仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨ETC(イーサリアムクラシック)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 138

イーサリアムからハードフォークした仮想通貨「ETC(イーサリアムクラシック/Ethereum Classic)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

ETC(イーサリアムクラシック)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

ETC(イーサリアムクラシック)とは

ETC(イーサリアムクラシック)は元々現ETH(イーサリアム)として稼働していた仮想通貨でしたが、2016年6月のハッキング騒動後にハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

ETCの特徴は以下のとおりです。

  • ハードフォーク前の旧イーサリアム
  • IoTへの普及を目指している
  • セキュリティレベルが高い

ETCはクラシックという名前からも分かる通り、元々はイーサリアムとして使われていました。(ハードフォークした理由は後述)

そのため、基本的な機能であるスマートコントラクトなどイーサリアムと同等の機能を持っているのが特徴です。

イーサリアム(ETH)についてはこちらの記事を参考にして下さい。

仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方
スマートコントラクトを搭載した仮想通貨「イーサリアム(ETH)」に関する特徴や将来性、取引所での...

スマートコントラクトは日本語にすると『契約の自動化』と言われています。

ビットコインなどの従来の仮想通貨はブロックチェーン上に金銭のやり取りの「取引記録」のみしか残すことが出来ません。

しかし、スマートコントラクトを持つ仮想通貨の場合、取引記録に加えて「契約情報」を残すことが出来ます。

これを活用することにより、保険や不動産など複雑な契約を必要とする手続きを自動的に行うことが出来るようになり、人為的ミスや改ざんを無くし人件費コストも削減することが出来るようになります。

イーサリアム(ETH)と同じように、イーサリアムクラシック(ETC)ではこれをプラットフォームとして提供しており、様々な企業やプロジェクトがこれをビジネス導入しはじめています。

現在はイーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性の向上を目指してIoT業界への導入を進めています。

ETCは開発スピードよりも普及後の安定性や使いやすさ、取引量の増加に伴うスケーラビリティ問題に直面しないよう慎重かつ保守的な開発を進めています。

ETHとETCが分岐(ハードフォーク)した理由

イーサリアムが分岐した理由はとある事件がきっかけに運営内部が分裂したために起こったハードフォークが理由です。

イーサリアムはスマートコントラクト機能を有しており、これをビジネス活用する企業が多くいました。

その中には「THE DAO」というプロジェクトがあり、イーサリアムを使用しているということもあり注目を集め資金調達にも成功しました。

この時、イーサリアムの時価総額が上がるにつれてサイバー攻撃を受ける回数も多くなっていたため、投資家たちや技術者からセキュリティ部分の課題にについて協議している最中でした。

しかし、2016年6月に脆弱性を突かれて50億円相当のイーサリアムをハッキングされる被害にあいました。

この事件を受け、イーサリアム運営は「ハードフォークによってハッキング前の状態に戻す」という手段を取り、投票によって90%以上の賛同を受けて可決されました。

その後、ハードフォークによってイーサリアムのハッキングは無かったことになりました。

運営チームではこの対応が「非中央集権を目指す仮想通貨の役割として正しい選択だったのか」という部分でチームが内部で分裂しました。

仮想通貨は中央銀行など国が統括していない民主主義的なお金を目指しています。

問題が起きる度に誰かが保証したり管理することは、仮想通貨の原理主義的な部分に反するという見方があります。

この行動に反発したチームメンバーは、新しいプロジェクトとしてイーサリアムクラシックを立ち上げて生まれました。

ハッキングされたセキュリティの甘さについても重く受け止め、今後は拡張性の制限やセキュリティレベルの向上により、対策に努めています。

ETC(イーサリアムクラシック)の基本情報

通貨名ETC
公開日2016年7月20日
最大発行枚数上限枚数なし
公式サイトhttps://ethereumclassic.github.io/
ホワイトペーパーこちら
テレグラムこちら
ディスコードこちら
Redditこちら

ETC(イーサリアムクラシック)のチャート



2016年6月のハッキング騒動後に価格が一時的に落ちていますが、仮想通貨バブルが起きた2017年中頃から、急速に価格を上げています。

基本的な機能が同じになっているため、イーサリアム(ETH)の価格につられながら変動している要素が大きいです。

ETC(イーサリアムクラシック)の将来性・今後

IoT分野で活用される可能性

ETC(イーサリアムクラシック)は現在IoT分野への進出を目指して開発を進めています。

IoTとは「Internet of Things」の略で、日本語にすると「ありとあらゆるものをインターネットと繋げる」ということになります。

身近なものを例に挙げると、家電製品などをネットに繋げてスマホ一台で全て管理出来るような仕組みのことです。

すべての人に関わってくる革新的な技術として注目を集めていますが、普及するには一般人でも使えるように、分かりやすくする必要があると言われています。

IoT分野では「IOTA」も大きな一大勢力としてライバルに挙げられますが、この2つは開発体勢や機能に大きな差があります。

IOTAはライトニングネットワークなど先進的な技術を導入して開発を進めるのに対し、ETCでは一般人でも使いやすく分かりやすい設計と、保守的で安定性に優れた機能の開発を進めています。

ETCとIOTAの機能の違い

機能ETCIOTA
暗号化安全性証明済み安全性は未検証
アルゴリズムシンプル複雑
安全性優れている不安がある
開発思想保守的革新的

こうして比べてみると、IOTAに比べて開発スピードや革新性では劣るものの、実需に耐えられるような安定性を重視した開発を進めていることがわかります。

IOTAでは最先端技術を採用している反面、安全性や安定性が十分に保証されていないというデメリットも抱えています。

今後はどちらがIoT分野をリードするかで大きく時価総額が変わってくるでしょう。

ハッキングされて生まれたという汚名返上が出来るか

ETC(イーサリアムクラシック)は一部では「イーサリアムがハッキングされた時の名残りのコイン」という見方をしている人がいます。

そのため、ETH(イーサリアム)と同等のスマートコントラクトを持っているにも関わらず、時価総額には大きな差があります。

拡張性の制限など些細な違いはあれど、ハッキングされた時点では機能もセキュリティレベルも現イーサリアムと同等の性能だったことには間違いありません。

現在では技術者によりセキュリティ対策はしっかりと行われ、非中央集権的な管理体制であっても問題なく運用出来るいい意味で保守的な開発が進められています。

そういった意味では「ハッキングで残された古いイーサリアム」ではなく「非中央集権的な運用体制と安定性の高い仮想通貨」として評価するのが正しいでしょう。

2018年に好材料を多く控えている

  • 3/5 :ハードフォーク、Callistoエアドロップ
  • 3/31まで:ウォレットリリース
  • 4/30まで:ベーターモバイルウォレット
  • 5/31まで:ETH互換性
  • 6/30まで:モバイルウォレットリリース
  • 7/31まで:Emerald SDKリリース
  • 11/30まで:IOT互換性
  • 12/31まで:EVMアップグレード

ETC(イーサリアムクラシック)の取引所・買い方

日本の取引所で購入する手順

ETC(イーサリアムクラシック)は以下の国内の取引所で日本円で購入することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているbitFlyer(ビットフライヤー)はおすすめです。

ETCを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. bitFlyerに日本円を入金
  2. 取引所でETC購入

bitFlyer(ビットフライヤー)でETCを購入するまでの手順はこちらの記事を参考にして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)のイーサリアムクラシック(ETC)の買い方と購入方法を徹底解説!
国内の仮想通貨取引所の「bitFlyer(ビットフライヤー)」でイーサリアムクラシック(ETC)...
新規登録はコチラ

bitFlyerの無料登録はこちら(公式サイト)
現在新規登録停止中

海外の取引所で購入する場合

ETC(イーサリアムクラシック)は以下の海外取引所でもビットコインなどで購入することができます。

海外取引所でETCを買う手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. 海外取引所にビットコインを送金
  3. ビットコインでETCを購入

国内取引所からの送金が必須なので、はじめての方は必ず上記で紹介している国内取引所などに登録しておきましょう。

ETC(イーサリアムクラシック)を一番安く買える取引所

日本円で買うことは出来ませんが、海外取引所を使えばスプレッド(取引手数料)なしで安く購入することも出来ます。

以下の記事も参考にしてみてください。

ETC(イーサリアムクラシック)の手数料が一番安い取引所はどこ?最安価で買える理由を徹底比較
仮想通貨ETC(イーサリアムクラシック)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれ...

ETC(イーサリアムクラシック)の口コミ・評判

ETC(イーサリアムクラシック)の公式Twitter

ETC(イーサリアムクラシック)のウォレット・保管方法

ETC(イーサリアムクラシック)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

Ledger Nano S

「Ledger Nano S」は仮想通貨のウォレットで最も利用者数の多いハードウォレットです。ハードウォレットの中でも比較的安価で購入することが可能で、持ち運びも便利です。

外部ウォレットとの連携など機能も充実しているので、仮想通貨投資をしている方に必須のアイテムと言えます。

【Ledger Nano S】「レジャーナノ」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノ...

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

My Ether Wallet

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはイーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)を含む、ICOなどで発行されているERC系トークンを保管出来る無料のデスクトップウォレットになります。

秘密鍵を自身で管理する必要があるので、パソコンなどがハッキングされない限りは安全に管理する事が出来ます。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法とログイン手順 | 送金や入金の使い方を徹底解説
イーサリアム(ETH)やカスタムトークンを管理することの出来るウェブウォレット「MyEtherW...

Ginco(ギンコ)

「Ginco」はスマホアプリで仮想通貨の保管をすることができる初心者でも使いやすい無料のモバイルウォレットになります。

独自の暗号通信方式とクライアント型ウォレットを採用し高水準のセキュリティを実現しており、会社やアプリのハッキングで資産が流出してしまうことがありません。

『Ginco』の使い方と登録方法・入金・送金手順を解説 | 仮想通貨のおすすめモバイルウォレットアプリ
仮想通貨の管理に必要不可欠なモバイルウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」の登録方法と使い方や...

ETC(イーサリアムクラシック)は買うべき?

ETCですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

ETCの評価

プロダクトの将来性(5/5)
時価総額の安さ(2/5)
単価の安さ(3/5)
取引所の少なさ(2/5)
コミュニティの人気度(4/5)
総合評価 (4/5)

ETCはイーサリアムの二番煎じコインではなく、1つの立派な仮想通貨として大きく立ち上がろうとしています。

今後はIoT分野を目指す通貨としてIOTAとぶつかるものの、開発に対する思想が大きく違うので、保守的な開発でじわじわと追い抜いてほしいですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします