不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【長期運用向け】積立投資のおすすめは?利回り5%で1000万円の資産を作ろう

よろしければシェアをお願いします

「長期運用前提で積立投資をしたいけど、どれを選べばいいかわからない」という投資家の方は多いと思います。

資産運用において積立投資はとても重要な要素の一つで、将来の資産形成のためにも長期運用前提で毎月コツコツとお金を積み重ねていけば莫大な資産を作ることが出来ます。

例えば、年利回り5%で毎月3万円ずつだけでも積立投資していけば、20年間で1000万円の資産を作ることも不可能ではありませんよ。

この記事では、

  • 積立投資のおすすめ投資スタイル
  • 積立投資を継続した場合のパフォーマンス
  • 積立投資をなぜ始める必要があるのか
  • 安全に積立投資を続ける方法

について分かりやすく解説していきます。

積立投資の仕組みや、長期間に渡って資産運用を続けることでどのようなメリットがあるのかについても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

先に積立投資向けの資産運用サービスを選びたい方はこちらからスキップして下さい。

おすすめの資産運用サービスをチェックする




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

資産運用はほったらかし投資+長期積立投資で十分

資産運用や投資は難しい知識が必要というイメージを持っている方が多いですが、実際は何の専門知識も必要ありません

基本的な運用スタイルはほったらかし投資+長期積立投資」で私も5年以上資産運用を行っており、着実に利益を積み重ねています。

私が実践している手法は以下の3つです。

  1. トレードで消耗せずにほったらかし投資
  2. 専門知識無しで長期積立投資を継続する
  3. ドルコスト平均法でリターンを最大化する

それでは具体的にこの3つの手法を詳しく解説していきます。

トレードで消耗せずにほったらかし投資

資産運用というとFXで通貨を売買したり、株式売買をするイメージを持つ方も多いと思います。

私も以前はこういったトレードによって価格差を稼ぐ投資をしていたのですが、時間もお金も消耗して全然安定して稼ぐことは出来ませんでした。

トレードによる資産運用は自身のスキル次第でパフォーマンスが大きく変わるので、10%以上稼げる月もあれば、一気にマイナス30%も損失を出して資産を失うリスクもあります。

経験上、このような運用スタイルは初心者にはおすすめできません。

現在ではプロに預けて運用してもらう「ロボアドバイザー」や「ソーシャルレンディング」といった資産運用サービスも充実しています。

これらはお金を預けるだけで、あとは運営企業が勝手に資産運用をしてくれるので仕事中でも家事をしている最中でも勝手に資産を積み立ててくれます。

貯金感覚で毎月積立投資をすればほったらかしでも大丈夫です。

【不労所得】ほったらかし投資が出来るおすすめの資産運用サービス12選
資産運用を始めてみたいけど、仕事や家事で忙しくて投資を始めることが出来ない…というビジネスマンや...

専門知識無しで長期積立投資を継続する

FXや株式投資は専門知識が無ければまともにトレードする事もできません。

ましてや、毎月安定して稼ぐことを考えればしっかり勉強したり経験を積まなければ資産を減らしてしまうだけです。

初心者の方は先ほど紹介したような専門知識不要の資産運用サービスを利用して、プロに運用してもらうのがベストです。

日経平均などの不況によって短期的にはマイナスが出る可能性もゼロではありません。

しかし、5年、10年、20年と長期運用前提で積立投資を行えば「ドルコスト平均法」によってリターンを安定することが出来ます。

ドルコスト平均法でリターンを最大化する

dorukosuto

毎月1万円など決まった金額を積立投資をすれば、「価格が安い時に多く買って、高い時に少なく買う」という運用をすることが出来ます。

短期的には損しても、時間でカバーすることが出来るこの投資法を「ドルコスト平均法」ともいいます。

例えば、毎月1万円分100円の金融商品を購入しているとしましょう。

通常は毎月100個買うことになりますが、商品の価格が200円に上がったときは50個だけ買うことになります。

逆に価格が50円に下がった場合は200個買うことが出来ます。

高いときに少しだけ買って、高値で購入する数量を抑えて、安い価格で大量に購入することで値上がりした時のリターンを最大化することが出来るのです。

年利回り5%・毎月3万円を積立投資したシミュレート

積立投資のシミュレート条件

  • 元手:10万円
  • 運用期間:240ヶ月(20年)
  • 積立額:3万円/月
  • 利回り:5%/年

はじめに投資された10万円の元手に、月々の積立額3万円を加え、年利回り5%で20年間運用し続けた場合の推定資産額は、約1,248万円になります。

なお、投資した金額の合計は約730万円で、500万円分もプラスになっています。

積立投資をはじめた当初は緩やかな上昇になっていますが、増えた資産に対して利回りがかかるので、雪だるま式に積み上がっていきます。

元手10万円、毎月3万円という金額であれば誰でも無理のない範囲で準備出来るお金ではないでしょうか?

「どうしても毎月3万円の積立が厳しい」という方も、まずは1万円から継続して、ボーナスが出たタイミングや収入がアップしたタイミングで積立額を増やしていけば大丈夫ですよ。

このように積み立てた資産と利益を再投資して、どんどんリターンを増やしていく投資方法を「複利運用」といいます。

【資産運用】複利運用で50万が10年で1000万に!複利効果のスゴさを解説!
将来の資産形成をするためにお金を増やすためには「資産運用がとても大事」というのは当サイトでも何度...

積立投資の一番のメリットは、複利運用によるリターンを加速することが出来る点です。

そして、この投資方法をさらに効率的にする方法が「早い段階で積立投資を始める」というものです。

実際にどういうことなのか確認していきましょう。

積立投資は早く始めれば始めるほどお得

「積立投資+複利運用」の投資方法は、時間を味方につけることでさらにリターンを大きく伸ばすことが出来ます。

この記事を見ている方は20代~40代と幅広い年代の方だと思いますが、積立投資において圧倒的に有利なのは「20代」です。

実際に、現在の年齢から50歳になるまで運用した場合、最終的にどれぐらいの資産になるのかシミュレートしてみましょう。

積立投資のシミュレート前提条件

  • 元手:10万円
  • 積立額:3万円/月
  • 利回り:5%/年

20歳から始めた場合

  • 運用期間:36ヶ月(30年)
  • 投資金額:1090万円
  • 最終資産:2499万円(+1409万円

20歳から50歳までの30年間積立投資を行った場合の推定資産額は、約2499万円になります。

投資金額が2倍以上にまで多くなっており、積立投資+複利運用の効果を最大限に活かせているといえますね!

30歳から始めた場合

  • 運用期間:240ヶ月(20年)
  • 投資金額:730万円
  • 最終資産:1248万円(+518万円

30歳から50歳までの20年間積立投資を行うと、先程と同じ結果になります。

はじめに投資された10万円の元手に、月々の積立額3万円を加え、年利回り5%で20年間運用し続けた場合の推定資産額は、約1,248万円になります。

40歳から始めた場合

  • 運用期間:12ヶ月(10年)
  • 投資金額:370万円
  • 最終資産:481万円(+181万円

40歳から50歳までの10年間積立投資を行った場合の推定資産額は、約481万円になります。

今回比較した中では一番低い金額となっており、積立投資に使える期間も短いのでリターンもたった180万円程度となっています。

安定した積立投資に分散投資は必要不可欠

分散投資とは一つの投資先だけでなく、複数の金融商品やサービスに投資することです。

投資の世界には「卵は一つのかごに盛らない」という格言があります。

これは分散投資の重要性を表した言葉で、ひとつの銘柄や投資サービスだけに資金を全て集中させてしまう危険性を表しています。

例えば、10個の卵を1つのかごに入れている状態で落としてしまったら全てダメになってしまいます。

しかし、5つのかごに2個ずつ卵を入れていたら、1つ落としてしまっても2個の損失だけで済みます。

このように、分散投資をすることはリスク分散にもつながるので、複数の銘柄、投資先で資産運用することが大切です。

資産運用のリスクとは?危険度を減らして安全に投資を始めよう
資産運用を始めるにあたって予め「リスク」があることを理解して投資をスタートすることが大切です。 ...

特に積立投資を行う場合は、5年、10年、20年という長期間に渡って安定したパフォーマンスを出す必要があります。

利回り10%以上などリターンを求めすぎてしまうと、元本割れのリスクも高くなってしまいます。

積立投資は短期で欲張らずに、長期で安定させることを第一に考えましょう。

そのためにも、利回り5%のパフォーマンスが出せる複数の資産運用サービスを利用するのがおすすめです。

これから資産運用を始める方はまず「3つのサービスに登録して、1つに入れる上限は10万円までにする」などのルールを決めて始めてみましょう。

では、どのような資産運用サービスが積立投資向きなのか、私が実際に利用しているものを3つ厳選してみました。

積立投資におすすめの資産運用3選

  • ロボアドバイザー:THEO(テオ)
  • 投資信託:ひふみプラス
  • 貸付投資:Funds(ファンズ)

ロボアドバイザー:THEO(テオ)

ほったらかし度 (5/5)
入金したら後は完全放置
投資商品 国内外の株式、不動産、金など
最低投資金額 1万円~
期待利回り(年) 6.0%
特徴 AIによる完全自動の資産運用
メリット プロの投資を自動でしてくれる
デメリット 投資スキルが身につかない
こんな人に
おすすめ
完全放置で資産運用したい人

「THEO(テオ)」は最新のAI(人工知能)によって、24時間365日自動的に株やETFを資産運用してくれるロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーとはAI(人工知能)が過去の値動きや、予め決められたルールに則って自動的に運用してくれる投資サービスのことです。

つまり、入金したらあとはやること無し。

AIが全部自動的に入金額に応じて買うべき金融商品を判断してくれるので、完全自動運用状態になります。

資産運用におすすめの「ロボアドバイザー」とは?特徴やメリットを分かりやすく紹介!
資産運用をはじめてみようと考えている初心者には断然「ロボアドバイザー」をおすすめします。 ...

あえてやることを挙げるとすれば、アプリで資産の状況を確認するぐらいでしょうか。

パフォーマンスも高く、10年間の積立を行えば定期預金よりも高いリターンを得られる可能性もあります。

投資経験のない方や、日中時間がなくて相場を確認できないサラリーマンや主婦の方におすすめの自動投資サービスです。

低リスク、長期運用向け、ほったらかしの三拍子が揃っているので、投資初心者はここから始めるのがいいでしょう。

実際にTHEO(テオ)を運用している方の75%以上が5年以上の長期運用を予定しています。

長期的に資産の成長を見据えて、コツコツと積立投資を継続することが大切ですね!

リアルタイムの積立投資の様子はこちらに書いています。

THEO(テオ)の特徴と評判・デメリット | 10ヶ月の運用実績を大公開!
全自動で資産運用できるロボアドバイザー「THEO(テオ)」とはなんなのか?特徴や評判・メリット・...

投資信託:ひふみプラス

ほったらかし度 (5/5)
入金して放置
投資商品 投資信託
最低投資金額 100円~
期待利回り(年) 3.0〜7.0%
特徴 守りながら資産を増やす
堅実な長期運用
メリット 100円から投資が始められる
デメリット 日経平均株価の影響を受ける
こんな人に
おすすめ
長期運用前提で
積立投資を行う方

ひふみプラス(ひふみ投信)はレオキャピタルワークスが運営している投資信託です。

投資信託は企業にお金を預けて運用してもらう金融商品で、主に成長率の高い企業への投資などを行いリターンを得ています。

過去6年間のTOPIXと比較してみても圧倒的に高いパフォーマンスを継続しており、安定して右肩上がりとなっています。

唯一のデメリットは日経平均の下落の影響を受けるという部分。

しかし、ひふみプラスでは無理なリターンは狙わずに、不況の時は現金比率を最大50%まで高めるなど防御力高めの運用スタイルが特徴です。

100円から始めることが出来るので予算が少ない方でも安心してスタートすることが出来ますよ。

ひふみプラスに投資する方は「楽天証券」から購入することをおすすめします。

投資金額の1%分が楽天ポイントとして還元されるので他の証券会社よりも圧倒的にお得です!

【評判と口コミ】楽天証券は『登録するだけで年間6万円もお得』だった | メリット・デメリットを徹底調査!
楽天が運営する証券サービス「楽天証券」を実際に使ってみた評判や口コミを調査してみました。 ...

貸付投資:Funds(ファンズ)

ほったらかし度 (4/5)
投資先を選んで放置
投資商品 上場企業の貸付ファンド
最低投資金額 1円~
期待利回り(年) 4.0〜6.0%
特徴 ミドルリスク
ミドルリターンの投資
メリット 1円から投資が始められる
デメリット 2019年1月開始で実績が少ない
こんな人に
おすすめ
リスクを抑えつつ
安定したリターンが欲しい方

Funds(ファンズ)はソーシャルレンディングNo.1メディアの「クラウドポート」が運営している、貸付ファンドに投資できるサービスです。

「貸付投資」という従来のソーシャルレンディングと違った仕組みを導入しています。

関係会社貸付スキームという投資先が明瞭な投資を行うので、貸倒れや元本割れのリスクが従来の投資よりも低く、長期積立投資にピッタリの投資先です。

預金や国債よりもリターンが高く、ソーシャルレンディングよりもリスクの低いミドルリスク・ミドルリターンな特徴を持っています。

運用中の手間もなく「ある程度のリターンは欲しいが、リスクは抑えたい」といういいとこ取りのコツコツ型の投資です。

他の資産運用サービスに不安のある方は新しい選択肢として、低リスクなこちらがおすすめですよ。

なんと1円から始めることが出来るので「試しに1000円だけ入れてみる」といったことも出来ます。

【特徴まとめ】Funds(ファンズ)のメリット・デメリット | 貸付ファンドに投資しよう!
貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判や口コミ、サービスの特徴・デ...
Funds(ファンズ)の運用実績を公開!実際に貸付ファンドに投資してみた結果…
貸付ファンドに1円から投資できる「Funds(ファンズ)」に実際に投資した運用実績を公開していま...

毎月の投資金額の目安は?

人によって収入額は異なるので、適切な投資金額も異なってきます。

大まかな目安は、貯金している金額の半分を積立投資に使っていくのがおすすめです。

例えば、毎月5万円貯金しているなら2.5万円を投資にまわしてコツコツ将来の資産形成をしていきましょう。

どうしても投資に回す余裕が無い方はまず最低1万円だけでも捻出出来ないか、出費を抑えることを考えましょう!

積立投資は毎月いくらがおすすめ?あなたにピッタリの投資予算を算出!
「積立投資をはじめたいけど、毎月いくら用意すればいいかわからない」という投資家の方は多いと思いま...

早めに積立投資を始めて将来に備えよう!

今回紹介した積立投資向けの資産運用

将来に漠然とした不安がある方、子供が生まれる前に資産を少しでも多く積み立てて早いうちから積立投資をはじめましょう!

私も社会人になった23歳に給料の低さに愕然として、お金をどうにかして増やすことが出来ないかと色々と試行錯誤しました。

その中ではFXで大きな損失を出してしまったり苦い経験をしましたが、今では積立投資が最強だと感じています。

少ない給料をやりくりしたり、残業代を稼いでその一部を投資に回したりしていました。

積立投資を継続して既に5年以上経過していますが、あの時に決断してよかったと感じています。

積立投資+複利運用の効果が出るまで時間はかかりますが、その分10年後、20年後にきっと明るい未来が待ってますよ。

20代からはじめる資産運用 | 簡単・少額投資で資産を増やそう
「資産運用に興味はあるけど何から始めればいいかわからない」という20代の方は多いと思います。 ...
【2019年版】おすすめの資産運用はコレだけ! | 初心者でも1万円からスタート
「そろそろ資産運用を始めてみようかな」と考えている方にぜひ使ってもらいたいおすすめの資産運用を調...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします