不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【2019年版】ソーシャルレンディングで失敗する人はこんな人!よくある失敗談8選

よろしければシェアをお願いします

ソーシャルレンディングは利回りの良い投資先の一つとして大きな注目を集めていますが、その裏では注意を怠ってしまった結果「失敗してしまった」という評判もあります。

今回はソーシャルレンディングで失敗してしまうケースや、実際の失敗談などをまとめました。

予めどのような失敗事例があるのか理解しておくことで、少しでもリスクを下げてソーシャルレンディングを始めることが出来るようになりますよ。

そもそもソーシャルレンディングって何?という方はこちらを参考にしてください。

ソーシャルレンディングとは | 仕組みや投資の始め方を初心者向けに解説!
新しい投資のカタチとして注目されている「ソーシャルレンディング」とは一体何なのか、投資初心者でも...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ソーシャルレンディングの失敗事例8選

  1. 元本保証があると勘違いしていた
  2. リターンの高い案件を選びすぎて返済遅延が起きた
  3. 一社に集中投資した状態で返済遅延が起きた
  4. 運用期間が長いものを選んで資金が動かせなくなった
  5. 担保・保証ありを過信しすぎてしまった
  6. 貸倒れ・返済遅延ゼロを過信しすぎてしまった
  7. 振込・出金手数料のコストで損失が出てしまった
  8. 余剰資金以外のお金も入れてしまった

1.元本保証があると勘違いしていた

ソーシャルレンディングは銀行預金と比較して100倍以上の高利回りを期待することが出来ますが、元本保証される金融商品ではありません

その簡単さから、はじめての投資の選択肢としてソーシャルレンディングは初心者にもおすすめですが、利回りがある=元本割れがないと勘違いしている人も多いのが事実です。

ソーシャルレンディングは入金したお金よりも返ってくるお金が低くなる元本割れのリスクのある金融商品です。

FXやギャンブルと比較すると、専門家が投資先の審査を行っておりリスクは低くなっていますが、リスクゼロではないので注意しましょう。

2.リターンの高い案件を選びすぎて返済遅延が起きた

貸倒れが起きたソーシャルレンディングで有名な事例としてはラッキーバンクが挙げられます。

同社は平均利回り10%という、他のサービスよりも高利回りな条件を提示したことで多くのユーザーを集めましたが、その後貸倒れが起きて大きな問題となりました。

ラッキーバンクに限らず、リターンの高さはリスクに比例するのが投資の原則です。

リターンの高い案件ばかりに投資をすると、それまでコツコツ積み上げた利益すらマイナス担ってしまう損失が発生する可能性があります。

返済遅延や貸倒れなどのリスクがあることを考慮した適度なリターンの投資先を選ぶことが大切です。

ソーシャルレンディングは安全?プロが教える投資のリスクを下げる方法
現在ソーシャルレンディングで1000万円以上の資産を運用している”ろー”と申します。 利回...

3.一社に集中投資した状態で返済遅延が起きた

ソーシャルレンディングの事業者は20社以上あるのですが、その中でも一箇所に集中して投資を行うと貸倒れや返済遅延が起きたときのリスクを全て受けることになります。

投資の世界では分散投資をするのが基本です。

一つのソーシャルレンディングにだけ集中投資をしていると危険なので必ず3~5社以上に資金を分散させておくことが大切です。

4.運用期間が長いものを選んで資金が動かせなくなった

ソーシャルレンディングで運用がスタートすると、その期間中の解約は不可能で元本が拘束された状態になります。

そのため、運用期間が24ヶ月以上など長期間の案件を選んでしまうと、いざという時に資金が動かせなくなるリスクがあります。

投資は余剰資金で行うのが基本ですが、万が一の時に備えて運用期間が6ヶ月程度の短めのものを選ぶことも大切です。

ソーシャルレンディングの運用期間は長いほう・短いほうどっちが良い?実際に投資した経験から比較
ソーシャルレンディングは投資先や案件によって様々な運用期間が設定されています。 この記事で...

5.担保・保証ありを過信しすぎてしまった

一般的にソーシャルレンディングのリスクを下げる一つの方法として「担保・保証あり」の案件を選ぶという自衛手段があります。

しかし、これらは100%リスクが抑えられるというものではなく、あくまでも一つのリスク低減施策でしかないので過信は禁物です。

その理由は以下の通りです。

  • 担保の価値が落ちるかもしれない
  • 担保がうまく売却出来るとは限らない

担保に設定しているもの(不動産など)の価格が何かの要因で下落してしまった場合は、ほとんど損失がカバー出来ない可能性もあります。

また、運営側が提示した金額で買い手が現れずに売却出来ない場合は、売却額を下げるか、買い手が現れるまで待つ場合があります。

その場合は元本返却が遅れる場合もあり、担保あり=100%安全ではないことを覚えておきましょう。

担保・保証付きのソーシャルレンディングはこちらで紹介しています。

担保・保証付きのソーシャルレンディング6選 | 損失リスクの低さで選ぼう
ソーシャルレンディングは利回りの高さで人気となった資産運用ですが、リターンを求めるあまりに貸倒れ...

6.貸倒れ・返済遅延ゼロを過信しすぎてしまった

ソーシャルレンディング事業者の中には、サービス開始以来の貸倒れゼロの実績をアピールしているものが多く見受けられます。

もちろんその実績自体は信用度を保証する上でとても重要な一要素ですが、過信し過ぎは禁物です。

本来は違法ですが、内部で貸倒れや返済遅延などの問題が起きても、それが表面化するまでに企業の資金で補償すれば問題が起きたようには見えません

過去に貸倒れが相次いで問題になったmaneoファミリーも、過去の貸倒れ・返済遅延ゼロの状態から全案件でトラブルが起きました。

このように一度問題が続出すると、一気に立て続けに問題が起きる可能性もあるので100%安心しないように注意をはらいましょう。

貸倒れ・返済遅延ゼロのソーシャルレンディングはこちらで紹介しています。

【貸倒れ・返済遅延ゼロ】リスクの少ないソーシャルレンディング4選 | 信頼性の高さで選ぼう
ソーシャルレンディングは利回りの高さで人気となった資産運用ですが、投資にリスクはつきものです。 ...

7.振込・出金手数料のコストで損失が出てしまった

ソーシャルレンディング投資で見落としがちなコストが振込手数料と出金手数料です。

出金手数料は無料になっているサービスもありますが、半数以上では出金の際に300円以上の手数料がかかります。

また、入金手数料も基本的に銀行振込にしか対応していないので100円~200円ほどの振込手数料のコストがかかります。

この2つを合わせると投資をしてお金を引き出すだけでも500円の損失が発生します。

少しでも手数料コストを抑えるには、入金手数料が無料になるネット銀行を活用するのがおすすめです。

こちらのネット銀行なら所定の回数、手数料無料で振込可能です。

資産運用でお金を増やそうと考えている方は、こういった手数料などの損失を抑えることも大事ですよ。

【裏ワザ】ソーシャルレンディングの振込手数料を無料にするお得な方法は?
一般的に振込手数料のかかるソーシャルレンディングですが、ある方法を使うことで振込手数料(入金手数...

8.余剰資金以外のお金も入れてしまった

ソーシャルレンディングは名前が違えど一種の投資です。

銀行預金と同じ感覚で生活費や老後の資金など、必ず必要になるお金を入れてしまうと危険です。

万が一、貸倒れや返済遅延などが起きてしまうとお金を増やすどころか、必要なお金を失う可能性があります。

投資は自己責任ですが、あくまでも余剰資金だけを投資に使うなどのマイルールを厳しく決めておきましょう。

ソーシャルレンディングの予算の目安 | 貯金のいくらを投資すべき?
「ソーシャルレンディングをはじめたいけど予算はいくら用意すれば良いのか」という疑問を持っている投...

みんなのソーシャルレンディングの失敗談

ソーシャルレンディングの失敗を避けるには?

ソーシャルレンディングの失敗を避けるには、以下のポイントに注意しながら投資先を選ぶことが大切です。

  1. 余剰資金の分散投資を心がける
  2. 過去に返済遅延や貸し倒れがないか調べる
  3. 投資先の企業の評判や財務状況をチェックする
  4. 案件に担保や保証がついているか
  5. リターンの高すぎる案件を避ける
  6. 運用期間の短い案件に投資する

より具体的な対策方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

ソーシャルレンディングのリスクとは?始める前に確認すべきデメリット6選
ソーシャルレンディングを始めるにあたって予め「リスク」があることを理解して投資をスタートすること...

リスクの低いおすすめのソーシャルレンディングはどれ?

実際に10社以上投資してきた私の経験から、リスクの低いおすすめのソーシャルレンディングはFunds(ファンズ)がイチオシです。

Funds(ファンズ)のメリット

  • 特殊な仕組みで従来のサービスよりリスク軽減
  • 万が一のときも関係会社の保証付き
  • 最低1円から投資できる
  • 貸倒れ・返済遅延ゼロの実績
  • 利回りは最大6%とちょうどいい

Funds(ファンズ)はソーシャルレンディングNo.1メディアの「クラウドポート」が運営している、貸付ファンドに投資できるサービスです。

投資先はFunds(ファンズ)の厳しい審査を通過した企業のみで構成されており、想定利回り1.5~6%でコツコツと資産形成を目指す方におすすめです。

従来の資産運用サービスと違い、貸付を専業とする企業に投資を行うので比較的リスクが低くなっているのが特徴です。

長期的に資産運用を行いたい方におすすめのミドルリスク・ミドルリターンなサービスですね。

【特徴まとめ】Funds(ファンズ)のメリット・デメリット | 貸付ファンドに投資しよう!
貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判や口コミ、サービスの特徴・デ...

ソーシャルレンディングで失敗しないように気をつけよう

最期にもう一度失敗事例を確認しておきましょう。

  1. 元本保証があると勘違いしていた
  2. リターンの高い案件を選びすぎて返済遅延が起きた
  3. 一社に集中投資した状態で返済遅延が起きた
  4. 運用期間が長いものを選んで資金が動かせなくなった
  5. 担保・保証ありを過信しすぎてしまった
  6. 貸倒れ・返済遅延ゼロを過信しすぎてしまった
  7. 振込・出金手数料のコストで損失が出てしまった
  8. 余剰資金以外のお金も入れてしまった

ソーシャルレンディングの失敗を避けるためには、予め失敗談や失敗事例などを見て同じ過ちを繰り返さないことが大切です。

どのようなリスクや注意点があるのか確認しておけば、リスクを下げることが出来ます。

ソーシャルレンディングはmaneoファミリーの問題以降、各社も厳しく審査を行っている様子が見られます。

将来性にも期待しており、私も実際に100万円以上運用しているためみなさんもぜひ始めてみてくださいね。

【2019年版】ソーシャルレンディングのおすすめランキング | 国内主要業者をまとめて比較
新しい資産運用を探している方にぜひ使ってもらいたい「ソーシャルレンディング」のおすすめをランキン...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします