不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨におけるFiat(フィアット)とは何なのか?Fiatに戻す理由について

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨界隈でよく耳にする「Fiat(フィアット)」とは何なのか?」という疑問について回答してみました。

Fiat(フィアット)に戻す理由や、Fiatの必要性についても解説しているのでぜひ参考にしてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
コインチェック 公式HP
マネックス運営の最大手取引所!
口座開設+取引で最大20,000円プレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大16000円ゲットのチャンス!

Fiat(フィアット)とは

仮想通貨や投資の世界におけるFiat(フィアット)とはFiat MoneyやFiat Currencyの略語で、法定貨幣(法定紙幣)のことを指します。

法定貨幣とは日本円(JPY)や米国ドル(USD)など国が発行しているお金のことです。

仮想通貨界隈では、値下がりが予想されるタイミングなどで「Fiatに戻す」と言った使われ方をします。

Fiat(フィアット)に戻す理由とは

Fiat(フィアット)は私達が普段生活するために必要不可欠な法定貨幣であり資産になります。

そのため、仮想通貨への投資だけでなく、必要なFiatを確保する必要があります。

仮想通貨市場が上げ相場の場合、ついFiatを軽んじる傾向にありますが、信用性や価値の優位性において法定貨幣も持っておく必要があります。

急な仮想通貨の暴落に備えて、Fiatに転換して資産を守ることも意識しましょう。

Fiatも資産としてポートフォリオに組み込もう

一度投資を始めると、どうしてもFiatを下に見てしまう人が多く「日本円で持っておくぐらいなら…」とつい資産の半分以上を仮想通貨に突っ込んでしまう人が多数いるのが現状です。

しかし、どの通貨を買うにしてもFiatは必要不可欠になります。

暴落して、買い時のタイミングが来ても新たに資金を入れることが出来ず、指を咥えて見るどころか、資産のほとんどが大安売り状態になってしまう悲惨な状態に陥ります。

仮想通貨で稼いでる人が心がけていること10選 | メンタルを鍛えるには
仮想通貨を始めたけど、どうやって稼げばいいかわからない、怖い…という初心者のために、今回は半年で...

仮想通貨のポートフォリオアプリなどは様々ですが、日本円の資産も含めた管理アプリはなかなかありません。

必ず、手持ちの預金残高と比較して、自分がどれ位の割合で仮想通貨と法定貨幣を持っているのか把握しておきましょう。

今後の仮想通貨とFiatはどうなるのか

現状、物を買ったりサービスを受けたり、全てにおいて日本では日本円を、アメリカなどではドルを必要とします。

仮想通貨にも価値が付くように、日本円にも価値があり、どちらも同じ資産として扱われます。

仮想通貨はまだまだ発展途上のため、使われる店舗や利用用途は限られていますが、技術的な信頼や投機目的で価値がついています。

一方日本円などの法定貨幣は、国が中央銀行を介して発行量をコントロールして価値を左右することが出来ます。

中央集権で管理されているけど信頼性の高い法定貨幣と、非中央集権で民主主義的だけど信頼性がまだ低い仮想通貨。

どちらもまだ普段の生活においては一長一短です。

しかし、実用出来る場面が増え、法整備なども進めばお金を持ち歩かなくてもスマホ1つなどで簡単に決済できる仮想通貨はとても未来があると思います。

私の場合は、仮想通貨の将来性を信じて手持ちの資産の割合を半分以上仮想通貨に入れていますが、生活に不自由のない程度に投資して資産をコントロールしてくださいね。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします