不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【徹底比較】BitMEXとCryptoGTどっちがおすすめ?手数料や特徴の違いを比べてみた

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨FXで有名な取引所「BitMEX(ビットメックス)」と「CryptoGT(クリプトGT)」の違いについて詳しくまとめてみました。

「同じようなFX取引所じゃないの?」と思っている方向けに、それぞれの特徴や手数料などを比較してどっちがおすすめなのか、メリット・デメリットを出してみました。

どちらに登録しようか迷っている方や、メインで使用するBTCFX取引所に迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

まだ登録がお済みでない方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

【BitMEX】ビットメックスの登録方法と使い方 | 取引・注文・入金・出金のやり方まで完全ガイド!
ビットコインFXが出来る海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」の新規登録・口座開設や二段階...
【CryptoGT】クリプトGTの登録方法と使い方 | 入金・出金・スマホアプリ設定まで完全ガイド!
海外取引所のCryptoGT(クリプトGT)の新規登録・口座開設や入出金に必要な二段階認証の設定...



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

結論!どっちの取引所がおすすめか

CryptoGTがおすすめ!

CryptoGTはBitMEXよりも最大レバレッジが高く、通貨の種類も多いですが、何よりもスマホアプリでの取引のしやすさが圧倒的に優れています。

世界中のプロトレーダーも使用している「MT5」の取引プラットフォームに対応しているので、急な相場変動があってもサーバーが重くならず注文がサクサクと通ります。

そのため慌てて損切り→注文が通らずロスカット…という最悪の展開を防ぐことが出来ます。

リスク管理をするためにもサーバーの安定性というのはとても重要で、CryptoGTはその部分をしっかりと対応している取引所です。

海外発の取引所ですが、日本語のサポートも受けられるので英語が苦手な方でも安心して利用できますよ。

BitMEXとCryptoGTの比較まとめ

比較内容 BitMEX CryptoGT
最大レバレッジ 100倍
(BTCのみ)
200倍
(全通貨対応)
追証リスク なし なし
ロスカット 50% 100%
通貨の種類 8種類 12種類
48取引ペア以上
証拠金通貨 BTCのみ 12種類
BTC手数料 成行:0.075%
指値:-0.05%
約0.08%
(スプレッド)
アルトコイン
手数料
成行:0.25%
指値:-0.05%
約0.35%~0.5%
(スプレッド)
スワップ手数料 -0.375%~0.375%
8時間毎
約0.01%/4時間
安定性
セキュリティ
両建て 不可 可能
日本語対応 あり あり
スマホアプリ なし あり(MT5)
iOS/Android

最大レバレッジの違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
最大レバレッジ 100倍
(BTCのみ)
200倍
(全通貨対応)

CryptoGTは仮想通貨FXが出来る取引所の中でもトップクラスである「200倍」の最大レバレッジを設定可能です。

BitMEXは最大100倍のレバレッジをかけられることで一躍有名になりましたが、実際は100倍に設定可能なのはBTC(ビットコイン)のみです。

(ETHは最大50倍、XRPやBCHは最大20倍)

しかし、CryptoGTはすべての取引ペアで最大200倍のレバレッジを設定することが出来るので、正真正銘のレバレッジの高さを誇ります。

レバレッジの高さで選ぶのであればCryptoGTがおすすめです。

レバレッジ倍率はBitMEXの方が変更しやすい

CryptoGTはレバレッジ倍率の高さではBitMEXよりも優秀ですが、レバレッジの部分で2つのデメリットを抱えています。

  1. レバレッジを細かく変更出来ない
  2. 簡単にレバレッジを変更出来ない

①についてはCryptoGTはトレーディング口座ごとにレバレッジが決まっており、1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍の中から選択します。

その後、そのトレーディングアカウントで、固定のレバレッジで取引することになります。

②についてはレバレッジを変更したい場合は運営にメールを送って変更依頼を出す必要があります。

メールを送ってから1時間以内に変更してもらえますが、自分ですぐに変更出来ないのはストレスかもしれません。

一方、BitMEXではポジションごとにレバレッジの変更が柔軟にでき、細かい倍率に調整することも出来ます。(3倍、8倍など)

ポジションや通貨ごとにレバレッジを変更したい方はBitMEXを利用しましょう。

BitMEX(ビットメックス)のレバレッジの変更方法 | クロスマージンと分離マージンの違いとは?
BitMEX(ビットメックス)ではビットコインやアルトコインのFXが可能になっており、元手以上の...

追証リスクとロスカットラインの違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
追証リスク なし なし
ロスカット 50% 100%

FX取引で一番怖いのは、追証による元手以上のマイナスがでてしまう借金のリスクですよね。

証拠金がBTCに置き換わるため「追証のリスクがまったくない」という点でBitMEXは有名になりましたが、CryptoGTでもそれは同じです。

どれだけ予想に反する相場に流れても、借金を抱えるリスクはないので安心して使ってくださいね。

そのかわり、「ロスカット」と言われる一定の証拠金維持率を下回った段階で強制的にポジションをクローズする仕組みがあります。

これがBitMEXでは50%、CryotoGTでは100%に設定されています。

BitMEXでは証拠金を目一杯使ってポジションを持つことが出来ますが、同じ感覚でCryptoGTでポジションを持ってしまうと、すぐにロスカットされてしまうリスクがあります。

そのかわり、ロスカットによって失う資産のリスクもBitMEXでは高くなるので、リスクを減らしてトレードしたい方はCryptoGTがおすすめです。

「追証なし」で仮想通貨FXが出来る!初心者向けのおすすめ取引所6選 | リスクゼロでトレードしよう
仮想通貨FXをやってみたいけど、リスクがあるトレードは怖いと思っている初心者向けにリスクを減らし...

取扱通貨の種類・証拠金通貨の違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
通貨の種類 8種類 12種類
48取引ペア
取扱銘柄 BTC,ETH,BCH
XRP,EOS,ADA
TRX,LTC
BTC,ETH,BCH
XRP,EOS,ADA
TRX,LTC,XMR
DSH,BNB,USDT
証拠金通貨 BTCのみ 12種類

通貨の種類や取引できるペアの数は、CryptoGTの方が優秀です。

BitMEXの場合は1つの銘柄につき1つの取引ペアしか無く、通貨の種類も少ないので取引通貨の種類も取引ペアの数も少ないのが大きなデメリットです。

一方、CryptoGTでは1つの銘柄で複数の取引ペアを選択可能です。

例えば、XRPだけでもETH,BCH,LTC,DASH,JPYペアなど幅広く揃っているため、自分のトレードあった取引ペアを選ぶことが出来ます。

また、証拠金として使用できる通貨にも違いがあります。

BitMEXではBTCのみの入金にしか対応しておらず、それ以外の通貨を証拠金として使えません。

そのため、手元にETH(イーサリアム)やXRP(リップル)しかなければ、一度ビットコインと交換して取引所に入金する必要があります。

一方、CryptoGTでは取扱通貨全てを証拠金として使えるので、アルトコインを証拠金にしてアルトコインFXをすることが出来ます。

取引手数料(スプレッド)の違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
BTC手数料 成行:0.075%
指値:-0.05%
約0.08%
(スプレッド)
アルトコイン
手数料
成行:0.25%
指値:-0.05%
約0.35%~0.5%
(スプレッド)
スワップ手数料 -0.375%~0.375%
8時間毎
約0.01%/4時間

手数料を比較する前に、どのような手数料があるのか紹介しておきます。

  • 取引手数料(スプレッド):取引が約定した際に発生する手数料
  • スワップ手数料:ポジションを持ち続けると発生する手数料

ここで注意するポイントとして、CryptoGTはスプレッド方式、BitMEXでは板取引方式を採用しており厳密な取引手数料を比較することは出来ません

2つを比較すると、通貨の販売方式に大きな違いがありBitMEXでは「取引所方式」で取引を行うのに対して、CryptoGTでは「販売所方式」で取引が行われます。

  • BitMEX(取引所方式):ユーザー同士の売買
  • CryptoGT(販売所方式):運営から買い付けを行う

「取引所方式」ではユーザー同士の売買なので、運営はごく僅かな手数料しか取りませんが、その代わりに注文が少し難しく、注文板次第では欲しい数量を一気に買えないといったデメリットもあります。

「販売所方式」では運営が仕入れた通貨を買い付ける形になるので、仲介手数料として「スプレッド」と言われる売買手数料が上乗せされています。

(画像を見ると左右の価格で差がありますが、この価格差をスプレッドと言います)

この方式は国内取引所でもDMM BitcoinやCoincheckなどが採用していますが、そちらのスプレッドは3~6%とかなり高額なのに対して、CryptoGTはその1/10以下とかなり健闘していると思いますね。

ですので、今回はビットコインとイーサリアムなどのアルトコインを取引した際に発生する手数料として大まかに比較していきます。

ビットコインの取引手数料(スプレッド)を比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
BTC手数料 成行:0.075%
指値:-0.05%
約0.08%
(スプレッド)

ビットコインの手数料は一見BitMEXの方が安く見えますが、これは片道の手数料になります。

そのため、ビットコインを購入して売却すると0.075%×2=0.15%の取引手数料がかかってしまうことになります。

一方、CryptoGTでは0.08%のスプレッドのみで済むのでBitMEXの成行取引と比較すると安くなりますね。

しかし、BitMEXでは指値取引をすると手数料がマイナスになり、約定価格の0.05%分が戻ってくるというお得な仕組みがあります。

手数料分を受け取ることが出来ることを考えると、ビットコインの手数料はBitMEXの方がお得ですね!

また、6ヶ月間取引手数料が10%オフになる裏ワザも紹介しているので参考にして下さい。

BitMEX(ビットメックス)の取引手数料は高い? | 10%割引にする裏技を紹介!
BitMEX(ビットメックス)を利用していると「手数料が高いな…」と感じたことはありませんか? ...

アルトコインの取引手数料(スプレッド)を比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
アルトコイン
手数料
成行:0.25%
指値:-0.05%
約0.35%~0.5%
(スプレッド)

アルトコインの手数料も先程と同じように、一見BitMEXの方が安く見えますが、片道の手数料になります。

そのため、成行取引(0.25%)を往復してしまうと0.5%の手数料がかかってしまうので、成行取引をする人の場合はこちらもCryptoGTの方がお得になりますね。

CryptoGTでは通貨ペアごとにスプレッド比率が変わってくるので、詳しくは公式サイトを確認して下さい。

しかし、ビットコイン手数料と同じようにBitMEXで指値取引をすれば約定価格の0.05%分が戻ってくるというお得な仕組みがあります。

ですが、私の経験上BitMEXのアルトコイントレードは思った価格まで指値が届かずに結局成行取引するケースが多いので、CryptoGTの方が結局お得になる場合が多いですね。

手数料も国内取引所と比較しても安いので、ぜひチェックしてみて下さい。

【CryptoGT】クリプトGTの手数料は高い?他取引所と徹底比較! | スプレッド・スワップ・出金手数料
仮想通貨FXが出来る海外取引所「CryptoGT(クリプトGT)」でかかる手数料(取引手数料/ス...

トレンド相場ではCryptoGTは危険

CryptoGT(クリプトGT)の通常時は、他取引所と比較しても狭いスプレッドで魅力的ですが、これが相場が急変動するとスプレッドが拡大する危険があります。

BTCUSDペアだけ見ても、片道1%程度のスプレッドがかかっており、通常時の25倍もスプレッドが広がっている事がわかります。

その他の通貨もスプレッドが拡大しており、利益を出すのがかなり難しい状態となっています。

大きく価格が動いているような場面(トレンド相場)で使用するのはかなり危険のようですね。

CryptoGT(クリプトGT)は危険?スプレッド拡大でロスカされてしまう原因を紹介
仮想通貨FXが出来る「CryptoGT(クリプトGT)」は、2way方式(販売所方式)で取引が可...

スワップ手数料を比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
スワップ手数料 -0.375%~0.375%
8時間毎
約0.01%/4時間

スワップ手数料はポジションを持ち続けた際に発生する手数料です。

スワップ手数料の計算式は以下のとおりです。

  • スワップレート×通貨ペアの価格×取引量(ロット数)÷100÷360=スワップ手数料

CryptoGTでは通貨ペアごとにスワップ手数料は微妙に変わってきますが、基本的には1時間毎にポジション金額の0.01%分がかかります。

一方、BitMEXではスワップ手数料は「資金調達率(Funding)」という名称で記載されており、-0.375%~0.375%の間で変動します。

この手数料は8時間毎(日本時間の5時、13時、21時)に発生するので、その時間までにポジションを解消すれば手数料を支払う必要はありません。

BitMEXのスワップ手数料はロング・ショートの比率に応じて変動するので、仕組みを理解しておけばマイナス手数料で稼ぐことも出来ますよ。

BitMEX(ビットメックス)の資金調達率(Funding手数料)とは? | 残高が減ってる・増えてる理由
BitMEX(ビットメックス)で取引をしていると知らない間に残高(お金)が減ったり増えたりしてい...

▼ここから登録で半年間手数料10%オフ!▼

サーバーの安定性の違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
安定性
両建て ×
流動性

【1】サーバーの安定性の違いを比較

CryptoGTは世界中のプロトレーダーも使用している「MT5」の取引プラットフォームに対応しているので、急な相場変動があってもサーバーが重くならず注文がサクサクと通ります。

そのため慌てて損切り→注文が通らずロスカット…という最悪の展開を防ぐことが出来ます。

一方、BitMEXでも通常時はサーバーも快適ですぐに注文が通ります。

しかし常に自動売買BOTが動いており、利用者も多いため相場が急激に変動した場合、注文が全く通らなくなります。

2017年以降、利用者が急増したにもかかわらずサーバーの重さは変わっていないので改善に期待しながら利用を続けるのはかなりリスキーですね。

いざという時のためにもサーバーの安定性というのはとても重要ですが、CryptoGTはその部分をしっかりと対応している取引所です。

【2】両建ての有無の違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
両建て 不可 可能

BitMEXでは同銘柄でロングとショートを同時に持つ「両建て」には対応しておらず、反対のポジションを保つ場合は現在のポジションを解消する必要があります。

一方、CryptoGTでは両建てが可能になっており、1つの口座でどちらのポジションも持つことが出来ます。

そのため、「長期的にはロングだけど短期的にはショート」といった局面で場面に応じたポジションを持つことが可能になっています。

ユーザーの投資スタイルに合わせて柔軟な取引が可能になっているので、リスクヘッジとしても魅力的です。

【3】流動性・取引高の高さを比較

流動性や取引高は成行取引をする人にとってはとても重要なポイントです。

BitMEXでは板取引方式を採用しているため、ユーザー間の取引をすることになります。

そのため、注文板が薄すぎると成行取引をした際に価格が滑ってしまい高値で掴んでしまう可能性もあります。

では実際にビットコインとリップルの注文板を見比べてみましょう。

こちらがBitMEXのビットコインの注文板です。USD建てで0.5ドル単位で注文可能ですが、価格はすべて埋まっていますね。

一方リップルの場合はビットコインを証拠金として1Satoshi単位で取引することが出来ます。

しかし、注文板を見てみると売り板の枚数が少なく、5万枚のロングをしただけでも8207~8213まで価格が動いてしまいます。

人気の高いリップルでもこの注文板の厚さなので、他のアルトコインだとさらに不安ですね。

一方CryptoGTでは販売所方式を採用しており、ユーザー同士ではなく、取引所から通貨を買い付けることになるので取引高や注文板を気にする必要はありません。

好きな通貨を好きな枚数だけ買い付けることが出来ます。

ただし、注意点として通貨ペアごとに保有できる最大ロット数の制限があります。

BTC/USDのペアであれば50枚までしか保有できないので注意しておきましょう。

大量のロット数を動かしたい方はBitMEXを利用するのがおすすめですね。

セキュリティの違いを比較

BitMEX CryptoGT
二段階認証
コールドウォレット
マルチシグ
手動出金確認
二段階認証
コールドウォレット
マルチシグ
独自ハッキング対策

仮想通貨を預ける先としては安全な取引所を選びたいところですが、セキュリティの安全性はどちらも同程度で安全と言えます。

二段階認証、マルチシグ、コールドウォレットなどの基本的なセキュリティ対策はどちらも完璧に行っています。

独自のセキュリティ対策として、BitMEXでは1日に1回(日本時間22時)の手動の確認出金作業を行っており、不正な出金を未然に防いでいます。

BitMEX(ビットメックス)で出金できない?送金時間の目安や制限について解説
海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」の出金方法や出金・送金ができなくなったときの対処法に...

そのためセキュリティは安全ですが、出金に時間がかかるというデメリットがあるので急ぎの出金には対応していません。

CryptoGTではセキュリティを高めるために、複数のコールドウォレットの分散管理、自社パソコンのUSBロックなど徹底したウィルス対策などを行っています。

詳しくは公式サイトで明記しているセキュリティ対策をご確認ください。

▼CryptoGTのセキュリティ対策

FXで稼いだとしてもハッキングによって資産を失ってしまったら意味がありませんからね。

リスクを下げるためにも安全な取引所を選んで、定期的にハードウォレットに資産を移すなどのハッキング対策を徹底してくださいね。

日本語対応&日本語サポートの違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
日本語対応 あり あり
日本語問い合わせ
サポート
あり あり

海外取引所の利用でどうしても気になってしまうのが「言語の違い」ですよね。

しかし、どちらの取引所も日本語に対応しているので英語がわからずに操作することが出来ないという問題はありませんよ。

ただ、質問を送ったときの日本語サポートに少し違いがあったので触れておきます。

  • BitMEX:メールでの日本語サポート
  • CryptoGT:チャットでの日本語サポート

BitMEXはメールですが、質問を送ってから2~3時間ほどですぐに回答が返ってきました。

一方のCryptoGTはチャットでのリアルタイム対応だったので、数分程度で回答が帰ってきます。

メールとチャットで比較すると、やはりスムーズに疑問を解決できるのはCryptoGTの方ですね。

どちらも専用の日本語サポートチームがいるので、Google翻訳を通したような不自然な日本語ではなく、きちんと日本人が対応しているような印象を受けました。

スマホアプリの違いを比較

比較内容 BitMEX CryptoGT
スマホアプリ なし あり(MT5)
iOS/Android
ブラウザ対応 あり あり

BitMEXを利用している方に一番CryptoGTをおすすめしたい理由として挙げているのが「スマホアプリが使える」という点です。

「MT5」のプラットフォームを通して取引できるので、シンプルながらも多機能なチャートが外出先でいつでも確認する事が出来ます。

表示しているインジケーターエリアも上下に拡大縮小できるので、好みの画面レイアウトに設定出来ます。

画面はトレンドラインを試しに引いてみたものですが、ラインを引いている最中は別窓が出てくるので、指で線が見づらくなることもありません

オブジェクトの追加は画面上のアイコンをタップすることで選ぶことが出来ます。

垂直線、水平線、トレンドライン、アングルトレンド、サイクルラインなどのラインはもちろん、チャンネルやギャンなど主要なインジケータが揃っています。

取引画面もチャートを眺めながら1秒単位でサクサクトレードできるので、スキャルピングにも向いていると言えますね。

【CryptoGT/XM対応】MT5スマホアプリの使い方を徹底解説 | 取引方法やログイン設定マニュアル
海外取引所の「CryptoGT(クリプトGT)」や「XM」をスマホアプリで使えるトレーディングプ...

BitMEXはスマホブラウザから利用可能

と言っても、BitMEXが完全にスマホ未対応なわけでなく、スマホブラウザから操作しやすいようにUIが設計されています。

スマホアプリではないので使いやすさはCryptoGTのアプリと比べるとやや劣りますが、ある程度は使えるのでこちらも試してみて下さいね。

【BitMEX】ビットメックスのスマホアプリの使い方 | 取引・注文・入金・出金のやり方完全ガイド!
ビットコインFXが出来る海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」のスマホアプリ(携帯版)の使...

BitMEXとCryptoGTのメリット・デメリット比較

BitMEXとCryptoGTのメリット比較

BitMEXのメリット

  • 追証リスクなし
  • BTCを証拠金にできる
  • 最大レバレッジ100倍(BTCのみ)
  • レバレッジの変更が柔軟に出来る
  • 指値手数料が安い
  • 出金が全て手動確認で安全

CryptoGTのメリット

  • 追証リスクなし
  • アルトコインも証拠金にできる
  • 対応通貨の種類多い
  • 両建てが可能
  • 最大レバレッジ200倍(全ての通貨)
  • サーバーが快適でサクサク取引できる
  • USDやJPYなど法定通貨に対応
  • スマホアプリが使える

BitMEXとCryptoGTのデメリット比較

BitMEXのデメリット

  • 通貨の種類が少ない
  • 証拠金はBTCのみ
  • 両建てが出来ない
  • サーバーが不安定になることがある
  • 出金まで時間がかかる
  • スマホアプリが使えない

CryptoGTのデメリット

  • レバレッジの変更がしづらい
  • 販売所方式でスプレッドがかかる
  • MT5に慣れるまでが難しい

どっちの取引所に登録すべきか

どちらの取引所もメリットやデメリットがあるため、どうしても迷っている方は以下のポイントで決めるのがおすすめです。

BitMEXはこんな人におすすめ

  • ビットコインFXをメインにする人
  • 手数料の安い取引所を使いたい人
  • 主にPCを使ってトレードする人
【BitMEX】ビットメックスの登録方法と使い方 | 取引・注文・入金・出金のやり方まで完全ガイド!
ビットコインFXが出来る海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」の新規登録・口座開設や二段階...

▼ここから登録で半年間手数料10%オフ!▼

CryptoGTはこんな人におすすめ

  • アルトコインFXをメインにする人
  • 色んな種類の仮想通貨を買いたい人
  • アプリで快適に取引したい人
【CryptoGT】クリプトGTの登録方法と使い方 | 入金・出金・スマホアプリ設定まで完全ガイド!
海外取引所のCryptoGT(クリプトGT)の新規登録・口座開設や入出金に必要な二段階認証の設定...

どのポイントで魅力を感じるかは人それぞれなので、どうしても選びきれない場合はどちらの取引所にも登録してみて下さい。

実際に利用してみると、どのようなメリット・デメリットがあるのか自分に本当にあった取引所がどっちなのか気づくことが出来ますよ。

自分にあった取引所を選んで快適な仮想通貨FXを楽しんで下さいね!

登録前の前評判が気になる方は、こちらの評判・口コミも参考にして下さいね。

【BitMEX(ビットメックス)】評判・口コミを解説 | デメリットやリスクも紹介!
仮想通貨FXが出来る海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」の評判と口コミについて分かりやす...
【CryptoGT】クリプトGTの評判・口コミは?実際に利用した100人から評価と本音を集めました
仮想通貨FXが出来る海外取引所「CryptoGT(クリプトGT)」の評判と口コミについて分かりや...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

よろしければシェアをお願いします