仮想通貨の始め方完全マニュアル

仮想通貨SICA(SignatureChain)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所

よろしければシェアをお願いします

この記事を読むのにかかる時間: 632

仮想通貨「SICA(SignatureChain)」に関する特徴や将来性、買うことの出来る取引所や買い方について紹介しています。

SICA(SignatureChain)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で3000円分のBTCプレゼント!
GMOコイン公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大10000円ゲットのチャンス!

SICA(SignatureChain)とは

SICA(SignatureChain)は新興国向けの持続可能な発展プロジェクトプラットフォームで使用できるアプリケーションの構築を進めるWAVESで発行されたトークンです。

大量のファイルや認証手続きをブロックチェーンによって簡略するためのシステムを開発・研究しています。

SICAの特徴は以下の通りです。

  • WAVESを元に発行している
  • マーケティングに力を入れている
  • 12月以降CMC掲載予定

Signature Chainの主な目標は、文書の認定を可能にするプラットフォームを開発することです。

私たちは、セキュリティ、自律性、および実行時間に関して最高の保証を提供するブロックチェーンテクノロジを使用して、多くのエンタープライズ分野の認定プロセスを促進し、促進することができるものを研究し、特定しました。

私たちの経験と最新の知識は、文書の改ざん問題を解決し、時間のかかる認定プロセスに対処するインセンティブを与えます。私たちの今後のプラットフォームは、契約、アイデンティティ、研究論文、発明、芸術作品など、さまざまな種類のファイルの認証を可能にします。

SICAのプラットフォーム上では、次のような書類を管理できるような場所を目指しています。

  • 契約/ NDA
  • ディプロマ
  • 請求書
  • コンセプト/アイデア保護
  • 特許処理
  • 父親のためのデジタル作成
  • 診断書など

開発チームについて

SICAチームは専任の創業者、開発者、コミュニティマネージャーによって構成されています。

開発者はJavaScriptのプロトタイプPOCブロックチェーンに取り組んでいます。

一方、創業者とコミュニティマネージャーは、コミュニティやビジネスパートナー探しに努め、事業を拡大しています。

  • 創業者:経験豊富なマネージャーと仮想通貨の愛好者。創設者は、ドキュメントプラットフォームの認証のフロンティア管理に携わっていました。
  • 開発者:フロントエンドの開発者として15年以上のWeb開発経験を持ち、多くのプログラミング言語に精通しています。
  • コミュニティM:知的財産と特許の専門家であるコミュニティーマネージャーは、コミュニケーションの分野での経験を持ち、幅広いつながりを持っています。

SICAチームの最後で最も重要な部分はコミュニティーであるという考えのもと動いています。

SICA(SignatureChain)の基本情報

通貨名SICA
公開日2018年1月
最大発行枚数50億枚
公式サイトsignature-chain.com
ホワイトペーパーこちら
テレグラムこちら
ディスコードこちら

SICA(SignatureChain)の将来性・今後

草コインの中では期待できる

SICAのプロジェクトは2018年12月時点でまだまだ時価総額も1000位以下と低く、いわゆる「草コイン」の一種と言えます。

しかし、地合いの悪い中でもしっかりと活動をしておりホームページやマーケティングなどがしっかりとしており、プロジェクトが動いている様子が見られます。

プロジェクトの概要やサービスの詳細についてはまだまだ情報が少ないですが、2018年12月以降はマーケティングの強化、CMCの掲載、新規上場などを進める予定です。

ロードマップ

  • Q3 2018:プロジェクトの初期化.ニーズの定義,技術と市場分析
  • Q1 2019:チームの拡大
  • Q3 2019:プラットフォームのベータ版,ベータテスト期間,マーケティング&パートナーシップ
  • 2020年1Q:他の言語へのインタフェース拡張
  • Q4 2018:軽くて充実したウェブサイト,ライトとフルホワイトペーパー,WavesのSICATESTNETノード、SICAプラットフォーム開発開始、中央集権化リスト
  • Q2 2019:プラットフォームコード監査、プライベートアルファ版プラットフォーム、アルファテスト期間
  • Q4 2019:SICAプラットフォームリリース
  • Q2 2020:AndroidアプリとIOSアプリ

SICA(SignatureChain)の取引所・買い方

※SICAは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているSTEXはおすすめです。

SICAを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. STEXにビットコインを送金
  3. ビットコインでSICAを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

SICA(SignatureChain)の口コミ・評判

SICA(SignatureChain)の公式ツイッター

SICA(SignatureChain)は買うべき?

SICAですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

SICAの評価

プロダクトの将来性
時価総額の安さ(5/5)
単価の安さ(5/5)
取引所の少なさ(5/5)
コミュニティの人気度(2/5)
総合評価 (3/5)

草コインの多くはプロジェクトの活動している様子が見られないものが多く、そのまま一度も価格が上がらなく終わるものも多いです。

しかし、SICAはしっかりと開発者メンバーとテレグラムなどで意思疎通を図ることが可能で、CMCの掲載や新規上場を目指す積極的なマーケティングの動きが見られます。

今後も開発やプラットフォームの発展が進めばかなりの値上がり益を得られる可能性もありそうですね。




初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大25倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

Zaifの新しい譲渡先
安全な取引所FISCO

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

  • JASDAQ上場会社運営の取引所
  • 取引手数料が0.1%
  • 高機能なチャートとセキュリティ

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします