不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

THEO(テオ)のデメリットとは? | 登録前に確認すべき5つのリスク!

よろしければシェアをお願いします

ロボアドバイザー「THEO(テオ)」のデメリットについてまとめてみました。

サービスに登録する前に不安をがある方は、こちらの記事に目を通しておくことで安心してスタートすることが出来るようになります。

ではまずは結論から…。

THEO(テオ)のデメリット一覧

  1. 元本保証はされない:余剰資金を投資に使おう
  2. 運用手数料が年間1%かかる:分配金で相殺される
  3. 投資の知識が身につかない:別の投資を始めよう
  4. 自分でポートフォリオを変更出来ない:本格的な投資も始めよう
  5. 事業者倒産のリスク:最大1000万円まで保証される

THEO(テオ)のサービスの特徴はこちらにまとめています。

THEO(テオ)の特徴と評判・デメリット | 11ヶ月の運用実績を大公開!
全自動で資産運用できるロボアドバイザー「THEO(テオ)」とはなんなのか?特徴や評判・メリット・...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

THEO(テオ)のデメリット一覧

デメリット①:元本保証ではない

THEO(テオ)はロボアドバイザーによる完全自動運用の投資サービスです。

”誰でも簡単に資産運用が出来る”という手軽さが魅力ですが、元本保証される金融商品ではありません

株価の暴落など購入したタイミング次第では含み損を抱えてしまう可能性があります。

相場が動くまではそのまま我慢する必要があったり、変動次第では元本割れを起こすこともあります。

これは投資全てに言えることですが、リスクとして多少の損失は目をつぶる必要もあります。

そのため、最初に入金したお金よりもマイナスになるリスクがあると理解して始めてください。

(※これはTHEO(テオ)に限らず全ての投資に当てはまります)

失っても問題のない余剰資金で行うようにしましょう。

デメリット②:運用手数料が年間1%かかる

手数料は預かり資産の1%となっています。(預かり資産3000万円以上の場合0.5%)

100万円で運用していた場合、年間1000円の手数料が取られる計算になります。

Twitterなどでは「手数料1%は高い」という声もありますが、実際に自動運用を行った場合、ETFによる分配金だけでも手数料以上の元は取っていることがわかりました。

こちらはウェルスナビの場合ですが、テオも同様のETFの自動運用を行っているので分配を受け取ることが出来ます。

その結果50万円を1年間の運用した場合、分配金8000円に対して手数料は5000円ほど。

実際はこれに加えて運用益なども発生しているので手数料は特に気にしなくても大丈夫です。

2019年からは手数料の新料金体系をスタートし、預入金額に応じて手数料が割引される仕組みを導入しました。

運用金額 手数料
標準 1%
1万円~50万円 0.9%
51万円~100万円 0.8%
101万円~999万円 0.7%
1000万~2999万円 0.65%
3000万円以上 0.5%

50万円以上運用すれば、長期割込みのウェルスナビ(0.9%)と比較してもやすい手数料になるのでかなりお得と言えますね!

デメリット③:投資の知識が身につかない

THEO(テオ)によって全ての運用を任せていると、自分で投資や資産運用の知識を身につけることが出来ません。

例えば「THEO(テオ)をきっかけに投資の勉強をしよう!」と意気込んで始めた方は入金以外にほとんどやることがなくて勉強したくても出来ない状態になります。

投資の知識を身につけるために始めると失敗してしまうので、そういう目標がある方は別の資産運用を検討してくださいね。

【初心者向け】少額から失敗しない資産運用のはじめかた | おすすめ投資先5選
「資産運用を始めたいけど失敗したくない」という慎重派の方はリスクを抑えながら少額をコツコツと積み...

デメリット④:自分でポートフォリオを変更出来ない

THEO(テオ)は全て自動で運用出来る反面、自分でポートフォリオの変更を細かくすることが出来ません

運用プランはテオの「THEOにおまかせ」と「手動設定」の2種類から選ぶことが出来ます。

自動で運用する「THEOにおまかせ」を選択した場合は全てロボアドバイザー側で管理されます。

そのため運用中に「自分ならポートフォリオをこうするのに…」と歯がゆい思いをする可能性もあります。

運用や金融のプロやAIによって精度の高い運用が行われているので、THEO(テオ)の運用を信じておまかせしましょう。

デメリット⑤:事業者倒産のリスク

THEO(テオ)は企業が運営しているサービスなので、事業が破綻してしまうリスクもゼロではありません。

しかし、投資者保護基金に加入しており、万が一の場合も最大1000万円まで保証されます。

1000万円以上投資する人はほとんどいないと思うのですが、これだけの金額まで保証されるのであれば安心感も高いですね。

倒産のリスクなどは企業の財務分析などを行うことで未然に防ぐことも可能です。

THEO(テオ)の安全性は?運営のお金のデザインの健全性を徹底調査!
全自動で出来る資産運用ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」の安全性についてまとめました。運営企...

THEO(テオ)のキャンペーンまとめ

THEO(テオ)では定期的にお得なキャンペーンを開催中です。

これからTHEO(テオ)を始めようと思っている方は、ぜひこのキャンペーンを利用して登録してくださいね。

【2019年8月最新】THEO(テオ)のキャンペーンまとめ | お得に投資スタート!
ロボアドバイザーの「THEO(テオ)」では現在お得にスタート出来るキャンペーン開催中です! ...

THEO(テオ)のデメリットまとめ

THEO(テオ)のデメリット一覧

  1. 元本保証はされない:余剰資金を投資に使おう
  2. 運用手数料が年間1%かかる:分配金で相殺される
  3. 投資の知識が身につかない:別の投資を始めよう
  4. 自分でポートフォリオを変更出来ない:本格的な投資も始めよう
  5. 事業者倒産のリスク:最大1000万円まで保証される

登録前の不安は解消できたでしょうか?

まだ不安のある方はサービスの評判や口コミなど、すでに利用した方の意見なども参考にして決めてみてくださいね。

THEO(テオ)の特徴と評判・デメリット | 11ヶ月の運用実績を大公開!
全自動で資産運用できるロボアドバイザー「THEO(テオ)」とはなんなのか?特徴や評判・メリット・...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします