仮想通貨の始め方完全マニュアル

トライオートFXのデメリットとは? | 登録前に確認すべき6つのリスク!

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 556

為替FXの自動売買が出来る「トライオートFX」のデメリットについてまとめてみました。

サービスに登録する前に不安をがある方は、こちらの記事に目を通しておくことで安心してスタートすることが出来るようになります。

ではまずは結論から…。

トライオートFXのデメリット一覧

  1. 相場の変動によるロスカットリスク:証拠金維持率に余裕を持たせる
  2. 追証による元本割れのリスク:適切な資金管理と損切りルール
  3. FXに関する予備知識が必要:まずは見よう見まねで始める
  4. 定期的にロット管理が必要:効率的に稼ぐには複利運用
  5. スワップ損失が出る場合がある:少額なので気にしなくてOK
  6. 運営企業の倒産リスク:JASDAQ上場企業運営で安心

トライオートFXの特徴や評判はこちらにまとめています。

トライオートFXの特徴と評判・デメリットについて | 運用実績や設定の口コミ・レビュー
インヴァスト証券の「トライオートFX」とはなんなのか?特徴や評判・メリット・デメリットをそれぞれ...




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+入金で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引+入金で最大111000円ゲットのチャンス!

トライオートFXのデメリット一覧

デメリット①:相場の変動でロスカットされるリスク

トライオートFXでは為替FXの買いと売りの複数のポジションを持って、レンジ相場で利益を積み重ねていくので、相場が急変すると含み損が膨らむ可能性があります。

仮に設定している為替ペアで暴落・暴騰が起きてしまうと、どちらかのが含み損が大きくなってしまい強制的に決済されてロスカット(損切り)されるリスクがあります。

これを防ぐためには、常に余裕を持ったロット管理、証拠金維持率を300~500%以上にしておくなどの資金管理が必須です。

自動売買で放置していてもコツコツ利益を積み重ねてくれますが、こういった市況の変動の際は手動でメンテナンスをする必要があります。

デメリット②:追証による元本割れのリスク

トライオートFXで含み損が大きくなり証拠金維持率が50%を下回ってしまうと、強制的にポジションが決済(ロスカット)が始まります

それを防ぐためには、追加で証拠金(追証)により口座に余裕をもたせることで回避することが出来ます。

しかし、追加入金→さらに含み損が膨らむというパターンももちろんあります。

そうなってしまうと追証の資金も失ってしまう元本割れのリスクがあるため「余剰資金のみを投資に回す」「損切りルールを決める」などの資金管理が必要です。

ちょっと待った!トライオートFXの評価損益でマイナスが出ている時に確認すべきポイント
トライオートFXで運用をはじめて自動運用を始め、いざログインしてみると評価損益が赤字のマイナスに...

デメリット③:FXに関する予備知識が必要

トライオートFXはレンジ相場での為替取引による売り買いを繰り返す取引ロジックを用いた自動売買サービスです。

そのため、取り扱っている商品は「為替FX」になっており「どの為替ペアを選ぶか」「証拠金維持率をどれぐらいにするか」などのFXの予備知識が必要になります。

しかし、FXに関する知識を1から勉強するのはとても大変なので、まずは見よう見まねで設定を真似しておけば大丈夫でしょう。

こちらで管理人の私が実際に運用しているおすすめの設定方法を公開しています。

【実績公開】トライオートFXのおすすめ設定方法 | 高い成績を出すための運用方法
インヴァスト証券の「トライオートFX」の自動売買プログラムのおすすめ設定方法と実績をリアルタイム...

「発注可能額」を限度いっぱい使用せずに、暴落や含み損が出ても耐えられるように証拠金維持率は常に300~500%を維持するようにロットを調整してくださいね!

証拠金維持率が50%を下回ると自動的にロスカットされてしまいますよ。

デメリット④:定期的にロット管理が必要

トライオートFXでは運用している注文パーツと、ロットを設定することで自動売買を始めることが出来ます。

ある程度利益が積み重なってくると、その利益もさらに投資に回して「複利運用をしたい」と考えるでしょう。

その場合はパーツのロットを手動で調整する必要があり、証拠金維持率を見ながら適宜変更しなくてはいけません。

逆に含み損が膨らんだ場合も、証拠金維持率を確保するためにロット数を下げるなど定期的なロット管理の作業が必要になります。

デメリット⑤:スワップ損失が出る場合がある

新規建をしたあと思わぬ方向に相場が変動したり、長期間相場が動かない場合はポジションを長期間持つことになるのでスワップポイント(金利)がかかり続けることになります。

これにより、スワップ損失が発生することがあります。

しかし、よほどの場合でもなければ1000円未満程度の金額で済むのであまり気にする必要はないでしょう。

デメリット⑥:運営企業の倒産リスク

トライオートFXを運営するインヴァスト証券はJASDAQ上場企業で、資本金も業界トップクラスの59億円以上の大企業です。

そのため、倒産リスクは低いと思いますが、万が一倒産した場合でもお客様から預かった資金は全て返還されます

インヴァスト証券では預かった資金はすべて信託分離保管されており、信託契約先銀行の「三井住友銀行」が証拠金の返還をしてくれます。

インヴァスト証券や三井住友銀行に万が一のことがあっても、預けている資金は戻ってくるので安心して利用することが出来ます。

トライオートFXの安全性は?運営のインヴァスト証券の健全性を徹底調査!
為替FXの自動売買サービス「トライオートFX」の安全性についてまとめました。運営企業の「インヴァ...

トライオートFXのデメリットまとめ

トライオートFXのデメリット一覧

  1. 相場の変動によるロスカットリスク:証拠金維持率に余裕を持たせる
  2. 追証による元本割れのリスク:適切な資金管理と損切りルール
  3. FXに関する予備知識が必要:まずは見よう見まねで始める
  4. 定期的にロット管理が必要:効率的に稼ぐには複利運用
  5. スワップ損失が出る場合がある:少額なので気にしなくてOK
  6. 運営企業の倒産リスク:JASDAQ上場企業運営で安心

登録前の不安は解消できたでしょうか?

まだ不安のある方はサービスの評判や口コミなど、すでに利用した方の意見なども参考にして決めてみてくださいね。

トライオートFXの特徴と評判・デメリットについて | 運用実績や設定の口コミ・レビュー
インヴァスト証券の「トライオートFX」とはなんなのか?特徴や評判・メリット・デメリットをそれぞれ...




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします