不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨NANO(旧RaiBlocks)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

DAGを使用した仮想通貨「NANO(ナノ)」(旧RaiBlocks)に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

NANO(ナノ)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

NANOとは

NANOは元々RaiBlocks(XRB)という通貨でしたが、2018年1月のBinance上場に合わせてNANO(ナノ)という仮想通貨にリブランディングしました。

ブランドイメージの再構築により注目を浴び、一時的に+40%もの高騰を見せました。

NANOでは以下のような機能を備えています。

  • ブロックチェーンとは違う新技術
  • 取引が増えても決済スピードが早い
  • 最適化により取引時間が短縮されている

NANOではIOTAADKも使用しているDAGを使用しています。

DAGの特徴は以下のとおりです。

  • ブロックチェーンに置き換わる新技術
  • マイナー不要でスケーラビリティ問題がない
  • 採用されている通貨への注目度が高い

ビットコインなど通常の仮想通貨ではブロックチェーンと呼ばれるものを使用しており、イメージとしては取引が記録されている箱がひとつの鎖状につながれています。

こうすることで、十分な安全性が保証される代わりに手数料の肥大化や多数の取引に不向きという欠点があります。

しかしDAGでは網目状にネットワークを張り巡らすことで、最短距離での取引完了を実現しています。

こうすることで多くの取引を一瞬で決済可能にしています。

NANOの基本情報

通貨名 NANO
公開日 2016年2月29日
最大発行枚数 340,282,367 NANO
ブロックシステム DAG
公式サイト https://nano.org/en
ホワイトペーパー こちら

NANOの将来性・今後

ブロックチェーンと異なる技術「DAG」

先述したとおり、NANOは従来の仮想通貨が採用している技術はブロックチェーンとは大きく異なります。

DAGは取引量増加にも耐えうることが出来るスケーラビリティ問題も解決可能で、取引手数料も無料、送金スピードも早い夢のような機能を備えています。

利用者が増えても送金スピードが変わらない点は今後大きなメリットになりそうですね。

しかし、DAGの技術はまだ歴史が浅く、十分な安全が保証されているという確証がありません。

現時点ではDAGを採用したことによって生じた問題などはありませんが、その部分の信用をどのように獲得していくかが重要になりそうです。

リブランディングによるイメージの一新

NANO(ナノ)はRaiBlocksからのリブランドにより名前やアイコンなどを一新しました。

リブランドによる目的は以下のとおりです。

  • NANOという名前はシンプルさとスピードを表す
  • 発音がわかりやすくなり覚えやすい
  • ウェブサイトのリニューアル

確かに以前はRaiBlocksがレイブロックスなのかライブロックスなのか分かりづらいところがありました。

NANOというシンプルでわかりやすい名前になったのはとてもいいですね。

Binanceに上場済み

NANO(ナノ)は既に全世界取引高ナンバーワンの「Binance」に上場しています。

そのため、現時点での認知度はとても高く、その他の暗号通貨と同じように投資家の期待を集めています。

流動性も高くなっているため「買いやすい」という点において優れているといえます。

NANOの取引所・買い方

※NANOは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBinance(バイナンス)がおすすめです。

NANOを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. Binanceにビットコインを送金
  3. ビットコインでNANOを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のDMMBitcoinがおすすめです。

NANOの口コミ・評判

NANOの公式ツイッター

NANO(旧RaiBlocks)のウォレット・保管方法

NANO(旧RaiBlocks)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

Ledger Nano S

「Ledger Nano S」は仮想通貨のウォレットで最も利用者数の多いハードウォレットです。ハードウォレットの中でも比較的安価で購入することが可能で、持ち運びも便利です。

外部ウォレットとの連携など機能も充実しているので、仮想通貨投資をしている方に必須のアイテムと言えます。

【Ledger Nano S】「レジャーナノS」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノ...

NANOは買うべき?

NANOですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

NANOの評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (2/5)
単価の安さ (3/5)
取引所の少なさ (3/5)
コミュニティの人気度 (4/5)
総合評価  (4/5)

日本での認知度はあまり高くありませんでしたが、Binance上場とリブランドにより一気に注目が高まりました。

海外では既に人気が高く、DAGを採用しているADKと共に技術力が信用されれば時価総額も向上していくと予想されます。

今後はNANOとしてブランディングにも期待が高まります。




手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします