不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

ビットコイン(BTC)のペーパーウォレットの作り方と取り出し方

よろしければシェアをお願いします

ビットコイン(BTC)を無料で安全に保管できる「ペーパーウォレット」の作り方と、取り出し方(復元方法)や使い方についてまとめてみました。

ペーパーウォレットとは何なのか?という作成前の重要なメリットやデメリットについても初心者の方にわかりやすく解説しています。




人気沸騰中の取引所ピックアップ!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!

ビットコイン(BTC)のペーパーウォレットとは?

仮想通貨のウォレットには様々な種類のものがあり、特にオフラインで安全に保管できるのは「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」と言われています。

仮想通貨のウォレットの種類一覧 | 安全に管理できるおすすめの方法を徹底比較
皆さんは取引所で取引した仮想通貨をどこに保管していますか? 取引所に置いたままにしておくと...

「ハードウェアウォレット」は価格がどれも1万円以上するのですが、「ペーパーウォレット」は無料で作成することが出来るので、お金をかけずに安全に仮想通貨を保管したい方におすすめです。

ペーパーウォレットの機能について

ペーパーウォレットは仮想通貨を保管するために必要な「公開鍵」と「秘密鍵」をセットで紙に印刷して、「ウォレットアドレス」に移動して使うウォレットです。

専門用語が多いですが、銀行に置き換えてイメージするとこのようになります。

  • ウォレットアドレス:預金通帳
  • 公開鍵:身分証明書
  • 秘密鍵:暗証番号

ペーパーウォレットは紙に出金するための情報を記載した銀行のようなもので、好きな時に全額引き出して使うことが出来ます

一度使い終わったペーパーウォレットは空っぽの貯金箱のようなものなので適当に捨てても問題はありません。

次に、ペーパーウォレットのメリットとデメリットを紹介していますが、先にペーパーウォレットの作成方法が知りたい方はペーパーウォレットの作り方に移動して読み進めてくださいね。

ペーパーウォレットのメリットとデメリット

ペーパーウォレットのメリット

  • オフラインで管理するのでハッキングの心配なし
  • 無料でウォレットに管理できる
  • 作成が簡単で作りやすい

ペーパーウォレットのデメリット

  • 簡単に盗難される恐れがある
  • 紛失すると復元できない
  • 外気や日光で劣化する可能性がある

メリット・デメリットの詳しい内容についてはこちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨のペーパーウォレットとは?安全性や使い方・作成方法を紹介
仮想通貨を無料で安全に保管できる「ペーパーウォレット」の作り方と、取り出し方(復元方法)や使い方...

ペーパーウォレットを作成する際の注意点

  1. 作成する前にセキュリティソフトでウィルスチェック
  2. シークレットウィンドウで作成する
  3. ペーパーウォレットのデータをパソコンやスマホ内に保存しない
  4. パソコンをネットから切断してオフラインで作成すると安全
  5. 誰にも知られない場所に保管しておく

作成する際は、特にこの5点に注意しておく必要があります。

シークレットウィンドウは履歴やログイン情報を記録しないブラウザの機能で、Google Chromeの場合「Ctrl+Shift+N」キーを押すことで切り替えることが出来ます。

各ブラウザのシークレットウィンドウ(プライベートウィンドウ)の切り替え法法は以下の通りです。

  • GoogleChrome:メニュー→新しいシークレットウィンドウ
  • Firefox:メニュー→新規プライベートウィンドウ
  • Safari:ファイル→新規プライベートウィンドウ

注意点について理解したところで、実際にペーパーウォレットを作っていきましょう。

ビットコイン(BTC)のペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットの作成方法は主に2通りあります。

  1. オンラインで簡単に作成する方法
  2. オフラインで安全に作成する方法

が少し手順が多いですが「②オフラインで安全に作成する方法」がおすすめです。

ネットワークから切断してウォレットを作成することで、ウォレットの情報がネット経由で外部に漏れるリスクを抑えることが出来ます。

①オンラインで簡単に作成する方法

今回は一番簡単に作成できるbitaddress.orgのサイトで作成します。

サイトにアクセスして「日本語」を選び、数値が100%になるまで画面上でマウスをぐるぐる動かしてください。

100%になったら、秘密鍵とビットコインアドレスがセットで出てくるので、「印刷」ボタンを押して印刷したら完了です。

以上がオンライン上でペーパーウォレットを作成する手順です。

次に「オフラインで安全に作成する方法」を紹介します。

②オフラインで安全に作成する方法

今回はWindows10でGoogleChromeのブラウザで操作する手順を紹介します。

まず「bitaddress.org」のウォレットをZIPでダウンロードします。(クリックするとダウンロードが始まります)

ダウンロードが終わったら、ZIPファイルを解凍してフォルダを開いてからネットワークを切断してパソコンをオフラインの状態にしてください。

次に、ブラウザを開いてフォルダの中にある「bitaddress.org.html」をブラウザ上にドラッグ&ドロップします。(ページは表示されていなくても問題ありません。

サイトが表示されるので「日本語」を選び、数値が100%になるまで画面上でマウスをぐるぐる動かしてください。

100%になったら、秘密鍵とビットコインアドレスがセットで出てくるので、「印刷」ボタンを押して印刷したら完了です。

以上がオフラインで安全にペーパーウォレットを作成する手順です。

ビットコイン(BTC)のペーパーウォレットの入金確認方法

  1. ペーパーウォレットのウォレットアドレス宛に入金する
  2. 10分ほど※待って「blockchainExplorer」の検索窓にウォレットアドレスかTxIDを入れて検索して確認する

※入金が反映されるまでの時間は、混雑具合によって1時間〜半日ほどまで大幅に変動するため気長に待ちましょう。

ビットコイン(BTC)のペーパーウォレットの取り出し方(復元方法)

ペーパーウォレットからビットコイン(BTC)を取り出すのはとても簡単で、仮想通貨ウォレットアプリ(モバイルウォレットなど)をでQRコードを読み取るだけです。

※ただのQRコード読み取りカメラアプリを使っても意味はありません。

こちらでビットコイン(BTC)に対応したモバイルウォレットを紹介しているので参考にしてください。

【2019年版】ビットコイン(BTC)ウォレットのおすすめを徹底紹介!
仮想通貨の「ビットコイン(BTC)」を安全に保管するならウォレットで管理しておくのがおすすめです...

基本的な手順はどのモバイルウォレットでも共通しています。

  1. アプリからQRコードカメラを起動
  2. ペーパーウォレットの「秘密鍵」をスキャン
  3. ペーパーウォレットの残高をインポートする
  4. アプリ内のウォレットに残高が移動する

以上でペーパーウォレット内のビットコイン(BTC)を全て取り出すことができます。

中身はもう空っぽなのでシュレッダーをかけずに捨てても大丈夫ですよ。

決済手段ならモバイルウォレットがおすすめ

実際にペーパーウォレットを作ってみると「意外と簡単」だったのではないでしょうか。

ウォレットとして安全で管理しやすいペーパーウォレットですが、盗難や紛失のリスクが有るため持ち歩きや普段の買い物の決済手段に使うのはあまりおすすめできません

外出先で仮想通貨を使って支払いに使いたい場合は、QRコードを表示して読み取らせるだけで決済が出来る「モバイルウォレット」がおすすめです。

自身の端末に合わせておすすめのモバイルウォレットをダウンロードしてくださいね。

iOS/iPhoneに対応している仮想通貨ウォレットアプリのおすすめ7選 | ビットコインを保管するアプリ
iOS/iPhone/iPadで使うことが出来る、仮想通貨を安全に保管できるモバイルウォレットア...
【Android】アンドロイドに対応している仮想通貨ウォレットアプリのおすすめ6選 | ビットコインを保管するアプリ
Android(アンドロイド)のスマホで使うことが出来る、仮想通貨を安全に保管できるモバイルウォ...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ
  • 登録キャンペーン実施中!

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします