不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨ZAIFトークン(ザフト)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

テックビューロ社が発行している独自トークン「ZAIFトークン(ザフト)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

ZAIFトークン(ザフト)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ZAIFトークン(ザフト)とは

ZAIFトークン(ザフト)はその名の通り、国内取引所のZaifを運営しているテックビューロ社が発行している独自トークンです。

1枚あたりの価格が1円~と安いため、仮想通貨初心者からの人気が高いです。

ZAIFトークンの特徴は以下の通りです。

  • Zaifの運営会社が発行している
  • 株のような位置づけ
  • 仮想通貨初心者からの人気が高い

企業が発行している独自トークンで、そのトークンをお金を使って購入することで企業を支援することの出来る株式のような仕組みになっています。

ICOという資金調達で行われている手法で、全世界から仮想通貨を利用して効率的に資金を集めることが出来ます。

トークン自体は元々無価値なものですが、企業の成長に従って時価総額が変動します。

企業が成長して、それがトークンの価値に反映されれば保有している人もその差額分の資産が増えます。

株主優待と同じように企業はトークンを購入してくれた投資家に対して、メリットや報酬を提供するのですが、ZAIFトークンには現在その仕組みはありません。

Zaifのサービス内で投げ銭として利用できるのみとなっており、今後の展開に期待が高まります。

ZAIFトークンの流通量について

  • 総発行枚数90億枚
  • 45億枚がテックビューロ社保有(50%)
  • 29億枚がCOMSAの購入に使用(30%)

ZAIFトークンは発行枚数の半分をテックビューロ社が保有しています。

また、30%分の30億枚もテックビューロ社が発行しているトークン「COMSA」の購入に充てられています。

そのため、購入者の間で流通しているトークンは全体の20%分になります。

これはテックビューロ社が売却することで価格の調整が可能になっていることを意味します。

ロックアップの計画について

ZAIFトークンはカウンターパーティ上で発行されており動作していますが、2018年2月にロックアップ分をNEMへの移行を予定しています。

これはNEMがテックビューロ社と「カタパルト」の共同開発を行っていることも理由の一つに挙げられそうです。

保有者に対して安全に提供できるように、テストや検証を行いながらロックアップ実施を計画しています。

  • ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)。
  • ロックアップ期間:2018年12月末日まで。
  • 2017年11月末まで、公開監査できるよう、宣言したアドレスに相当数を移動。
  • 2018年01月中旬まで、エスクローのマルチシグ署名者を確定。
  • 2018年01月末まで、NEMプロトコル上のトークンへの変換ツールを提供開始。
  • 2018年02月中旬まで、ロックアップ分を、NEMプロトコルへ移行
  • 2018年02月末まで、ロックアップ分を、マルチシグのエスクローアカウントへ移動。

トークンのロックアップ計画について

テックビューロ社が保有している全体の50%分の45億ZAIFトークンは、その半分(全体の約25%分)をロックアップすることを予定しています。

ロックアップとは日本語で「凍結」を意味するもので、使えなくすることです。

これにより、全体の供給量が減少するため相対的に1枚あたりの価格が上昇することが見込まれています。

このロックアップ分はNEMに変換されるため、その分NEMの価格が減少する可能性もありそうです。

ザフトの意味とは

Zaifのチャットなどを見ていると「ザフトが買い時」「ザフトを買っておけば大丈夫」というワードが飛び交っているため、初心者はどういう意味かわかりません。

しかし、これは仮想通貨の専門用語などではありません。

フトークン」の略称で、呼びやすくするために使われているだけです。

特別な意味があるわけではないので安心してください。

ZAIFトークン(ザフト)の基本情報

通貨名 ZAIFトークン(ザフト)
公開日 2017年10月20日
最大発行枚数 90億枚
公式サイト https://zaif.jp

ZAIFトークン(ザフト)のチャート

0.2~0.5円の価格を長期間推移していましたが、新規参入者が大きく増加した2017年11月頃から最高4円以上まで高騰しました。

また2018年2月から剛力彩芽を起用したCMを打ち出したことで、再び2円以上を記録しました。

しかし、その後金融庁からの規制の影響を受け、再び1円前後を推移しています。

ZAIFトークン(ザフト)の将来性・今後

テックビューロ社やCOMSAの成長に左右される

テックビューロ社が発行しているトークンはZAIFトークンだけでなく、COMSA(CMS)と言われるICOも行っています。

仮想通貨COMSA(コムサ)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方
テックビューロ社が主導するICOプロジェクト「COMSA(コムサ)」に関する特徴や将来性、取引所...

2017年9月から11月までの二ヶ月の資金調達期間でなんと109億円もの資金集めに成功しています。

COMSAトークンのセール期間中、ビットコインやNEMだけでなく、ZAIFトークン経由で購入することも可能になっていました。

どちらも同じテックビューロ社が発行しているため、Zaifのユーザーが増えてテックビューロ社が成長すれば、COMSAとZAIFトークンの価値は上がります。

逆にCOMSAやZAIFトークンの価値が上がればテックビューロ社の評価も上がります。

ZAIFトークンの成長はCOMSAとテックビューロ社どちらも見守る必要があるでしょう。

ZAIFトークンの使い道が明確になるのか

ZAIFトークンは現在明確な使い道がありません。

使える用途としてはZaifのチャット内での投げ銭のみで、仮想通貨としての機能を果たしているとはいえません。

ユーザーが積極的にZAIFトークンを使用するのかメリットや用途の透明性に少し疑問が残りますが、現在はテックビューロ社の成長に期待して購入されています。

しかし、仮想通貨としてトークンを発行している以上、今後も時価総額を伸ばしていくのであれば、インセンティブや所有するメリットが必要と思われます。

他の取引所トークンの特徴も見ながら購入するのがおすすめです。

【最新版】取引所トークン一覧ランキング!独自コインの比較と将来性について
仮想通貨の取引所は国内、国外含めて独自トークン(独自コイン)を発行している取引所があります。 ...

2018年以降は価格上昇が期待される

2018年は以下のような好材料が揃っており、価格の上昇が見込まれます。

  • 全体の25%分のロックアップ
  • 新規参入者の流入
  • COMSAの普及

2018年だけでも仮想通貨市場の成長に伴って上昇することが期待できます。

全体の25%分がロックアップされることで、相対的な価値が上昇することは必須です。

2018年2月には剛力彩芽を起用したCMも打ち出しており、新規参入者が拡大することでZaifの利益向上及びZAIFトークンの購入者増加で高騰する可能性があります。

ZAIFトークン(ザフト)の取引所・買い方

ZAIFトークンは現在Zaifでのみ買うことが出来ます。

取引所への登録はこちらの記事を参考にして下さい。

【Zaif】ザイフの登録方法と使い方 | 入金・出金・取引のやり方完全ガイド!
国内の仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)の新規登録・口座開設やアカウント作成に必要な本人確認、二...

ZAIFトークンを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. Zaifに日本円を入金
  2. 取引所でZAIFトークンを購入

Zaif(ザイフ)でZAIFトークンを購入するまでの手順はこちらの記事を参考にして下さい。

Zaif(ザイフ)のZAIFトークン(ザフト)の買い方と購入方法を徹底解説!
国内の仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」でZAIFトークンの買い方の手順と購入方法を分かりや...
新規登録はコチラ

Zaifの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

ZAIFトークン(ザフト)の口コミ・評判

ZAIFトークン(ザフト)のウォレット・保管方法

ZAIFトークン(ザフト)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

IndieSquare Wallet

「IndieSquare Wallet」はAndroid、iOSどちらにも対応している無料のモバイルウォレットアプリです。

XCP(カウンターパーティー)で発行されているトークンの取引や保管に対応しており、ZAIFトークンもこちらで管理することが出来ます。

ZAIFトークン(ザフト)は買うべき?

ZAIFトークンですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ZAIFトークンの評価

プロダクトの将来性 (2/5)
時価総額の安さ (3/5)
単価の安さ (5/5)
取引所の少なさ (4/5)
コミュニティの人気度 (4/5)
総合評価  (3/5)

価格の安さなどから、仮想通貨初心者から人気が高いトークンで話題性は抜群ですが、実際の所保持しておくメリットや明確な用途がないので今後の成長に疑問が残ります。

しかし、国内での仮想通貨市場の成長に従ってテックビューロ社も伸びていくのであればZAIFトークンの価値も上昇しそうですね。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします