不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

ソーシャルレンディングの予算の目安 | 貯金のいくらを投資すべき?

よろしければシェアをお願いします

「ソーシャルレンディングをはじめたいけど予算はいくら用意すれば良いのか」という疑問を持っている投資家の方は多いと思います。

投資金額は個人の収入によってバラつきがありますが、毎月決まった金額を投資するのは将来の資産形成をする上でとても大切です。

使わないお金を貯金をして銀行に眠らせているお金がある方は、その何割かを投資に回すだけで不労所得をゲットすることが出来ます。

銀行貯金は機会損失!誰も教えてくれない20代から資産運用を始めるべき理由
銀行にお金を貯金していても金利は低いし、資産運用にチャレンジしてみたいけど何から始めればいいかわ...

毎月の収入に対して、どれぐらいの割合・金額をソーシャルレンディングに投資すれば良いのかあなたにピッタリの投資予算を算出してみました。

そもそもソーシャルレンディングって何?という方はこちらを参考にしてください。

ソーシャルレンディングとは | 仕組みや投資の始め方を初心者向けに解説!
新しい投資のカタチとして注目されている「ソーシャルレンディング」とは一体何なのか、投資初心者でも...



全体の平均は毎月2.8万円の積み立て

2017年12月の楽天証券調べでは、投信積立の場合ですが毎月2.8万円しているというアンケート結果が出ています。(1年間で33.6万円)

毎月の収入には個人差があるので自身に合った投資予算がいくらなのか、一般的な収入の用途内訳のアンケートから考えていきましょう。

手取り30万円の場合

今回は手取り30万円と仮定して、使用用途の内訳を並べてみました。

手取りによってパーセンテージに合わせて予算を配分してみて下さい。

  • 家賃・ローン:25%(7.5万円)
  • 生活費・食費:20%(6万円)
  • 交遊費:25%(7.5万円)
  • 貯金:30%(9万円)

家賃や生活費などで個人差はあると思いますが、おおむねこのような内訳となっています。

ここで注目していただきたいのは貯金の比率が30%という部分です。投資に使う予算はここから捻出するのが基本となります。

その理由は「ストレス無く予算を確保するため」です。

生活費や食費、交遊費から必要予算を捻出してしまうと日常生活にストレスがかかったり投資を継続出来なくなる可能性が高いからです。

また、「お金を増やす・貯めておく」という目的と貯金はお金の性質が近いためです。

もちろん交遊費などにお金を使いすぎて貯金ができていないという方は、まずはそこから削って考えましょう

結論:貯金の半分をソーシャルレンディングの予算にあてよう

先に結論を述べてしまうと、貯金の半分をソーシャルレンディングの予算にあてるのがおすすめです。

例えば、毎月10万円貯金しているのであれば、その半分である5万円をソーシャルレンディングに積立投資していきます。

既に貯金残高に100万円ある方は50万円分を投資に回すのが良いでしょう。

100万円、50万円、30万円で利回り5%の運用をした場合、どれだけ利益に差が出るのかシミュレートしてみました。

投資金額 投資比率 利益 リスク
100万円 100% 5万円 高い
50万円 50% 2.5万円 普通
30万円 30% 1.5万円 低い

利回りは投資金額に対して掛かるので、もちろん投資金額の高さに応じてリターンも多くなります。

しかし、そのような投資方法ではいざという時にお金が必要になった際や、元本割れで損失が出た場合に取り返しがつかない状況になる可能性があります。

そのため、貯金の全てを投資せずにリスク対策として半分だけを投資予算としていくのが安全です。

貯金からソーシャルレンディング投資をする時の注意点

ソーシャルレンディングをする上での注意点は以下の3つです。

  1. 余剰資金であることが大前提
  2. 複数のソーシャルレンディングに投資してリスク分散する
  3. 利回りの高さは6%以下に抑える

注意点①:余剰資金であることが大前提

ここで言う「貯金」というのは将来必要になるお金でないことが大前提です。

老後の資金、結婚費用、子供の養育費など将来必要になるお金を投資予算に含めてしまうと、万が一の際にお金が工面出来なくなる恐れがあります。

ソーシャルレンディングはあくまでも”投資”ですので、元本保証はされていません。

投資でお金を増やすことが目的だったのに、お金を失って借金してしまったら元も子もありません。

貯金の余剰資金の半分をソーシャルレンディングの予算として、投資先を選んでいきましょう。

ソーシャルレンディングのリスクとは?始める前に確認すべきデメリット6選
ソーシャルレンディングを始めるにあたって予め「リスク」があることを理解して投資をスタートすること...

注意点②:複数のソーシャルレンディングに投資してリスク分散する

例えば、100万円の予算が用意できる方はまとめて一つのソーシャルレンディングにお金を投じるのではなく、必ず分散投資を意識して下さい。

1つの投資先に100万円ではなく、5つの投資先に20万円ずついれるなどの工夫が必要です。

その理由として、貸倒れや元本割れのリスクを減らすためです。

1つの投資先で万が一のことが起きれば、最悪の場合100万円丸々失ってしまう可能性があります。

複数のソーシャルレンディング(3社以上)に分散投資しておけば、一つの投資先で貸倒れなどが起きても全額失うことはありません。

少し面倒かもしれませんが、必ず複数のソーシャルレンディングに登録して、投資先を分散しておきましょう。

【上場企業運営】大手企業が運営するソーシャルレンディング5選 | 安全性の高さで選ぼう
ソーシャルレンディングは高い利回りで簡単に始めることのできる資産運用サービスですが、貸倒れや事業...

注意点③:利回りの高さは6%以下に抑える

参考:みずほ証券

リスクとリターンは表裏一体のようなもので、一般的にリスクの高さはリターンに比例します

そのため、大きなリターンを得ようとすればするほど、損失が発生するリスクも高くなるという傾向があります。

中には10%を超えるパフォーマンスの案件もありますが、その分貸倒れリスクも高くなります。

年利回り6%以下の案件を選べば、比較的リスクを抑えながらリターンもしっかり貰えます

少しでもリスクを抑えた運用を考えている方は、過去に貸倒れ件数ゼロの「オーナーズブック」や貸付ファンドに投資出来るリスク低めの「Funds(ファンズ)」を選びましょう。

ソーシャルレンディングのリスクとは?始める前に確認すべきデメリット6選
ソーシャルレンディングを始めるにあたって予め「リスク」があることを理解して投資をスタートすること...

複数の金融商品に分散投資すればさらに安心

ソーシャルレンディングと一言でいっても、取り扱っている金融商品は様々です。

不動産や株式などサービスによって取り扱っているものは異なり、リスクも変わってきます。

リスク分散のために複数のサービスを利用するのが安全ですが、複数の金融商品に分散投資すればさらに安全です。

ソーシャルレンディングの金融商品一覧

金融商品 サービス名
株式 くりっく株365
不動産 オーナーズブック
CREAL(クリアル)
事業投資 ファンディーノ
SBIソーシャルレンディング
海外ファンド ネクストシフトファンド
再生可能エネルギー クラウドバンク
クラウドクレジット
貸付ファンド Funds(ファンズ)

金融商品ごとの特徴などはこちらの記事で解説しています。

【金融商品別】投資先の種類で選ぶおすすめの資産運用9選
資産運用を始めるにあたって「どの金融商品を選ぶか」という投資先を吟味するのはとても大切です。 ...

毎月ソーシャルレンディングに積立投資するのが重要

毎月少ない金額でも5年、10年、20年と長期運用を続けていけば1000万円の資産を作ることも難しくありません。

例えば、積立投資を始める時期と投資金額の違うこの二人が資産運用をした場合、10年後に資産を多くしているのはどちらでしょうか。

  • Aさん:1年目から元手50万円で毎月1万円の積立
  • Bさん:5年目から元手70万円で毎月2万円の積立

この二人の資産推移はこのようになります。年率は10%で計算しています。

驚くことに、最終的に残った金額はAさんが340万円、Bさんは327万円ほど。

Aさんのほうが、Bさんよりも20万円ほど高くなるという結果になりました。

Aさんが10年間きっちり積立投資をしたのに対して、2倍の積立金額でも5年目から運用をスタートしたBさんのほうが資産は少なくなっています。

Bさんは元手も20万円多く始めているにもかかわらず、スタートする時期が遅いだけでこれだけ結果に差がでてくるのです。

このことから、金額よりも継続することが大事ということが分かりますね。

まずは無理のない範囲で最低1万円程度の予算を用意してソーシャルレンディング投資を始めて下さい。

最低投資金額の安いソーシャルレンディングランキング | 1円の投資予算でもOK!
初心者でも手軽に投資が出来る「ソーシャルレンディング」を少額から始めることの出来る最低投資金額の...

この記事では利回り5%の積立投資を続けて1000万円の資産を作った手法をまとめています。

【長期運用向け】積立投資のおすすめは?利回り5%で1000万円の資産を作ろう
「長期運用前提で積立投資をしたいけど、どれを選べばいいかわからない」という投資家の方は多いと思い...

毎月の予算を確保してソーシャルレンディングを始めよう

ソーシャルレンディングの予算は人によって異なってきますが、収入の5~15%程度を目安に毎月予算を確保しましょう。

投資を継続していけば複利運用+積立投資の効果で10年、20年後に1000万円の資産を手にすることも不可能ではありませんよ。

それを実現するためにもリスクを減らすために

  • 余剰資金のみで投資する
  • 3社以上のサービスに登録する
  • 高い利回りを無理に狙わない
  • 複数の金融商品に投資する

このルールを徹底して守れば、元本割れの可能性は少しでも減らすことが出来ます。

短期的にお金を増やすような無理はせずに、「将来お金が増えていればいいな」程度の気楽さでスタートすることが大切です。

毎月の投資予算も無理やり作る必要はありません。

まずは最低1万円だけでも毎月投じる余裕を作り出してからソーシャルレンディングを始めて下さいね。

【2019年版】ソーシャルレンディングのおすすめランキング | 国内主要業者をまとめて比較
新しい資産運用を探している方にぜひ使ってもらいたい「ソーシャルレンディング」のおすすめをランキン...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で1万円分のリップルプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大11000円ゲットのチャンス!

初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…
【完全放置】ほったらかし投資が出来るおすすめの資産運用サービス11選
資産運用を始めてみたいけど、仕事や家事で忙しくて投資を始めることが出来ない…というビジネスマンや…
【初心者向け】資産運用のはじめかた | 投資初心者でも出来るおすすめサービス
将来の資産形成を始めるためにも、できるだけ早いうちに始めておくべきなのが「資産運用」です。 …

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします