました。

加納 裕三氏は10月1日付けで設立した、持株会社ビットフライヤー・ホールディングスの代表取締役に就任し、ホールディングスの子会社となりました。

CEOの辞任については監督と執行を分離することで、コーポレート・ガバナンスとコンプライアンス体制を強化する狙いがあり、今後もbitFlyerのサービスを強化・厳格化していく上で行ったものです。

元CEO「加納 裕三」氏のプロフィール

2001年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事し、2014年にビットフライヤーを設立。

日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事として 2016 年の「仮想通貨法」の成立に尽力し、オリジナルブロックチェーン「miyabi」を共同開発を務めたすごい経歴の持ち主です。

仮想通貨に関するプロフェッショナルと言えるでしょう。

Twitterでも仮想通貨業界に関する情報発信や発展に尽力している信頼できる人物です。

セキュリティレベルが高い取引所

仮想通貨の世界では過去にマウントゴックス社やコインチェック社の取引所がハッキングされて、お金が流出する事件がありました。

マウントゴックス社の流出事件はGOX事件と呼ばれ、責任を取るために倒産せざる負えない状況になりました。

その点bitFlyer(ビットフライヤー)では、経営陣の金融リテラシーも高く、顧客の資産を預かっているという意識が強い取引所です。

全世界の取引所の中でもトップクラスのセキュリティ評価を受けており、仮想通貨の大きなリスクであるハッキングのリスクがとても低い取引所といえます。

資本金とセキュリティレベルの高さという点でトップクラスの実績を持っているため、初めて仮想通貨を購入する初心者におすすめの取引所といえます。

取り扱い通貨の種類

設立当初はビットコインとイーサリアムの2種類のみの取引しか出来ませんでした。

少しずつ取り扱い通貨が増え、2019年4月時点では以下の通貨を日本円で取引出来るようになりました。

セキュリティ意識の高い取引所なので、通貨を取り扱うまでの準備や、通貨の安全性をしっかりと検証しているのでなかなか種類は増えません。

日本国内で最大手の取引所なので上場直後は価格が大きく上昇する特徴もあります。

モナコインやリスクなども上場直後に価格が数倍に上昇したため、海外でもbitFlyerの人気の高さは一目置かれています。

取引所と販売所が使える

bitFlyer(ビットフライヤー)では取引所販売所の2つの取引方法があります。

取引所はビットコインのみ対応しており、スプレッド(販売手数料)なしでユーザー間の”取引”が可能になっています。

販売所はスプレッドがかかるものの、取引所が指定した買価と売価で欲しい枚数をすぐに取引所を通して購入することが出来ます。

評判の高いbitFlyerですが、スプレッドの高さだけはデメリットと言えます。簡単に購入できるメリットを考えるとそこまで悪くはないと思います。

FX取引が可能

bitFlyerには「bitFlyer Lightning」と言われる仮想通貨のFX取引(信用取引)が可能です。

上級者向けですが、最大15倍のレバレッジを掛けた取引も可能になっているため、原資の少ない方でも高額を一気に稼げるチャンスを秘めています。

その反面、価格が暴落した時もそれだけものすごい勢いで資金が減っていくので初心者にはおすすめできません。

(2019年4月にはレバレッジ規制により最大4倍までとなりました)

bitFlyer(ビットフライヤー)が最大レバレッジ4倍規制に! | おすすめの高レバ取引所は?
国内取引所の「bitFlyer(ビットフライヤー)」から2019年2月26日に最大レバレッジ倍率...

投資の経験を積んで、リスク管理が出来るようになった上級者向けの機能になります。

基本的にはレバレッジを掛けず、通常の取引をするのが安全です。

アカウントの種類が2つある

bitFlyerではアカウントが2種類存在します。

  • ウォレットクラス
  • トレードクラス

メールアドレスの登録のみで出来るウォレットクラスはその名の通り、サービスをウォレットとして利用できるアカウントクラスです。

アカウントに対して取扱通貨の送金アドレスが発行されるので、個人で管理するのが怖い方はここに預けておくことで紛失するリスクを抑えることが出来ます。

日本円の出金やbit Wire SHOPの支払い、仮想通貨の預入を行うことが出来ます。

しかし、このアカウントでは送金額の上限や仮想通貨の売買を行うことは出来ません。

もう1つのトレードクラスはウォレットクラスから携帯番号のSMS認証と、本人確認書類の提出を行うことでグレードアップ出来ます。

トレードクラスになることで、仮想通貨の売買が可能になります。資金の移動上限も解除されます。

本人確認書類の提出は手間ですが、マネーロンダリング防止目的で他の取引所でも仮想通貨の売買を行うためには必須になっています。

アプリが使いやすい

bitFlyerにはAndroidとiOS版どちらでもアプリが出ています。

bitFlyer Wallet
bitFlyer Wallet
Developer: bitFlyer
Price: Free

スマホに特化した取引画面で、チャート確認などパソコン版で使える機能と同じものが使えるので、仮想通貨の取引が外出先で可能になっています。

ウォレットとして資産管理することも可能です。

詳しい使い方についてはこちらの記事で解説しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式スマホアプリの使い方解説 | 入金方法や取引所マニュアル
国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)で出ている公式スマホアプリの使い方や入金方法、取...
新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と評判

  • 株式会社bitFlyerが運営している
  • 国内の取引所で資本金ナンバーワン
  • 国内利用者ナンバーワン
  • セキュリティの高さが世界トップクラス
  • コールドウォレット、マルチシグ完備
  • bitFlyer Lightningで上級者向け取引可能
  • レバレッジ最大15倍まで可能
  • ビットコインの取引が可能
  • ウォレットとして使える
  • 提携している企業が多い
  • ビットコインをポイント感覚で無料で貰える
  • クイック入金が24時間365日対応
  • スマホからの取引が可能
  • アプリが初心者向けで使いやすい

無料でビットコインを貰える

bitFlyerは「ビットコインをもらう」という機能がついており、ポイント感覚でビットコインを溜めることが出来ます。

サービスを経由して楽天の買い物や、JALの旅行サイトにアクセスすることで購入した価格の一部をビットコインで還元(キャッシュバック)してもらう事ができます。

楽天やヤフーなどの大企業だけでなく、au、GU、東芝、イオン、ドミノピザなど家電から食料品まで様々なサービスでメリットを受けられます。

詳しいやり方についてはこちらの記事で解説しています。

【仮想通貨】楽天の買い物でビットコインを貰えるお得な方法
現在高騰を続けている仮想通貨ですが、楽天ショッピングなどサービスを利用することでその一部をビット...
【bitFlyer】「ビットコインをもらう」サービスで無料(タダ)でビットコインを貰う方法
現在高騰を続けている仮想通貨ですが、お得なサービスを利用することで無料でをビットコインとして受け...

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットの評判

  • 運営会社が信頼できる
  • 仮想通貨の流動性が高い
  • 初心者でも使いやすい取引画面
  • 15倍のレバレッジ取引が可能
  • 安心できるセキュリティ
  • ビットコインを無料で貰える
  • クイック入金が24時間365日対応

セキュリティがしっかりしている

利用者の口コミを見てみるとやはり運営会社が信用できるセキュリティがしっかりしているという声が圧倒的に多いです。

コインチェック社のネム流出事件を受けて、有名な取引所でもセキュリティがしっかりしているとは限らないという認識が広がったため、再び評価され始めています。

仮想通貨を安全に管理するにはオフライン管理したり、ハードウォレットがおすすめという声もありますが、実際はとても面倒です。

ほとんどの方が仮想通貨を買った後はそのまま取引所に預けていると思います。

銀行と同じように仮想通貨を預ける先として、安心感があるということはやっぱり大事ですね。

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットの評判

  • 取扱通貨が少ない
  • 送金手数料が他より高め
  • スプレッドが高い

スプレッドが高い

安心感が魅力のbitFlyerですが、スプレッドの高さがデメリットと言われています。

仮想通貨の取引所と販売所の違いは? | 販売所はスプレッドがぼったくり!?
仮想通貨の取引所では「取引所方式」と「販売所方式」の2種類の取引方法があります。 今回はそ...

スプレッドとは販売手数料のことです。

bitFlyerでは基本的にアルトコインを販売所で購入するのですが、その際に販売手数料(=スプレッド)がかかった値段で取引することになります。

仮想通貨の価格は買価、売価、中間価格の3つがあります。

買価は購入する時の価格、売価は売る時の価格、中間価格はその時の買価と売価の間の価格です。

bitFlyerではモナコインなどのアルトコインを購入する際、中間価格が1000円でも買価が1100円、売価が900円となっており差額が発生しています。

この差額をスプレッドと呼び、bitFlyerはこれが高いと言われています。

約3~5%程度のスプレッドがあるため、買う時は高い値段で購入し、売る時は安い値段で売却しなければいけません。

お得に買いたい人にとってはデメリットになりますが、買いやすさは他の取引所と比べてもダントツです。

まずはbitFlyerで慣れてから他の取引所で購入するのがおすすめです。

新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と口コミ

良い評判と口コミ

  • 初心者でも登録しやすかった
  • 取引画面が分かりやすくて便利
  • 人気の高いモナコインが買えた
  • セキュリティレベルが高いので安心できる
  • アプリがウォレットとしても使える

悪い評判と口コミ

  • 取引手数料が高くて不満
  • 扱っている通貨の種類が少ない
  • 時間帯によってサーバーが重い

スプレッドと言われる販売手数料の高さがネックですが、セキュリティの高さや安心感は全取引所の中でもナンバーワンです。初心者でも分かりやすい取引画面が好評のようですね。

新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

bitFlyer(ビットフライヤー)を実際に利用した人の評判

高評価の評判

まだ始めたばかりですが 理解してくると楽しくなってきました。
コインチェック流出事件で 色々調べていったらビットフライヤーさんが日本で一番、他の取引所よりも安全性、セキュリティに力入れてるので自分はビットフライアーさんを選んで良かったです。
取り扱いのコインが少ないのは安全の為です! 初めは皆さんも使い方に文句も言いたくなると思いますが扱いに慣れてくると気にならなくなってくると思います
承認も早かったし見やすいです。
他のアルトコインの取り扱いが増えるとありがたいです。
仮想通貨自体がまだ認知度が低いため、技術的にインフラ整備が追い付いていない点はあると思います。
スプリットの乖離率が広い点やビットコイン以外の取引所の開設等々。
会社の信頼性や使いやすさからすれば、今はNo.1の取引所だと思います。

低評価の評判

通貨ごとにスプレッドは大きく異なり、ここでは平常時でビットコインだと2%から4%、モナコインで7%前後になるようですね。外貨やってきた人が高く感じるのは当然です。
参加者数が増えれば価格も安定し、スプレッドも小さくなり、ギャンブル性も下がるでしょう。でも、それを求めてる人は仮想通貨を投機対象としないのでは?
初めて使ってみて、まあまあ使えると思う。ただ買い注文の反応が遅く感じます。
でもまだ使ってみようと思います。
本人確認資料を撮影しようとアプリ内のカメラを起動させても、全然ピントがあわず登録すら出来ない。
スマホ内のデータをアップロードしようとしてもその機能が見当たらない。

bitFlyer(ビットフライヤー)の安全性の評判

bitFlyer(ビットフライヤー)は資本金の多さやセキュリティ高さなどを見るととても信用できる会社だと言えます。

多くの取引所ではユーザーを増やすことや、取扱通貨を無理に増やしたことでセキュリティ面がおろそかになってしまう事が多々あります。

コインチェックのネム流出もそういった「利益優先」の姿勢が引き起こした結果とも言えます。

しかしbitFlyer(ビットフライヤー)はそういった事をせずに、資産の保護を最優先にしています。

bitFlyer(ビットフライヤー)のセキュリティの高さは国内だけでなく、海外でも高く評価されています。

日本・米国・EUでも”世界で初めて”正式に仮想通貨交換事業のライセンスを取得した実績を持っており、トップクラスに信頼されるセキュリティ強度を持っているといえます。

また、国内初の「2段階認証必須化」を導入しており、全取引所の中でもトップクラスの堅固なセキュリティを持っているため、安全性はダントツです。

当サイトでは基本的に仮想通貨の管理はウォレットに預けることを勧めていますが「わざわざ移動させるのが面倒臭い」という方はここに預けておくのが一番安全でしょう。

安全性に関してはとてもしっかりしている企業だといえます。

新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料の評判

入金・出金・送金手数料

日本円入金手数料 銀行手数料のみ
クイック入金手数料 324円(税込)
仮想通貨入金手数料 無料
日本円出金手数料
(三井住友銀行)
3万未満:216円(税込)
3万以上:432円(税込)
日本円出金手数料
(三井住友銀行以外)
3万未満:540円(税込)
3万以上:756円(税込)
BTC出金手数料 0.0005BTC
アルトコイン
出金手数料
基本無料
送金手数料 0.0004 BTC
(bitWire除く)

bitFlyerでは三井住友銀行と提携しているので、三井住友銀行からの入金であれば割安の手数料で入金が出来ます。

送金手数料は基本的にビットフライヤーが負担してくれますが、ビットコインのみ少額手数料がかかります。

現物・先物・信用取引手数料

BTC取引手数料 0.01%
アルトコイン
売買手数料
(販売所)
3~7%
(通貨により変動)
アルトコイン
取引手数料
(Lightning)
0.2%
先物取引/手数料 レバレッジ最大15倍/0.04%
信用取引/手数料 レバレッジ最大15倍/0.04%

こちらの記事では手数料に関する他取引所との比較をまとめています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料は高い?他取引所と徹底比較! | 送金・入金・取引手数料
bitFlyer(ビットフライヤー)でかかる手数料(送金手数料/取引手数料/出金手数料)を他の国...

bitFlyer(ビットフライヤー)のセキュリティの評判

  • 2段階認証を採用
  • コールドウォレット
  • SSL対応
  • マルチシグネチャ
  • アカウントロック機能
  • コールドウォレットに 80%以上を保管
  • 自社開発のビットコインデーモンを使用
  • XSS(クロスサイトスクリプティング)対策
  • SQL Injection(SQL インジェクション)対策
  • CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)対策
  • ブルートフォース攻撃
  • 辞書攻撃(パスワードリスト攻撃)
  • リバースブルートフォース攻撃対策
  • WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)による不正アクセスの常時監視、負荷分散
  • DigiCert(デジサート)のSSLサーバー証明書で最高強度のEV採用

ハッキングなど悪意のある攻撃への対策を完璧なまでに行っており、24時間365日いつでも監視を行い万全の体制を取っています。

また、預かっている資産の80%をコールドウォレットに保管しています。

基本的にはハッキングのリスクはかなり少なく、仮にハッキング攻撃をされても大事になる事はほぼないでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録・口座開設

新規登録・口座開設は下記から始めることが出来ます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

詳しい新規登録までの流れや売買方法、使い方などは下記の記事を参考にして下さい。

【bitFlyer】ビットフライヤーの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!
国内の仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...

登録はとても簡単でメールアドレスの登録だけで完了することが出来ます。

登録の流れは自動的に案内されるので、難しい手順などは特にありません。

コインチェックと比べると、セキュリティがしっかりしているため安心して仮想通貨を預けることが出来ます。

取引所には海外取引所の方が取扱通貨も多く魅力的ですが、日本円で仮想通貨を買うことが出来ません。

まずは国内取引所に登録して、日本円でビットコインやイーサリアムを購入する必要があります。

国内でも利用者ナンバーワンの実績があるので、仮想通貨を始める方はまずはここに登録することから始めてみて下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)の関連記事一覧

登録・口座開設 ビットフライヤーの登録方法と手順
手数料比較 ビットフライヤーの手数料を比較
入金・出金方法 ビットフライヤーの送金・出金方法
アプリの使い方 ビットフライヤーのアプリの使い方
API ビットフライヤーのAPIの発行方法

bitFlyer(ビットフライヤー)と他取引所の比較

比較する取引所一覧
bitbank Zaif BITPOINT
Coincheck



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします