不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

Funds(ファンズ)のファンド組成企業「アイフル」の財務分析と健全性を徹底調査!

よろしければシェアをお願いします

貸付ファンドに1円から投資出来る「Funds(ファンズ)」のファンド組成企業の「アイフル」の健全性、財務分析について紹介します。

大手消費者金融会社としてCMなどでも知らない人はいないほどの大企業ですが、本当に安全かどうかは自分の目で調べておいた方が良いでしょう。

この記事では

  • Funds(ファンズ)のファンド組成企業アイフルについて
  • ファンド組成企業アイフルの健全性
  • ファンド組成企業アイフルの財務分析

について分かりやすく紹介しています。

サービスの特徴についてはこちらを参考にしてください。

【特徴まとめ】Funds(ファンズ)のメリット・デメリット | 貸付ファンドに投資しよう!
貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判や口コミ、サービスの特徴・デ...




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

Funds(ファンズ)のファンド組成企業「アイフル」について

アイフルは東証一部上場済み

アイフルの安全性について

  • 1978年京都で創業
  • 東証一部上場企業
  • 消費者金融の大手企業
  • 最短30分で審査・即日融資の無担保ローンが主力
  • 海外(中国・タイ・インドネシア)にも進出

大手消費者金融事業を務めるアイフルは、アコムと並んでCMなどでの認知度も高い東証一部上場企業です。

ローン事業、クレジッドカード事業、保証事業などお金に関する事業を多角的に展開しており、グローバル進出も果たしています。

ソーシャルレンディングに関わる企業は非上場企業が多い中、東証一部に上場しており、未上場の中小企業と比較しても圧倒的に高い信頼性を持っています。

ファンド組成企業としての信頼性はかなり高いと言えます。

主力事業は無担保ローンサービス

消費者金融会社として有名なアイフルの主力事業は無担保ローンサービスです。

面倒な手続きや審査が少なく、最短30分、即日融資が受けられるスピード感が魅力です。

窓口だけでなく、電話やネット経由でも簡単に審査を受けることが可能になっており、現代のデジタル化にも迅速に対応しています。

担保がない代わりに金利はやや高め。消費者金融事業でネックとなる債権回収のノウハウもしっかりと持っており、創業30年以上の実績があります。

プリペイドカード事業「Vプリカ」も展開

アイフルではクレジットカード事業の一つとしてプリペイドカード事業も展開しています。

ネットゲームなどをしている方の間ではおなじみかもしれませんが「Vプリカ」という本人確認や審査不要のプリペイドカードを発行しており、累計販売枚数は2016年9月末時点で830万枚を突破しています。

消費者金融事業だけでなく、幅広い”お金”に関する事業を幅広く展開しています。

Funds(ファンズ)の安全性は?審査基準や企業の健全性を徹底調査!
貸付ファンドに投資できる「Funds(ファンズ)」の安全性についてまとめました。投資先の借り手企...

アイフルの健全性・財務分析

アイフルは上場企業のため、公式サイトで毎四半期ごとに詳細な決算書類(IR)が公開されています。

こちらは2019年3月期第2四半期の業績データです。

  • 売上高(営業収益)前年比:+14.6%
  • 営業利益前年比:+121.4%
  • 営業利益率(営業利益÷売上高):8.42%
  • 当期純利益前年比:+52.5%

営業利益、経常利益、純利益全てが前年同期比で黒字となっており、事業は右肩上がりで成長していることがわかります。

特に営業利益が前年比で2倍以上成長しており、増収増益の経営を続けていることが分かります。

企業本来の活動成果を表す営業利益率は、1~3%が標準、5%以上で上場企業クラスですが、8.42%で安全な経営状態と言えるでしょう。

無担保ローン市場は横ばいで推移

まずは市場全体の消費者向け無担保ローン市場を見てみると、2014年で底を打ち、少しずつ右肩上がりとなっています。

クレジットカード会社のローン市場は少しずつ減少傾向が見られますが、無担保ローン市場は手堅く生き残っています。

貸付金残高の状況

営業成績の要となる、貸付金残高の状況は昨年度から右肩上がりで増加中。

毎年10%以上の成長率を示しており、連結・アイフル単体ともに無担保ローンの市場を拡大し続けています。

新規成約・貸付の状況

今後の成長指数を表す新規成約数は、2015年以降横ばいを続けていましたが新CMの開始やテレビやウェブを中心とした広告展開や与信の見直しで新規申込件数は+8%と大きく増加しています。

アイフルの財務分析をしてみた所、安全性の高い会社ということがわかりました。

【Q&A】Funds(ファンズ)の手数料は?募集金額未達の場合は?よくある質問で登録前の不安を解消!
貸付ファンドに投資出来る「Funds(ファンズ)」で気になるよくある質問と回答をまとめてみました...

Funds(ファンズ)ファンド組成企業「アイフル」は信頼できる

Funds(ファンズ)ファンド組成企業アイフルの健全性

  • 東証一部上場企業
  • 消費者金融事業以外にも多角的に展開
  • 売上高・営業利益ともに右肩上がり

ご覧頂いたとおり、Funds(ファンズ)のファンド組成運営であるアイフルは東証一部上場しており、財務状況もよく健全性の高い経営がされており安全性が高いと判断出来ます。

もちろん倒産(デフォルト)の可能性もゼロではないので、最終的にはご自身で投資判断を行うようにしてくださいね。

【評判と口コミ】Funds(ファンズ)は『1円から投資出来る』ミドルリターンの投資サービス
2019年1月からスタートした投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判と口コミについて分かり...

Funds(ファンズ)の登録方法と始め方 | 特徴・評判や運用実績を大公開!
貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の新規登録・口座開設やアカウント作...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします