不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

仮想通貨リップル(XRP)とは?特徴や将来性・日本の取引所での買い方

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨「リップル(XRP/Ripple)」に関する特徴や将来性、取引所での買い方、対応ウォレットと保管方法について紹介しています。

リップル(XRP)はどのような仮想通貨なのか、プロダクトの紹介や口コミについてもまとめているので参考にしてみてください。




リップル(XRP)とは

リップル(XRP)は2004年にカナダのRyan Fugger氏によって開発された銀行間取引を便利にする支払いシステムです。

勘違いされがちですが、リップルではブロックチェーンは使われておらず、独自システムで取引台帳などを管理し高速決済を可能にしています。(後述)

リップルの特徴は以下のとおりです。

  • 独自開発の高速決済システム
  • 銀行の国際送金の仲介役を目指している
  • コミュニティの人気が高い

独自で開発した”リップルネットワーク”を持っており、ビットコインよりも約100倍早い高速決済を実現しています。

この取引速度の速さは、独自開発の承認システムによって実現されています。

ビットコインではPoWが使われており、承認作業に10分ほどかかりますが、リップルではこれを数秒で処理することが出来ます。

これを使用することで銀行取引で時間のかかってしまう国際送金などの問題を解決でき、現在の銀行が抱えている問題を解決できます。

最終的には世界中の銀行間取引ネットワークをリップルネットワークに置き換えて”通貨同士の仲介役”として利便性を向上しようという目標を掲げています。

銀行のネットワークシステムにこだわる理由は通貨同士の交換・送金を銀行が行っているからです。

上記の図では中央にリップルがあり、周囲に日本円やドル、ビットコインなどが書かれており、全ての通貨の交換にリップルを活用できるわけです。

今までは中央に銀行があり、高額な取引手数料と送金までの時間を必要としていました。

この形にすることで以下のような通貨のやり取りが行われます。

  • 日本円→XRP→ドル
  • BTC→XRP→日本円

ビットコインなどは取引処理の遅さが問題になっているため法定通貨との交換にも着金まで時間がかかります。

しかし、取引にリップルを介することで即座に送金処理を行うことが出来ます。

  • 送金速度:3.3秒
  • 取引手数料:約0.04円
  • 取引処理能力:1500件/秒

主軸仮想通貨と言われているビットコインやイーサリアム、ライトコインと比較しても送金速度はずば抜けて早いことがわかります。

とくにスケーラビリティ部分の秒速1500件の取引処理能力は桁違いすぎて恐ろしいですね…w

リップルのシステムはステラという仮想通貨にも採用されています。

仮想通貨XLM/STR(ステラ)とは?特徴や将来性・購入方法や取引所
金融アクセスを拡大する仮想通貨「XLM/STR(Stellar/ステラ)」に関する特徴や将来性、...

銀行の送金の課題の解決

リップルの最大の強みは送金処理能力の高さです。

その処理能力は1秒間に1500件の取引処理が可能になっており、現在の銀行が抱えている課題を解決する目的で開発されました。

銀行が抱えている課題は以下のとおりです。

  • 着金まで3~5日かかる
  • 毎年160兆円の人件費や手数料がかかる
  • 送金の失敗が起こる可能性がある
  • それにまつわるカスタマーサポートコスト

普段生活しているとなかなか気づきませんが、私達が払っている取引手数料は一人あたり年間数万円にのぼります

わざわざ手数料の安い時間帯や銀行を比較して、銀行の都合に合わせているのもよく考えたらおかしいですよね。

リップルと銀行の性能比較

リップル 銀行
送金速度 数秒 数日
手数料 ほぼ無料 ~500円以上
為替レート お得なレート 銀行次第
送金確認 不要 必要
維持コスト ネットワークのみ 土地
人件費
その他固定費

銀行の既存のシステムと比較するといかにリップルが優れているかわかります。手数料は高く、着金までも時間を必要とします。

特に国際送金を利用した場合為替レートも顧客にとって不利なレートで換算されることがあるため、不満に思っている方も多いと思います。

リップルのネットワークではこれら全てを解決し、高速かつ安価な取引を実現しつつコストも1/10以下に抑えることが可能です。

後述しますが、このネットワークシステムを、メガバンク東京三菱UFJ銀行が採用したのは有名な話ですよね。

SBIの取引所が基軸通貨に採用した

SBI Virtual Currencies

2018年6月には先行予約口座に向けてSBIグループが運営する国内取引所「SBI Virtual Currencies」で基軸通貨として採用されました。

SBI証券など証券会社としての信頼性や知名度がとても高く、流動性の上昇に期待できます。

まずは先駆けてXRP/JPYの通貨ペアのみとなりましたが、今後はXRP/ETHなどのペアが追加される予定です。

リップル(XRP)の基本情報

通貨名 リップル(XRP)
公開日 2013年9月26日
最大発行枚数 1000億
公式サイト https://ripple.com/jp/xrp/
ホワイトペーパー こちら

リップルは開発会社が大きく保有している

リップルは最大発行枚数の1000億XRPのうち、約600億枚も開発会社であるリップル社が保有しています。

全体の2/3も占める数量を保有しているため、これが市場に一気に売却されれば暴落することは免れません。

この問題が浮き彫りとなり不安材料となり価格が低迷していました。

リップル社は550億XRPのロックアップを約束

2017年5月にリップル社は自社が持つ600億XRPのうち、9割の550億XRPをロックアップ(預託)して少しずつ売却し市場に開放していくと発表しました。

これにより不安材料が解消され長期保有目的のホルダーが数多く参入し、13倍の高騰を記録しました。

550億XRPは1ヶ月につき10億XRPずつ市場に開放され、55ヶ月間という長い期間をかけるため価格の急の下落が起こる心配もなくなりました。

リップル(XRP)のチャート



2017年3月:メガバンク提携で暴騰

リップルが注目されるきっかけとなった、2017年3月のメガバンク東京三菱UFJ銀行とのネットワーク利用の事業提携。

これにより価格は1日で+600%もの暴騰を見せ、投資家だけでなく仮想通貨を知らない人たちの認知も急速に広まりました。

ビットコインのGOX事件以来不信感を持たれていた仮想通貨界に光が指した瞬間でもあり、大衆に向けて「銀行と提携するほどだから仮想通貨って怪しくないのか」とアピールすることが出来ました。

2018年12月:時価総額2位に輝いた瞬間

2018年1月に最高値を更新したリップルは、時価総額ランキングで常に2位を独走していたイーサリアムを越えて時価総額2位を獲得しました。

この影響でリップルへの注目は更に集まり、そのポテンシャルの高さを世の中に知らしめました。

主軸通貨として幅広く使われているイーサリアムですが、技術力の高さとコミュニティパワーがあれば、その壁も崩せるということを証明しています。

リップル(XRP)の将来性・今後

世界中の銀行ネットワークを置き換える可能性

リップルは将来的にすべての通貨の交換で仲介役になることを目指しています。

現在はまだ一部の銀行で試験的な採用しか行われていませんが、仮想通貨への信用度が高まれば本格的に導入されるのは時間の問題でしょう。

アメリカなど資本力の大きい国がリップルを採用すれば、他の国も右にならえで次々にリップルにシステムを置き換える可能性があります。

ゴールド、シルバー、プラチナ、パラジウムの取引が可能に

2018年3月にはBRGグループと提携しました。

これにより「イーメタル(eMetals)」と呼ばれるリップルネットワークを利用したゴールド(XAU)、シルバー(XAG)、プラチナ(XPT)、パラジウム(XPD)、ロジウム(XRH)の購入や取引が可能になりました。

現物の資産からデジタル資産への乗り換えが手軽に可能になり、流動性が更に上がりました。

これによりリップルの価値はゴールドなどの現物資産によっても維持されることになります。

Googleが出資をしている

リップルが公開された初期に出資者を募っていたリップル社は2013年11月12日にGoogleによる出資を受けています。

当時はGoogleもまで認知されていない企業でしたが、現在は世界中の企業の中でも時価総額3位の超トップクラスの大企業として成長しています。

つまりプロジェクトの初期からGoogleも「これは将来性がある!」と睨んでいたわけですね。

他にもSBIホールディングスやHDDメーカーとして有名なSeagateなども2016年に出資しています。

なんと2017年9月にはAppleとGoogleは仮想通貨の決済システムに対応したAPIを開発すると宣言しており、リップルの実用化もされるという噂があります。

著名人の応援が多い仮想通貨

リップルのホルダーたちは「リップラー」と言われており、その中には著名人や有名人などが多くいます。

  • たむけん
  • ガリガリガリクソン
  • ホリエモン
  • 与沢翼

その中でも「秒速で億を稼ぐ」フレーズで有名な与沢翼氏は仮想通貨投資予算の3億円のうちの1億円をリップルに投資していると公言しています。

影響力だけでなく、その投資金額はホルダーたちにとって安心感を与えてくれますね。

新プロジェクト「Xpring」の発表

2018年5月14日にリップル社は新たなプロジェクト「Xpring(スプリング)」を発表しました。

このプロジェクトは起業やプロジェクトへの投資を行い支援することが目的で、支援を受けた側はリップルを使用して顧客の問題を解決するようです。

これにより、通貨や技術としてだけでなく、多くの提携先が増えることで利用価値が向上していくでしょう。

2019年のリップルの価格予想は?

2017年には1年間でおよそ400倍以上の高騰を見せたリップルですが、2019年の価格はどうなるのでしょうか?

海外のリップル専用ニュースサイト「Ripplecoinnews」では2019年の価格は少なくとも「7ドル~10ドル」(700円~1100円)になるという専門家の予測が出ています。

2017年12月には最高値400円ほどをマークしましたが、2018年1月には仮想通貨市場の冷え込みとともに大きく下げたため、今後も短期的には下げる可能性はあります。

しかし、そのスペックの高さと利便性から通貨自体の価値は仮想通貨市場の成長とともに堅実に10ドルを目指して成長すると予想されます。

リップル(XRP)の取引所・買い方

日本の取引所で購入する手順

リップル(XRP)は以下の国内の取引所で日本円で購入することができます。

個人的にはセキュリティ面もしっかりしているBITPOINT(ビットポイント)はおすすめです。

XRPを買うまでの手順は以下のとおりです。

  1. BITPOINTに日本円を入金
  2. 取引所でXRP購入

BITPOINT(ビットポイント)でリップルを買うまでの手順はこちらを参考にして下さい。

BITPOINT(ビットポイント)のリップル(XRP)の買い方と購入方法を紹介!
国内の仮想通貨取引所の「BITPOINT(ビットポイント)」でリップル(XRP)の買い方の手順と...

海外の取引所で購入する場合

リップル(XRP)は以下の海外取引所でもビットコインなどで購入することができます。

海外取引所でXRPを買う手順は以下のとおりです。

  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. 海外取引所にビットコインを送金
  3. ビットコインでXRPを購入

国内取引所からの送金が必須なので、はじめての方は必ず上記で紹介している国内取引所などに登録しておきましょう。

リップル(XRP)を一番安く買える取引所

【最安価】リップル(XRP)の取引手数料が一番安い取引所はどこ?お得に買える理由を徹底比較
仮想通貨リップル(XRP/Ripple)が一番安く買えるおすすめ取引所を徹底比較!どこで購入すれ...

リップル(XRP)のニュース

時期 ニュース
2019/2/8 BinanceCEOがxRapidの採用を示唆
2019/1/7 利用する金融機関が200社突破
2018/12/30 KrakenがXRPの証拠金取引開始
2018/12/29 Visaがリップルパートナー企業を
2億5000万ドルで買収
2018/12/24 BinanceがXRP基軸の取引ペア追加
2018/12/7 R3がXRPのサポート開始
2018/11/18 XRPがETHの時価総額を上回り2位に
2018/11/17 CoinbaseカストディがXRPをサポート
2018/11/15 東南アジアで5番目に大きい銀行が
XRPに参加
2018/11/9 ハードウェアウォレット「トレザー」が
XRPをサポート追加
2018/10/28 チェコの金融企業がリップル参加
2018/10/17 xRapid利用者に
グローバル金融機関が参加
2018/10/8 世界貿易機関(WTO)が
リップルを世界を変えうると報告書
2018/10/2 xRapid実用化で価格高騰
2018/9/28 1億ドル超えの
チャリティベンチャー発表
2018/9/18 新たな決済プラットフォームの
リリースを来月に予定
2018/9/15 SBIがリップルベースの
アプリケーション開発予定
2018/9/14 サウジアラビアの大銀行が
リップルネットワークに参加
2018/8/2 リップル社の会合で
ビル・クリントンが登壇

リップル(XRP)の口コミ・評判

リップル(XRP)の公式ツイッター

リップル(XRP)のウォレット・保管方法

リップル(XRP)は下記の既存のウォレットを使用して保管しておくことをおすすめします。

(取引所に預けたままにしておくとハッキングによって失う可能性があります)

Ledger Nano S

「Ledger Nano S」は仮想通貨のウォレットで最も利用者数の多いハードウォレットです。ハードウォレットの中でも比較的安価で購入することが可能で、持ち運びも便利です。

外部ウォレットとの連携など機能も充実しているので、仮想通貨投資をしている方に必須のアイテムと言えます。

【Ledger Nano S】「レジャーナノS」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノ...

TREZOR(トレザー)

「TREZOR(トレザー)」は仮想通貨のハードウォレットの一つです。タッチパネルに対応しており、日本語マニュアルなども充実しており初心者におすすめです。

PCを持っていなくても仮想通貨を持ち歩くことが可能になっており、国内の主要通貨を始め、500種類以上の幅広い通貨に対応しています。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...

CoolWallet S

「CoolWallet S」はカードタイプのハードウェアウォレットでスタイリッシュなデザインが人気です。財布や胸ポケットにも入れやすい軽量モデルが魅力です。

USBタイプと違い水にも強い防水性を持っており、PC不要でスマートフォンと連動して仮想通貨を持ち歩くことが可能です。

【CoolWallet S】「クールウォレット」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるカードタイプのハードウォレット「CoolWallet S(...

Ginco(ギンコ)

「Ginco」はスマホアプリで仮想通貨の保管をすることができる初心者でも使いやすい無料のモバイルウォレットになります。

独自の暗号通信方式とクライアント型ウォレットを採用し高水準のセキュリティを実現しており、会社やアプリのハッキングで資産が流出してしまうことがありません。

『Ginco』の使い方と登録方法・入金・送金手順を解説 | 仮想通貨のおすすめモバイルウォレットアプリ
仮想通貨の管理に必要不可欠なモバイルウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」の登録方法と使い方や...

リップル(XRP)のおすすめウォレット

【2019年版】リップル(XRP)ウォレットのおすすめを徹底紹介!
仮想通貨の「リップル(XRP)」を安全に保管するならウォレットで管理しておくのがおすすめですが、...

リップル(XRP)は買うべき?

リップル(XRP)ですが、実際に買うべき銘柄なのか気になるところですよね。

管理人の独断と偏見で、以下のポイントをチェックした上で買うべきかどうか考察してみました。

リップル(XRP)の評価

プロダクトの将来性 (5/5)
時価総額の安さ (1/5)
単価の安さ (4/5)
取引所の少なさ (2/5)
コミュニティの人気度 (5/5)
総合評価  (4/5)

取引処理の早いネットワークシステムの技術力の高さは、今後普及していく上で大きな好材料となりそうです。

時価総額ランキングでもかなり上位を維持しているのでイーサリアムが落ち着いたあたりで再び大きく注目を集めるのではないかと予想しています。

メガバンク提携の時のように大手と事業提携を結ぶたびに爆発力を見せるでしょう。

コミュニティの人気度は有名クラスタなどの影響もありとても高いので、ホルダー(リップラー)はアップデート情報などを活発に発信していけるといいですね。

リップル(XRP)の関連記事一覧

買い方 リップルの買い方・購入方法
取引所比較 リップルを安く買える取引所
送金手数料 リップルの送金手数料比較
レバレッジ取引 リップルFXのおすすめ取引所
ウォレット リップルのおすすめウォレット

リップル(XRP)の取引所別買い方

取引所ごとのXRPの買い方
bitbank BITPOINT GMOコイン
Liquid



人気沸騰中の取引所ピックアップ!
BITPOINT 公式HP
送金手数料無料で登録者急増中!
上場企業運営で安心のセキュリティ!
口座開設+取引で1万円分のリップルプレゼント!
GMOコイン 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設で20000satoshi分のBTCプレゼント!
bitbank 公式HP
登録キャンペーン実施中!
口座開設するだけで1000円プレゼント!
取引で最大11000円ゲットのチャンス!

初心者に読んでほしいノウハウ記事

仮想通貨で稼ぐには?少ない原資でも初心者が稼ぐ方法
仮想通貨(ビットコイン)で稼ぐためには初心者はまず何から始めればいいのか、難しい話が多いのでわか…
【完全放置】ほったらかし投資が出来るおすすめの資産運用サービス11選
資産運用を始めてみたいけど、仕事や家事で忙しくて投資を始めることが出来ない…というビジネスマンや…
【初心者向け】資産運用のはじめかた | 投資初心者でも出来るおすすめサービス
将来の資産形成を始めるためにも、できるだけ早いうちに始めておくべきなのが「資産運用」です。 …

手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所BITPOINT

BITPOINT口座開設

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

line@

LINE@限定!激アツ案件配信中

QRコード読み込みで友達追加!仮想通貨投資で役立つ最新情報や激アツな通貨やプロジェクトの紹介などをいち早く配信しています。

よろしければシェアをお願いします