不労所得ゲット!ほったらかし投資12選

【2019年版】「TREZOR(トレザー)」に対応している仮想通貨は? | 対応通貨一覧

よろしければシェアをお願いします

仮想通貨をオフラインで安全に保管出来るハードウェアウォレット「TREZOR(トレザー)」に対応している対応通貨一覧・保管できる仮想通貨の種類についてまとめました。

ビットコイン以外に対応しているアルトコインを一覧形式で紹介しています。

「TREZOR(トレザー)」の特徴や基本情報はこちらを参考にしてください。

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...



「TREZOR(トレザー)」の対応通貨一覧

2019年11月時点でトレザーはERC系トークンを含む、500種類以上の通貨に対応しています。

対応している主な通貨(一部)

  • Bitcoin (BTC)
  • Ethereum (ETH)
  • Ripple(XRP)ModelTで追加
  • Litecoin (LTC)
  • Bitcoin Cash (BCH)
  • Dash (DASH)
  • Zcash (ZEC)
  • Bitcoin Gold (BTG)
  • Ethereum Classic (ETC)
  • Dogecoin (DOGE)
  • NEM (XEM)
  • Monacoin (MONA)
  • Lisk (LSK)ModelTで追加
  • Cardano (ADA)ModelTで追加
  • Monero (XMR)ModelTで追加
  • Zilliqa (ZIL)
  • DigiByte (DGB)
  • IOSToken (IOST)
  • VeChain (VEN)
  • Bancor (BNT)
  • Polymath Network (POLY)
  • NANJCOIN (NANJ)
  • ERC20準拠イーサリアムトークン
  • 他500通貨以上

トレザーの対応通貨一覧 – 公式サイト

他のハードウォレットと比較しても抜群に多い対応通貨ラインナップとなっているので、いろんな仮想通貨を保管したい方におすすめです。

「ModelT」から新規に対応可能になった通貨もあり、主要な通貨はほぼ全て管理する事が出来ます。

複数のウォレットに接続可能

接続可能な外部ウォレット一覧

  • ArcBit
  • Electrum
  • Electrum-DASH
  • Electrum-LTC
  • Etherwall
  • Mycelium
  • TREZOR Wallet
  • MyEtherWallet
  • Nano Wallet

トレザーでは独自ウォレットに通貨を保管するだけでなく、MyEtherWalletなどの外部ウォレットとも同期して接続することが出来ます。(約10種類以上)

これにより、トレザーがサポートしていない様々な通貨にも対応可能になっており、取引所を介さずにウォレット間で通貨を送金する事が出来ます。

ハードウェアウォレットの対応通貨比較

各ハードウォレットとの対応通貨数比較

ウォレット 価格
TREZOR(One) 9種類
+ERC20系トークン
TREZOR(ModelT) 約500種類
+ERC20系トークン
Ledger Nano S 約500種類
+ERC20系トークン
Cool Wallet S 6種類
+ERC20系トークン
KeepKey 6種類
Digital Bitbox 5種類
+ERC20系トークン

銘柄ごとの対応通貨リスト

スマホの場合、右にスクロールして見ることが出来ます→

※主要な通貨のみ記載しています。

TREZOR Ledger Nano S Cool Wallet S KeepKey Digital Bitbox
BTC
ETH
BCH
LTC
XRP × ×
ETC ×
DASH × ×
XLM × × ×
XEM × × × ×
ADA × × × ×
XRM × × × ×
ZEC × × ×
MONA × × × ×
LSK × × × ×
TRX × × ×
NEO × × × ×
TUSD × ×
DOGE × ×
DIGI × × ×
BTG × × × ×
ERC20系 ×

TREZOR(トレザー)の購入方法と注意点

TREZOR(トレザー)は1つあたりの価格が1万円~2万円程度するため、やや割高なイメージを持つ方が多いと思います。

購入するにはAmazonやフリマアプリでも可能ですが、必ず正規代理店の公式ホームページから購入を行うようにしてください。

ハードウェアウォレットを安く購入しようと中古のものをヤフオクやメルカリなどで購入するのは絶対にNGです。

過去の事例では、悪質な販売業者がハードウェアウォレットの内部に仮想通貨を盗むウィルスを仕込んで販売したことで多くのユーザーが被害にあいました。

2018年1月にはメルカリでもハードウェアウォレットの出品が禁止になりました。

中古で購入する=ウィルスを仕込まれている恐れがあるので、絶対に正規代理店から新品のものを購入しましょう。

やや割高でも、仮想通貨の全資産を失うリスクに比べたら安い買い物だと思いますよ!

【TREZOR】「トレザー」とは?特徴や使い方メリット・購入方法を徹底解説 | ハードウェアウォレット
オフラインで仮想通貨を安全に保管できるハードウォレット「TREZOR(トレザー)」特徴や使い方、...



手数料無料で高セキュリティ
安心な取引所DMM Bitcoin

  • レバレッジ取引最大4倍!
  • 取引手数料が無料
  • 上場企業で安心の高セキュリティ

リスク低めで始める
新しい資産運用Funds

Funds(ファンズ)

  • 貸付ファンドに投資出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • 1円から資産運用が始められる

よろしければシェアをお願いします