不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

bitbank(ビットバンク)がHF(ハードフォーク)の対応方針を発表 | 分岐したコインは貰える?

よろしければシェアをお願いします

国内の仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」がビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークをめぐり、今後のハードフォーク通貨への対応を発表しました。

計画されたハードフォーク及び当該ハードフォークにより生ずる新たな仮想通貨に係る対応指針について

この記事ではビットバンクで預けた仮想通貨のハードフォークへの対応についてまとめています。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
コインチェック 公式HP
マネックス運営の最大手取引所!
口座開設+取引で最大20,000円プレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大16000円ゲットのチャンス!

bitbank(ビットバンク)のBCH分岐への対応内容

ビットコインキャッシュは2018年11月16日にハードフォークが行われ、BCHABCとBCHSVの2種類に分岐しました。

国内取引所ではほぼ全て、ハードフォークコインの付与を行わず、BCHABCを今後のビットコインキャッシュ(BCH)として取り扱うという方針になりました。

これに投資家は反発。ハードフォーク時にビットバンク社はスナップショットを取得し、BCH所有者に対して分岐したBCHSVの取扱は一時保留としていました。

2019年3月に発表した対応方針では、BCHSVの付与ではなく、現金相当を交付することを発表しました。

ハードフォークコインの付与が行われないと投資家は不利益を被る

ハードフォークコインの付与が行われなとどうなるのでしょうか?

ハードフォークでは、1つの通貨が2種類に分岐することで、元通貨の価値が減少する場合があります。

例えば、ビットコインキャッシュの場合も価格が大きく下落する出来事がありました。

  • HF前のBCHの価格:5万円
  • HF後のBCHABCの価格:4万円
  • HF後のBCHSVの価格:1万円

このように元の通貨の価格を分けるようにして、ハードフォーク後の通貨の価格が決まりました。

ハードフォーク後、国内取引所ではBCHABCを取り扱うと発表したので、既存のBCHホルダーは全員損失が発生していることになります。

ハードフォークによって誕生したBCHSVの付与も行わなければ、ホルダーはブロックチェーンのよくわからない仕組みによって価値が目減りしてしまうリスクがあるわけです。

これでは何もせずに長期保有というわけには行きませんよね。

bitbank(ビットバンク)のHF(ハードフォーク)の対応方針

bitbank(ビットバンク)のハードフォークの対応方針

  • ハードフォークのコインの情報収集に努める
  • コインを付与する場合は安全性が確認出来た場合のみ
  • 付与の代わりに現金相当を配布する場合がある

大きく分けるとこのようになります。

今後ハードフォークが起きた場合は、リプレイアタックやハッキングリスクなどが起きないか?という安全性を確認できた場合のみコインが付与されます。

もし、何らかの問題がある場合などはビットバンク社の判断によって、配布数量相当の現金を交付するようです。

これなら、投資家にとっても安心ですね!




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします