不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスとは?特徴や始め方を解説

よろしければシェアをお願いします

Coincheck(コインチェック)のサービスの一つにある「貸仮想通貨サービス(レンディング)」とはなんなのか?

貸仮想通貨サービスとは簡単に言うと「取引所に仮想通貨を貸し出して金利を得るサービス」のことです。

この記事では貸仮想通貨サービスの仕組みやメリット・デメリット、特徴や始め方について初心者にも分かりやすく解説しています。

コインチェックの貸仮想通貨サービスを利用するには口座開設が必要になります。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスとは?

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービス(レンディング)とは、持っている仮想通貨をコインチェックに一定期間預けることで金利を得られるサービスです。

銀行でもお金を銀行口座に預けて貯金することで、利息を受け取ることが出来るのですが、それと同じサービスと言えます。

通常、仮想通貨で利益を出すためには通貨の売買(トレード)による価格差で儲けを出すのが一般的ですが、トレードで稼ぐには時間も知識も労力も必要です。

一方、貸仮想通貨サービスではそういった知識を必要とせず、取引所に仮想通貨を貸し出すだけで自動的に資産が増えていくので、気軽に始められる資産運用の一つとなっています。

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスの仕組み

Coincheck(コインチェック)で貸仮想通貨サービスを利用するためには予め口座開設が必須となります。

【Coincheck】コインチェックの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!
国内の仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...

コインチェックでは「取引アカウント」「決済アカウント」「貸仮想通貨アカウント」の3種類のアカウントが用意されており、貸仮想通貨アカウントにログインすることでサービスを利用できます。

取引アカウントで所有している仮想通貨を貸仮想通貨アカウントに振替をすることで、通貨を移動することができます。

貸仮想通貨サービスの利率(年利)

貸し出し期間は14日、30日、90日、365日の4種類から選ぶことが可能で、期間が長いほど利率も高くなります。

貸出期間 利率(年利)
14日間 1%
30日間 2%
90日間 3%
365日間 5%

10BTCを預けてどれぐらい仮想通貨が増えるのか、90日間の場合以下の計算式で求めることができます。

  • 10BTC × 0.03 × (90÷365) = 0.0739726BTC

90日間BTCを預けると約0.073BTCをタダで手に入れることができます。

それぞれの利率で100万円分のビットコインを貸し出した場合、これだけのお金が増えます。

  • 14日間(年利1%):+383.56円
  • 30日間(年利2%):+1643.83円
  • 90日間(年利3%):+7397.26
  • 365日間(年利5%):+50000円

最長の365日では年率5%となっており、銀行の1年間の定期預金の年率が0.2%なのと比べると25倍も資産が早く増えるということになります。

私自身も銀行貯金は資産を増やす上でメリットが無いと考えているので、貸仮想通貨という選択肢はおすすめです。

銀行貯金は機会損失!誰も教えてくれない20代から資産運用を始めるべき理由
銀行にお金を貯金していても金利は低いし、資産運用にチャレンジしてみたいけど何から始めればいいかわ...

貸し出した仮想通貨は、利息も仮想通貨で戻って来ます。

仮想通貨の価格が貸し出したときよりも上がれば、元本も利息のお金も日本円換算で増えることになりますが、値下がりした場合は資産が減るリスクもあります。

ですが、仮想通貨の将来性に期待して長期保有目的でガチホするつもりの人は、365日間預けて見る選択肢はアリですね。

貸仮想通貨サービスの対応通貨

コインチェックの貸仮想通貨サービスは、リリース当初はビットコインのみ対応していましたが、2017年6月16日以降コインチェックで取り扱っている全ての通貨が対応可能になりました。

Coincheck(コインチェック)の取扱通貨一覧

イーサリアムやリップルなどの主要なアルトコインをはじめ、ネムやリスクなども対象という選択肢の広さはとても嬉しいですね!

貸仮想通貨サービスのメリット

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスのメリットが一番ある人は、仮想通貨を長期保有しようと考えている方です。

仮想通貨の将来性に期待して最初から数年単位で保有するつもりであれば、短期的な価格の上下は気にならないでしょう。

しかし、取引所に購入した仮想通貨をそのまま放置していてもお金が増えることはありません。

買ってから放置するつもりの方は、コインチェックの貸仮想通貨サービスを利用して少しでも資産が増える選択をするのがいいでしょう。

貸仮想通貨サービスのデメリット

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスの最大のデメリットは仮想通貨のレンディングサービス全般に言えることですが「途中解約出来ないこと」です。

コインチェックの場合、預ける際に14日、30日、90日、365日の4種類から期間を選択しますが、その期間中は解約して引き出すことが出来ません。

預けている期間に貸し出している通貨が暴落しても売買することが出来ず、別の取引所に送金して使うことも出来ません。

仮想通貨は価格の変動が激しい金融商品なので、貸出期間中に暴落するリスクを理解して始めましょう。

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスの始め方

Coincheck(コインチェック)で貸仮想通貨サービスを利用する前に、まず口座開設しておきましょう。

【Coincheck】コインチェックの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!
国内の仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)の新規登録・口座開設やアカウント作成に...

口座開設が完了したら、ログイン後右上にあるアカウントメニューから「貸仮想通貨アカウント」を選択します。

貸仮想通貨サービスで通貨の貸出を行う前に、アカウントに通貨を入金、もしくは取引アカウントから振替を行う必要があります。

今回は取引アカウントで仮想通貨を持っていると仮定して、そちらから仮想通貨を移動する「振替」を選択します。

別の取引所やウォレットなどから直接、貸仮想通貨アカウントに入金を行う場合は「コインを受け取る」を選択して下さい。

振替画面に移動したら、取引アカウントから仮想通貨を移動します。

  1. 「貸仮想通貨」を選択
  2. 移動する通貨の数量を入力
  3. 移動する通貨の種類を選択
  4. ボタンを押して移動完了

仮想通貨の移動が完了したら、前の画面に戻り仮想通貨の貸出を行いましょう。

左のメニューから「コインを貸す」を押して、貸出する通貨、貸し出し期間、貸出数量などを決めて設定を行います。

  1. 「コインを貸す」を選択
  2. 貸し出す通貨を選択
  3. 貸出期間を選択
  4. 貸出数量を入力
  5. ボタンを押して貸出完了

以上で仮想通貨の貸出は完了になります。

※コインチェック社によって貸付数量や期間等を見て貸付の審査をしているため、承認が降りない場合もあります。

貸し出し期間が終了するまでは、貸出履歴をチェックしながら問題なく運用が行われているか、いつ満期を迎えるかなどを確認しておきましょう。

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービスで資産運用しよう!

仮想通貨を長期保有する目的で所持し続けている方は、取引所に預けたままにせずにコインチェックの「貸仮想通貨サービス」を利用して資産運用をはじめましょう。

トレードの知識がなくても着実に資産を増やすことが可能で、1年間で年率5%と高いパフォーマンスを出すことが出来ます。

銀行の定期預金よりも遥かに高い利率なので、ソーシャルレンディングなどの新しい資産運用と合わせてぜひ活用しましょう!




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

よろしければシェアをお願いします