不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【特徴まとめ】Funds(ファンズ)のメリット・デメリット | 貸付ファンドに投資しよう!

よろしければシェアをお願いします

貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判や口コミ、サービスの特徴・デメリット・メリットなどをまとめてみました。新規登録・口座開設やアカウント作成後の入金手順なども画像付きで初心者に分かりやすく解説しています。

Funds(ファンズ)はソーシャルレンディングNo.1メディアの「クラウドポート」が運営している、貸付ファンドに投資できるサービスです。

企業の”貸付け”に対して投資することが可能な貸付ファンドのオンラインマーケットです。

企業の貸付けによって得た利息をもとに分配金を得ることが出来ます。

Funds(ファンズ)を簡単にまとめると…

  • 貸付ファンドに投資ができる
  • ミドルリスク・ミドルリターンの投資
  • 株や投資信託の暴落に左右されない

Funds(ファンズ)はクラウドポートの厳しい審査を通過した企業のみで構成されており、想定利回り1.5~6%でコツコツと資産形成を目指す方におすすめです。

サービスの評判や口コミについてはこちらを参考にしてください。

【評判と口コミ】Funds(ファンズ)は『1円から投資出来る』ミドルリターンの投資サービス
2019年1月からスタートした投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判と口コミについて分かり...




Funds(ファンズ)とは?特徴について

Funds(ファンズ)は”貸付投資”を通じて事業資金を借りたい企業と個人をつなぐ貸付ファンドのオンラインマーケットです。

個人は貸付ファンドを通じて、企業の”貸付け”に対して投資し、その利息をもとに分配金を得ることができます。

「貸付ファンド」とは、投資家から資金を集めて、その資金をもとに企業に貸し出しを行う仕組みのことです。

将来性が期待できる企業に出資を行う”貸付事業”に対して投資を行い、借りた資金の返済によって生まれた利息が、投資家に分配されます。

「コツコツと安定的に資産形成したい!」「忙しいので相場に振り回されたくない!」というニーズに応える新しい形の投資サービスです。

従来の事業投資型のクラウドファンディングと違い、貸付を行う企業に投資を行うので比較的リスクが低くなっているのが特徴です。

ファンド運用は上場企業などが行う

Funds(ファンズ)で預かった資金はクラウドポート側で集められ、ファンド運用企業に預けられ、企業に融資されます。

Fundsを運営するクラウドポートはあくまでも募集に特化しており、お客様対応、営業者審査、サービス開発をメインとしています。

ファンド運用は東証一部上場の「アイフル株式会社」など、選び抜かれた専門業者が行うので安心感があります。

投資家から集められた資金は最終的にファンド運用企業を通して、借り手企業に貸付けが行われます。

つまり、投資先はファンド組成企業の子会社やグループ会社などの関係会社のみに限定されるので、安心感も高いです。

資金用途は様々で、国内不動産、事業者貸付、ファクタリング、マイクロファイナンス、リースなどファンドによって多岐にわたります。

Funds(ファンズ)のファンドテーマの違いは?ローン型・不動産型の特徴を比較
貸付ファンドに投資出来るサービス「Funds(ファンズ)」では主な投資先のファンドテーマに「ロー...
Funds(ファンズ)のファンドタイプ(貸付・事業)の違いは?特徴を比較
貸付ファンドに投資出来るサービス「Funds(ファンズ)」では主な投資先のファンドタイプに「貸付...

将来性が期待できる審査を通過した企業に限定されます。

借り手企業の企業名を公開している

ソーシャルレンディングでは最終的な借り手企業は匿名となっており、その影響で不祥事や正しい投資判断が出来ないリスクが発生していました。

2019年3月18日に金融庁は匿名化解除に向けての動きに乗り出しており、Funds(ファンズ)も4月からこれにならう形となります。

Funds(ファンズ)では、当見解に対応し、4月以降に公開する全てのファンドにおいてファンド組成企業からの直接的な貸付先を開示し、今回の公表内容を踏まえた情報開示の充実を図ることを発表いたします。

参考:貸付投資のFunds、匿名化解除に対応し貸付先の企業名などの公開方針を発表

今まではファンド組成企業の名前しか公開されていませんでしたが、今後は投資先の企業名まで具体的に公表されます。

これは投資先が安全というお墨付きにもなるので、投資家にとっては嬉しい情報開示と言えますね。

Funds(ファンズ)が借り手企業の匿名化を解除!貸付先の企業名公開で安全性アップ
貸付ファンドに投資出来る「Funds(ファンズ)」では2019年4月から、投資先の匿名化解除に向...

Funds(ファンズ)のメリット

  1. 最低1円の少額から投資できる
  2. ファンド・借り手企業の厳正な審査
  3. 相場による損失リスクがほぼない
  4. ミドルリスク・ミドルリターンの投資
  5. ファンド運用企業は上場企業も行う
  6. すべての手数料が無料

Funds(ファンズ)のメリットついて順番に紹介していきます。

メリット①:最低1円の少額から投資できる

一般的に「投資」という言葉を聞くと最低100万円以上からの大きな金額が必要なケースが多く、ハードルが高いイメージがあります。

Funds(ファンズ)ではファンドごとに最低投資金額が決まっていますが、基本的に最低1円から投資が出来ます。

1社あたりの投資上限は1年あたり500万円と決まっていますが、ファンドごとに気軽に出資金額を入力して決めることが出来ます。

元手が少ない方でも安心して始めることが出来ます。

メリット②:ファンド・借り手企業の厳正な審査

関係会社貸付スキームによって一般的なソーシャルレンディングよりも投資先が明確になっており、借り手企業の素性は知られています。

このスキームのメリットは、信用できる会社がバックに付いているので万が一の貸倒れなどが発生してもその返済を親会社(ファンド組成企業)が負担してくれるという部分です。

万が一事業の失敗などで発生した損失も、親会社が負担するため低リスクで資産運用をすることが出来ます。

それに加え、Funds(ファンズ)ではお客様の投資先となるファンド組成企業や借り手企業の厳正な審査を行っています。

審査している項目は以下のようなものが挙げられます。

  • 実在性
  • 財務状況の健全性
  • 必要な許認可の取得状況
  • 投資対象として信任に値するか
  • 株式上場の有無
  • 監査法人等との監査契約締結の有無
  • ベンチャーキャピタルとの投資契約締結の有無
  • 経営陣の業界経験などに照らし合わせて判断

入手した資料を元に、専門家が厳しい審査を行っており、厳選されたファンド・借り手企業のみが募集することが出来る仕組みになっています。

どのような審査を行っているのか教えてください

Funds(ファンズ)の安全性は?審査基準や企業の健全性を徹底調査!
貸付ファンドに投資できる「Funds(ファンズ)」の安全性についてまとめました。投資先の借り手企...

メリット③:相場による損失リスクがほぼない

従来の株式投資や投資信託では、市場の暴落、株価の変動などで相場の値動きによる損失が発生する可能性があります。

値動きによって利益を得るタイプの投資ではなく、一度投資をすれば運用期間満期まで待てば想定利回り分の利益を受け取ることが出来ます。

そのため、パソコンの前に張り付く必要もなく、市場の暴落による損失リスクなどを被ることがありません

市場の変動による借り手企業の業績悪化などが起きない限りは、分配を期待することが出来ます。

メリット④:ミドルリスク・ミドルリターンの投資

Funds(ファンズ)の”貸付投資”は今までにない新しい形の投資サービスです。

その位置づけは株や投資信託よりもリスクが低く、預金や国債よりもリターンが大きいというミドルリスク・ミドルリターンな投資です。

運用中の手間もなく「ある程度のリターンは欲しいが、リスクは抑えたい」といういいとこ取りのコツコツ型の投資です。

運用期間は4ヶ月以上、想定利回りは1.5~6%ほどになる予定です。

メリット⑤:ファンド運用企業は上場企業も行う

「貸付投資」といっても、預かった資金を運用するファンド運用企業の信用性は気になりますよね。

現在公開されているファンド運用企業には東証一部上場をしている国内最大手の「アイフル株式会社」や東証二部上場の「株式会社デュアルタップ」などが行っています。

ファンド組成企業として公開されている企業の安全性や財務分析はこちらで公開しています。

メリット⑥:すべての手数料が無料

Funds(ファンズ)では全てのお客様の支払う手数料が無料になっています。

  • 口座開設費:無料
  • 口座維持費:無料
  • 出金手数料:無料

多くの資産運用サービスでは出金手数料のみ支払いは負担されるケースが多く、リターンの一部が手数料によって消失してしまう場合もあります。

資産運用に置いて盲点となりがちなコストですが、これなら安心して利用できますね。

(入金手数料については銀行側の振込手数料のみ負担となります)

Funds(ファンズ)の入金方法を解説! | 振込手数料を無料にする裏技も紹介
ソーシャルレンディングの「Funds(ファンズ)」の入金方法や、振込手数料(入金手数料)について...

口座開設だけならお金もかからないので、とりあえず登録と審査だけでも済ませておきましょう。

そうすることで、いつでも気になるファンドが出た時にすぐ投資出来るようになります。

Funds(ファンズ)のデメリット

Funds(ファンズ)のデメリット一覧

  1. 1社の投資上限額は年間500万円:少額投資なら気にしないでOK
  2. 借り手の情報が非公開の場合がある:貸金業法に則っている
  3. 運用途中での解約は原則不可能:8週間以内ならクーリングオフ可能
  4. 配当遅延・延滞のリスク:余剰資金の投資でリスク回避
  5. 運営企業の倒産リスク:運営企業の財務分析で防げる
  6. ファンド企業の貸し倒れリスク:ファンドの財務分析で防げる
  7. 人気が高く参加しづらい:投資申込の流れを事前に確認

Funds(ファンズ)のデメリットついてはこちらの記事で紹介しています。

サービスに登録する前に不安をがある方は、こちらに目を通しておくことで安心してスタートすることが出来るようになります。

Funds(ファンズ)のデメリットとは? | 登録前に確認すべき7つのリスク!
貸付ファンドに投資出来る「Funds(ファンズ)」のデメリットについてまとめてみました。 ...

Funds(ファンズ)の運用実績

管理人の私が実際に物件に投資した運用実績を、こちらの記事で公開しています。

2019年4月度からの成績を順次公開していきます。

Funds(ファンズ)の運用実績を公開!実際に貸付ファンドに投資してみた結果…
貸付ファンドに1円から投資できる「Funds(ファンズ)」に実際に投資した運用実績を公開していま...

Funds(ファンズ)の運営会社について

Funds(ファンズ)は2016年11月に設立された「株式会社クラウドポート」によって運営されています。

第二種金融商品取引業の登録や、第二種金融商品取引業協会にも加入している企業です。

株式会社クラウドポートはソーシャルレンディング業界No.1メディアクラウドポート」「クラウドポートニュース」も運営している高い実績を挙げています。

B Dash Ventures株式会社、AG キャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社などが出資を行っており、社内には金融の専門家や弁護士が複数在籍しています。

メンバーの中には、関東財務局の設立メンバー、大和証券出身の弁護士、複数の証券会社の役員、内部管理統括責任者を務めた方もいます。

代表取締役の「藤田 雄一郎」氏の経歴は以下のとおりです。

早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にマーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスの立ち上げに経営メンバーとして参画。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。

2013年には「クラウドバンク」のサービス立ち上げに関わっており、ソーシャルレンディング運営のノウハウもしっかりと持っています。

経験豊富なメンバーが多く在籍しており、CEOの経歴も十分安心できるのではないでしょうか。

運営企業としての信頼性はかなり高いと言えます。

Funds(ファンズ)の安全性は?審査基準や企業の健全性を徹底調査!
貸付ファンドに投資できる「Funds(ファンズ)」の安全性についてまとめました。投資先の借り手企...

Funds(ファンズ)の評判・口コミ

Funds(ファンズ)の評判・口コミでは以下のようなものがありました。

  • ミドルリスク・ミドルリターンのお手軽な投資
  • 個人向け社債のような投資サービス
  • スマホから使いやすいサービス
  • ファンド組成企業の株価がストップ高に
  • リアルセミナーを開催しており安心出来る
  • ホリエモンもロケットの資金調達に利用!?
  • 初回案件が16分で募集完了
  • 投資先の企業名が公開されている
  • 今後に期待して口座開設をする

Funds(ファンズ)はリリース前評判もとても好評で、1円から投資できる気軽さ、リスクの低さが大きなメリットとして投資家からも注目されています。

国内初のソーシャルレンディング専門メディアを立ち上げたクラウドポート社が運営しているので、競合をしっかりと分析してサービス開発されていくでしょう。

まだまだ出たばかりのサービスなので、今後の案件に期待したいですね。

【評判と口コミ】Funds(ファンズ)は『1円から投資出来る』ミドルリターンの投資サービス
2019年1月からスタートした投資サービス「Funds(ファンズ)」の評判と口コミについて分かり...

Funds(ファンズ)はこんな人におすすめ

Funds(ファンズ)はこんな人におすすめ

  • 日中相場に張り付くことが出来ない
  • ほったらかしで投資がしたい
  • 利益予想の出来る投資がしたい
  • ミドルリスク・ミドルリターンの投資がしたい
  • 投資先の企業名を知りたい

一度投資先を決めたらほったらかしでも資産運用できるサービスなので、投資初心者でも堅実に資産を積み重ねることが出来ます。

Funds(ファンズ)の口座開設に必要なもの

口座開設をするためには以下の3点が必要になります。

登録は3分程度で終わるので、スムーズに進めるために事前に準備しておきましょう。

  • メールアドレス
  • マイナンバー(ない場合はスキップ可能)
  • 本人名義の銀行口座
  • 本人確認書類(免許証・健康保険証など)

登録までは3ステップ

資産運用サービスの口座開設がはじめての初心者の方でも、3ステップで簡単に出来るので安心して下さい。

  1. 会員登録(無料)(3分)
  2. 投資家確認(無料)(5営業日以内)
  3. 口座入金(3分)

申込みをしてから本人確認の審査完了まで最短5営業日以内で完了するので、すぐに始められます。

【初心者向け】Funds(ファンズ)の登録前に要確認!投資の流れを理解して不安を解消しよう!
貸付ファンドに投資できる「Funds(ファンズ)」は貸付を行うファンドに投資することの出来る新し...

Funds(ファンズ)の口座開設手順

まずはこちらから公式サイトにアクセスします。

https://funds.jp/

トップページが表示されるので、口座開設のボタンを押して登録画面に移動します。

メールアドレス・パスワードの登録

登録に必要なメールアドレスとパスワードを入力していきます。

セキュリティ対策のため、パスワードは必ず8文字以上になるように入力してください。

すべての情報を入力したら新規会員登録ボタンを押して進みます。

メールアドレスの確認

仮登録が完了し、登録したアドレスに本登録用のURLが記載されたメールが届くので受信ボックスを確認してください。

記載されている「メールアドレスを確認」ボタンをクリックしてメールアドレスを確認します。

メール確認が完了したら、そのまま口座開設に進みましょう。

口座開設の手続き

個人名義の口座開設をクリックして次に進みます。

次に口座開設の手続きに必要な所定の審査を行うための基本情報を入力していきます。

上から順に名前や住所、投資家適合性を確認するために必要な年収、振込先の口座情報などを入力します。

次に、重要書類への同意として上から順に確認書類を開いて全てに目を通して下さい。全て確認したら次に進みます。

(重要書類はここでダウンロードしなくてもメールで送付されます)

最後に、本人確認に必要な書類を提出します。

スマホなどで運転免許証など顔写真付きの確認書類を撮影してアップロードして下さい。

1点で本人確認ができる書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(写真あり)
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書(発行から6ヶ月以内)

アップロードする書類を選択して、アップロードが完了したら次に進みます。

最後に、マイナンバーの書類を提出します。顔写真ありのマイナンバーカードと、通知カードどちらも提出可能です。

マイナンバーの番号及び、写真をアップロードしたら次に進みます。

(この項目はスキップできますが、投資を行うためには提出が必須です)

以上で口座開設の申込は完了です。お疲れ様でした。

登録した内容は運営によって本人確認と投資家適正審査が行われます。

内容に問題がなければ、登録した住所宛に住所確認のはがきが、5営業日以内に送付されます。

到着後、口座開設が完了となりログイン・入金・投資が始められるようになります。

【初心者向け】Funds(ファンズ)の登録前に要確認!投資の流れを理解して不安を解消しよう!
貸付ファンドに投資できる「Funds(ファンズ)」は貸付を行うファンドに投資することの出来る新し...

Funds(ファンズ)の入金手順

ログイン後に表示されるマイページで「デポジット口座」を押するお客様専用の振込先口座が表示されます。

間違えの無いようにしっかりとメモをして振込を行ってください。

※入金する際は必ず本人名義の口座から振込を行ってください。本人以外の名義で振込を行うと口座反映が遅れたり、反映されない場合があります。

無事に入金が完了すると、下にある「入出金明細」に表示されます。

Funds(ファンズ)の入金方法を解説! | 振込手数料を無料にする裏技も紹介
ソーシャルレンディングの「Funds(ファンズ)」の入金方法や、振込手数料(入金手数料)について...

Funds(ファンズ)の使い方・投資申込

Funds(ファンズ)の投資申込の流れは以下の通りです。

  1. 募集案内が事前にメールで届く
  2. 募集開始時間から投資申請可能になる
  3. 投資申込金額の入力
  4. 確認書類への同意
  5. 申込みボタンを押して完了

それぞれ詳しく解説していきます。

1.募集案内が事前にメールで届く

サービスに登録したメールアドレス宛に「【Funds】新規ファンドのご案内」といったタイトルでFunds(ファンズ)からメールが募集開始前に送信されます。

この際、すぐにメールを確認できるようにスマホで確認出来るように設定しておくことをおすすめします。

メールを受け取ったらファンド情報ページを確認してこの時に「買うか買わないか」を決めておくことが大切です。

2.募集開始時間から投資申請可能になる

ファンド一覧は「ファンドを探す」から確認することが出来ます。

このページでは募集開始前からファンド詳細ページを確認することができ、募集開始時間になるとここから参加することが出来ます。

3.投資申込金額の入力

確実に投資申込に参加するには、募集開始前から詳細ページを表示しておくと良いでしょう。

募集開始時間になったらブラウザの更新ボタンを押して「募集中」になっていることを確認しましょう

(情報ページでは募集開始前では画像の赤枠の部分はありません)

募集開始時刻になると右下に申込みフォームが表示され、申込金額の入力画面が表示されます。

ここで申込をする金額を入力してすぐ次に進みましょう。

4.確認書類への同意

画面を進むと確認画面が表示されます。

このとき、確認事項を確認してチェックを入れて確認画面に進みます。

5.申込みボタンを押して完了

すべての情報を入力したら最後に確認画面が表示されるので「投資を申し込む」をクリックして完了です。

以上で投資申込が出来ます。

簡単ですが、本番ではアクセス殺到でサーバーダウンすることもあるので注意してくださいね。

4.確認書類への同意

画面を進むと確認画面が表示されます。

このとき、確認事項を確認してチェックを入れて確認画面に進みます。

5.申込みボタンを押して完了

すべての情報を入力したら最後に確認画面が表示されるので「投資を申し込む」をクリックして完了です。

以上で投資申込が出来ます。

簡単ですが、本番ではアクセス殺到でサーバーダウンすることもあるので注意してくださいね。

投資出来ないを防ぐ!Funds(ファンズ)の投資申込までの流れを解説
ソーシャルレンディングの「Funds(ファンズ)」ではファンド案件の人気が高く「投資申込が出来な...

Funds(ファンズ)のよくある質問

Funds(ファンズ)をはじめるにあたって気になるよくある質問をQ&A形式でまとめてみました。

Funds(ファンズ)のよくある質問と回答

  • 手数料はかかる?:口座開設・維持費・出金手数料全て無料
  • 口座開設に必要な書類は?:写真付きの身分証1つ+マイナンバー通知カード
  • 口座開設は何日かかる?:5営業日程度が目安
  • 投資申込後の入金期限は?:申込みから3営業日目か募集終了予定日
  • 募集金額未達の場合は?:ファンド不成立となる。その場合は口座に返還(手数料はFunds負担)
  • 最低必要予算はいくら?:最低1円から投資出来る
  • 分配金はいつ支払われる?:ファンドごとに異なります
  • 分配金を再投資するには?:デポジット口座からそのまま可能
  • 中途解約は出来る?:原則不可能。お問い合わせからクーリングオフ可能
  • 確定申告は必要?:源泉徴収が行われているので不要

サービスに登録する前に不安をがある方は、こちらの記事に目を通しておくことで安心してスタートすることが出来るようになります。

【Q&A】Funds(ファンズ)の手数料は?募集金額未達の場合は?よくある質問で登録前の不安を解消!
貸付ファンドに投資出来る「Funds(ファンズ)」で気になるよくある質問と回答をまとめてみました...

Funds(ファンズ)は貸付ファンドに投資出来る

以上、Funds(ファンズ)の特徴についてでした。

最後にサービスの重要なポイントをまとめておきます。

  1. 最低1円の少額から投資できる
  2. ファンド・借り手企業の厳正な審査
  3. 相場による損失リスクがほぼない
  4. ミドルリスク・ミドルリターンの投資
  5. ファンド運用企業は上場企業も行う
  6. すべての手数料が無料

”貸付投資”という新しい形式の資産運用サービスなので、新しい市場で大きなシェアを拡げる可能性があり将来性にも期待できます。

ソーシャルレンディングほどリスクも高くなく、預金や国債以上のリターンが期待できるので、コツコツと年月をかけて資産運用していくにはちょうど良さそうだと感じました。

私も少額から始めてみようと思っているので、この機会にぜひ口座開設してくださいね。

口座開設だけならお金もかからないので、とりあえず登録と審査だけでも済ませておきましょう。

そうすることで、いつでも気になるファンドが出た時にすぐ投資出来るようになります。

Funds(ファンズ)の登録方法と始め方 | 特徴・評判や運用実績を大公開!
貸付ファンドに投資出来る投資サービス「Funds(ファンズ)」の新規登録・口座開設やアカウント作...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で1万円分のリップルプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大11000円ゲットのチャンス!

初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…
【完全放置】ほったらかし投資が出来るおすすめの資産運用サービス11選
資産運用を始めてみたいけど、仕事や家事で忙しくて投資を始めることが出来ない…というビジネスマンや…
【初心者向け】資産運用のはじめかた | 投資初心者でも出来るおすすめサービス
将来の資産形成を始めるためにも、できるだけ早いうちに始めておくべきなのが「資産運用」です。 …

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします